Category[ JC運動 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「子どもを叱れない大人たちへ」

2016年10月17日 20:33

私たち大人は子供をしかることができているでしょうか。
親として子供を本気でしかることができているでしょうか。

落語家、7代目桂才賀さんは、
少年院の慰問を1000回以上続けているそうです。

入所している若者達を笑わせながら
明日への希望をつなぐ話を聞かせた後、
一対一で本音で話し合う。

PTAの依頼による非行問題に関する講演、
自衛隊の慰問や刑務所、拘置所での講演・慰問活動など、
本業以上にこのボランティア活動をしているのだそうです。


そしてこの経験をもとに桂才賀さんは、

「子どもを叱れない大人たちへ」

という本を出版し、
父母、先生、世の中の大人達それぞれに
子供達の本当の気持を伝え、

彼らとどう向き合って欲しいかを
ユーモアをこめて率直に語っています。




今週10月22日(土)に、
この桂才賀さんの講演が開かれます。

参加無料の講演会ですので、
お子さんを持つ親、子供と関わるお仕事をされている方には、
ぜひ聞いていただきたいと思います。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

「もっと、見つめて子どもたちの心」

日時 10月22日(土)14時
場所 せんだいメディアテーク
主催 公益社団法人仙台青年会議所子どもの未来創造委員会





小学生への選挙教育「みらいく」を実施しました─日本JC日本の未来選択委員会が大河原小学校で選挙教育プログラム

2015年11月25日 18:00

11月24日、
宮城県大河原町の大河原小学校において、

公益社団法人日本青年会議所の
みらいく事業が実施され、
私も授業側で参加してきました。


「みらいく」とは、

小中学生に民主主義の価値を伝え、
選挙において投票を行うことの意義や重要性を理解してもらい、

将来、成人になり選挙権を有した時に、
積極的な政治参画を行うことを促す教育プログラム


です。


みらいく(公益社団法人日本青年会議所)



私は今年、
日本JCの日本の未来選択委員会に
所属しているのですが、

みらいくはこの委員会の事業となっています。




大河原小学校においては、
まずJCメンバーが民主主義とは何か、

学校にもあるような「決まり」が、
社会では政治が決めていること、

そしてその「決まり」を決める政治家は、
私たち全員が一人一票の選挙によって選んでいる
ということなどを授業の中で伝えました。


そして選挙には四つの大事なことがあるという説明もありました。

1、ふつう
みんなに選挙権があるということ

2、びょうどう
一人一票であること

3、ひみつ
自分の名前は書かないこと

4、ちょくせつ
本人が直接投票するということ


そして模擬選挙も実施されました。

三人の架空の市長選挙候補者が、
それぞれ学校給食と携帯電話をテーマに政策のちがいを訴えて、

それぞれの意見を聞きながら小学生たちが
どの候補者を支持し、
その理由はなぜかというところまで考えてもらいました。

私も候補者の一人「たなかたろう」に扮して、
訴えました。


六年生にもなるとしっかりした意見がたくさん出てきましたね。


最後は実際に使われている投票箱を使って、
投票用紙に意中の候補の名前を書きます。

長い間選挙に携わってきましたが、
本物の投票箱を組み立てるという経験はあまりないですので、
私も楽しかったですね。

候補者兼投票立会人兼開票作業という、
実際にはあり得ないパターンですが、

より一層選挙の重要性を
私自身が考えるよいきっかけとなりました。


小学生たちは、

「18歳になったら自分も投票してみたい」

ということを話していました。


投票率低下が叫ばれる昨今ですが、
この子供たちが大人になるころは、
政治の世界もさらに活発化しているかもしれません。

楽しみですね。


私たち大人も負けてはいられません。
選挙について、政治について、
これからも真正面から取り組むことを訴え続けていきたいと思います。


また私自身も公約の中に、
小中学生の土曜日教育の推進を訴えましたので、

こうした地域の方々が授業を実施する教育プログラムについても、
積極的に推進していきたいと思っています。

私のJCライフもまもなくおしまいです─青年会議所を40歳で卒業します

2015年11月23日 23:52

私はJC(青年会議所)に所属し、
活動をしてきましたが、

JCにおける「青年」の定義が40歳であるために、
今年12月をもって私も

「卒業」
となります。


仙台JCで12月2日に開催される卒業例会をもって、
大きな行事が終わりとなりますので、
感慨深いものがあります。


私は2012年に仙台JCに入会しました。

ちょうど前回県議選の落選直後であり、
自分の人生をどうするか、
仕事をどうするかさえ決まっていないときでしたが、

JCのとある先輩方の強い勧誘を受け、
また秘書時代もJC出身の方々に大変お世話になっていたこともあり、
入会を決めました。


いま思うと、
自分の仕事もしっかりと出来ていないのに、
青年会議所運動をするというのは無理があったなあと思いますし、

落ち着いてきたいまこの時にJCライフが始まっていたら、
もっとたくさんの事業に積極的に取り組めたかもとも思いますが、

当時は「機会が来たものはすべて受ける」ということで、
借金が増えていってでも死なない程度に
あらゆる社会活動をしようと決めていたので、

ギリギリの人生ながらたくさんのJCの仲間とともに、
明るい豊かな社会の実現のためにと、
様々な事業に取り組むことができました。

当初はいろいろな人に反対もされましたし、
私の入会自体への反対もあったとのちに聞きましたが、
いまでは懐かしい思い出です。


そして、
仙台JCにおいても多くの友人ができましたが、

宮城ブロック、日本JCに出向する機会を何度もいただき、
日本中に素晴らしいJCの仲間ができたことはありがたいことです。


特にこの二年は日本JCの国家グループに携わることができ、
私が専門としてきた「憲法」と「選挙」について、
あらためて真剣に考える機会をいただきました。


仙台JCにおいては、
多くの仲間とともに七夕花火祭や青葉まつりなど、
仙台の地域のお祭りをはじめ様々な事業に取り組む機会をいただきました。


JCを10年ぐらいやったら、
同世代のさらにいろいろな人と出会えていたかもしれませんが、

あっという間に40歳が来てしまいました。


短い期間でしたが、
JCをやり切った感じがあります。

今年は自身の選挙の年だったということもあり、
なかなかしっかりとした活動ができませんでしたが、

今年もまた多くのことを学び、
多くの友人に出会えました。



青年会議所に入る機会がある世代の方には、
ぜひ入会をオススメしたいと思いますし、

JCの後輩となる皆さんには、
ぜひとも最後までアクセルを踏み切っていただきたいと思います。


最後の卒業例会が、
仙台JC最後の担いとなります。

卒業生でもあり、
総務委員会所属でもありますので、

県議会開会中で慌ただしい日々となりますが、
最後のよい思い出になることを楽しみにしているところです。


JCのみなさん、
ありがとうございました。

これからもどうぞよろしくお願いいたします。

本日、第46回仙台七夕花火祭!

2015年08月05日 11:41

本日8月5日は、
仙台市民にとって夏の風物詩でもあります、

「仙台七夕花火祭」

が行われる日です。


一般には7月7日が、七夕。
織姫と彦星が一年に一度だけ出会える日とされています。


しかし、仙台の七夕は、


8月6日から8日


ということで、8月に七夕があります。


元来伊達の時代から行われていた七夕まつりでしたが、
明治維新以降衰退していきます。

明治6年の新暦採用を境に年々行われなくなり、
第一次世界大戦の不景気を迎えるとますますさみしい状態になっていたそうです。


当時の仙台について書かれた本によれば、

大正末期の七夕まつりを、幕末当時のものと比較して

『往時のそれに比較する時は到底及ぶところではない』

と記されていたそうです。


この不景気を吹き飛ばそうと昭和2年、
仙台商人の有志たちが華やかな七夕飾りを復活させました。

久しぶりにその光景を目にした仙台っ子たちは喝采し、
飾りを一目見ようとする人たちで街は溢れたそうです。


翌昭和3年から、
元来旧暦行事だったのを新暦日付の月後れ、民俗学上の中暦と呼ばれる、

8月6日、7日、8日の三日間にわたり、

東北産業博覧会の行事として、
さらに仙台七夕を盛んにしようと
仙台商工会議所と仙台協賛会との共同開催で「飾りつけコンクール」が催されました。



しかし戦争が再び七夕を遠ざけます。

終戦の翌昭和21年、一番町通りの焼けた跡に52本の竹飾りが立てられます。

昭和21年8月7日河北新報の見出しには、


「10年ぶりの“七夕祭り”涙の出るほど懐かしい」


と書かれていたのだそうです。

その後の七夕は観光イベントになり、
名実ともに日本一のスケールを誇る七夕祭りとなり、
全国から訪れる観光客を楽しませてくれています。


そもそも仙台七夕は田の神を迎える行事で、
豊作をお祈りするものでありました。



この七夕祭りの前夜、
8月5日に公益社団法人仙台青年会議所主催で、


第46回仙台七夕花火祭


が今年も開催されます。

今年も約16000発を都心のど真ん中で、
約50万人の人出があるという国内でも有数の花火大会でもあります。

午後7時開始です。


七夕飾りとともに、
盛大な花火をごらんいただきたいと思います!


私も仙台JCのメンバーとして、
警備ボランティアクリーン活動で
明日朝まで活動する予定です。

熱中症に気を付けつつ、
頑張りたいと思います!



仙台に暮らす学生と外国人の方へご案内―仙台JCまちの魅力協働発信プロジェクト~Together In Sendai~

2015年07月12日 18:30

仙台に暮らす、
【学生】と【外国人】の方へ、

私渡辺が所属している仙台青年会議所の事業のご案内です。


この事業は、


⇒ 「まちの魅力協働発信プロジェクト~Together In Sendai~」



というもので、
7月と8月の二回にわたって、
学生さんと外国人の方を交えて、
仙台の魅力を発信する事業を進めようという企画です。



――――――――――――――――――――――
【引用ここから】


まちの魅力協働発信プロジェクト~Together In Sendai~では、
「まちの歴史」「まちの魅力」2つの部門に分け、
学生と外国人に伝え、体験していただきます。


第1回まちの歴史・まちの魅力協働体験では、
1年間の活動内容の説明を行ない、

第1部でまちの歴史や魅力について学生や外国人に伝えるとともに、
伊達武将隊の演舞やすずめ踊りを通して、
まちの歴史について学びます。


第2部ではグループディスカッションを行ない、
相互理解を深め、まちの魅力を見出します。

第2回グループディスカッション「あなたが仙台のPR大使」では、
ともに見出した仙台の魅力を、
一冊の冊子に纏め学生と外国人が考えた「仙台PRガイドブック」を作成いたします。

また事業内容をタウン情報誌に纏め配布いたします。


【引用ここまで】
――――――――――――――――――――――


第1回 まちの歴史・まちの魅力協働体験

仙台藩主伊達政宗について学び、仙台の歴史を学びましょう!
すずめ踊りの由来を学び、演舞を見ましょう!
様々な国の方との相互理解を深め、まちに対する見識を高めましょう!

日時 2015年7月26日(日) 14:00開始
会場 エルパーク仙台 6階ギャラリーホール


第2回 グループディスカッション「あなたが仙台のPR大使」 

グループディスカッションを通じて、
様々な国の方との相互理解を深め、
まちに対する見識を高めましょう!

仙台の魅力PRガイドブックを一緒に作り、
仙台を世界のみなさんに広く知っていただきましょう!

日時 2015年8月23日(日) 14:00開始
会場 仙台市シルバーセンター7階「第1研修室」



学生さんが仙台について学ぶ機会というのは、
なかなかないと思いますし、

外国から仙台にいらした方でも、
仙台について知る機会はなかなかないと思いますので、

ぜひオススメです。


みなさんのまわりで仙台に暮らす学生さんや、
外国の方がいらっしゃったらぜひお伝えして、
仙台について学ぶ機会にしていただければいいなあと思います。



⇒ 「まちの魅力協働発信プロジェクト~Together In Sendai~」




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx