Category[ 仙台市立沖野東小学校PTA・沖父ちゃん会 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

第65回日本PTA全国研究大会仙台大会が開催されました

2017年08月27日 23:11

「第65回日本PTA全国研究大会仙台大会」が、
8月25日、26日に仙台市内において開催されました。

およそ8,000人の全国のPTA関係者が、
仙台へいらっしゃいました。

25日は市内10か所で分科会が開催され、
26日は仙台市太白区のカメイアリーナ仙台(仙台市体育館)において、
全体会が開催されました。


わが若林区PTAは第五分科会(テーマ:地域連携)の担当ということで、
前日から私たち沖野東小PTA役員はじめ、
各校のPTA役員で準備をしました。

当日の沖野東小PTAは、
関係者駐車場担当ということで、
外で関係車両の誘導に当たりましたが、
ほぼ雨だらけの夏休みを過ごした仙台がその日に限って猛暑!

大量の汗を流しながら、
アクエリアスを一気飲みして乗り切りました。

けっこうな日焼けに!



第五分科会のテーマは、

「地域と共にあるPTA活動の在り方を求めて
 ー震災の経験を活かして取り組む地域防災」。


南三陸町戸倉小の麻生川元校長先生の基調講演に始まり、
荒浜小、七郷小からの実践発表。

その後、パネルディスカッションが行われ、
東北大災害科学国際研究所の佐藤健教授をコーディネーターに、
七郷小亀崎英治研究主任、
NPO法人にこにこの家小岩孝子代表理事、
若林区PTA連合会細谷滋紀元会長、
仙台市危機管理室減災推進課及川由佳里主査がパネリスト。

震災のいろいろを思い出しつつ、
若林区だからこそのすばらしい地域連携事例がたくさんあったように感じます。


全体会では、伊達武将隊、迫力のあるすずめ踊り等
仙台らしいアトラクションのあと式典、

宮川典子文部科学大臣政務官、吉野正芳復興大臣はじめ、
宮城県山田副知事、郡仙台市長、
わが宮城県議会からは中島源陽議長が来賓としていらしていました。


その後の記念講演では三宅宏実、三宅義行親子による、
「オリンピックへの挑戦 家族の絆で掴んだ父娘メダル」。

メダリストである父、義行さんから
子供のころから英才教育を施されたのかと思いきや、
宏実さんは中学生までピアノをやっていて、
テニス部や手芸部だったのだとか。

そしてシドニーオリンピックを見て感動し、
自身もオリンピックを目指して重量挙げを始めたのだそうです。


父義行さんは、娘がオリンピックをめざしたいといったとき、
途中であきらめないこと、どうせやるなら金メダルをめざすことを条件に、
やってもよいということになったそうで、
ピアノ教室をやっていたお母さんもこれを機に教室を閉じ、
宏実さんの食事などのサポートに回ったのだそうです。

また二人いる兄も重量挙げの選手、
次兄は全日本王者の経験もありますし、
伯父はメキシコ金の三宅義信ですので、
重量挙げ一家なわけですね。

宏実さんは何かと兄にもよく相談したりしているのだそうで、
やはり家族で助け合っていることも大きいのではないかと感じました。


そして何よりも、
父義行さんの話を聞いていると、
はじめて重量挙げを始めたときから、
メダル獲得までの道のり、ロードマップが見えていたのではないかと感じました。


何事も世界一になるということはそう簡単なことではありません。

普通の人ならば途中で出会う
敗北や挫折であきらめてしまうこともあるかと思いますが、

家族に競技者が多くいて、
父から何をやればよいかということを教えてもらえるということが、
大きいのだろうなと感じます。

体格や運動神経もあるのでしょうが、
それ以上にロードマップとメンタル面でアドバンテージがあるのでしょうね。


そしてやはり家族の会話が大事だということを、
父義行さんはおっしゃっていました。


家庭でのコミュニケーション、
これは私たち普通の家庭でもやはり親子の会話が大事なのでしょう。


様々なエピソードから、
たいへん学ぶことの多いお二人のお話でした。


PTAをやっているときに、
地元で全国大会が開催されるということはなかなかないことですので、
貴重な機会を得ることができ、ありがたいことでした。

実行委員会で尽力された皆様、おつかれさまでした!


PTA全国大会、来年は新潟大会!
新潟県・新潟市PTAの共催とのことですが、
米百俵の精神を基本に大会が開催されるそうで、
これもまた楽しみですね。




第30回沖東夏まつりを開催しました!

2017年07月29日 22:54

本日7月29日、
仙台市立沖野東小学校において、

第30回沖東夏まつり

を開催しました。


この夏まつりは、
沖野東小学校学区を中心に、

PTA、町内会、体育振興会、婦人防火クラブ、おやじの会など、
地域の諸団体の方々を実行委員会として組織し、

実行委員会の皆さんには手弁当で
このお祭りの準備をしていただきました。


私はPTA会長ということで、
この沖東夏まつり実行委員会の委員長を務めています。


沖野東小学校が開校して数年がたったころ、
この学区には地域の神社がなく、

お祭りがないことを残念に思った当時の校長先生をはじめとする地域の方々が、
手作りで始めたのだそうです。

今年で30回という記念すべきときになり、
第30回記念うちわを作成、
子供たちによろこばれました。


毎年子供たちも地域の人たちも
楽しみにしているお祭りで、

世代を超えて地域の方々が集まり大いに盛り上がります。


地域の施設からもお年寄りがいらっしゃって、
一緒にお祭りに参加されたり、

よちよち歩きの赤ちゃんもお母さんとともに参加しています。



今日は残念ながら大雨ということで、
体育館で開催しましたが、
早朝から多くの方にご協力、
準備をしていただきました。

出店ブースもPTAや各団体に携わっていただき、
子供たちは行列をなしていました。

体育館での開催でしたが、
それなりに皆さん楽しまれていたようで何よりです。



またお祭りの後半では恒例の盆踊り大会も開催されました。
沖野地区には、

「沖野音頭」

という盆踊りの曲があり、
婦人防火クラブ、町内会はじめPTAや
おやじの会、子供たちなど世代を超えて、
みんなで盆踊りで盛り上がりました。

仙台ではおなじみ、超定番の

「七夕音頭」

もみんなで踊りましたね。


七夕おどり 島倉千代子
⇒ https://youtu.be/SEsF2hPAxoQ


準備には数か月かかり、
多くの皆さんのご協力があり
本日無事に開催出来たことは大変ありがたいことでしたが、

何よりも子供たちがこのお祭りを楽しみにし、
よろこんでいたのが何よりでした。


また来年も盛り上がる夏まつりとなればいいなあと思います。


おやじの会、学校できもだめしは地域の防災力向上に

2017年03月24日 23:59

3月24日、
私がPTA会長をしている沖野東小学校で、
「卒業生のお泊り会」が開催されました。

PTAの六学年委員会のお母さんをはじめ、
卒業生のお母さん方が念入りに企画をして下さり、

また校長先生をはじめ、
担任の先生やほかの先生方の御協力もいただき、
小学校に泊まるという貴重な機会を持つことができました。

夜になると、
おやじの会のメンバーが主催し、
学校で「きもだめし」を開催。

夜の校舎でおやじや先生たちがお化けに扮して、
悲鳴が響き渡りました。

お化けに扮したおやじも年々、
脅かし方についても技術が上がってきております。




学校に泊まろう企画はこの数年、
PTAやおやじの会の力で
学校の協力をいただき実施されていますが、

この「学校に泊まるという企画」は、
防災教育の観点からも非常に重要です。
[ 続きを読む ]

小学校PTA会長の卒業式祝辞-平成二十八年度仙台市立沖野東小学校卒業式祝辞

2017年03月17日 12:33

平成29年3月17日、
「平成28年度仙台市立沖野東小学校第34回卒業式」にお招きいただきました。
PTA会長として祝辞を述べる機会をいただきました。

ご卒業、誠におめでとうございます!

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
[ 続きを読む ]

【ご報告】「平成28年度優良PTA文部科学大臣表彰」の表彰式に出席しました。

2016年11月18日 23:59

本日11月18日、
東京都千代田区のホテルニューオータニにおいて、

私が現在会長を務めています、
「仙台市立沖野東小学校父母教師会」が、

「平成28年度優良PTA文部科学大臣表彰」

ということで、
松野博一文部科学大臣御臨席のもと、
表彰式が行われましたので出席してまいりました。


全国の被表彰PTAの皆さんが一堂に会し、
また日本PTA会長表彰や、
広報紙コンクール入賞表彰も行われましたので、
会場にはたくさんの方々が集まりました。



沖野東小学校父母教師会は、

震災復興のひまわりプロジェクト、
沖東夏まつり、
そしてあいさつ運動に積極的に取り組んでいることをはじめ、

学区住民の学校に対しての期待が大きく、
協力をしてくださる地域の方々が多いということなども、

評価をしていただいたようです。


歴代PTA会長、
そして歴代校長先生の尽力の積み重ねのおかげで、
このような文部科学大臣表彰をいただけましたことに、
ありがたいことだなと思うと同時に、

今回壇上で表彰もしていただきましたので、
私自身、貴重な体験となりました。



平成28年度「優良PTA文部科学大臣表彰」被表彰団体の決定について(小学校、中学校、特別支援学校、私立幼稚園・認定こども園PTA)(文部科学省生涯学習政策局社会教育課 平成28年10月14日)




PTA活動は近年、
様々な問題を抱えています。

多くのお母さん方は、
なるべくなら役員にならないようにしたいと
思っていらっしゃるかもしれませんし、

なんでPTA活動なんかやらなくてはいけないのか、
そう思う保護者の方が増えているかもしれません。


そして、ボランティアですので、
ご家庭での貴重な時間も失われますし、
PTAのあり方もさまざま議論になっているところです。


しかし様々な意見があっても、
目的は「子供たちのため」というところは、
地域変わらず、PTAに携わるみなさんの共通の思いなのかなと感じるところですし、
私自身も「子供たちのため」と思ってがんばってきたところです。


PTA活動をしていれば、
必ず子供たちのためになっているなという実感がわきますし、
何よりも子供たちの笑顔を身近に見ることができます。

これは貴重な体験だなとつくづく思います。



政治家がPTAをやっていると、
必ず「選挙目当てだ」と言われるものですが、

いろいろなことを言われても、
実際に一生懸命PTA活動をやっていれば、

選挙や政治の範疇を越えて、

子供たちの成長を見ることができるという、
こんなに素晴らしい体験はできないだろうなと思うわけです。

議会や行政の現場とはまた違った世界が
そこにあるなあと感じるわけです。


以前は私もいろいろ言われることもありましたが、
最近ではそのような声も聞かれなくなったように感じます。



今回文部科学大臣表彰を受賞できたのは、
多くの方のご尽力により
たまたま私の代だったわけですが、

しかし私自身誇りに思うとともに、
沖野東小の保護者の方々、
そして子供たちにも、
これはすごいことだなと感じてほしいなと思っています。


お父さんお母さんたちがPTAでがんばって
大臣という偉い人から表彰されたなんて、
「すごいな」と子供たちが感じてくれたならば、
これもまた大きな教育効果だろうなと思うわけです。


さらには地域の方々にも、
沖野東小のPTAは頑張ってるなと感じていただき、
地域連携が表彰理由の一つであると知っていただければ、

ますます学校と地域で連携しようという機運が
盛り上がってくるのではないかと思うわけです。



学校、家庭、地域の連携が、
わが国教育界の今後の大きな課題になってきます。

先生だけが教育を支える時代ではなく、
現代は家庭と地域が主体的に教育に携わる時代への過渡期となっています。


今後ともPTA活動に積極的に取り組みながら、
教育政策、生涯学習政策の一環としての新しい在り方についても、
模索をしていきたいと思う次第です。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx