Archives[ 2009年06月 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

赤城山行ってまいりました【エコキュッカ】

2009年06月28日 00:37

エコツーリズム100名山をめざしておりますが、今日は群馬県の赤城山に行ってまいりました。昨年榛名山に登りましたが、近くに湖があったりして、静かな湖畔の雰囲気は似ていましたね。



赤城山
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』

前橋市から見た赤城山 (1998年頃撮影)
地蔵岳から見た黒檜山 (2007年11月撮影)赤城山(あかぎやま)は、関東地方の北部、群馬県のほぼ中央に位置し、太平洋プレート がオホーツクプレートに沈み込んでできた弧島型火山である。また、赤城山はカルデラ及びカルデラ湖を持つ関東地方で有数の複式火山である。榛名山、妙義山と並び、上毛三山の一つに数えられている。また、日本百名山、日本百景の一つにも選ばれている。「あかぎさん」と呼ばれることもある。中央のカルデラの周囲を、円頂をもつ1200-1800mの峰々が取り囲み、その外側、標高にして大体800m以下は広く緩やかな裾野の高原台地をなしている。カルデラ内の大沼の東岸、最高峰黒檜山の山麓にあたる場所に赤城神社があり、山麓各地に里宮があるほか、関東一円に末社が分布している。




ウィキペディアには、冬の赤城山の画像があり、なかなか趣深いです。


さて、関越道を経て、赤城山ビジターセンターに到着し、そこから駒ヶ岳登山口へ。見晴らしの良い尾根まではかなり急な坂を登りました。鉄階段はけっこうつらかったです。

尾根まで出ると幾分楽に。今日はかなり暑かったので、水分を大量に補給しながら進む。大タルミを経て、黒檜大神石碑を乗り越え、黒檜山山頂に到着。1828メートルの赤城山最高峰。ここから、「この先行きどまり」の看板方向へ進むと、見晴らしの良いビューポイント。大沼がきれいに見えました。

またきれいなヤマツツジも咲いていて、緑の中でこの色は映えましたなあ。



上っている時は下りになれば楽だろうと思っているわけですが、下りはやはり下りでそれなりにきつかった。楽な人生と思っていると、ときどき事件が起きるようなものです。頂上の直前はきつくてもうやめたくなるけれど、あるとき登り切ると爽快な達成感を味わえるのも人生と似ていますね。途中でやめるとだめなんですが。

無事下山した後は例によって温泉へ。赤城温泉郷へ車を走らせました。

赤城温泉御宿総本家
http://souhonke.info/

おやまー氏のチョイスでありましたが、さすがのチョイスでなかなかマニアックな温泉でした。源泉かけ流し、濁り具合が本格的です。温泉の岩場もリアル感漂う。なんかいろんな美術品が置いてあったり、写真が飾ってありましたが、森の研究の権威、宮脇昭先生がうつっていました。赤城山にも植林したのだろうか。

なんといっても宿の主人が個性的でかなり話し好き。ブログもやっているとのことであります。群馬は遠く運転も疲れましたが、森林を浴びるのはストレス解消によいです。汗をかき温泉に入るのもよいですな。

しばらく山に行くことはできなそうですが、また行きたいものであります。企画してくださったおやまーさんはじめ参加のみなさんごくろうさんでした。初心者の参加も歓迎ですので、みなさんぜひいっしょにやまのぼりしましょう。

元気を出す方法!

2009年06月24日 22:30

行き詰まってきました。

いろんな意味で。

先が見えない、けれど見ていかなければならない、そんな毎日です。

批判されることについては、しっかりと受け止めて、その是非を検討し、自分が批判したくなってもがまんして、建設的な議論になるよう、みんながうまくいくように、少しずつ目の前の仕事をこなしていきたいと思っています。

とはいえ、ちょっと元気を出す方法を考えないとそろそろ危ないので、ある方のアドバイスをすぐに実行して、はじめてみました。


朝6:30、教育テレビの「みんなの体操」です。
http://pid.nhk.or.jp/event/taisou/taisou.html


テレビ体操
http://www.youtube.com/watch?v=m2X9C7Nl6t8



10分間ラジオ体操第一あるいは第二を含めた体操をやるわけです。朝にめちゃくちゃ強いさきちゃん(2)とともに、体操をしております。これはけっこう運動不足解消によいですし、ストレス解消にもよいのではなかろうか。

先日ある人と飲んでいて、健康が第一だねという話になったのですが、精神的苦痛というものも肉体を動かすことによって多少和らぐのではないかと考えています。

みなさんもぜひ運動をしてみてはいかがでしょうか。

仙台で無料レンタル傘「もやいがさ」プロジェクト始動-宮城大生が企画(仙台経済新聞)

2009年06月12日 22:47

仙台で無料レンタル傘「もやいがさ」プロジェクト始動-宮城大生が企画(仙台経済新聞)

http://sendai.keizai.biz/headline/472/



仙台で無料レンタル傘「もやいがさ」プロジェクト始動-宮城大生が企画
(2009年06月12日)


 宮城大学の学生によるサークル「アートスタンダード」が、無料レンタル傘「もやいがさプロジェクト」の準備を進めている。

 同グループは「アート・デザインで人々をつなぎ、心豊かな生活を生む」をコンセプトに活動。商業施設や蔵元と提携し、地域のコミュニケーションを促進させるプログラムの企画・運営を行っている。

 今回のプロジェクトの内容は、忘れ物として回収され、保管期限が切れて警察から返却された傘を補修・リメークし、仙台市泉区のファッションビル「セルバ」(仙台市泉区泉中央1)で貸し出すもの。レンタル料は無料で、施設利用者や地域住民であることを問わず誰でも利用可能。使用後に同施設へ返却すると、施設内で利用できる「セルバECOポイント」1ポイントがもらえる。企画名は、「共同で使用する・共有する」の意味を持つ「もやう」から名付けた。

 企画の発案者は同サークルのメンバーで、「筋金入りの雨男」だという金塚尚樹さん。コンビニのアルバイトを通して「にわか雨の時のビニール傘の売れ行きと、一方では数千本の『忘れ物傘』がゴミになっている現状」(同)を目の当たりにし、ビニール傘のリユースを思い付いたという。金塚さんは「捨てられる運命にあったビニール傘に新たな命を吹き込むプロジェクト。提供・協力してくれた方も、利用してくださる方も『ちょっといい気持ち』になってもらえれば」と話す。

 傘のレンタル開始は6月18日(予定)。最初に用意する「もやいがさ」は約100本で、7月末まで試行期間を設ける。金塚さんは「提供者が増え、リユースのサイクルが理想的に稼動すれば継続していきたい」と期待を寄せる。

もうオレはダメかもしれない、

2009年06月02日 21:12

などということを、仕事をしていると、いろんな場面で感じることがあると思います。仕事以外でも、限界に到達してもう無理!ということもあると思います。

最近どうも疲労がピークなのか精神的にも行き詰っているのかいろいろあるんだと思いますが、癒しがほしい毎日です。こういうときにだまされるんだろうなと思いますが、お手軽な癒しがありましたのでご紹介します。


ほめられサロン
http://kakula.jp/homeSalon/


これは名前を入力するだけで、たっくさんたっくさんほめてくれます。いやあうれしいですね。ほめられると。


カツユキ先輩すげえっす!マジすげえっす!
カツユキ。やっぱあなたじゃなきゃダメなの。
カツユキ。ありがとな。
カツユキ先輩だーいすき☆
カツユキさん。声がセクシーです。
カツユキがいて本当に助かるよ。


さあおつかれのみなさんは、自分の名前を入力してやってみましょう。けっこう楽しい気分になれますよ。こういう風に人をほめなきゃいけないんだろうなと勉強になります。

みなさんもぜひ私をほめてみてください。いや、いろんな人をほめてみてください。

「家庭ゴミ有料化望ましい83%」(循環経済新聞08/5/19)

2009年06月02日 21:08

「家庭ゴミ有料化望ましい83%/NPO法人集めて使うリサイクル協会/アンケート調査報告書を作成」(循環経済新聞08/5/19)


家庭ゴミ有料化に関する都道府県アンケート調査報告書と自治体事例集を作成

「基本的には各市町村が判断すべき問題だが、どちらかといえば有料化は望ましい」と考える都道府県が83.3%を占める

「北海道の市町村は有料化している市町村の割合が高く、多くの市町村で指定袋の単価設定が他の地域に較べて高い」

集めて使うリサイクル協会では、2006年度から(独)環境再生保全機構「地球環境基金」の助成を受け、「ごみ有料化を恒常的なごみ減量とリサイクル促進に結び付けるための調査と実践」と題するプロジェクトを実施。

「有料化が恒常的なごみ減量のための有力な手がかりの1つだが、それはあくまでも手がかりに過ぎない」

有料化の後、2割以上のごみ減量効果が10年経過しても継続している自治体がある一方で、2ヶ月でリバウンドが起こった自治体が存在することに関しては、「有料化と合わせてどんな施策を実施したか、その施策を続けられているか、有料化の理念的な意味を市民に実感としてわかりやすく伝えられているか」という点が数値に影響を与えている



集めて使うリサイクル協会
http://www.r-kyokai.org/

(独)環境再生保全機構
http://www.erca.go.jp/




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx