Category[ 私の読書 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 
自由民主党・県民会議
 事務局長
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
みやぎパラボウリング協会 会長。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

小野寺S一貴著『龍神ガガの人生相談』(KADOKAWA)

2019年06月23日 23:59

91RHrWHpS7L.jpg


日ごろ、本を書いていらっしゃる作家の方々から献本いただくこと
があります。
有難く頂戴し、時間の合間を見て読んでいるところです。

すべてをご紹介できないので申し訳ないのですが、
有難く読みまたメルマガ以外でもご紹介などしているところです。

先日、私の友人である小野寺S一貴さんから新著をご献本いただきました。
令和元年6月27日発売とのことです!


小野寺S一貴著『龍神ガガの人生相談』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4046042966/cuccakatsu-22/ref=nosim



かねてより「龍神」シリーズで様々な著書を
ものされてきた小野寺さんですが、

今回は人生相談の回答形式で、
またさらに読みやすい本になっています。

メインの内容は書籍の方で読んでいただき、
今回私が読んでみてなるほどなあと特に思ったものの一つとして、

「八百万の神」について、
「ありがとうの印、それが神社」というコラム

がありましたので、引用してみたいと思います。

八百万の神、
そして神社の存在について
以下のように記されています。



─────────────────────────
【引用ここから】


「実はこれは、この日本が特殊な環境の国であることも関係しています。
 海のプレートと陸のプレートの4つがひしめく国。
 地震が多く、火山も集中しています」

「四方を海に囲まれているから、
 津波などの災害が昔からとにかく多いんですよね」

僕の言葉に黒龍さんも真剣な顔で顎を引いた。

そう、日本には多くの災害を繰り返してきた歴史があるのだ。

「だからこそ、日本人は山や海などの自然には神様が宿り、
 自分たちを守ってくれると信じ祈った。
 その気持ちが身の回りのものすべてに感謝するという気持ちを育んでいったのです」

その黒龍さんの言葉を聞いて、
僕は腕を組んで宙を見上げる。

住む家があり、美味しいご飯が食べられ、
夜になれば暖かい布団でゆっくり眠ることができる。

当たり前だと思っていることが、
実は当たり前じゃない。

そして、それを守ってくれているのが僕たちの周りにいる神様なのだ。

「そしてその気持ちを日本人は、形で表してくれました」

「形で?」

僕は、黒龍さんの言葉の意味がわからず問い返した。

「そうです。日本人は『ありがとう』の気持ちを神社という形で表してくれたのです。
 私たちにとって神社とは人間からの『ありがとう』の印なのです」

「ありがとうの印……か」

僕はそう呟くと思いを巡らせる。
日本には全国で約8万社の神社があると言われる。
これはコンビニの数よりも多いのですから驚きだ。

しかも、これはあくまで登録されている数だから、
小さな社も含めると倍以上はあるだろう。

個人宅の庭の社や神棚まで含めたら、
その数はもう数えきれるものではない。

「じゃあ、日本というのは神様への『ありがとう』の気持ちに溢れている国ということですね」

僕の言葉に黒龍さんは嬉しそうに微笑む。

「その通りです。そういう国だからこそ、
 龍神たちも日本が大好きで集まってきているのです」


【引用ここまで】
─────────────────────────


このあと、鎌倉時代につくられた「御成敗式目」に、
「神社を修復し、お祭りを絶やさないようにしなさい」
という文言が残されていることや、

太鼓の音は人間をはじめ、
すべての生き物の鼓動と同じ音であり、

生命の鼓動を太鼓で表現して、神様に喜んでもらおうという、
日本人の粋な計らいであるということなど、


ありがとうの印である神社が日本にとって
欠くことのできない存在であることが描かれています。




小野寺さんのこの新著をオススメするとともに、
簡単に誰でも読める文章で、深い思想を表現できるということに、
今回もすごいなあと思ったところでした。

ガガの一刀両断表現も冴えてます。。。


小野寺さん、献本いただきましてありがとうございました!




─────────────────────────
【引用ここから】

内容紹介
世界初!?龍神によるお悩み解決本。どんな悩みもズバッと解決、開運できる

世界初!? 龍神による、「人間のお悩み」解決本誕生。
大人気の龍神ガガさんの不思議と腑に落ちる言葉で、どんな悩みもズバッと解決。

人間関係・家庭、仕事・勉強、恋愛・結婚、人生……。
尽きないお悩みもスッキリ解決したあとは、「開運コラム」で幸せになりましょう!

人気の黒龍さんのコラムも、本書初掲載です。
悩みはさっさと解決して幸せになることが、龍神の願いでもあるのです。


著者について
●小野寺S一貴:作家・古事記研究者。1974年8月29日、宮城県気仙沼市生まれ。仙台市在住。
著書『妻に龍が付きまして…』(東邦出版)をはじめとする「龍神ガガ」シリーズは累計20万部を超えるベストセラー。
夫タカこと小野寺S一貴が、龍神の声が聞こえる妻のワカ、龍神ガガ、黒龍とともに、
神社の神様と人間の関係を分かりやすく解説する。
現在も「我の教えを世に広めるがね」という龍神ガガの言葉に従い
龍神の教えを広めるべく奮闘中。

【引用ここまで】
─────────────────────────


小野寺S一貴著『龍神ガガの人生相談』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4046042966/cuccakatsu-22/ref=nosim


忙しくても「墨家」を聞きながら

2019年05月18日 23:59

あわただしく毎日を過ごしています。
今年は特に選挙が多い年ですし、
自分自身も戦いですので日程が厳しい毎日です。

倒れない程度にとも思いながら、
余裕がない日々です。


しかしそんな中でも合間の時間を見て、
頭の体操をしなければなりません。

政策をつくるというだけでなく、
宮城県の将来はどうあるべきか、
シミュレーションも含め、データや情報を入れなければ、
地域の将来は暗いものになってしまいます。

国の将来も同様で、世界の経済動向をおさえながら、
国のあるべき姿、そして宮城県がどう手を打っていくか、
若林区や沖野地区はどうあるべきか、
常に考えていなければならないわけです。


バリバリと働いている経営者の方などもそうですが、
政治家などもこの点は留意しなければなりませんね。


そこで一つオススメなのは、
オーディオブックです。

合間の時間に、車や電車での移動中に、
音声を聞き勉強するわけです。


いま私は少しずつ細切れの時間で「墨家」についての講義を、
音声で聞いているのですが、
Amazonなどで本を音声化した「オーディオブック」が出ており、
車の運転中などに聞いたりしています。

ポッドキャストで最新のニュースを聞くこともできますし、
時間のない人ほど音声で学ぶというのも面白いのではないでしょうか。





デール・カーネギーの人を動かす方法   Audible版 完全版
デール カーネギー (著), 関岡 孝平 (著), 佐々木 健 (ナレーション), & 1 その他
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B06Y3MYKB3/cuccakatsu-22/ref=nosim

GWに読むオススメの本その4(終)ー平成31年版

2019年04月27日 23:59

ゴールデンウィークがはじまります。
みなさんはどのように過ごされますでしょうか。

ふだんは分単位の予定を刻み、
ビジネスに追われている方も、
少し余裕ができることでしょう。

こんな時にわずかの細切れ時間を使って、
読書をし、五月以降の自分の糧をつくっておくことは大事なことと思います。



このメルマガでは毎年恒例のことですが、

お休みの合間に私渡辺が読んでみようかなと思っている本、
積ん読になっている本、すでに読んでいる本、
そして周囲からおすすめされている本を、
複数回にわたってお伝えしようと思います。

この中から早速Amazonや近所の書店などで購入していただき
ゴールデンウィーク期間中に英知を養っていただければ幸いです。


今年は特に平成から令和にかけての10連休ということですので、
ぜひここから一冊でも読書にあててみてはいかがでしょうか。





【1、三戸 政和『資本家マインドセット』】


ベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』
も読みましたが、この著者三戸さんは、起業家に近い発想であると思います。

しかしサラリーマンから入りやすい起業、
そしてM&Aという現在需要の高い分野をミックスした、
一種の新しいビジネスモデル。

起業に関心のあるサラリーマンの方には、
読んでみると面白いかもしれませんね。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


さらばサラリーマン。

好きなことを好きな人と好きなようにやる。
最短の時間で最大の成果を上げる。
「資本家」という新しい生き方の提案。

ベストセラー『サラリーマンは300万円で小さな会社を買いなさい』著者、最新刊! 

資本家=労働者から搾取する人、ブラック企業の経営者……
などとイメージされるが、著者の考える資本家とは、
お金からも働くことからも自由な存在。
サラリーマンと同じことをして、数倍どころか数十倍の結果を手にするのが資本家だ。
理由は簡単。資本主義のこの世界では、
ビジネスは資本家にもっとも有利に働くルールになっているからだ
なぜ資本家になると「好きなことを、好きな人と、好きなようにやる」ことができるのか?
資本家は「経営者」「投資家」「資産家」とはどう違うのか?
どうやったら「資本家」になれるのか?
資本家とはいったいどんなマインドセット(思考様式、考え方の枠組み)を持っているのか?
サラリーマンでは金持ちになれない、
それどころかサラリーマンという職業がもはや絶滅の危機に瀕している。
そんな時代に、自分の好きなことを追求して成功したい若者や、
老後が不安なサラリーマンに向けて、「資本家」という新しい生き方を提案する、
必読のビジネス書。

(目次)
第1章 資本家とは何か?
第2章 サラリーマンでは金持ちになれない
第3章 サラリーマンは絶滅する
第4章 資本家への道──私の場合
第5章 会社を買って「資本家」になる
第6章 資本家の仕事3原則
第7章 資本家マインドセット10カ条

内容(「BOOK」データベースより)
資本家とは、お金からも働くことからも自由な存在だ。
サラリーマンと同じ労力で、数十倍どころか数百倍の結果を手にするのが資本家。
理由は簡単。
資本主義のこの世界では、
ゲームは資本家にもっとも有利に働くルールになっているからだ。
最短の時間で最大の成果を上げる。
好きなことを好きな人と好きなようにやる。
「資本家」という新しい生き方。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────





【2、スティーヴン・マーフィ重松『スタンフォード式 最高のリーダーシップ』】


「本当に強いリーダーは、強すぎない。
 率直に自分の弱さを認めることができる」

リーダーとは何かを誰もが考える必要があります。

強すぎないリーダーシップについて、
考えさせられるものがあります。

長く続けることを考えると、
たしかに強すぎるリーダーシップは続かないように感じますね。


────────────────────────────────────
【引用ここから】


スタンフォードで必須とされるリーダーシップ講義。
心理学者が学生たちに教える「人心の科学」とは

★スタンフォード大学医学部で開講される
「人心原理」から「支持の仕組み」を読み解く授業、独占・初公開
★展開されるのは、心理学×脳科学×緻密な企業調査で算出された
「超・現実的な組織論」と「超・具体的なやるべきこと」
★「集団心理」がリーダーに牙をむく。
残酷な部下心理に立ち向かう、エビデンスベースの具体策の数々
★ハーバード、東大、スタンフォード……
世界のトップ大学で教鞭を執った著者がそのエッセンスを1冊に凝縮! 

世界最高学府・スタンフォード大学で「必須」とされるリーダーシップ論の授業。
それを受け持つ心理学者が
「支持が生まれる仕組み」と「最高の求心力が身につく方法」を、
科学的なエビデンスを総動員して分析! 

・人は、「優秀な人」が嫌い
・一人の声が「全員の総意」になり、「悪評」が定着する
・リーダーには「努力賞」は存在しない
リーダーが日々対峙するチームメンバーに働く「集団心理」。
集団心理を分析して見えてきた、求心力あるリーダーに必須の資質「アサーティブ」とは?

アサーティブ・リーダーの実態、
そしてアサーティブ・リーダーになるために必要な「4つのリーダーシップ」を
身につける具体的な方法を科学的根拠とともに紐解く。

現職のリーダーも、これからリーダーになる人も、
全組織人が「知っておくべきこと」と「具体策」をこの一冊に凝縮──。

出版社からのコメント
【目次より】
プロローグ リーダーシップの原則「We are the Leaders」
・「アイビーリーグ」にも共通するリーダー論
・「リーダー+フォロワー」の構造が崩壊する

0章 残酷な集団──なぜ組織に「境界線」があるのか? リーダーを取り巻く現実
・「どこに属すか」で気持ちが二転三転する
・リーダーの「立派な考え」は理解されない

1章 Assertive Leaderが人を動かす──求心力ある先導者
・「弱くてもいい」という極論がリーダーをダメにする
・的確に「強いリーダー」になる──意見すら「客観的」に

2章 Authentic Leadership──人心を掴む「土台」を築く
・「ビギナーの心」を持つ
・介入は「小さく、頻繁」に──すると目標が「浸透」する

3章 Servant Leadership──本物の「信頼」をたぐり寄せる
・偉い人が「しもべ」になる
・「医療ミス」を発表する医療誌のねらい

4章 Transformative Leadership──チームに「変容」をもたらす
・人は「助かる」と面と向かって言われると弱い
・大目に見る「度量」も必要

5章 Cross-Border Leadership──持続的な「最良の関係」を確立する
・「部署」が違うだけで世界まで違って感じる
・感謝は「しまくる」くらいがいい


【引用ここまで】
────────────────────────────────────




【3、ロルフ・ドベリ著、安原実津訳『Think clearly 最新の学術研究から導いた、よりよい人生を送るための思考法』】


生き方、考え方については、
経験から学ぶこともありますが、
他者の経験を読むことによって得られるものも大きいですね。

歴史から学ぶことも重要です。

モチベーションを上げるために、
よい人生多くるための思考法を学ぶ良書です。



────────────────────────────────────
【引用ここから】


■複雑な世界を生き抜くための、鮮明なる指針! 

この複雑な世界を生き抜くために、
私たちは、何を指針にすればいいのか?
「よい人生」とはいったいどういうものなのか?

古代の伝統的なモデルから最新の心理学研究の結果、
ストア派をはじめとする哲学や、バリュー投資家の思考まで、
膨大な研究結果をひもときながら、
「よい人生」を送るための52の思考法を本書で明らかにする。

■世界29か国で話題沸騰! 
『シュピーゲル』ベストセラーランキング1位! 

スイスのベストセラー作家がまとめた本書は、
ドイツで25万部を突破し、
世界29か国で翻訳されたベストセラー。
ドイツをはじめ世界中から、絶讃の声が多数寄せられている。

「一度手にしたら、あなたは二度と手放せなくなる」
──テンリー・E・オルブライト
(マサチューセッツ工科大学共同イニシアチブディレクター・
ハーバード大学医学部名誉教授)
「どうすればよい人生を送ることができるか、驚くほど多くの助言を与えてくれている」
──ジェームズ・R・フリン
(ニュージーランド オタゴ大学名誉教授・フリン効果発見者)
「ただ普通に読むのではもったいない。一語一語、ゆっくりと味わうように読んでいる」
──フランク・エルストナー(テレビ司会者)
「ヨーロッパでもっとも才気あふれる思想家のひとりだ」
──マット・リドレー(ベストセラー作家)
「巧みでわかりやすく、とても説得力がある」
──ゲアハルト・シュレーダー(ドイツ元首相)

多くの学術研究の裏づけにもとづいた、
人生が上向きになる「具体的なノウハウ」が満載。
強力な「思考の道具箱」をぜひ手に入れてほしい。

内容(「BOOK」データベースより)
この複雑な世界を生き抜くための、鮮明なる指針。
心理学、行動経済学、哲学、投資家や起業家の思想をひもとき、
スイスのベストセラー作家が渾身の力でまとめ上げた、未来が変わる「52の考え方」。


【引用ここまで】
────────────────────────────────────



おもしろそうな本がいっぱいあります。

オススメの本がありましたら、
ぜひみなさん教えてください。

性善、人の本性は善である

2019年04月26日 23:59

この篇は、
「性善」人の本性は善であるという問題について、
詳しく論ぜられています。

孟子の日ごろの議論は、
すべてこの性善という主張の上に立っています。

宋の程子は、

「性善論は、孟子以前の聖人がまだ発していないものである」

といっていますが、
しかし「性善」ということばは孟子に始まるものの、
その精神は、それ以前の聖人が、すでにこれを説いています。

『易経』の繋辞伝に

「一陰一陽をこれ道と謂ふ。
 これを継ぐものは善なり。
 これを成すものは性なり」、

陽が陰となり陰が陽となって、
間断することなく流行する宇宙の道理が道であり、

人がその道理をそのままに受け継いだものが善であり、
その善を成就具現したものが性、
すなわち人の本質である、とあり、

『詩経』の蒸民の詩に

「民の彜を秉る、是の懿徳を好む」、

人は天から与えられた彜、
すなわち不易の常性を執り持っているので、
美徳を好まぬものはない、とあり、

『書経』の康誥篇に

「天惟れ我に与ふる民の彜」、
天がわれわれ人に与えた不易の道、とあり、

『論語』に、「人の生くるや直」、
人が生きてゆけるのは、
その本性が直のものであり、
それに従って進むからである、

「性相近し」、人の生れつきは、だれもみな似たものである、
とある類は、みな、性善を語ったもので、

そうであるから前代の聖人が、
すでにこの精神を説いているのです。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。





⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。






『講孟箚記』の執筆と講義を継続する吉田松陰

2019年04月19日 23:59

安政三年三月、春の着物ができ上がりましたが、
川辺にみそぎしようとする心をも絶ち、
新緑の林には花が盛りでありますが、

野辺のそぞろ歩きをも忘れ、
戸を閉じて書を読みつつ、
ひとり昼が長くなったことを喜び、
客を断って生活を簡素にし、
世間のわずらわしさからのがれていることを幸いと思う。

慎みの身をこのようにすごしていたところ、
今月二十一日の夕、
父兄親戚の人々が会合して、
わたくしに『孟子』の講義を再開することを勧められ、
同時に『箚記』の筆をも続けることとなり、
その執筆の年月日を記して、
これを千万年の後までも、長く伝えることとなりました。

二十一回猛士、みずから以上の経緯を記すものであります。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。









【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx