Category[ 自民党宮城県連青年局 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

自由民主党優秀青年党員表彰を受けました!

2021年03月21日 22:30

161345095_4523817667645424_2873827842116883679_n.jpg



本日3月21日、東京都港区において第88回自由民主党大会が開催されました。

私、渡辺勝幸は優秀青年党員表彰を受けました。

本来であれば東京にて表彰ということになりますが、
コロナ禍の大会であり、
県議会において遠藤隼人宮城県連青年局長から、
牧島かれん局長名の表彰状をいただき、
青年局の皆さんに祝っていただきました。

163300611_4523817757645415_2646881968544453434_n.jpg


この党大会においては、
宮城県連青年局としても優秀組織として表彰いただき、
現役青年局の皆さんの積極的な活動も高く評価されたところです。

青年局時代にともに活動してくださったたくさんの皆様に感謝申し上げ、
今後ともなお一層精進してまいりたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。


162875502_4523817687645422_2842545110749397486_n.jpg

白石市長選、多賀城市長選が告示されました

2020年10月18日 22:22

121587464_4080683895292139_7222227841566569638_n.jpg


本日令和2年10月18日、
宮城県白石市長選挙、多賀城市長選挙が告示されました。
どちらも一騎打ちの戦い。


私はまず朝一番で、
白石市長の【山田裕一さん】の応援に第一声に伺いました。

一期4年白石市長としての実績を積み上げ、
2回目の挑戦です。

こじゅうろうキッズランドやおもしろいし市場などの施設整備、
ふるさと納税を50倍増やす、
スマートICの整備、刈田病院の体制整備など、
様々な取り組みを進めてこられました。

さらに4年間、パワーを持って、
白石の発展のために力を尽くしてほしいと思います。


その後多賀城市へ行き、
【深谷こうすけさん】の応援に。

お昼の一時間は本人に成り代わり選挙カーに乗り込み、
カラス(業界用語で男性の宣伝車での広報のこと)をしてまいりました。

多くの方に手を振っていただき、
深谷さんの多賀城での人気ぶりを垣間見ることができました。

深谷こうすけ候補についてはこちらをご覧ください。


「深谷こうすけさんが、自民党宮城県連多賀城市長選挙推薦候補に決定しました」
(2020年10月02日 23:59)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2791.html


お二人とも同世代の政治家であり、
それぞれの宮城県のまちを背負うリーダーです。


お二人へのご支援をお願いすると同時に、

10月25日の投票日には、
白石市民のみなさん、多賀城市民のみなさんには、
ぜひ投票所へ足を運んでいただきたいと思います。


121558957_4081031271924068_1191545500110890736_n.jpg

深谷こうすけさんが、自民党宮城県連多賀城市長選挙推薦候補に決定しました

2020年10月02日 23:59

120094276_3998801413480388_286604078965720532_n.jpg


本日10月2日、
自由民主党宮城県支部連合会は、

令和2年10月18日告示、
10月25日投開票の多賀城市長選挙において、
推薦候補として、

深谷 晃祐(ふかや こうすけ)氏・40才(前宮城県議・県連青年局長)

を決定しました。

────────────────────

深谷こうすけさんと私は、
宮城県議会平成27年当選同期であり、
同世代の政治家として、この5年間様々な活動をともにしてきました。


青年会議所の活動や小中学校のPTA会長として、
また子育て世代、幼稚園のPTA活動や自民党青年局の活動など、
議会活動を超えて、多くの活動をともにし、汗を流してきた仲です

議会活動でも隣の席になることが多く、
今回、深谷こうすけさんは県議会議員を辞職して
新たな挑戦に臨むということで、

私も精一杯の応援をしているところですが、
ほんの少し寂しい気持ちもないわけではありません。


深谷こうすけさんは、
20代から多賀城市議会議員として活躍し、
県議会議員としても数々の実績を残してきました。

印象に残っているのは、
学校と家庭教育を重視した子育て政策、
また立場の弱い方に対するきめ細やかな支援政策、
そして何よりも地元多賀城市の地域活性化への取組です。


平成29年から30年には、私もともに所属した、
宮城県議会いじめ・不登校等調査特別委員会で条例制定に携わり、
宮城県としていじめ問題に対応できる体制を整えることに尽力しました。

議会で家庭教育の重要性を訴えながら、
若い子育て世代の保護者の立場を代弁し、
教育問題に熱心に取り組んでいました。


また、立場の弱い方々への視点も常にあります。
貧困家庭の子供たちへの支援、
健康を大事にする安心な社会づくり、
障害を持った方への支援など、

自民党議員にはややもすると欠けるような視点を、
深谷こうすけさんはよく訴えていました。


そして何よりも多賀城市の地域が盛り上がるよう、
経済活性化やインフラも含めた地域の活性化を、
政治家として、そして政治家としてでない立場としても
常に取り組んでいたのをよく覚えています。


それらの政策はどれも机上の空論ではない、
地に足の着いた、県民の声に基づいた視点である、
これが深谷こうすけらしい政策であったと私は感じています。


同じ宮城県において同世代の政治家が、
こうした種々の政策にとどまらず、
地元を愛し、国を愛して、全力で政治活動をしていた、
そしてともに活動できたことをうれしく思うところです。



しかし、今回の深谷こうすけさんの多賀城市における挑戦は、
大変厳しい戦いになりそうです。

その彼の力は多くの人の知るところですが、
対立陣営からの批判ももちろんあるようです。


私のところにも、

「深谷は生意気だ」
「まだ若いからもう少し待ってからでよいのでは」

という声が聞こえてきています。


確かに、深谷こうすけは「生意気」です。


しかし今の時代、

「生意気でない若い政治家」に何の価値があるのでしょうか。


どうしても多賀城市をよくしたい、
どうしても宮城県をよくしたい、
どうしても日本をよくしたい、

そう思ったら、
たとえ先輩議員であっても、
政策の議論を真正面からしていく、
そんな政治家でなければ私たち市民の代弁者である意味がありません。


先輩方の議論も尊重しながら、
しかしこれはちがうんではないか、
こんな政策提案もできるのではないか、
生意気に先輩方に挑戦していく。

唯々諾々とする若い政治家は、
「百害あって一利なし」であると私は思います。


そして生意気な政治家こそが、
その集団のトップとして、
私たちのために戦ってくれるのだろうと思うのです。



しかし政治家は、
どんなに素晴らしい人間であっても、
優秀であろうとなかろうと、
生意気であろうとなかろうと、

「選挙」

ですべてが決まります。


深谷こうすけは、10年先、20年先、30年先までの
多賀城を背負うことができます。


選ぶのは市民のみなさんです。


10月25日、多賀城市民のみなさまには
こぞって投票所へ足を運んでいただくことを、
心よりお願いしたいと思います。




深谷こうすけ
⇒ https://www.fukayakousuke.jp/

自民党宮城県連青年局長を退任しました!

2020年06月05日 23:59

R20605 自民党宮城県連青年局長退任交代 101625014_1609008182598673_8279697335999528960_o


本日令和2年6月5日、
自民党宮城県連青年局定例会を開催しました。

この会議において、私、渡辺勝幸は、

「自民党宮城県連青年局長」

を退任し、

後任として

深谷晃祐宮城県議会議員(多賀城・七ヶ浜選挙区)

に就任していただくことをお伝えしたところです。


平成30年4月1日から約2年2ヶ月でしたが、
自民党若手メンバーの先頭に立って、

熱く、真剣に、そして生意気に、
次世代をつくるという決意を持って取り組んできたところです。


自民党の青年局は、
党本部青年局を中心に全国に展開し、
45歳以下の主として若手の党員で構成されています。

党所属の国会議員はじめ地方議員・サラリーマン・学生、
いずれの場合も45歳以下であれば、青年局に所属することができます。


「原則」45歳ですので、私自身、
まだまだ青年局で活動したいという気持ちは大いにあったのですが、

深谷県議をはじめ30代40代の力ある若手政治家が、
自民党宮城県連、宮城県内各地にはたくさんいることも踏まえて、

新たな体制で、
宮城におけるアフターコロナの時代を
つくっていってほしいと思っています。


振り返ってみると、

県内各地の選挙の応援、
関係団体青年部との交流、
党本部青年局の視察

などなど中身の濃い充実した活動が多く、
たいへんなことも多かったですが、楽しかったなと思います。


青年局、若手政治家としては、


「党内野党として若い世代の声をぶつけるという役割」、

「次の世代をつくるという県内外における活動」、

「未来を先取りした政策をつくる」


といったことがなすべきものであると思いますが、

選挙を通して同世代の若手政治家の皆さんと交流することができ、

それぞれの地域で熱い思いを持って、
まちづくりや政策実現に努力をしている方が
たくさんいるということも感じましたし、

これから十年、二十年先宮城県内各地を背負っていく
政治家の皆さんがこれからどんどん活躍されることが楽しみです。


私自身も青年世代は終わりましたが、
「中年世代」として引き続き、
政治の先頭に立って頑張っていきたいと思います。


(第3552号 令和2年6月5日(金)発行)

国民民主党櫻井充参議院議員の自民入りには反対です

2019年09月30日 23:59

12994569_1332915826735640_5083152773724181761_n.jpg

国民 櫻井充参議院議員が離党届を提出(NHK NEWS)
2019年9月30日 21時22分
⇒ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190930/k10012106021000.html

────────────────────
【引用ここから】

国民民主党の櫻井充参議院議員は、
党内では目指す政策が実現できないとして、
離党届を提出しました。
党執行部は、受理せず慰留する方針です。

参議院宮城選挙区選出で国民民主党の櫻井氏は、30日、
党本部で平野幹事長に離党届を提出しました。

このあと櫻井氏は国会内で記者会見し、
「党の中で政策を作っていても、社会を変えることはできない。
自由な立場になって、与党も巻き込んで政策を作り、社会を変える政治活動を行いたい」
と離党届を提出した理由を説明しました。

また、記者団が「立憲民主党などとの会派の合流が影響したのか」と質問したのに対し、
「ゼロではない。会派を組んでやりたいという人は一緒にやっていけばいいが、
自分自身は疑問を感じている点もあった」と述べました。

そのうえで、「いろいろな方々と話をして、受け入れてくれる政党があれば、
お世話になることもある。その中の1つが自民党であることも間違いない」と述べ、
自民党入りに含みを持たせました。

国民民主党執行部は、
櫻井氏は党に必要な人材だとして離党届を受理せず、
慰留する方針です。

【引用ここまで】
────────────────────


櫻井充さんは、仙台一高の先輩であり、
同窓会などでお会いする機会がありますが、

いままでは政党がちがうこともあり、
ともに政治活動をすることはありませんでした。

しかし私のまわりでは同窓ということもあり櫻井さんを応援する方がいたり、
自民党支持者の中でも評価をする方がいるようで、

3年前の参院選では、自民党候補を応援する私にも
厳しいプレッシャーがあったりしたものです。



ところで昨年、民主党幹事長を務めたことのある細野豪志衆議院議員が、
地元の自民党静岡県連が、青年局も含めて反対しているにもかかわらず、
二階幹事長のはからいで自民党に入党という話になったときに、
大騒ぎになりました。

結局、細野代議士は無所属のまま、
今年七月に自民党衆院会派入りし、
二階派(志帥会)に入会しています。

この件は自民党青年局でもおかしいのではないか、
筋が通らないのではないかという意見が噴出しました。


私自身も、今年4月の自民党本部青年局会議で以下のような意見を述べたところです。

「様々なケースはあり得るが、自民党の原点は『地方の声を聞く』というところにあったはず。
 地方の県連・支部が納得するような形で、一定のルールのもとで決めていただきたい。
 我々青年局は選挙の現場の最前線で動くこともあり、全体の士気にも関わる。
 上からドンと決めるのはおかしい。党員、地方の声を大事にしてほしい。」


このときは、櫻井さんが離党し、
自民党入りに含みを持たせるという情報は
まだありませんでしたが、
形としてはやはり同じであると私は思います。


自民党宮城県連のなかで調整もなく、
多くの党員の納得がいかないまま、
三年前の参院選で戦った相手が入党するということには、私は反対です。


そしてもう一つの理由として、
三年前の参院選で櫻井充さんは、

「民進党公認、日本共産党・社会民主党・生活の党と山本太郎となかまたち推薦」

で自民党候補と戦い勝利しました。

民進党はすでに瓦解してしまっていますが、
共産党の支援を受けて当選した任期中の六年間に、
自民党入りを認めることにはこれもまた納得がいきません。


共産党の支援を受けて当選した任期中に、
自民党入りを認めることはどう考えてもおかしい。

この点ではおそらく私の考えは共産党員の方と一致することと思います(笑)。


今後の動向がどうなるかわかりませんので、
あくまで仮定の話ではありますが、

「いろいろな方々と話をして、受け入れてくれる政党があれば、
お世話になることもある。その中の1つが自民党であることも間違いない」

と述べられ、自民党入党があり得るという報道がありましたので、
私の意見をつらつらと書いてみました。


県議選直前に書くことではないとも思うのですが、
もし党幹部が細野代議士のときと同じような対応をするのだとしたら、

その党幹部の判断は間違いだと私は思いますので、
あえて書いてみたところです。


賛成反対いろいろなご意見があるかもしれませんし、
私だけの意見であるかもしれませんが、
みなさまからご意見お聞かせいただけましたら幸いです。




───────────────────────
【渡辺勝幸ネットSNSでの支援のお願い】

【Twitter】⇒ @katsuyuki510
【Facebook】⇒ facebook.com/katsuyuki.watanabe
【Instagram】⇒ https://www.instagram.com/watanabekatsuyuki1975/

【渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン】
 ⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html
【渡辺カツユキの日本一元気になるビジネスマガジン】
 ⇒ https://www.mag2.com/m/0001028802.html

【ウェブサイト】⇒ https://katsuyuki.jp/
【YouTubeチャンネル】⇒ https://www.youtube.com/channel/UCYl3cvL485T9rp6Bn-Y7fxA


友達申請やシェア、リツイート、登録など、
それぞれのSNSなどで応援していただけるとうれしいです。
どうぞよろしくお願いいたします!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【渡辺勝幸総決起大会!】

選挙前最後の集会となります、渡辺勝幸総決起集会を、
若林区役所裏の、若林区文化センターで開催します!

日時 令和元年10月14日(月・体育の日)午後7時から
場所 若林区文化センター(仙台市若林区南小泉1丁目1-1)
電話: 022-282-1171

多くの皆様のご参加をお待ちしております!






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx