Archives[ 2013年05月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【再録】扉をたたき続けろ!─平沼赳夫という政治家

2013年05月27日 18:00

平沼赳夫という政治家がいます。

私は残念ながら直接お話したことはないのですが、
経済産業大臣をはじめ要職を務められた方です。


平沼さんが経済産業大臣の時、
そのときに日本には起業する人が少なく、

21世紀をリードする新たな産業フロンティアを提案したいという
平沼さんの思いから、

ドリームゲートという起業支援組織が生まれ、
一円創業が可能になったりしたわけです。


平沼さんは、いまでこそ大政治家ですが、
実は初当選までに二回落選しています。


ドリームゲートのサイトに、
平沼さんが政治家として起ちあがったころのお話が載っていましたので、
みなさんにシェアしたいと思います。



───────────────────────────────────
【引用ここから】


─政治家として起ちあがったころの話を聞かせてください

「小さいときから政治家になろうと思っていた。
 11年間会社員をしていてね。34歳で岡山に行ったんだ。
 幕末の頃に先祖が岡山に住んでいてね。
 だから岡山で出ようと。

 でも岡山には知り合いもなく地盤も何もなかったんだね。
 僕が保守系で出ると言っても自民党は公認をくれなかったし、党員にもしてくれない」


「いちばん迂闊だったのは地元に友達がいなかったこと。
 実は選挙では竹馬の友といえる友人がとても大事だった。
 あいつがやるなら応援してやろうと。

 だから歩くしかなかった。
 親父はサラリーマンだからお金もないし。

 当時はがきが30円だったので、一日200件歩いて、その人にはがきを書いてね。
 下手だったけど筆で書いてね。
 印象が残っているうちにすぐに出そうと、
 その日のうちに200枚ぐらい書くことを毎日していたね。

 今でも、昔はがきをくれたなあ、と言ってくれる人もいるよ」


「ある人の紹介で、岡山で大きな会社だった天満屋の社長に会った。
 平沼赳夫を下見する会を天満屋の社長が開催してくれてね。

 30人集まってくれたんだけど、憲法改正など政治信条を演説したんだが、
 みんなこれでは駄目だろうというんだね。
 憲法改正はその当時タブー視されていたんだね」


「その後、会に参加してくれた一人一人を訪ねて、
 膝詰めで信念を話してね。

 今でもその当時の人たちが言うんだけど、
 憲法改正しか言わないから、これは駄目だと思ったけど、
 とにかく真剣で一途な思いに打たれたんだろうなあと言ってくれるんだ」


「最初の選挙の時には65000票必要なところ、
 17080票しか取れなかった。9人中9位。

 最下位で落選したんだ。

 自民党も公認してくれないし、
 そんな少ししか票が取れないなら「やめろやめろ」とみんな言うんだ。

 でもね、竹馬の友もいない、
 地盤も看板も何にもない自分がよく17080票も取れたと思って、
 これは頑張ってやろうと思ったね」


「2回目の選挙の時には中川一郎さんと縁が出来てね。
 僕の政治信条などを理解してくれてね。
 自民党の公認ももらえて。石原慎太郎さんなんかも応援に来てくれてね。

 票は3倍近く伸びたんだけど、また落選したんだね。
 通常選挙というのは平均して3年に一回ぐらいなんだ。
 また3年頑張ろうと思っていたら、わずか7ヶ月でハプニング解散というのがあってね。
 嬉しかったね。

 そして3回目の選挙に出たんだ。
 同情票なんかもあったと思うが三度目の正直でトップ当選した。

 34歳でサラリーマンをやめて41歳で初当選。6年半かかったね」


「今思うと、チャレンジしたことが非常に良かった。
 あんなやつ駄目だとか、もうやめろと何度も言われたけど。

 キリストも『たたけよ、さらば開かれん』と。
 扉をたたかないと内側から開けてくれないわけですね。

 僕は扉をたたき続けたんだね。
 とにかくたたき続けなければ。

 そして『求めよ、さらば与えられん』

 ベンチャー起業家も、たたき続けること、求め続けること。
 あきらないないことが大事だね。『扉をたたき続けろ』だね」


【引用ここまで】
───────────────────────────────────



私もまた、
「やめろやめろ」と今でも言われます。

起業もいろんな人に反対され、
選挙に出るのも反対され、
維新塾に大阪へ行くこともいろいろな人に反対されています。


それでもやはり、平沼さんと同じように、
扉をたたき続けてみたいと思います。

たたき続けることしか自分には出来ないのではないかとも思っています。


あの平沼さんでも、
最初は大変だったのかと思うと、
まだまだたくさんの扉をたたき続ける必要があるなと
あらためて思います。


みなさんはどんな扉をたたきますか?






Vol.10 『扉をたたき続けろ!』平沼赳夫 元経産大臣インタビュー(ドリームゲート)



(第646号 平成24年6月21日(木)発行)

「地域活動をしよう!」にご意見をいただきました─横浜市の町内会は具体的に何をやっているのか

2013年05月26日 18:00

第978号「地域活動をしよう!」(5/19)



ここで、地域活動をすることで、

「小さい政府であっても、大きな世の中」

をつくることができるというお話をこのメルマガで書きました。


読者の丸山さんより、
貴重なご意見をいただきましたので、
今日はこれについて考えてみたいと思います。


─────────────────────────────
【以下いただいたご感想】


地域活動をしようを拝読いたしました。
地域活動は必要です。
ですが、こうした活動は嫌がられることが多いです。

人は地域活動は必要だとわかっていますが「必要だからする」のでしょうか?
実際どうでしょうか?

どうしたら多くの勤労者、住民一人ひとりの参加が得られると思われるのか、それをお聞きしたいです。
よろしくお願いいたします。


【ここまで】
─────────────────────────────



理想はあっても、それを語るだけではなく、
具体的にどうするかが大事です。

地域活動は大事だが、
それでは具体的にどうしたらみんなが参加してくれるのか?


先日、林塾でも若手政治家の皆さんで議論をしましたが、

「1・8・1の法則」

というものがあります。

どんな組織であっても、

上位1割の積極的かつ優秀な人がいて、
8割の人は中間層、
下位1割の人はむしろ組織にとっては害のある層

だという理論です。

この上位1割の人たちを、中間層から2割にどうやって増やしていくか。


私が見ていて感じるのは、

「楽しそう」

と思ってもらえる活動には人はひきつけられやすいということです。

真面目一本だけでは、人は活動に興味を持たないことが多いですね。


そして積極的に周りの人に声掛けをする方がいるかどうか。
これも重要です。

実はその地域活動に参加してみたいと思っていたけれども、
存在を知らなかったとか、
どうやって入ったらいいかわからなかったので入っていない、

そういう人も意外といたりします。


最初から地域活動への参加は断られるものという前提というか思い込みがけっこうあったりするのですが、
1・8・1を2・7・1に変えると考えれば、

拒否されても拒否されても声がけをするということは大事です。


まちづくりに積極的な方とお話したり、
行政の方とお話をしていると、

「やはり最後は人ですね」

という言葉がよく出てきます。


馬鹿者であっても、
自分の住む地域をより良くしたいと強く思う人がいる地域は、
地域活動が盛んです。

自分がそんなバカ者になるという覚悟が私も必要だなと自分に言い聞かせています。


先日メルマガで紹介した、
「狂挙に生きるインドの少年の動画」のような人物になりたいものです。


Lead India - The Tree




それでは、私だけではなく、
横浜市の町内会自治会では実際にどんなことをやっているのか、

「平成24年度横浜市自治会町内会・地区連合町内会アンケート調査報告書」(横浜市市民局)


から抜粋したいと思います。

こうした政府や自治体がやっている調査を見ることによって、
自分の地域活動はこうしたらいいなとか、参考にできるところは積極的に取り入れてみる、
そうすることによって、それぞれの地域が活性化していくのではないかと思います。


私もこのレポートを読んで非常に勉強になりました。
行政が今後こうした情報を発信し共有していくことが非常に大切になってくると思います。







──────────────────────────────────────
【以下レポートより一部引用】



自治会町内会への加入に向けての取組について

【未加入者(新たに引越しをしてきた方を含む)に対する取組み】

「訪問して勧誘」が 1,532 件(59.7%)、
「パンフレットなどをポストへ投函」が 901 件(35.1%)
「お祭りやイベントのときにパンフレットなどを配布」が 556 件(21.7%)となっている。

一方、「特に行っていない」が 534 件(20.8%)と2割程度存在している。


【加入をしない(断られる)理由】

「班長や役員になりたくないから」が 1,088 件(53.6%)、
「ほとんど家にいない、活動に参加できないから」が 1,062 件(52.3%)

となっており、この2点に回答が集中している。



【自治会町内会への加入に向けての行政の支援】

「転入者への自治会町内会活動の周知」が 1,543 件(60.2%)、
「転入者への自治会町内会連絡先の提供」が 1,234 件(48.1%)、
「不動産、住宅建築業界への協力要請」が 1,109 件(43.2%)
「地域住民への自治会町内会活動の周知」が 1,001 件(39.0%)などの順になっている。





東日本大震災後の住民(会員)の自治会町内会に対する意識について

【自治会町内会活動に対する住民(会員)の関心】

「関心が高まったと思う」が 58.3%で最も多く、全体の6割近くを占める。


【震災後、新たに取り組んだ活動や行事(抜粋)】

・災害発生時には、隣近所の助け合いが不可欠なので、町内会館で 100 円の菓子代で「組長を中心とした組の会合」を行うことにした。
あまり堅苦しくならず、ざっくばらんにおしゃべりをしてもらって、意思の疎通と懇親を深めることを目的としている。

・全班長(70 名)を集め、班別に全員に呼びかけ、班会合の実施を要請した。
内容は初期消火の重要性、要援護者の登録、また近隣住民による助け合いが重要であることを話し、避難経路の確認など近隣で話し合う取組を進めた。

・熟年者サークルの主催で、ウォーキング、各種教室、小旅行のイベント回数を増やすことにより、住民同士が知り合う機会を多くした。

・「いっとき避難場所マップ」を作成して、各会員に配布した。

・「きずなの会」を立ち上げ、現在 40 名が実践中です。
散歩の会、ラジオ体操、手芸の会、食事の会、小旅行の会等で、少しずつ参加者が増加し楽しんでいます。
会費はすべて自己負担です。

・防災の拠点のため、老朽化した自治会館の建て替えの検討を開始した。

・災害時の要援護者の把握等行うため、世帯(家族)カード作成委員会を設置し、自治会員名簿、安否確認図、防災担当組織等取り組んでいる。

・防災・防犯パトロールを役員だけでなく、一般会員の参加を推進し実施している。

・「みんなで話そう“マンションの防災”」というシンポジウムを開催し、当マンションの防災について語り合い、防災訓練に活かしています。

・何かの時に地域のつながりが必要だと思い、約 10 年ぶりにソフトボールチームを編成した。

・小・中学生、地域住民、高齢者、障害者を含めた防災フェスタを開催した。

・町内旅行会復活。

・震度5以上の際、各班の異常の有無を自治会長へ報告することとした。

・3.11 発生から自治会が取り組んだ行動についてアンケートを実施。その後、報告集会で発表した。
また、1年後に再度、経験交流会を実施。色々な要望、経験談が一般の人から出された。





自治会町内会の運営上の課題について

【運営上課題】

「役員のなり手が少ない(役員の高齢化・負担が重いなど)」が 1,971 件(76.8%)で最も多く、8割近くとなっている。
次いで「会員の高齢化」が 1,508 件(58.8%)で6割弱、
「特定の会員しか運営、行事に関わらない」が 970 件(37.8%)で4割弱などとなっている。


【役員のなり手を増やすための工夫】

《呼びかけ対象の工夫》

PTA・子供会・スポーツ推進委員・青少年指導員などからの人材確保、口コミ、行事を開催して人材探し、声かけ

《役員の決め方の工夫》

輪番・抽選・推薦・選挙

《運営・魅力の工夫》

業務シェアのためのマニュアルづくり、役員数の減、行事の減、サポート体制づくり、報酬・手当、懇親会の開催


【役員のなり手を増やすための工夫 (抜粋)】

(呼びかけ)

・イベントの充実を1番に考え、楽しいことをして、たくさん会員を集め、その中で次期役員として活躍してくれそうな人を見つけ、声をかけています。

・各種同好会を作り、会員を募集する中からなり手を探している。
ゴルフ同好会は男性の引き込みに効果がある。

・子供会の親達が、子どもが中学を卒業すると町内活動に参加する受け皿がなかった。
そのグループへの声かけから、役員の高齢化を訴え、青年部を立ち上げた。

・参加のきっかけづくりとなるよう、主要行事の実行委員として若手に個々に手伝いをお願いしている。

・役員一人一人が身近な隣人に声をかけ、少しでも町内会について理解してもらうよう輪を広げていくことを心がけています。

(役員の決め方)

・旧役員さんが新役員さんを選任することを心がけている。

・役員、班長以外に、町内会活動を助けてもらうボランティアを募集・登録しておき、困った時の相談、事業の援助依頼等を行っている。

・持ち回りで全員(世帯)2年ごとに自動的に改選する方式を取っている。

・自治会役員 OB、行政関係委員及び OB、地域組織(女性の会、子ども会等)と懇談会等を時々実施。

(運営・魅力)

・役員の作業軽減のため住民のボランティア活動を促進し、自治会と協同できる体制強化を進めている。

・若手の登用のために会議をなるべく夜に実施。現役世代が活躍できる時間を作ること。

・役員の業務マニュアルの作成により、新人役員が業務を運営する上で困らないようにする。

・役員に活動費を払うことにした(月 500円)。



【行事の参加者を増やすための工夫】


《広報の工夫》

ポスターの掲示、回覧、口コミ・声かけ、直接勧誘や雰囲気作り

《プログラム(活動内容)の工夫》

子どもや若者が興味を持てる内容の工夫、参加賞や景品の提供、参加しやすい日時・時間帯の工夫

《他団体との連携》

子ども会、老人クラブ、学校

《その他》
役員の強制参加、動員など


【行事の参加者を増やすための工夫 (抜粋)】

(広報の工夫)

・花見や納涼祭の後日に、楽しかった様子を写真入りで回覧、掲示して次回の参加を呼びかけている。

・お祭りでは子ども達にポスターを描いてもらい掲示する。(プログラム(活動内容)の工夫)

・レクリエーション大会、防災訓練を同日開催し、昼食(おにぎり)付きにしたら、ここ数年 400 名以上参加。
今年は 500名弱の参加。

・子どもが参加しやすいようにしている。
子どもが参加してくれると、その親も参加してくれる。
子ども会に力を入れる。

・古い慣習で行ってきたことを変え(祭り→カーニバル風)、高校ダンス部によるよさこいソーラン等を取り入れ、好評を得ている。

(他団体との連携)

・各学校の行事や懇談会後、PTAや学校関係の方々に町会のいろいろな行事の話をして参加してもらっている。

・行事にはできるだけ自治会内の各種団体(子ども会、老人クラブ、民生委員、婦人部等)に企画・立案から参加していただく。

・子ども会、老人会、防犯パトロールなど、町内の団体には必ず連絡し情報共有するようにしている。

・地元中学校でのボランティア募集。



【自由意見 (抜粋)】

(行政への要望・依頼)

・地域の住民同士のつながりは、薄れていく一方だと感じます。
このアンケートやその他でも、効果のあった取組、行事等参考になる情報があれば、ぜひ自治会町内会へ直接発信してほしいと思います。

・行政からの各種申請書類、配布物等、大変多い。
すべてを電子化するのは困難かと思いますが、発行一覧表があると便利です。
また、検索可能にしたホームページがあれば便利。

・個人情報保護法により、地域の緊急連絡網が数年前からなくなり、情報伝達の手段が失われている。
緊急時連絡の方法がなく、災害時の対応も不安がある。
自治会内での個人情報の扱いについて、法的な裏付けで活用する道はできないだろうか。

(会長・役員)

・以前は定年になると同時に町内会のお手伝いをお願いするパターンでうまくいっていたが、現在では年金支給年齢が引き上げられ 65 歳くらいまでは働いているので、人材の確保が非常に難しい。
子供会の役員についても同様で、働いている母親がほとんどである。

・毎年会長、役員が交替する。
年間活動予定表を作成し、本年度の実施状況の把握および次年度会長、役員が次年度活動がしやすいようにしたい。

・10 年前に会長に就任した当時は、それほど肉体的に苦しくなかったのに、85 歳を迎えた最近は特にきつい。
年齢的に限界にきているのに、誰も引き受けてくれない。
このままでは早晩、当町内会は空中分解してしまうと思う。

・役員活動に積極的な方が少ないのが現状です。
私もジャンケンで負けて会長になりましたが、皆さん消極的ながら最低限の職務は果たしてくれます。

(活動内容)

・防犯灯、ゴミ集積所の管理・清掃、防犯パトロール、防災拠点の運営等は、町内会費で負担している。
未加入者にこの状況を広報する。

・まず顔見知りを増やすようにしよう!と、会館を利用して少人数でもよいから気軽に集まれるおしゃべり会や、料理・手芸教室等の集いをしたところ、参加者が増えて、会館清掃の実施等動きが出てきました。
ゴミの減量や生ゴミ水切り等の実践も話題にしています。

・22年 12月より子育てサロンを開始して以来、各行事の参加者が増えています。
以前は子どもの小学校入学を契機とした子供会への入会・自治会活動への参加でしたが、今は0歳児の両親から各行事に参加してもらえています。
赤ちゃんから高齢者まで幅広い自治会活動ができればと考えています。

(少子高齢化、若年層・中間層不足、加入促進・自治会町内会離れ)

・種々の会合に出席しているが、年配の方が多く、考え方も固着していて、内容を強制されたりということも多い。
特に若い人、外から入ってきた人には参加しづらい環境だと思います。

・自治会は任意団体であり、加入を強制できない。
よって義務的に加入を勧めるのではなく、加入することによって支払う自治会費や提供する労務以上の十分な対価、メリットがあるということを周知したい。

1ごみ処理、公園整備などの住環境整備を行うことにより、自分の家の資産価値が上がる。
2自治会活動を通して顔見知りが増えれば、防災活動が円滑にできる。

・町会は毎日の生活の中でゴミ回収、防犯・防災と一番身近な集団です。
町行く人はすべてが家族であり、おはよう・こんにちはの挨拶から人と人との繋がりが生まれ、それが防犯・防災へと発展する。
世代交代の時期でもあり、若い方々の参加も次第に増えてきている中、加入者をもっと増やすことが今後の課題です。




「平成24年度横浜市自治会町内会・地区連合町内会アンケート調査報告書」(横浜市市民局)

仙台に住んでいたことのある Maia Hirasawa の「Lights Are Out」

2013年05月25日 18:00

Maia Hirasawa - Lights Are Out




マイア・ヒラサワの曲は、
このメルマガでも結構紹介したことがありますね。


─────────────────────────────
【引用ここから】

マイア・ヒラサワ(Maia Hirasawa、1980年5月5日 - )は、スウェーデンの女性シンガーソングライター。

マヤ・ヒラサワと呼ばれることもある。
ストックホルム県ソーレントゥーナ市出身の日系スウェーデン人。
父親が日本人で母親がスウェーデン人のハーフ。

スウェーデン王国ストックホルム県ソーレントゥーナ市で生まれたが、
大半をヨーテボリで過ごしている。

10歳でクラシカル・ピアノを始め、15歳でクワイアーに入団。
21歳の頃から自身で作詞作曲を始め、
やがて、アニカ・ノリーンが主催するバンド「ハロー・セーフライド」にバックアップシンガーとして参加した。

【引用ここまで】
─────────────────────────────



2011年3月9日、新曲 "Boom!" を提供したJR九州「祝!九州キャンペーン」のCMが放送開始されたのですが、
震災ですぐ中止に。

マイア・ヒラサワは、仙台に1年間住んでいたこともあり、
震災の救援に役立ててもらおうと、
収益の全てを日本赤十字に寄付するとした曲 "FRAGILE" を作ったりもしています。


この新曲、「Lights Are Out」もきれいな曲ですね。



Boom!(ブーン!) [Enhanced]
マイア・ヒラサワ | 形式: CD

都市化する世界─米国国家情報会議『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』

2013年05月24日 18:00

最近『2030年 世界はこう変わる』という本を読みました。

この本は今後の世界を中長期的に、大局的にとらえるという意味で、
非常に勉強になる本でした。


この本は、米国国家情報会議によってつくられたレポートがもとになっていますが、
この米国国家情報会議は、1979年設立。

CIAや国防総省、司法省、国土安全保障委員会ほか、
アメリカの各情報担当機関や著名大学の学者から提供された膨大な情報を元に、
15から20年程度のスパンで世界情勢の予測を行う国家の諮問機関です。

同会議がまとめた「国家情報評価」と呼ばれる指針は合衆国大統領が政策や決断のための参考にするなど、
世界でもっとも精度の高い予測を行う機関であるといわれています。



米国国家情報会議編集,谷町真珠翻訳『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』  


このレポートのなかで、

「都市化する世界」

というテーマが出てきます。


人口全体に占める都市人口の割合は

1950年の世界では、約3割

でしたが、

2030年の世界では、約6割

に達するだろうと言われています。

世界中でいかに急速に都市化が進んでいるのかが分かる数字です。


国連の人口予測によると、
人口増加の激しい国ほど、都市人口の増加も顕著となります。

2011年から2030年の間に、都市人口が

中国では2億7600万人、
インドでは2億1800万人

増えます。

これは、中国とインドだけで世界の都市人口増加の37パーセントを占める計算となります。

中国とインドに続くのが、

バングラデシュ、
ブラジル、
コンゴ民主共和国、
インドネシア、
メキシコ、
ナイジェリア、
パキスタン、
フィリピン、
米国

の9ヵ国で、この9ヵ国だけで世界の都市人口増加の26パーセントを占めます。

このまま急速な都市化が続くと、
下水・排水網、道路や交通網などのインフラ完備が不十分な都市が増えてしまう危険性があります。


そして今後20年の都市化の流れでは、
20世紀後半の都市化では登場しなかった新しいタイプの都市も誕生しそうだと本書では書かれています。


現在、人口が1000万人を超える巨大都市(メガシティ)は世界に27都市あります。
今後も、こうした既存のメガシティへの人口流入が続きますが、
土地不足やインフラの老朽化などがさらなる拡大の妨げとなる可能性が高くなっています。

代わって台頭するのが地価の安い周辺地域。

「国境をまたいでしまう都市」も登場しそうだとか。


2030年までに、2国、もしくは3国にまたがる大都市が
少なくとも40都市は誕生する見通しです。


国家にとって、都市は経済成長のエンジン役という大切な役割を果たします。
経済成長の約8割は都市部が担っているといわれています。


都市が持つ活力を、
持続可能な経済力に変えていく。




100万都市である私たちのまち仙台も、
エンジンの一つとしてもっと動いていかなければならないと強く感じています。




米国国家情報会議編集,谷町真珠翻訳『2030年 世界はこう変わる アメリカ情報機関が分析した「17年後の未来」』

メルマガ読者数を増やす3つの方法

2013年05月23日 18:00

このメルマガもまもなく6月には、
発行1000号となりそうです。
読者数も25,000人を常に超えるようになってきました。

メルマガを毎日発行するのは珍しいようで、
日々口コミも増えています。

いろいろな方から直接、

「メルマガ読んでいますよ」

と言われるようになり、大変うれしく思います。


また最近は、メルマガの感想をたくさん頂けるようになり、
元気が出ました、と言ってくださる方が多いので、
こちらも大いに元気づけられ、毎日楽しくメルマガを発行しています。


最近何人かの方から、

私もメルマガを発行しているのですが、
どうやって発行部数を増やせばよいのでしょうか?

という質問がありましたので、
今日は、

メルマガ読者数を増やす3つの方法

について書いてみたいと思います。


[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx