Category[ 私の読書 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

身分の低い賢者から謙虚に知見を得ることが重要

2018年11月02日 23:59

「友とは、その徳を友とするなり」

の一句は、本章全体の眼目であり、
これを眼目として、
家老、大小国の諸侯から天子に至るまで、

いやしくも政治の責任者は、
匹夫を友とすべきことを論じているのです。


今日の王公貴人にして、
この章を読まないものはないでしょうが、
その人々が匹夫を友としたという話は、
まだ聞いたことがありません。


正徳・享保時代までは、
諸侯がみずから貧しくむさくるしい裏町に
賢者をたずねることがあったといいますが、

今日ではその風、全く滅びてしまいました。


わたくしはまたわが公の侍臣が、
公のために、某公がその儒学をもって仕える臣下を親愛して、
礼節を問題とせずにこれを優遇したということを申し上げたところ

思うにそれは、わが公が温言和顔にて
臣下を親しまれるようにと願ってのことであったでしょうが、

公は顔色を正して、

「かの輩は、礼儀の何たるかを全く理解せず、
 人を見下してみずから賢者だと考えているものであって、
 われらの同志ではありません。
 君主が臣下を待遇するには、おのずから礼節がある。
 なれて礼儀を忘れることを親愛するということはできません。」

といわれたので、その侍臣は、
深く恥じて御前を退いたという話を聞いたことがあります。


わたくしは常に、
君主が臣下に対し、礼節を無視することは
いうまでもなく誤りでありますが、

礼節に拘泥することも誤りであると考えています。

このことは、王公が賢者を尊ぶことを知り、
また貴人を貴ぶことも賢者を尊ぶことも
その道理は同じであるということを知ったならば、
おのずから理解できるでしょう。


わが公は、本来賢明のお生まれであり、
その上、学問を好み道を信じておられるから、
この章を読んで差し上げたいと思います。

わたくしは、さきに挙げた侍臣の、
忠誠の志があることに感動するとともに、
聖学についての修養がなかったことを残念に思っています。


わが師佐久間象山は、常に、

「むかし白河楽翁公が老中在任の時には、
 常に身分のない人物であっても、
 これを引見されたと聞いているが、
 今日、国家殊に非常の際でありながら、
 執政は高くかまえ身分を誇って人を見下し、
 天下の賢者にへりくだることをしない。
 これでは国の行く末は知れ切っている」

といわれました。

まことに道理に徹したことばであります。

わたくしは、『孟子』を講じてこの章に至ると、
思わず反復して涙を流すのです。








ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim


天子も人間と考えるわが国

2018年10月26日 21:05

わが国は、君臣の義において、
外国とは全く別であるとはいえ、
天子は雲の上のお方で人間とは違った存在であるというように思うことは、
いにしえの道ではありません。

王朝が衰えた結果としてこう考えるようになり、
こう考えるようになった結果として、
王朝はますます衰えるのです。


ですから、この道を天子の御前に申し上げる人物がいたならば、
必ず時代を超えて古道に進む人物も現れてくることでしょう。


しかしながら、このことは、
不用意に説くべき問題ではありません。

不用意に説き不用意に聞いたときには、
かえって権力ある不正の人物のよい口実となって、
みずから天子たらんとする乱臣賊子が、
わが国にも相ついで出るようになることでしょう。

これはまことに恐るべきことであります。


また按ずるに、周制によれば、
庶人であっても、五人から九人の家族を養うことができました。

これはまことに恩徳の厚いことであったといわねばなりません。

しかし古代のシナにおいては、
土地広く畑多く、しかも人口が少なかったからこそ、
これを行うことができたものと考えられ、
わが国の今日では、それをそのまま手本とはしがたいことであります。







ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。








君主の威厳が薄くなり臣下が驕慢となるとどうなるか

2018年10月12日 23:59

さて、周室の制度は
その詳細を知ることは難しいのですが、
私(注:吉田松陰)は常にそれについて深く感ずるところがあります。

周制においては、
天子・公・候・伯・子男を五等の段階とし、

さらに諸国においては、
君・卿・大夫・上士・中下・下士と六等の段階にしています。

周制は事ごとにこの精神で貫かれており、
籍田の礼、葬月の数の類も、すべて同じです。


思うにそれは、

「天子という地位は公・候より一階級尊いだけであり、
 君という地位は卿・大夫より一階級高いだけである」

と考えたものであって、

それ故に夏・殷・周の三代においては、
君主たるもの、地位が高いからといって人に誇ることなく、
謙虚な態度で下位のものに対する礼があり、
それ故に国家のうちは、和ぎ睦まじかったのであります。



ところが、春秋・戦国の時代になると、
君主の威厳・恩徳ともに薄くなり、
臣下は日々に驕慢となって、

その結果として、
田氏は主人を倒して斉を奪い、
韓・魏・趙の三氏は協力して主人を廃し、
晋を奪って分配するまでになったのであり、

最後には、君臣間の礼は全く破棄されてしまいました。

それゆえに、秦が天下を統一して天子となると、
君臣の分度を定め、
多年積もった弊風を直ちに改めて、
眼前、大いに快哉を誇ったものでありますが、

それ以来、三代の美しい精神は全く滅びてしまい、
そのまま今日に至っています。
まことに惜しむべきことであります。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。







国家の政治上の第一の眼目は、祖法を守ること

2018年10月05日 23:59

古代のよい制度やよい意志が後世に伝わらないのは、
常に暴と慢という二つの力によって阻害されるからです。

「諸侯、その己を害するをにくみて、皆その籍を去る」、

諸侯は、おのれの勢力を拡張するために、
周の定めた序列が自分らを束縛するものであるとしてにくみ、
各国ともそれを記載した文書を破棄してしまいました。

というのは、それは暴のことをいったものであります。

後世、秦の李斯が、書籍を焼き捨て学者をあなうめにしたのは、
暴の甚だしいものですが、
その淵源は久しいといわなくてはならず、
それは、本章に、すでに「籍を去る」、
文書を破棄したという記事があることによって知ることができます

慢というのは、
記録することを怠り、
記録してもそれを修補することを怠り、
年がたつにつれて消え滅んでしまうことをいうのです。

『孟子』にもっぱら
暴のことばかりが記してあり、
慢に及んでいないのは、
記録の無くなった理由のうちの重大なものを特に挙げたからです。


いったい、国家の政治上の第一の眼目は、
祖法を守ることであり、
祖法は文書に記録されています。

『中庸』に「文王・武王の政治については、文書に記録されている」とあり、

告子下篇第八章に「祖先より伝来の文書を守る」とあるのも、
みなこの祖法のことをいったのであります。

今日は、名君賢相相遇のよい時代なので、
突然、暴によって文書を破棄するには至らないでしょうが、
慢によって文書がいつしか消えてゆくことに気づかないということは、
ないと保証しがたい。

君主・宰相が負わなければならない問題は、
文書保存の責務であります。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。





孟子の力と巧とは

2018年09月21日 21:11

孟子が、伯夷・伊尹・柳下恵の三人について、

力、すなわち聖の徳を備えてはいるが、
巧、すなわちよろしきを得るという点において欠けていると評していることは、
軽々しくいった論ではありません。


孔子の巧力ともに全きを得たる姿にくらべるとき、
はじめてこの三人に少し欠けているところを見出すことができるというのです。


孔子の門下についてこれを見ると、
顔淵・閔子・冉牛が、

「体を具して微」、

聖人の徳をそなえているがその器量が小さいといわれているのは、
巧はあるが力が足らないものということができるでしょう。


子夏・子游・子張が、

「一体を具す」、

聖人の一面をそなえているといわれているのは、
力はあるが巧が足らないものということができるでしょう。


後世の道義を学ぶものは、
孔子を目標とするならば、

巧力ともに至り、知行兼ね進むであろうことはいうまでもありませんが、
先輩について論じたり、人材を教育したりするにあたっては、
人には能、不能があるものでありますから、
みだりにこの尺度をもって他人を律してはいけません。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。









【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx