Category[ つくりすと(つくる仙台公認起業コンサルタント)記事 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【しんちく仙台第4回(終)】これからの、自分と会社と人生と

2014年10月02日 18:00


───────────────────
毎週木曜日、四回にわたって、
株式会社しんちく仙台代表取締役の大文字健さんによる
メルマガをお送りしております。
最終回です。
───────────────────

↓  ↓  ↓  ↓


[ 続きを読む ]

【しんちく仙台第3回】東日本大震災を経験して気付いたこと

2014年09月25日 18:00

───────────────────
先々週から毎週木曜日、四回にわたって、
株式会社しんちく仙台代表取締役の大文字健さんによる
メルマガをお送りしております。
───────────────────

↓  ↓  ↓  ↓


[ 続きを読む ]

【しんちく仙台第2回】ありのままの自分って?

2014年09月18日 18:00

───────────────────
先週から毎週木曜日、四回にわたって、
株式会社しんちく仙台代表取締役の大文字健さんによる
メルマガをお送りしております。
───────────────────

↓  ↓  ↓  ↓



【しんちく仙台第2回】ありのままの自分って?


みなさま、こんにちは。(株)「しんちく仙台」の大文字です。

本日で2回目となるこのメルマガですが、
第1回目は、
ちょっとしたきっかけで、人は変わることができるという事を
私の体験からお伝えしました。


それでは、第2回目のお話ですが、
お題は「ありのままの自分って?」です。

最近は、「アナと雪の女王」の主題歌のなかで
「ありの~ままの~」・・・・・・とてもよい歌で、
鼻歌がとまらなくなりますが、

この「ありのまま」って、解釈の仕方で、
ちょっと意味がかわってくるなと思い、
お題(テーマ)にしました。


【1つ目の解釈】・・・・・「ありのままの自分」


いまのまま、ありのままの状態で、何の努力もしていなくても、
取り柄がとくになくても、自分に自信がなくても、
そのままの「ありのまま」の状態のままでも、

友達にも家族にも恋人にも職場にも、
受け入れさせたい、受け入れてもらいたい。と思っている裏返しで
この「ありのまま」を使っている。


話がかわりますが、

第1回目のメルマガで、私、大文字は、
会社の上司相手に自分の気持ちをストレートに本気で


「会社のこと・お客様の為になること」


を発言するようになりましたと綴りました。


事が、このまま、良い方向に進んでいけばよいのですが、
大文字はここから、だんだん調子に乗っていき、
生意気になっていくんですね。


はじめは、大文字の意見や発言も、
周りの大人な方々が寛大な心で受け入れていたのを、
大文字は勘違いをして、

「自分の意見は正しいんだ!」、
「お客様の為なんだ!」

なんて、
自分の正義が絶対で、

自分の意見に異を唱えるものは
全く受け入れられなくなりました。


これは、組織で働く人間としたら最悪で、
完全に孤立してしまいましたね、

それでも、自分が正しいと思っているから前に進むと、
今度は、浮いてしまいましたね、、、、、

「ありのままの自分」なんですけど。。。


まさに、上記のような解釈をしていたんですね。


さて、話を戻しまして、


【2つ目の解釈】・・・・・「ありのままの自分」


自分の理想の状態を定め、そう心が感じている。

そして、
その姿こそが「ありのままの自分」と考える。

現状の自分と理想の自分の差を冷静に認識し、
その差を埋めるために、努力をし続ける感じといいますか。

最近、全米オープンテニスで準優勝した錦織選手。

彼の心が思い描く、
理想の自分、

「ありのままの自分」

になるため、
大変な時間と苦労をしていたことをTVニュースで知り、
祝福する気持ちも倍増しました。


誰だって、人より自分をよく見られたいから、
自分を高く売り込むために必死になって
努力をして、競争をしています。

本当になりたい自分や、やりたいことがある人は、
寝る時間を削って、プライベートも犠牲にして、
ひとつのことに本気で打ち込んでいます。

そうやってはじめて、
自分のスタイルが確立され、
自分の意志と判断で何もかも選択できるようになるんだと思います。


そして、自分が進む道への覚悟が決まって、はじめて、


⇒ 自分らしさ=ありのままの自分


を語れる状態になるんだと思っています。


さてさて、私の話の続きですが、

調子に乗ってしまい、
孤立してしまった大文字ですが、

しっかりと、2つ目の解釈を上司との面談・居酒屋などでの意見交換で(^^)、

間違った「ありのまま」、自分本位の「ありのまま」を
少しづつ変えていくこととなりました。


懐かしくもあり、ほろ苦い思い出でだなと感じながら、
今回はおわりとさせていただきます。。。




続きは来週木曜日に。




しんちく仙台のFBページに「いいね!」をお願いします!





【大文字健 だいもんじたけし】

 仙台市出身 38歳

 今年の6月20日、仙台市で起業

【 業務 】

 宮城県内の複数の工務店に、お施主様の希望プランで
 競争入札の手配、その後、施工業者選定アドバイス、
 契約の立ち会い、施工状況の確認・管理をお引渡しまで実施。

--------- 略 歴 --------------------


 大学で建築学を学び、

 約13年間、不動産業界において、
 新築マンション・一戸建て住宅の販売業務、
 中古不動産の仲介業務を経験。

  東日本大震災後、宮城県名取市~山元町において
 被災された方へ復興住宅の販売に従事。

 2014年4月「株式会社つくる仙台」渡辺氏に起業相談
 2014年 6月「株式会社しんちく仙台」設立


【しんちく仙台第1回】不動産による副収入が・・・

2014年09月10日 18:00

本日から毎週木曜日、四回にわたって、
株式会社しんちく仙台代表取締役の大文字健さんに
メルマガをお送りします。

↓  ↓  ↓  ↓




【しんちく仙台第1回】不動産による副収入が・・・


みなさま、はじめまして。
大文字健(だいもんじ たけし)と申します。

今年の4月から「つくる仙台」代表の渡辺さんから、
会社設立・公庫の創業融資等のアドバイスをいただき、
6月に、仙台にて不動産屋を起業しました。

現在も、毎月、当社の経営相談をお願いしておりまして、
その流れで、この渡辺さんのメルマガに、
毎週木曜日、おじゃますることとなりました。

いきなり人の家の玄関を開けて

「こんにちわ!
 お茶でも飲みながら、私の話を聞いてください!」

と言われても、だれも話は聞いてくれないと思います。

ですから、結論からお伝えします。

わたしが、本日を併せて4回のメルマガで伝えたいことは、



「本当の自分を探す、取り戻す」です。



これは、今現在のわたしのメンタル構造の8割5分は占めているワードであります。

なぜ、私が約13年のサラリーマン人生を断ち、
起業したのかを完結にお伝えしていきます。


そして、その構成内容ですが、

本日、
第1回 :「不動産による副収入が・・・」

第2回 :「ありのままの自分って?」

第3回 :「震災で気付いたこと」

第4回 :「これからの、自分と会社と人生と」


で書いていこうと思います。



====不動産による副収入が・・・====

わたしは、不動産会社に入社し、
主に新築マンション・新築一戸建住宅のての営業を行っていました。

ある程度、不動産というものを分かりはじめた頃になると、
不動産を買ったことがないのに、
購入のメリットや不動産の魅力を語っているのも
いかがなものかと思い、

入社5~9年目の間に、
区分所有マンションを3住戸購入し、
2住戸を賃貸に出すようになりました。


その結果、毎月の賃料収入が入ることにより、
わたしのメンタルに少しづつ変化が出てきました。

今までは、何か発言を求められる際には、
上司の顔色を伺い、
周りの空気を読むような発言だったかと思います。

それが、勤務先以外からの収入を得ることによって、
たとえ上司に嫌われてクビになっても、

賃料収入があるし、
何とかなるだろぐらいの軽い気持ちになりました。


今までは、「会社のこと・お客様のこと」を考えた意見というよりかは、
直属の上司や関係部署の人の顔色が第一という思いでしたが、


それが、

今まで遠慮していた部分が抜けて、
自分の気持ちをストレートに

本気で「会社のこと・お客様のこと」
を発言するようになりました。



それが、上司や会社にとっては言いづらいことを言える部下、
何か自信があるやつに見えたようで、
自分にとって良いスパイラルに入っていく感じがしました。


立場や状況によって、確かに人は変われるが、


自分自身が何かを決意した時、
覚悟をした時、
人はすぐに変われるんだ


と感じました。


自分の根っこにある考え方・行動の源になるものは、
とても大事だと感じた20代後半の大文字でした。


これを書きながら、
「X JAPAN」のボーカルTOSHIの洗脳事件を思い出しました。

良い方向にも、
悪い方向にも根っこが変われば動くものだと感じます。



続きは来週木曜日に。




⇒ しんちく仙台のFBページに「いいね!」をお願いします!





【大文字健 だいもんじたけし】

 仙台市出身 38歳

 今年の6月20日、仙台市で起業

【 業務 】

 宮城県内の複数の工務店に、お施主様の希望プランで
 競争入札の手配、その後、施工業者選定アドバイス、
 契約の立ち会い、施工状況の確認・管理をお引渡しまで実施。

--------- 略 歴 --------------------


 大学で建築学を学び、

 約13年間、不動産業界において、
 新築マンション・一戸建て住宅の販売業務、
 中古不動産の仲介業務を経験。

  東日本大震災後、宮城県名取市~山元町において
 被災された方へ復興住宅の販売に従事。

 2014年4月「株式会社つくる仙台」渡辺氏に起業相談
 2014年 6月「株式会社しんちく仙台」設立

【つくりすと松原祐子】ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む

2014年05月01日 18:00

‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐
みなさんこんにちは。
渡辺勝幸です。

本日(5月1日)発行のこのメルマガは、
つくる仙台公認起業コンサルタント(つくりすと)の

松原祐子さんによる

「ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む」

をお届けします。
‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐‐







【つくりすと松原祐子】ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む


こんにちは。

つくる仙台公認コンサルタントの松原祐子です。


全3回にわたって書かせていただきました
「起業について」のメルマガ、本日は最終回です。



第1回目は、

”最初の一歩を踏み出すこと ”そこから先は

”行動し続けていくのみ ”ということを、


第2回目は、行動し続けていくために、

”自分を動かす理由を、自分でつくる”

”モチベーションをつくる!”ということを書きました。



そして、第3回目のまとめ、


「ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む」 です。



これは、宇宙工学者の國中均さんが、
NHKの番組内で紹介されていた時の言葉です。


自分が進んでいる方向が正しいのか、その先に答えがあるのかすら分からない。

それでも、たとえ怖くても、その歩みをやめてはいけない。

「あきらめずに少しずつ、半歩でもいいから前に進んで」と、

國中さんは言っています。


番組ホームページ http://www.nhk.or.jp/professional/2014/0407/





目標達成のために、できるだけ速いスピードで

そこに到達したいと、多くの人が思っています。



最初は意気揚々と走り始めたものの

来る日も来る日も結果が出ないと、


いったいいつまでこんな苦しい状況なんだろう、

こんなこと続けて何になるんだろう、

もう全部やめてしまおうか、


とあきらめたくなってしまうこと、誰にでもあると思います。




今回は、あきらめてしまいそうになった時に、

半歩でも前に進むために、


「目標を達成した人は、なぜあきらめなかったのか」

「いかにしてあきらめずに前へ進むことができたのか」



その方法の一つをご紹介したいと思います。





私が、「迷子ペット・トータルサポートサイト」を運営している中で、
気がついたことがあります。


予期せぬ事故や、ちょっとした不注意から行方不明になってしまったペットを捜す飼い主さん達。
最悪の事態も想定しなければならない、先が見えない捜索は、
想像以上につらく不安で、途方に暮れます。


現在まで500名弱の方の依頼を受けてきましたが、
中には、捜索のあまりのつらさに、途中であきらめてしまう方もいます。


しかし、何ヶ月経っても、あきらめずに捜し続け、
どれだけ離れた場所からでもペットを捜しだし、見つける飼い主さんもいます。


「なぜ、あきらめずに捜し続けることができたのか」


後日話を聞くことができた110名余りの飼い主さんに答を伺って、
わかったことがあります。




それは、、、




未来を確信しつつも、

結果にフォーカスをせず、プロセスに決意をした
、ということです。





どういうことかと言いますと・・・





私の起業の話に置き換えてみます。


私は震災後、「仙台に帰ること」を、目標の一つに起業しました。

東北の復興に少しでも寄与したいため、
会社をつくり、ある程度基盤となるものをつくってから
拠点を仙台に移したかったのと、
残りの人生は家族のそばで過ごしたいと思ったからです。


しかし、いくら頑張っても赤字が続いたり、トラブルばかりが続いたりすると、
このままではもう仙台に帰ることはできないのではないかと号泣したり、
もうだめかもしれないと、何度もあきらめかけました。


「今年もまた仙台に行けなかった」
「今年も結果が出なかった」
「今年も自分はダメな人間だった」と

事あるごとに反省し、自分自身に絶望し、自分を責めてばかりいました。


でもある時、毎回毎回同じ内容で落ち込むことに疲れ果てた私は、


「仙台に帰ること」を、目標にするのをやめました。



代わりに、



「仙台に拠点を移せるまで、努力し続けること」

「仙台で事業をするための行動をやめないこと」を決意し、

それを目標にしました。



(大前提として、「自分は必ず仙台に帰るのだ」という
 根拠のない自信と確信は持ったうえです。)



そうしたときから、不思議と気持ちが楽になり、
落ちていたやる気も、じわじわと復活してきました。

そして、「今年も帰ることはできなかったけど、そのための努力はした!」と、

自分自身を許したり、褒めたりすることができるようになったのです。





思うように前に進めなくなってしまったとき、

「今すぐに成功しなければ」と考えると、焦りが出て苦しくなります。

成果にこだわり、結果にばかりフォーカスしていると、達成できない自分が嫌になります。

モチべーションはどんどん下がっていってしまいます。



多くの場合、行き詰まっているのは気持ちだけなのだと思います。

いつも渡辺さんが仰せのように、解決方法は無限にあります!



自分の気持ちを少し楽にしてあげることで、

ほんの少しでも前へ進むことができるようになるのなら、

日々、気持ちの安定も、自分自身でつくりだしていきたいですね。



「ゆっくりでも、止まらなければ、けっこう進む」ので!




起業から3年が過ぎて分かったことがあるのですが、

やったこと一つ一つに、成果が一つ一つ返ってくることはまずありません。

いろいろやって、ほんの少し返ってくる程度です。

何年か経って、思いがけないところから返ってくることもあります。



今まで取り組んできた時間は、無駄ではないし、

そこから学んだ事はたくさんあるはず。



どんな道のりでも、

途中で道を変更したとしても、

実は自分にとって最短の道なのだと思います。





本日も最後までお読みいただきまして、ありがとうございました!


みなさまが一歩ずつ、思い描いた人生に到達できますように。






necotex 代表 松原祐子










【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx