Category[ 自民党宮城県連青年局 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

仙台市議選が終了しました─立憲民主党が躍進

2019年08月26日 23:59

R010816 仙台市議選佐藤正昭第一声

8月25日、仙台市議会議員選挙が行われました。
定数は55ですが、立憲民主党が躍進し、
新人4人を含む6人全員が当選しました。

立憲は5つある選挙区のうち、
青葉、宮城野、泉でトップとなり、
参院選の流れが風となっていたようです。

若林区では自民党の菊地たかよし市議、
太白区では同じく自民党の佐々木心市議がトップを飾り、
私自身もお二人を応援していましたので
大変うれしく、よかったと感じています。


また若林区では、自民党公認・推薦候補が全員当選し、
また友党公明党候補も当選、
自公で定数7のうち5名が当選したことは
私にとってはとても心強い結果でした。

しかし、仙台市内各区で立憲民主党の候補が
ここまで強いとは私の予想を超えるものでした。

県議選には大きな影響があるものと考え、
気を引き締めていかなければと思っています。



地元紙河北新報の記事には、
立憲民主党の方のコメントとして以下のような記述がありました。

─────────────────────
「参院選の流れが非常に大きい」と陣営幹部。
「立民の看板で出れば当選するような風が吹いている。まるでバブルだ」と息巻く。
─────────────────────


私にとっては残念ですが、
まさにこの通りの結果であったと
反省も含め率直に受け止めなければなりません。


相手陣営に大きな風が吹いている。
これから残り約50日の自分自身の県議選も厳しい戦いとなりそうです。


しかし一方で河北新報には以下のような記事も出ています。



─────────────────────
◎共産埋没で宮城県議選へ戦略練り直し

仙台市議選で、共産党は2015年の前回比1減の6議席にとどまり、
全5選挙区で公認候補の合計得票数も減った。
青葉選挙区(定数15)は現職2人と新人1人を擁立し、議席増を狙ったが現新2人が落選。
もくろみは外れ、県議選に向けて戦略を練り直す。

前回は安保法制反対を訴え、宮城野、若林、泉の3選挙区で公認候補がトップ当選。
勢いを維持し、続く県議選でも倍増の8人が議席を確保した。

郡和子市長を支える市政与党の立場で臨んだ今回の市議選で、
共産は立憲民主党との違いを明確に示せなかった。
青葉区選出の遠藤いく子県議は「共産の立ち位置が有権者に伝わらず、埋没した」と唇をかんだ。

7月の参院選宮城選挙区は公認候補の擁立を取り下げ、
立民が公認した新人の支援に回った。
中島康博県委員長は「参院選で独自候補を立てなかった影響が表れた」と分析する。

10月の県議選については
「定数3以上の選挙区は野党が競い合うことで、有権者に選択肢を示せる」と主戦論を唱えた。

─────────────────────


立憲の躍進と共産の埋没。

他党の状況がどうであっても、
しっかりと結果を出せるよう、
私自身の選挙戦を戦っていきたいと思います。



<仙台市議選>開票結果(選管最終)と当選者の顔触れ
https://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201908/20190826_11050.html

青葉区(15─19)
当 6,980佐藤わか子 立現(6)
当 6,364加藤 健一 無現(3)
当 6,158跡部  薫 自現(4)
当 6,144伊藤 優太 無元(2)
当 5,558加藤 和彦 自現(4)
当 5,473西沢 啓文 自現(7)
当 5,290村上 一彦 立現(4)
当 4,823菅野 直子 共現(4)
当 4,727樋口 典子 社現(3)
当 4,694嶋中 貴志 公現(5)
当 4,572鎌田 城行 公現(5)
当 4,402高橋 卓誠 自現(2)
当 3,932郷古正太郎 国新(1)
当 3,882村岡 貴子 自新(1)
当 3,856岡部 恒司 自現(6)
◎ 3,431屋代 美香 自現 
◎ 3,142花木 則彰 共現 
◎ 2,880大草 芳江 無新 
◎ 2,793松井 秀明 共新 

宮城野区(10─15)
当 6,549山下  純 立新(1)
当 5,886渡辺  博 自現(9)
当 5,207高見 紀子 共現(4)
当 4,708松本 由男 自現(2)
当 4,376小野寺利裕 公現(4)
当 4,246佐々木真由美 公現(3)
当 4,096赤間 次彦 自現(8)
当 3,930田村  勝 無新(1)
当 3,141辻  隆一 社現(7)
当 2,769渡辺 敬信 国現(3)
◎ 2,141伊藤 直樹 無新 
◎ 1,924平井みどり 無現 
◎ 1,540小野寺淳一 無元 
    585石川 園江 諸新 
    370堀内  章 無新 

若林区(7─9)
当 6,327菊地 崇良 自現(3)
当 6,181庄司あかり 共現(3)
当 5,627鈴木 澄恵 立新(1)
当 4,551竹中 栄雄 公新(1)
当 3,917猪又 隆広 無新(1)
当 3,914佐藤 正昭 自現(8)
当 3,894菅原 正和 自現(2)
◎ 2,921相沢 和紀 社現 
◎ 2,552木村 勝好 無現 

太白区(12─14)
当 6,712佐々木 心 自現(2)
当 6,421貞宗 健司 立新(1)
当 6,019猪股 由美 社新(1)
当 6,006鈴木 勇治 自現(7)
当 5,932千葉 修平 無新(1)
当 5,318佐藤 和子 公現(3)
当 5,146鈴木 広康 公現(5)
当 5,019内藤 良介 自新(1)
当 4,668嵯峨サダ子 共現(7)
当 4,314小山 勇朗 社現(9)
当 4,068高村 直也 共新(1)
当 3,983沼沢 真也 国現(2)
◎ 3,106及川 英樹 無元 
    752三山 晋平 無新 

泉区(11─12)
当 9,473細野 敬士 立新(1)
当 7,634古久保和子 共現(5)
当 7,555野田  譲 自現(7)
当 6,040斎藤 範夫 自現(5)
当 5,801安孫子雅浩 無現(6)
当 5,625橋本 啓一 自現(5)
当 5,168庄司 俊充 自現(6)
当 4,682佐藤 幸雄 公現(2)
当 4,643小田島久美子 公現(4)
当 4,053石川 建治 社現(6)
当 3,734小野寺 健 無現(4)
  1,086大内  順 無新 


〔注〕選挙区名右の数字は定数-立候補者数。◎は法定得票獲得者



小泉進次郎、宮城県に来たる!

2019年07月11日 23:59

R010711 小泉進次郎2ショット 仙台駅


令和元年7月11日、
愛知治郎候補の応援で宮城入りした小泉進次郎衆議院議員と

南相馬、岩沼、石巻から仙台駅まで同行、
車中で様々お話をし、
宮城県の復興の現状をお伝えすることができました。


この日小泉さんは午前中から茨城県、福島県と演説を続け、
午後に遅いお昼を福島県南相馬市の双葉食堂でとられるということで、
ここまでお迎えに行き、合流しました。


この日は東日本大震災から100回目の月命日。


この月命日である11日を選んで
愛知治郎候補の応援をしてくださったことに、
小泉進次郎さんの強い思いを感じましたし、

また「小泉進次郎の演説」がつくられる過程を垣間見、
そこにはそれぞれの土地への強い愛情と好奇心を感じたところです

小泉さんの演説はかねてより何回も聞いているわけですが、
しっかりした事前準備と地域におけるいろいろな方との会話から、
その思いを酌み取る名演説ができているんだなと感じました。

これを模範として、
私も考えをクリアにしたいと思ったところです。



『小泉進次郎来たる! 岩沼市・石巻市』
7月11日(木)
16:30 フーズガーデン玉浦 食彩館 前(岩沼市玉浦西4-1-1)
17:45 津田海運前(石巻市のぞみ野1-1-2・蛇田中学校南側)



小泉さんや安倍総理はじめ大物が続々応援に来るということは、
この参院選宮城県選挙区が大激戦区であるということであり、
たいへん厳しい選挙になっているわけですが、

こうやって小泉進次郎さんが応援に来ていただけることで、
演説のたびに支持が広がっていることが実感できます。

ありがたいことですね。


終盤戦、また宮城入りしていただきますようお願いします。
小泉進次郎さん、応援、ありがとうございました!

自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」と、「若年層交流事業 Real Youth Project」を実施しました!

2019年02月17日 00:25

52029152_2570033426357201_2019472603009253376_n.jpg 




平成31年2月15日、16日と、
自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」と、
「若年層交流事業 Real Youth Project」が宮城県で実施されました。

「TEAM-11」は、東日本大震災被災地の復興を後押しするため、
継続した活動・訪問を通じて被災地の困難に向き合い、

課題の解決に全国で取り組むという趣旨から、
平成24年2月にスタート、今回で38回目の開催となりました。


今回は佐々木紀青年局長(衆議院議員石川2区)、
小林史明青年局長代理(衆議院議員広島7区)、
朝日健太郎青年局長代理(参議院議員東京都選挙区)、
鈴木隼人青年副部長(衆議院議員東京10区)ら青年局国会議員、

依光晃一郎 党青年局中央常任委員会議長(高知県議・香美市)、
小沼秀明 党青年局中央常任委員・党静岡県連青年局顧問(静岡県掛川市議)
奥村仁 党青年局中央常任委員・党三重県連青年局副局長(三重県紀北町議

など地方代表の一行が宮城県に来県され、
東北大学、利府町などを訪問しました。


「若年層交流事業 Real Youth Project」は学生交流会として、
自民党宮城県連学生部のみなさんが中心となって企画し、

「若者の政治参加」をテーマに、
前半は党青年局国会議員のパネルディスカッション、
後半は学生の皆さんと政治家との直接の意見交換会を実施しました

私はパネルディスカッションでコーディネーターを務め、
その後、学生の皆さんと政治について意見を聞きながら、
質問などにお答えしたところです。

学生の皆さんも、ふだん国会議員や地方議員と
意見交換をする機会はなかなかないとは思いますが、
このような機会に活動の一端を知ってもらったり、
政治がどのように世の中を変えているかを知ってもらうことで、

若者世代が政治に関心を強く持ち、
次の時代を担っていける一端となってほしいと思っているところです。

とりわけ、学生部幹部の皆さんが、
事前準備を熱心にされ、シナリオも作り、
役割分担などもして設営に頑張っていましたので、
約70名の参加者のもと、大変盛り上がりよかったです。


「TEAM-11」では、まず東北大学にうかがいました。

●東北大学災害科学国際研究所
●東北大学国際エレクトロニクス研究開発センター
●東北大学ユニバーシティハウス青葉山

災害科学国際研究所では、大野英男総長から大学の概要についてご説明頂き、
研究所の今村文彦所長から震災からの復興について、
3D動画による映像も含め、
災害科学国際研究所(IRIDeS)の先進的取組についてもご説明頂きました。

そのなかで、情報科学研究科で取り組んでいる災害ロボットの研究も紹介され、
なんと私が講義をしている情報技術経営論を受講している大学院生が話しかけてくれ、
「教え子」と再会するという一幕もありました。

さらに研究を頑張ってほしいと思います。


国際エレクトロニクス研究開発センターでは、
スピントロニクス分野をライフサイエンス、マテリアルサイエンスに展開するという、
世界トップレベルの研究からイノベーション創出に貢献しているというお話で、
トップレベルの研究をしておられる遠藤哲郎教授に実際のお話をうかがいました。

様々な課題もいただき、
国や自治体と連携した税制特区制度への取組が重要であると感じました。


また東北大学では、国際混住型学生寄宿舎「ユニバーシティ・ハウス」を整備し、
国内最大規模の1720人を定員とする寄宿舎となっています。
世界各地から外国人留学生が来ており、日本人の学生と混住し、
国際感覚の育成というだけではなく、
日本を世界に伝える機会にもなるのではないかと感じたところです

52033777_2570033989690478_3894461715907084288_n.jpg 

「TEAM-11」では、利府町も訪問しました。
熊谷大町長にご同行いただきました。

東京オリンピックサッカー競技も実施される「グランディ21」、
浜田避難施設、

そして私は残念ながらうかがえませんでしたが、
震災以後開催が見送られていた「利府町浜まつり」にも
皆さんに足を運んでいただきました。


震災からの復興ということで、
8年たって見えてくるものもあり、

国の政策として今後必要になってくること、
また全国各地の自治体でも取り組むべきことなどが、
今回の活動で見えてくるものがあったと感じます。


自民党青年局の国会議員の皆様、
そして全国から来ていただいた青年局の皆様に
あらためて感謝申し上げながら、
青年局の皆さんとともに活動することで見えてくるものもあり、
宮城県としての政策形成にも改めて役立てていきたいと考えているところです。

自民党大会に参加しました

2019年02月10日 23:52

310210 党大会画像 

本日2月10日、
第86回自由民主党大会に宮城県連大会代議員として参加しました

安倍総裁の力強い演説もありましたが、
谷垣元総裁が車椅子で登壇され、
示唆に富むお話を聞き心が動かされました。


党大会に先立ち前日9日には、

党本部にて、全国青年部長・青年局長合同会議。
そして青年部・青年局、女性局合同全国大会に参加。

各県連の青年局長から、日韓関係、人口減少、消費税から細野問題まで、
党執行部に対して厳しい意見も出されました。

県連青年局・女性局懇親会の後、
青年局有志懇親会に参加、全国の青年局長と久しぶりにお会いし、
意見交換する貴重な機会でした。


この党大会に参加するため、
党員の方々が全国から集まり、
また総裁表彰を受けられる方も大勢見えられ、
大いに盛り上がりました。

今年は参院選、統一地方選と重要な年になりますので、
厳しい選挙に再び勝ち残りたいところです。


自民党宮城県連青年局とJA仙台青年部の意見交換会

2018年08月22日 23:59

300820 青年局JA仙台意見交換会 


現在私は自民党宮城県連の青年局長を務めています。


45歳以下の政治家、党員を中心として、
様々な活動を宮城県内で展開していますが、

県内のいろいろな団体には青年部があったりします。
農協や商工会、その他さまざまな団体に
若手の青年部という組織がそれぞれあったりするもので、

そうした同世代の方々と、
次の時代をともにつくるという意味からも、

その分野のことを教えていただきながら、
課題解決をともに図り、県議会や市町村議会における政策提案に生かせればと思い、

まずは第1回として、

『青年局政調会主催 JA 仙台青年部のみなさまと農政に関する意見交換会』

を8月20日、JA仙台にうかがい、開催いたしました。


仙台市議会議員の佐々木心青年局政調会長が中心になり、
設えをしていただき、JA仙台青年部遠藤耕太委員長を中心とするみなさんと、
農政に関する意見交換会を実施したところです。

農業は、経済だけではなく、外交や環境、教育の問題にもつながり
私たちの日々の食事を支える重要な産業でもあります。

また食料安全保障や国土の多面的機能の維持といった、
国家の基本を支える政策的側面もあります。


当日は、後継者対策、鳥獣被害、地産地消の取り組み、
食育から残飯対策など農政に関する今後の課題について、

情報交換も交えながら現場のお話をいただき、
また終了後は懇親会でお酒を酌み交わしながら、
楽しくさらに声をお聞かせいただきました。


今回の貴重な機会を今後の政策立案に活かしていくとともに、
私たち青年世代の政治家が十年、二十年先を見据えて
農政を考えるきっかけにもなったものと思います。

今後さらに同世代の方々と意見交換し、
時間をかけてでもじっくりと
強い宮城をつくるための基礎をみんなで育てていきたいと思います


今回の開催にあたりご協力いただいた
JA仙台のみなさまありがとうございました。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx