Category[ じいちゃんが小学生の時に読んでいた本 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

せいとん─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その16

2016年05月18日 18:00

私の下の娘は小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。


本居宣長は、
わが国の昔の本を読んで、

日本が大そうりっぱな国であることを人々に知らせた、
名高いがくしゃであります。

宣長は、
たくさんの本を持っていましたが、

一々本箱に入れて、
よくせいとんしておきました。

それで、
夜、あかりをつけなくても、
思うように、
どの本でも取出すことが出来ました。

宣長は、
いつもうちの人に向かって、


「どんな物でも、
 それをさがす時のことを思ったなら、
 しまう時に気をつけなければなりません。

 入れる時に、
 少しのめんどうはあっても、
 いる時に、早く出せる方がよろしい。」


といって聞かせました。


宣長が名高いがくしゃになり、
りっぱなしごとをのこしたのには、

へいぜい物をよくせいとんしておいたことが、
どれだけやくにたったか知れません。




おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本






しょうじき─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その15

2014年10月13日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。


松平信綱は、小さい時、
しょうぐんのやしきで、

なかまとたわむれて、たいせつなびょうぶをやぶりました。


間もなく、しょうぐんがそこを通りかかり、

「これは、だれがやぶったのか。」

と聞きました。


なかまのものは、みんなだまっていました。

その時、信綱は、


「私がやぶりました。」

とかくさずもうしあげて、おわびをしました。


すると、しょうぐんは、

「よくもしょうじきにもうした。」

と信綱をほめ、

「これからは、またかようなあやまちをしないように。」

といましめて、別にとがめませんでした。


しょうじきは一しょうのたから。





おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本

山田長政─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その14

2014年07月04日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。



今から三百二十年ばかり前に、
山田長政は、シャムの国へ行きました。

シャムというのは、今のタイ国のことです。


そのころ、日本人は、船に乗って、さかんに南方の島々国々に往来し、
たくさんの日本人が移り住んで、いたるところに日本町というものができました。

シャムの日本町には、五千人ぐらい住んでいたということです。


二十何歳でシャムへ渡った長政は、
やがて日本町の頭になりました。

勇気にみち、しかも正直で、義気のある人でした。


シャムの国王は、ソンタムといって、
たいそう名君でありました。


長政は、日本人の義勇軍をつくり、
その隊長になって、この国のために、たびたびてがらを立てました。


国王は、長政を武官に任じ、
のちには、最上の武官の位置に進めました。


日本人の中で、武術にすぐれ、
勇気のあるもの六百人ばかりが、長政の部下としてついていきました。

長政は、これら日本の武士と、
たくさんのシャムの軍兵をひきいて、
いつも、堂々と戦に出かけました。

長政が、ひおどしのよろいを着け、
りっぱな車に乗り、
シャムの音楽を奏しながら、
都にがいせんする時などは、
見物人で、町という町がいっぱいだったということです。


長政は、こうして、
この国のために、しばしば武功をたて、
高位高官にのぼりましたが、
その間も、日本町のために活動し、
日本へ往来する船のせわをし、
海外ぼうえきをさかんにすることにつとめました。

身分が高くなってからは、
ほとんど毎年のように、
自分で仕立てた船を日本へ送っていました。


長政がシャムへ渡ってから、
二十年ばかりの年月が過ぎました。

名君のほまれ高かったソンタム王もなくなり、
年若い王子が、相ついで国王になりました。

こうしたすきに乗じたのか、
そのころ、シャムの属地であったナコンという地方が、
よく治りませんでした。

そこで、国王は、
あらたに長政をナコン王に任命しました。


そのため、王室では、さかんな式があげられました。

まだ十歳であった国王は、
特に国王のもちいるのとお同じ形のかんむりを長政に授け、
金銀やたからものを、山のように積んで与えました。


長政は、いつものように、
日本の武士とたくさんのシャムの軍兵をつれて、任地へおもむきました。

すると、ナコンは、長政の威風に恐れて、
たちまち王命をきくようになりました。


おしいことに、長政は、ナコン王になってから、
わずか一年ばかりでなくなりました。


長政は、日本のどこで生まれたか、
いつシャムへ行ったかもはっきりしません。

それが一度シャムへ渡ると、
日本町の頭となり、
海外ぼうえきの大立物となったばかりか、
かの国の高位高官に任ぜられて、
日本の武名を、南方の天地にとどろかしました。

外国へ行った日本人で、
長政ほど高い地位にのぼり、
日本人のために気をはいた人は、
ほかにないといってもよいでしょう。





おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本


忍耐─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その13

2014年05月02日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




今より百三十年程前に、
前野良沢という医師ありき。

このころは、西洋諸国との交通、
おおむね、禁ぜられ、

西洋の学芸を学ばんとするもの、
きわめて、稀なりしが、

良沢は知人のもてるオランダの書を見、
それより、奮発して、オランダ語を学びたり。


そのころ、杉田玄白という医師あり。
オランダの解剖書を見て、その精密なるに感服し、

これを翻訳せんことを志し、
良沢にはかりしに、

良沢は、玄白をはじめ、
同志数人をわが家に集めて、これに着手したり。


しかるに、いずれも、オランダ語にあさきこととて、
一日に、一句をも解し得ざりしこともあり、
されど、よく、忍耐して、勉強せしかば、しだいに、解し得るようになり、

四年の間に、草稿をかき改むること、
十一回にして、ようように、できあがり、


解体新書と名づけて、出版するにいたれり。


わが国の医師、この書によりて、
はじめて、人体の構造を、
つまびらかに、知ることを得たり。


格言 点滴、石ヲウガツ。









おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本

勉学(つづき)─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その12

2014年01月15日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




このころ、リンコルンの家の近くに移り住む人が次第に増えてきたので、
人々は話し合って、その村に学校をたてました。

リンコルンは、この学校に入学することができ、
毎日通学しましたが、

わずか数週間でこの学校が廃止されてしまいました。

しかし在学中によく勉強したので、
学業の進歩には著しいものがありました。

その後近所の人たちから、
さまざまな本を借りて勉強を怠らずに読んでいました。


16歳のとき、
ある人からジョージワシントンの伝記を借り、
これを戸棚に入れて寝たところ、

夜の間に雨もりにより、
この本をぬらしてしまいました。


リンコルンはこれを見て大いに驚き、
持ち主のもとへ行って事情を話し、

働くことによってその本の価値を償いますと言って、
三日間その人のために働き、

結果としてその本を自分のものにしたのでした。







おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx