Category[ 自民党宮城県連青年局 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

自民党宮城県連青年局とJA仙台青年部の意見交換会

2018年08月22日 23:59

300820 青年局JA仙台意見交換会 


現在私は自民党宮城県連の青年局長を務めています。


45歳以下の政治家、党員を中心として、
様々な活動を宮城県内で展開していますが、

県内のいろいろな団体には青年部があったりします。
農協や商工会、その他さまざまな団体に
若手の青年部という組織がそれぞれあったりするもので、

そうした同世代の方々と、
次の時代をともにつくるという意味からも、

その分野のことを教えていただきながら、
課題解決をともに図り、県議会や市町村議会における政策提案に生かせればと思い、

まずは第1回として、

『青年局政調会主催 JA 仙台青年部のみなさまと農政に関する意見交換会』

を8月20日、JA仙台にうかがい、開催いたしました。


仙台市議会議員の佐々木心青年局政調会長が中心になり、
設えをしていただき、JA仙台青年部遠藤耕太委員長を中心とするみなさんと、
農政に関する意見交換会を実施したところです。

農業は、経済だけではなく、外交や環境、教育の問題にもつながり
私たちの日々の食事を支える重要な産業でもあります。

また食料安全保障や国土の多面的機能の維持といった、
国家の基本を支える政策的側面もあります。


当日は、後継者対策、鳥獣被害、地産地消の取り組み、
食育から残飯対策など農政に関する今後の課題について、

情報交換も交えながら現場のお話をいただき、
また終了後は懇親会でお酒を酌み交わしながら、
楽しくさらに声をお聞かせいただきました。


今回の貴重な機会を今後の政策立案に活かしていくとともに、
私たち青年世代の政治家が十年、二十年先を見据えて
農政を考えるきっかけにもなったものと思います。

今後さらに同世代の方々と意見交換し、
時間をかけてでもじっくりと
強い宮城をつくるための基礎をみんなで育てていきたいと思います


今回の開催にあたりご協力いただいた
JA仙台のみなさまありがとうございました。

自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」を宮城県岩沼市、仙台市若林区、塩竃市、利府町で実施!

2018年05月19日 23:07

300519 TEAM11 荒浜小 

平成30年5月18日、19日と、

自民党青年局の被災地訪問事業「TEAM-11」が
宮城県で実施されました。

この事業は、東日本大震災被災地の復興を後押しするため、
継続した活動・訪問を通じて被災地の困難に向き合い、

課題の解決に全国で取り組むという趣旨から、
平成24年2月にスタート、今回で37回目の開催となりました。


今回は鈴木馨祐自民党青年局長(衆議院議員神奈川7区)、
佐々木紀青年局長代理(衆議院議員石川2区)、
武井俊輔青年副部長(衆議院議員宮崎1区)ら青年局国会議員、

依光晃一郎党青年局中央常任委員会副議長(高知県議・香美市)、
森貴尉党滋賀県連青年局長(滋賀県守山市議)、
菅沼利紀党滋賀県連青年局常任委員(滋賀県湖南市議)

など地方代表の一行が宮城県に来県、
岩沼市、仙台市若林区、塩竈市、利府町を訪問しました。


私は今回、
自民党宮城県連青年局長として、
この「TEAM-11」の宮城県受け入れを担当し、

宮城県連青年局、県議会の先輩議員や
党支部の方々の大きなご協力をいただき、

沿岸被災地の現在の課題などを
国会議員や全国の地方議員にもご理解いただく
貴重な機会をつくることができたものと思っております。

ご協力いただいた皆様、ありがとうございました。


以下、順次振り返ってみたいと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

岩沼市においては、
村上智行県議のお力をいただき、

千年希望の丘において
井口経明前岩沼市長・菊地啓夫岩沼市長との意見交換会、

岩沼市にしき食品において、
岩沼市の若手経営者との意見交換会

を開催しました。

井口前市長からは震災直後からの対応、
千年希望の丘をつくった経緯、
いかにコストとスピードを意識するかというお話など、

今後大規模災害が起きたときに
首長がどのように対応していくべきかなど、
貴重なお話をいただきました。

菊地市長からは、
6月3日から始まる岩沼市長選直前のお忙しい時期にもかかわらず
復興の進捗や岩沼市における現状の課題などをお話しいただきました。

また若手経営者のみなさんからは、
中小企業経営の様々な課題や若い世代の投票率向上、選挙制度にまで話が及び、
大いに盛り上がったところです。

いずれも鈴木けいすけ青年局長をはじめとする青年局国会議員と、
熱心に意見交換がなされました。

千年希望の丘の慰霊碑においては、
献花し、全員でご冥福をお祈りいたしました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

続いて、仙台市若林区に入り、
震災遺構荒浜小学校を視察。

ここでは、菊地崇良仙台市議会議員(若林区)にご協力いただき、
当日震災発生直後の荒浜小学校の状況、
仙台市が進めている復興事業などを詳細にご説明をいただきました

仙台市が作成した『東日本大震災仙台市復興五年記録誌』は、
熊本地震のときに活かされたということ、

今後万が一大規模災害が起こったときの
参考になるというお話は印象的でした。


当時の映像をはじめ、
まだ荒浜地区は私の記憶にもその姿が残っていることもあり、
周辺の風景や荒浜小学校の姿を見ると、
いまだにつらいものがあります。

荒浜の観音様にも参加者全員で献花し、
祈りを捧げました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

若林区からさらに北上し、
次は塩竃市を訪問しました。

地元、佐藤光樹県議にご尽力いただき、
塩竃市をはじめ、離島である浦戸諸島の復興の状況、
現状の課題などをうかがいました。

まず、佐藤昭塩竃市長との意見交換会を
塩竃市役所において開催した後、
市内の復興状況や魚市場など現地を視察、

また浦戸諸島から行政区長さんがたくさんいらして、
島の課題などをお聞かせいただき、
意見交換をしました。

鈴木青年局長からは、

「既に党としても浦戸諸島の復興に取り組んでいるが、
 島民の方々のお話を聞き、
 政策に反映することで更なる復興の加速化に努めたい」

とのお話がありました。

島民からは
「入札が不調になっている状況を改善してほしい」
「道路は砂利道のままで使いづらい」
「復興庁で全てまとめられる体制にしてほしい」
「国と島民の意見が乖離している」
といった切実な意見が出されたところです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

翌朝は早くからスタート、
塩竈市魚市場の視察と市場関係者の皆様からご説明、
意見交換をしました。

実際にマグロが水揚げされ、
せりが行われ相次いで落札されていく光景は、
なかなか見られないものでした。

ふだんは刺身でしか見ないマグロの姿が、
大量に並び、迫力がありましたね。

被災していましたが数年前に完成した魚市場は、
観光という点でも様々な工夫がなされているところです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

最後に利府町に入り、
熊谷大町長から震災で被害を受けた浜田漁港の復興事業、
天然の桟橋「馬の背」のご説明をいただきました。

利府というと地元の人でも
「海」のイメージがないのですが、

利府にある海を使った新たな観光スポットの模索を
町では考えておられるようです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


東日本大震災から7年の月日がたちました。

震災直後の課題とは
現在はまた変化をしてきていますが、

まだまだ復興が進んでいないという現状、
新たな課題が生じている面もあったり、

一方でこの震災の経験を、
万が一大規模災害が日本のどこかで起こったときに、
役に立てることができるのではないか、
ということも今回各地で感じたところです。



震災の年は特に、私も含めて、
おそらく東北の誰もが
絶望的な気持ちでいたのではないかと思います。

大切なご家族を失った方、
家を失った方、
思い出や様々なものを失い、
それぞれの土地でそれぞれの事情のなかで、
筆舌に尽くしがたい思いをされたことでしょう。

私にとっても大変つらい年でした。


しかしだからこそ、
被災した我々だからこそ、

それぞれの分野で前向きに取り組み、
新たな世界をつくることができるのだと私は確信をしています。


震災前の状況にただ戻すのではなく、
つらい思いをした我々だからこそ
全国でモデルとなるようなまちをつくろう、

それぞれのまちで、
それぞれのお仕事で、
みなさん七年間頑張ってきたのだなと、

今回たくさんの方とお会いし、
お話を聞くなかで強い思いを感じたところです。


今回は青年局の事業ということでしたが、

大先輩方に比べれば
青年世代は知識も経験も不足しており、
未熟な点はたくさんあるのだろうと思います。

しかしわれわれ青年世代は、
10年先、20年先、30年先を見据えた活動ができるのであり、
この点だけは大先輩方には負けません。


今回の「TEAM-11」、
盛りだくさんの日程でありましたが、
宮城県の各地で震災復興の先進的な
様々な取り組みを再確認することができました。

青年局国会議員の皆様には国政の場に反映していただき、
青年局地方議員の皆様にはそれぞれの地域で、
われわれの教訓を置換えていただきたいなと思うところです。


二日間大変なハードスケジュールでしたが、
有意義な事業となったものと確信しているところです。

ご参加された皆様、
ご協力いただいた皆様に、
あらためて感謝申し上げます。

ありがとうございました。


【渡辺勝幸ご報告】自民党宮城県連青年局長に就任しました!

2018年04月01日 09:27

s_watanabekatsuyuki BW9O2682 縮小版640px



本日より平成30年度がスタートしました。
職場や学校などで新たな体制が明日からスタートする、
というところも多いのではないでしょうか。

私渡辺勝幸も、
平成30年4月1日付で、

「自民党宮城県連青年局長」

を拝命いたしました。


自民党の青年局は党本部青年局を中心に全国に展開し、
45歳以下の主として若手の党員で構成されています。

党所属の国会議員はじめ地方議員・サラリーマン・学生、
いずれの場合も45歳以下であれば、
青年局に所属することができます。


私の前任の佐々木幸士県議(太白区)の後を受け継ぎ、
自民党若手メンバーの先頭に立って、

熱く、真剣に、
そして生意気に、
次世代をつくるという決意を持って取り組んでまいります。


自民党宮城県連の歴代青年局長・青年部長には、

村井嘉浩宮城県知事
安藤俊威元宮城県議会議長
若生裕俊富谷市長
須田善明女川町長
中島源陽宮城県議会議長
村上智行県議
佐々木幸士県議

など、現在の宮城県をけん引している先輩方が
たくさんいらっしゃいます。


ちなみに現在の自民党本部の青年局長は、

鈴木けいすけ局長(衆議院神奈川7区、麻生派)
http://www.suzukikeisuke.jp/

であり、

歴代青年局長には以下のように、
そうそうたるメンバーがいます。


小泉進次郎党筆頭副幹事長
下村博文元文部科学大臣
浜田靖一元防衛大臣
岸田文雄政調会長
安倍晋三内閣総理大臣
古屋圭司元拉致問題担当大臣
中川昭一元財務大臣
額賀福志郎元財務大臣
北川正恭元三重県知事
平沼赳夫元経済産業大臣
麻生太郎財務大臣
鹿野道彦元農林水産大臣
愛知和夫元防衛庁長官
浜田幸一元衆議院予算委員長
海部俊樹元内閣総理大臣
宇野宗佑元内閣総理大臣
竹下登元内閣総理大臣



自民党の歴代青年局は、
各都道府県連青年局の地方の声を吸い上げながら、

若手世代、青年層の代弁者として、
それぞれの地方、そして日本を動かしてきたといえます。



このたびの、自民党宮城県連青年局長就任にあたり、
歴代青年局の諸先輩方の伝統を踏まえながら、

青年局メンバーだけではなく、
県内各界の青年層の皆さんとの意見交換、交流を深め、
地方が抱える様々な課題を解決する一助としていきたいと思います


自民党員の皆様の御協力、
そして党員以外の各界各層の方々からも
ご協力をいただきながら活動を進め、

次の時代の宮城をつくる、

という意気込みで取り組んでまいりますので
どうぞよろしくお願い申し上げます。


平成30年4月1日
自民党宮城県連青年局長
宮城県議会議員 渡辺勝幸




自民党宮城県連青年局
http://www.jimin-miyagi.or.jp/?cat=2






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx