Archives[ 2009年09月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

就活キュッカを再開しました。

2009年09月19日 23:23

今日第一回の就活キュッカ2011を開催しました。大学生は3人、社会人は4人、中二階が1人の参加でした。ちょうどいい具合の人数だったのではないでしょうか。

ひととおり、第一印象やら何やらの議論をしていただいたころに遅れて参加しましたが、今年のメンバーもアツイ人たちが多いようで楽しみですね。

基本的な話をした後に、社会人の人たちのお仕事についてお話しいただき、こちらも勉強になりました。

そして15分の模擬面接とフィードバック。なかなかいいやり取りができたと思います。厳しいご意見もありましたが、肥やしになる意見が多かったことでしょう。


働く仕事を決めるということは、恋愛に似ているところがあります。想い、努力して実らせることができたとしても、しあわせとは限らなかったり、受け身でまあいいかと選んだからといって失敗ではなかったり。相対的なものなのかもしれません。

けれども、せっかく働くのであれば、たった数ヶ月間であっても自分が本当にヤリタイことは何か、真剣に悩んで悩みぬいて、自分に合ったお仕事を選んでほしい、そのために、自分の時間をちょっと割いてでも、一緒に悩み一緒に考えていきたいと思います。

今日も、私自身いい勉強になりました。きびしさのなかのやさしさをもちながら、応援したいと思います。


終了後、某氏と二人でキュッカ。同年代の様々な悩みというものもまた、発想としては就活と同じような部分はあります。つらいなあと感じるときというのは実は貴重な体験をしているときであり、成長している時でもあります。

2011年度入社をめざす就職活動をはじめるにあたり(基本方針2011)

2009年09月19日 23:22

2011年度入社をめざす就職活動をはじめるにあたり(基本方針2011)
09/9/19


1、現在の自分を把握する【現状把握】

  自分の過去(オレ線グラフ)
  自分の過去に対する自分・他者からの評価
  就活仲間から見た自分の評価
  社会人から見た自分の評価


2、幽体離脱して自分を見つめる【客観視】

  自分から見た自分の魅力
  友人・家族から見た自分の魅力
  いまの時代はどんな時代で、自分はどんな能力があるか
  自分を全く知らない人は自分をどう見ているか


3、志望会社の社員になったつもりになる【業界研究】

  志望業界の先輩に話を聞く
  業界紙・ビジネス誌・専門誌を読んでみる
  どんな人が内定しているか考える


4、就活を就活で終わらせないために【しあわせ論】
 
  自分の人生のしあわせとは何か(会社との整合性)
  自分は何を人生にのぞむか(ライフスタイル)
  決断とあきらめ


→自分の現状を把握し、情勢を客観的に分析する。
 会社の側の立場を理解した上で、自分の求める生き方とマッチングするかどうかを考える。



就活キュッカ 月1回
プチ就活キュッカ 月1~2回




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx