Category[ 私の読書 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

昔の人を友とせよ

2019年02月22日 22:30

この章は、ひろく「友道」、
友人の道について論じたものですが、

その結論は「尚友」、
古人を友とするということにあります。


本文にいう「一郷の善士は」云云、
一村における優れた人物は、その村内の優れた人物を友とし、
一国における優れた人物は、その国内の優れた人物を友とし、
天下における優れた人物は、天下の優れた人物を友とします

とは、
その人物の才能・徳望の高下によって、
交わるところの友人の範囲にも広狭の差があることの
大体を特にいっただけであって、

村における優れた人物は絶対に国における優れた人物を友とするな
国における優れた人物は絶対に天下における優れた人物を友とするな、

というのではありません。


そもそも「その詩を頌し、その書を読みて、その世を論ず」、

天下の優れた人物を友としてなお足らず、
遡って、古人の詩を唄い、古人の書を読み、
さらに古人の活躍した時代までも論究することこそ、
孟子の学則なのです。


孟子のいう「詩」とは、
『詩経』以下歴代の歌詞のことであります。

「書」とは、
『書経』以下歴代の論議・弁説のことであって、
かの「右史はことばっを記録する」というものがこれに当たり、

『国語』『戦国策』『説苑』等の書物がこれに属します。

「世を論ずる」とは、当時の記録を読んで、
古人の行跡を考究することであって、

かの「左史は行いを記録する」というものがこれに当たり、
『左伝』等の書物がこれに属します。

『史記』『漢書』以下のいわゆる史書は、
左史の職責である行いの記録と、
右史の職責であることばの記録とがまざって
一つになったものであるといわれています。

古書は以上の三体、すなわち
「ことばを記したもの」
「行いを記したもの」
「その両方を合せて一つになっているもの」
の三者に分類することができます。


以上のうちにおいて、
まず読むべきものは「詩」「書」であり、
それによって、古人の目標や議論の大体がわかるのであります。

しかしながら、人の目標とか議論というものは、
それが生まれた時代と土地について考察しなければ
真の意味は理解しがたいもので、
すべてを一様に見るべきではありません。

それ故に、その世を論ずるのです。

『孟子』のうちに
「禹・稷・顔淵、及び曾子・子思は、立場をかえたならばみな同じことをしたであろう」

といい、

「前代の聖人も後代の聖人も、その考えるところは同一である」

といっている類のことばによって、
これを知ることができます。


さらに、
ことばが優れていて、
行いがそれに及ばないものもありますし、

行いが優れていて、
ことばがそれに及ばないものもありますから、

かれこれ対照比較することによって、
大いに益を得ることです。

以上によって、
だいたい、孟子の学則を知ることができるのです。

「詩」を唄い「書」を読むことは、
かりにいうならば、今の経学がこれに当たり、

「世を論ずる」ことは、
かりにいうならば、今の史学がこれに当たります。

それ故に、孟子の学問は、経学と史学を兼ねたものであります。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。


わが身が修まってはじめてわが国が治まる

2019年02月02日 12:03

この章の本旨は、かりに

「賢を悦ぶ」
「賢を養ふ」
「賢を尊ぶ」

という三つの問題を三つの段階として読むならば、
おのずから明白となります。


「賢を悦ぶ」ということは、
賢者の高い徳やりっぱな行いを悦ぶだけのことであり、

「賢を養ふ」とは、
米肉を絶やさずに贈ることにすぎません。

「賢を尊ぶ」ということになると、
その賢者の高い徳やりっぱな行いを悦び、
さらに米肉を絶やさずに贈る上に、

ともに天位を共にし、
天職を治め、天禄を食むものであります。


しかるに、今の世の君主たるものに、
これを行っている人物は実に少ない。

しかしながらこのことは、
われわれ自身、みずから反省する時、
いかに困難であるかを理解することができます。



今、わたくしは読書が好きですので、
読書によって右の問題を考えてみましょう。

書物は、聖人賢者の言行を書き記しているものですから、
好んで読書するということは、
「賢を悦ぶ」ことと同様といえます。


しかしながら、学者の共通の欠点として、

書物は書物であり、
自分は自分である、

自分は書物と関係なく、
書物は自分と関係ない、

といって、聖人賢者のことばを我がことばとし、
聖人賢者の行いを我が行いとすることができない、


これは、『孟子』に見える、
魯の穆公が賢を悦ぶのみで、
賢を養うこともできず、
賢を尊ぶこともできなかったのと
同類の話といわなければなりません。


そうであるから学者に、
聖人賢者のことばを我がことばとし、
行いを我が行いとするものが少ないことによって、
君主の、賢を養い賢を尊ぶことがむつかしいものであることを、理解すべきであります。


それ故に、主君に、賢を養い賢を尊ぶことを諫めようと思うならば

まず自分自身が、聖人賢者の言行を
みずからの言行としなければなりません。


わが身が修まってはじめてわが国が治まるといい、
立派な人だけが君主の心の非を正すことができるというものは、
みなこの意味なのです。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。



罪よりも恥のほうが重い

2019年01月25日 23:59

ある人が「罪と恥と、どちらが重いか」と質問しました。

わたくしはそれに次のように答えました。


罪は身の上の問題であり、
恥は心の上の問題です。

身の上の問題の恥は軽く、
心の上の問題の恥は重い。


今、民間にある無位のものが、
みだりに朝政を論議し官吏を誹謗することは、

身分・職責を越えた罪になり、
それはもちろん許すべきものではありませんが、

その心を思うと、
それは国家を憂える至情、
道義を明らかにしようとする至誠から出たもので、
深く咎めるべきものではありません。


ただ、彼らが、
自分の畑を放り出して他人の畑の草取りをしたり、
自分の欠点は棚に上げて他人の欠点を非難する態度を、
「罪」とするのです。


それに対し、
恥というものはわが心のなかにあるもので、
尊い地位におり、多くの俸禄を与えられていながら、
道義を世に実行することができないならば、
まことに恥ずかしいことであって、
これが「恥」というものであります。


もしさらに孟子のいう
「類をみて義の尽くるに至る」、

不義のわくを広げ、道義の究極に立ってそのことを批判するならば
それは「盗」ということができます。

なお、「罪」というものはその行為が
外に顕れるものでありますが、
それは罪をおかした当人だけに限られた問題です。

それに対し、「恥」というものは、
それが心のうちにあって外には顕れないものでありますが、

その害は、
君や民衆の上にまで及んでゆきます。


従って、罪と恥と、
どちらが軽くどちらが重いかは、
いうまでもないことでしょう。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。








小野寺S一貴著『龍神と巡る 命と魂の長いお話』(扶桑社)

2019年01月20日 22:47

日ごろ、本を書いていらっしゃる作家の方々から献本いただくことがあります。
有難く頂戴し、時間の合間を見て読んでいるところです。

すべてをご紹介できないので申し訳ないのですが、
有難く読みまたメルマガ以外でもご紹介などしているところです。

先日、私の友人である小野寺S一貴さんから新著をご献本いただきました。
平成31年1月23日発売とのことです!


⇒ 小野寺S一貴著『龍神と巡る 命と魂の長いお話』(扶桑社)



かねてより「龍神」シリーズで様々な著書をものされてきた小野寺さんですが、
今回の著書はいままでの本に磨きがかかっていたように読みながら感じたところです。

Amazonでは、この本の売れ筋ランキング、1月20日現在の順位、ジャンルでは、

2位 ─ 本 > 暮らし・健康・子育て > 生活情報 > 一般
15位 ─ 本 > 人文・思想 > 心理学 > 超心理学・心霊

となっています。

生活情報の本であり、超心理学の本であるとの分類ですが、
今回の新著を読んでみて、

「人間いかに生きるべきかをわかりやすく書いた本」

であると感じました。

見えない世界を信じない方のなかには、
この本を理解しない方もきっとおられることと思います。

しかし見えない世界を、
まっとうにわかりやすく描いているなあと感じました。


私も人生で一度は本を書いてみたいなあと思っていますが、
この見えない世界をわかりやすく描く文章力はさすがだなあと、
なるほどと思いながら読み進めたところです。

いくつも面白いお話が書いてあるのですが、
私はやはり、

「政治家の失脚は守護霊の仕業?」

の文章を熟読したところです。


政治の世界は長くやっていると必ず「一時退場」「永久退場」があります。

「安倍一強!」などと言われていますが、
安倍内閣は今回二回目の政権であり、
第一次安倍内閣は一年も続かず退場となりました。


政治史を振り返ってみても、政治家の失脚は常にあるものです。

本書では、この政治家の失脚について、

守護霊チームがその政治家の魂のレベルがそれ以上
下がらないようにするために、

「様々な方法で政治生命が絶たれるように導く」

と書かれています。


「虚飾に心を奪われ、間違った方向に行こうとしたとき、
 それを止めてくれるのが守護霊という存在だ。
 そして、正しく魂が成長できる方向へ進むようになった時、
 龍神や神様が後押しをしてくれる」


なるほどなあと感じます。

私自身も「一時退場」したことがありますし、
何度もこれで終わりかと思うこともありましたし、
実際に震災や事故から政治生命というだけでなく
自身の命自体、間一髪だったと感じたことは一度や二度ではありません。


本書全体を通して、この政治家失脚の事例だけではなく、
見えない力の「中庸さ」が、
人生において重要だということを改めて考えさせてくれました。


小野寺さんのこの新著をオススメするとともに、
簡単に誰でも読める文章で、深い思想を表現できるということに、
今回もすごいなあと思ったところでした。

小野寺さん、献本いただきましてありがとうございました!




─────────────────────────
【引用ここから】

内容紹介

人は何のために生まれて来るの?

そんな永遠の疑問について、龍神ガガと考えてみました。

不幸ではないけど、それほど幸せでもない。

そんな皆さんに、読んでほしい心温まる“全部実話な”物語です。

【目次】
第1章◎春 人間と魂が生まれ変わる【知って得する魂の成り立ち編】
第2章◎夏 幸せのアウトラインの引き方【愛情・夫婦生活編】
第3章◎秋 その幸せ、困難にある意外なワケ【人間の意味編】
第4章◎冬 運命は今日から変えられる【人生好転の実感編】
第5章◎再び春 すべてはここから始まる【満足を得る究極の方法編】

【引用ここまで】
─────────────────────────


⇒ 小野寺S一貴著『龍神と巡る 命と魂の長いお話』(扶桑社)




政治において教えることと処刑することの二者は最重要

2019年01月18日 23:59

「子、以て王者おこることあらば、
 将に今の諸侯をつらねて之を誅せんとすと為すか、
 其れ之を教へて改めずして、しかる後に之を誅せんか」、

今、真の王者が興ったとしたならば、
今の諸侯をすべて死刑に処するでありましょうか、

それとも教えてしかも改めない時、
初めてこれを処刑するでありましょうか。


このことばは、政治上の眼目であって、
多年の宿弊を改革しようとするものは、
最も注意すべきところであります。


政治において教えることと処刑することの二者は、
どちらを棄てることもできないものであります。


まず教えよ、
教えるに当っては、
丁寧親切にすることが大切であります。

孫子が三たび命令を下し、
五たびこの意を説明したようにせねばなりません。

その後で、その教えに従わない場合には、
処刑せよ。


処刑には、厳明果断であることが大切であります。

孫子が、命に従わない二姫を斬ったようにしなければなりません。

教えた後で処刑し、処刑しておいてまた教える。
この両者は、互いにたすけあって
功果が挙がるものであります。

しかし、教えることを主体とし、
教えてもどうすることもならない時、
初めて、処刑をもってその補助とするのであります。


処刑は、極端を除くための一時の手段であり、
教えは、始めであり終わりであり、一貫の道なのです。







ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。









【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx