Archives[ 2011年08月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

市村清(理研光学社長)─昭和時代の私の履歴書

2011年08月31日 18:00

昭和の偉人たちが何を考え、失敗にどう対処し、
それをいかに乗り越え、どんな成功を収めたのか、

日本経済新聞に掲載されている、
自伝コラム「私の履歴書」から
探ってみたいと思います。


私の履歴書─昭和の経営者群像〈6〉


市村 清(いちむら きよし、1900年4月4日 - 1968年12月16日)は、日本の実業家。
リコーを中心とする「リコー三愛グループ」の創始者。
昭和初期から43年の日本を代表する経営者の一人。

「人の行く裏に道あり花の山」を座右の銘とし、
常識の裏をかくアイディア社長として一世を風靡した。

現在も銀座4丁目交差点に建つ、
円柱・総ガラス張りの個性的な「三愛ドリームセンター」(1963年完成)も、
元々は市村の「お客を動かさず、建物を回して商品の方を動かしてはどうか」との発想に基づくものである。

産業界・学界で功労者を顕彰する市村賞にその名を遺す。



明治33年佐賀県生れ。
昭和4年理研感光紙代理店を経て
11年理研感光紙の代表取締役。
20年三愛創立、明治記念館、日本リースなど創立。
40年不振のリコーを再建。
43年新技術開発財団設立。
43年12月16日死去。


私の履歴書は昭和37年2月に連載している。





[ 続きを読む ]

恩師に会ってみよう!─市川一朗先生に会ってきた

2011年08月30日 18:00

学生時代を振り返ってみると、
幼稚園から大学にいたるまで、

あまりいい生徒ではなかったなあと思います。

自分を反省すると、
先生に対して生意気なところがあったなあと
いまになってみるとよくわかります。

[ 続きを読む ]

賢慮のリーダーが持つ6つの能力 その2─DIAMOND Harvard Business Review

2011年08月29日 18:00

一橋大学の野中郁次郎名誉教授と

ハーバード・ビジネス・スクールの
竹内弘高教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号』に、


「実践知」を身につけよ─賢慮のリーダー


と題して、


現代のビジネスリーダーに求められている、


「実践知」


について、
解説していますので、紹介したいと思います。

実践知とは、すなわち経験から得られる暗黙知、価値観や道徳を手がかりに、
冷静な判断を促し、状況を踏まえた行動ができるようになる、

このような知識のことです。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号



前回は、実践知とはどういうものかについて
ご紹介しました。

それでは具体的に、
野中らの研究により分かった、

賢慮のリーダーであるための6つの能力と、
そうしたスキルを身につける方法はいかなるものかをみていきます。


[ 続きを読む ]

コーセー・エスプリークCMの安室奈美恵に驚いた

2011年08月28日 18:00


この前偶然テレビを見ていて
化粧品コーセーのCMに出てくる、
安室奈美恵に驚きました。

姿かたちが全然変わっていないんですね。


コーセー ESPRIQUE |CF/MAKING
http://esprique.com/cf/


[ 続きを読む ]

賢慮のリーダーが持つ6つの能力 その1─DIAMOND Harvard Business Review

2011年08月27日 18:00

一橋大学の野中郁次郎名誉教授と

ハーバード・ビジネス・スクールの
竹内弘高教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号』に、


「実践知」を身につけよ─賢慮のリーダー


と題して、


現代のビジネスリーダーに求められている、


「実践知」


について、
解説していますので、紹介したいと思います。

実践知とは、すなわち経験から得られる暗黙知、価値観や道徳を手がかりに、
冷静な判断を促し、状況を踏まえた行動ができるようになる、

このような知識のことです。



DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年9月号



[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx