Category[ 私の読書 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

結婚についての父子の道と臣下の道

2018年02月23日 22:43

孟子の誤り、
この章より甚だしいものはありません。


舜が父に告げずに妻をめとったことが
道に反する問題であるということについては、

すでに離婁上篇第二十六章において論じておきました。

この章においては、


「もし父母にそのことを告げたならば
 結婚できないこととなり、

 人としての道にそむき、
 そのため父母を怨むことにもあるでしょう。

 それ故に告げずにめとったのです。」

といっていますが、
この言葉は、最も道に反しています。


告げずにめとるということは、
父子の間の道を破ることです。


それは、男女室に居る、
すなわち結婚して同居するという道を
破るどころの問題ではありません。


その上、
夫婦の道を破ったならば父母のしうちを怨むことになる
というのは、孝子の心ではありません。

そうであるならば、
孟子のこの言葉が誤りであることは、
論を待たないのです。


「堯帝も、舜の父に話をすれば、
 自分の娘を舜に嫁にやることができない」

ということばが道に反している
ことについては、

程子がこの句について批判しているように、

「君子であるものが臣下に対する処置」

でありますから、
告げることを必要としないのです。








ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim






父母に気に入られぬ憂い

2018年02月10日 12:25

孝子、父母によく仕える立派な子供のことですが、
ここからはこの孝子の心を説くこと至れり尽くせりの章になります。

その要旨は、

「人これを悦ぶとも」云々の二句、すなわち、

天下の人々が心服することも、
美人も富貴も、
すべて舜の心の憂いをはらすものではなく、

ただ父母に気に入られることだけが、
その憂いをはらす道であった、

ということに結論されます。


思うに、舜の心の一すじに慕うところは、
父母以外に何もなかったのです。

それ故に、世のなかの千万の事物、
すべて問題になりませんでした。


このことが、舜が孝子であった理由です。


「憂い」とは、

心がふさがってはらすことができず、
食べてもうまいと感じず、

寝ても安眠できず、
音楽を聞いても楽しくなく、

美服を着てもうれしくないことをいうものであって、


「窮人の帰するところ無きがごとし」、

窮迫した人が身の寄せどころもないという語は、
それを形容したものです。

父母に気に入られぬ時には、
誰でもこのような気持があるものです。


しかしながら、
人々が心服し、
美しい妻があり富貴を得ても、

それでもなおその憂いをはらすに足りないという人物は、
ただ舜一人だけです。


この点こそ、
舜が至孝たる理由なのです。


それに反し、
一般人の心というものは、
人々が心服してほしいの、
美しい妻や富貴を手に入れたいのと願っているもので、

一向に父母に気に入られないことを問題としないものが多い。

これは最も警戒すべきことです。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。











恥を知り、時に中す

2018年01月26日 22:09

この章は、
富貴利達を求める人間を恥ずかしめる、
痛快というべき文です。

本章に見るごとき頑鈍無恥、
かたくなにして愚かに、
その上に恥を知らない人物は、

古今同類にて、
国家が沈滞して振るわないのは、
実にこのようなものがはびこるからです。


大きな力量のある人が現れて、
この章を熟読し、

こうした人物を罵詈して、
もって清廉、すなわち潔白であって恥を知っているということを
尊ぶ風をふるい起こしてほしいものです。

離婁篇は本章をもって終わりとなりますが、
最後にこの話をおいたのは、
孟子先生に意志があってのことでしょうか。



離婁下篇は三十三章から成りますが、
各章の間に連絡があり、筋が立っているとは思われません。

ただし、
首章「先聖・後聖、其の揆一なり」に始まり、
第二十九章には「禹・稷・顔回、道を同じうす」とあり、
第三十一章には「曾子・子思、道を同じうす」とあり、
この三章は同じ意味であって、

いずれも「時に中す」の意義を明らかにしています。


また舜について語った第十九章、
禹・湯王・文王・武王・周公について語った第二十章、
孔子について語った第二十一章、
及び自身が先聖に私淑していることを語った第二十二章のごときは

また、多くの聖賢が、みな

「時に中」

した意味を示したものです。

中というものにはきまった本体があるのではなく、
時・処・位に応じてその最善を得ることが中庸であるとの意味です。


以上から考えて、
本章には、「時に中す」の意味を語り、
かつ世俗の惑いを解き
誤りを正すことを説いたことばが多いことが知られます。

その他のことも推して知るべきですが、
深く拘泥せずに読むのがよいと思います。



講孟箚記巻の三上 終









ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。




人は誰でも心があるならば聖天子

2018年01月19日 21:10

その昔、魏の武帝は、みずから

「わたしは四つの目と二つの口とがあるのではありません。
 ただ普通の人よりも知恵が多いだけです。」

と言いました。


孟子の言葉、

「何を以て人に異ならんや。
 堯・舜も人と同じきのみ」

というのも同じ意味です。


二つの目、一つの口、
聖天子とたたえられている堯・舜であっても、
それは一般の人々と同じです。


堯や舜が異なっているものは、
その心であります。

人は誰でも、
心があるならば、
堯・舜であります。



心がなくなれば、
一般人です。



しかしながら、
この心が確立している上に知恵が多い人は、
その精神気象、自然と一般人と異なるところがあります。


その昔、斉王が人をやって
孟子の様子をのぞいて見させ、

先生(孟子)には普通の人とちがうところがおありなのですか、
とたずねたそうですが、

王が孟子の様子をうかがわせた人物に、
果たしてよくこれを見抜く力があったでしょうか。








ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。



師道と臣道

2018年01月12日 21:56

曾子が魯の武城にいたとき、
越の軍が攻めて来たので、

曾子は人のすすめによりすぐ避難し、
敵が去ると、またすぐ帰ってきました。

これに対し、
不平を述べたものがありますが、
曾子は師の道からこの態度を守ったのでした。


曾子が自ら任じたところは、
師としての正しい道を守ることであり、

子思が行ったところは、
臣下たるものが守るべき当然の道です。


孟子は、思うに曾子の態度をもって
自身の立場としながら、
同時に子思の精神と少しも変わっていないことを
明らかにしようと思ったのであります。


いったい、臣下たるものの当然の道は、
われわれが今日、最も究明すべき問題であり、

師たるものの道については、
あえてこれをここに論じようとは思いません。


しかしながら君たるものの道の上から論ずるならば、
師たるものの道、
かの曾子のごとくであって、

はじめて臣たるの道、
子思のごときを得ることができるのです。


惜しいことには、
今の世の君主には曾子のような師がありません。

そうであれば子思のような
臣を得るはずはないのです。


しかしながら、後世、
世にうとき学者が、
みだりにみずから尊大にして、

その力もないのに曾子のような態度をとろうとすることは、
まことに憎むべきことです。


たとえば、宋の王安石が、
講官の職につき、坐して天子に講義しようと
人と論争した態度のごときが、まさにこれです。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim








【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx