Archives[ 2012年07月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

学業を終え、豊田自動織機に就職─豊田英二(トヨタ自動車会長)その2─昭和時代の私の履歴書

2012年07月31日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。



私の履歴書─昭和の経営者群像〈8〉



豊田英二のお話の続きです。

世界のトヨタを生み出した、
自動織機を発明した豊田佐吉のおいとして、
英二は生まれますが、

子どものころから帝王学を学んでいたようですね。


[ 続きを読む ]

仙台から世界のみなさんへありがとう!─JC仙台と坂元サトルさんの感謝の楽曲

2012年07月30日 12:00

感謝の想い溢れるまちづくりプロジェクト
http://youtu.be/msBkD0uoK_o




→オススメの動画です。ぜひごらんください!



昨年の3月11日、東日本大震災以来、
全国各地から、全世界から、
被災地域へ多くのご支援をいただきました。

このメルマガの読者のみなさんにも呼びかけて、
宮城県内各地の小学生に文房具を届けるということもしましたね。

ネット上で多くの方の、
あたたかい気持ちに触れることができました。

みなさんにご支援いただいたことを
あらためてお礼申し上げます。



いまだに仮設住宅で厳しい暮らしをしている方もいれば、
原発事故によりふるさとに帰れず、
お墓参りもできないという状況の方もまだたくさんいます。

そして行方不明者もまだたくさんいらっしゃって、
決してすべてが前向きに進んでいるわけではありません。


けれども、少しずつ落ち着いていくこの東北各地で、
この夏も元気な子供たちと
夏祭りを開催するところがたくさんあるようです。




JC仙台では、全世界への感謝の想いを発信するため、
東北に縁の深いアーティストである坂元サトルさん(JIGGER'S SON)に、
楽曲をつくっていただき、多くの市民とのコーラスが実現しました。


この映像を見ていて、
私はいい歌だなあと思うと同時に、

たくさん耳にする、


「ありがとう」


という日本語の響きが
とても心地よいものだなということをあらためて感じました。


8月5日(日)には、


第43回仙台七夕花火祭



も開催される予定です。

都心部で打ち上げ、幹線道路を封鎖し、
50万人規模の人出が出る花火大会は、
全国でもまれなものと言われています。


ぜひ元気な仙台にお越しいただければうれしく思います!





──────────────────────────────

私たちは東日本大震災直後から今もなお、各地の方々より、数多くの支援をいただいております。
その多くの支援や、それにより「生かされている」ことに対する感謝の想いが、
時間の経過と共に薄れていかないように。

また、その多くの支援に対して感謝の想いを発信するために、この楽曲と映像を制作しました。
楽曲の基となりました文集や、楽曲内のコーラスも、
多くの市民の方々に参加していただき、制作いたしました。

仙台市民の感謝の想いを是非ご覧ください。

公益社団法人仙台青年会議所


感謝の想い溢れるまちづくりプロジェクト





【お願い】

ぜひ東北のみなさまで、
また感謝の想いを共有してくださる方は、

この動画を、シェアやリツイートなどしていただき、
全世界に発信してくださるとうれしいです。

ふるさとが東北の方も同様に、
この「ありがとう」を全世界に広めていただけるとうれしく思います!




渋谷駅で恩を忘れない忠犬ハチ公─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その2

2012年07月29日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。

当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。


渋谷駅に行ったことがある方はわかると思いますが、
渋谷駅前にはものすごくたくさんの人が行き交っています。

そんな渋谷駅の待ち合わせで有名な場所が、

ハチ公前。


忠犬ハチ公の銅像が立っている前で、
たくさんの若者が待ち合わせをしていますが、

ハチ公がどんな犬だったのかは、
あまり知られていません。


ハチは、生まれて間もなくよその人に引き取られ、
その家の子のようにしてかわいがられました。

そのおかげで、弱かった体も、
たいそう丈夫になりました。


飼い主が毎朝仕事に出かけるときは、
電車の駅まで送って行き、

夕方帰るころにはまた駅まで迎えに出ました。


えらい犬ですね。
しかもかしこいですね。



しかし、あるとき、
飼い主が死んでしまいました。

ハチはそれを知らないのか、毎日飼い主をさがしました。


いつもの駅に行っては、
電車がつくたびに、
おおぜいの人の中に飼い主はいないだろうかとさがしました。


こうして、月日がたちました。

一年がたち、

二年がたち、

三年がたち、

十年がたっても、

まだ飼い主をさがしている年をとったハチの姿が、
毎日、その駅の前に見られたのでした。





おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。

藤井フミヤが50回目のバースデーに『Life is Beautiful』をリリース!

2012年07月28日 18:00

Fumiya Fujii Life is Beautiful




藤井フミヤとくればチェッカーズですが、
なんともう50歳なんですね。

見た感じはまったく50歳に見えないです。


彼よりも年上に見える同級生がたくさんいるような気すらします。


藤井フミヤは震災の後に、
原点に帰ってこの曲、アルバムをつくりあげたのだそうです。

最初は元気なロックンロールをつくろうと思ったのだけれども、
こういう曲に落ちついたのだとか。


True Love


という曲を思い出しました。
この曲は1993年の曲ということで、
もう20年近く前の曲になるわけですね。

光陰矢のごとし。



Life is Beautiful
ありがとう さよなら
同じ虹に逢う事はできない






Life is Beautiful(初回生産限定盤)(DVD付) [CD+DVD, Limited Edition]
藤井フミヤ | 形式: CD



馬鹿者は大事なことを世間話のように語る

2012年07月27日 18:00

昔、梁という国に襄王という王様がいました。

この王様は愚かな王様でしたが、
孟子はその愚かさをこんなやりとりからわかったのでした。



それは、王様が孟子を見るや、


「天下はどのような姿に落ちつくであろうか」


とたずねた、その一言でした。



[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx