Category[ じいちゃんが小学生の時に読んでいた本 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

勉学─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その11

2013年12月11日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。



リンコルンはアメリカ合衆国の貧しい農家の家に生まれました。

父はほとんど文字を読めなかったので、
たいそう不便を感じました。

そこで子供には学問をさせたいと思い、
リンコルンが7歳になったとき、本を買い与えました。

母もまた、リンコルンの教育に熱心でした。

こうしてリンコルンは、学校に入学し、
毎日約6キロの道のりを往復して勉強をしました。


リンコルンはその後、父に従って、
他の地方に移り、野や山に出て、父とともに開拓に従事しますが、
勉学の志は少しも変わることなく、

森林に入って働く間にも、
暇さえあれば枝をもって板の上で文字を勉強し、

持っていた三冊の本を何度も読んで、
ほとんど暗記するぐらいにまでなったのでした。








おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本


焼けなかった町─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その10

2013年09月25日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




大正12年9月1日、
東京では朝からむし暑く、

ときどきにわか雨が降ったり、
また急にはげしい日がさしたりしました。


ちょうど、お昼になろうとする時でした。

気味のわるい地鳴りとともに、
家もへいも、一度にはげしく震動しました。

がらがらと倒れてしまった家も、たくさんありました。


やがて、倒れた家から、火事が起りました。

あちらにも、こちらにも、
火の手があがって、見る見るうちに、
一面の火の海となりました。


水道は、地震のためにこわれて、
火を消すこともできません。

火は二日二晩つづいて、
東京の市中は、
半分ぐらい焼けてしまいました。



ところで、
この大火事のまん中にありながら、

町内の人たちが、
心をあわせてよく火をふせいだおかげで、
しまいまで焼けないで残ったところがありました。


この町の人たちは、
風にあおられて四方からもえ移って来る火を、
あわてずよくおちついて、
自分たちの手でふせいだのです。


まず、
指図する人のことばにしたがって、
人々は二列に並びました。

第一列のはしの人が、
井戸から水を汲んで、
バケツやおけに移すと、

人の手から手へとじゅんじゅんに渡して、
ポンプのところへ送りました。

第二列の人たちは、
手早く、からになったバケツやおけを井戸の方へ返して、
新しい水を汲みました。



そのうちに、
こういう列の組が、
いくつもできました。

みんな、
一生けんめいに水を運びました。

また、ほかの一隊は、手分けをして、
火の移りやすい店のかんばんを取りはずしたり、

家々の窓をしめてまわったりして、
火の移らないようにしました。



こうして、夜どおしこんきよく火をふせぎました。

年よりも子どもも、男も女も、
働ける者は、みんな出て働きました。

自分のことだけを考えるような、
わがままな人は、
一人もいませんでした。


次の日の晩おそくなって、
やっと火がもえ移る心配がうすらいで来ました。

みんなは、それに力づいて、
とうとうしまいまで働きつづけました。


見渡すかぎり焼野の原になった中に、
この町だけは、
りっぱに残りました。






おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本


負けじだましい─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その9

2013年06月27日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。





板垣退助は、小さいときから負けぎらいでした。

すもうがすきで、仲よしの後藤象二郎と、よくすもうをとって遊びました。


象二郎が強いので、何度とってもかないません。

けれども、退助は、投げられても、倒されても、起きあがるとすぐ、


「もう一度やってくれ。」


といって、とびかかって行きました。


退助があまりこんきよいので、しまいには、象二郎の方で、


「わたしが負けた。わたしが負けた。」


といって、退助の負けぎらいなのに感心しました。







後藤新平は、まずしい家に生まれたので、子どものころは、いつも、つぎのあたった着物を着ていました。

けれども、新平は、平気で学校へ通いました。


夜は、眠くなるのをふせぐために、てんじょうからなわをつるして、
それでからだをしばって、勉強をつづけました。







大山巌が、若い時のことでした。

イギリスの軍艦が、鹿児島へせめ寄せて来たことがあります。


海と陸とで、はげしく大砲をうちあいましたが、なかなか勝ち負けがつきません。

これを見た元気な巌は、いきなり着物をぬぎすて、
刀をせおって、敵艦めがけて、勢よく泳いで行きました。

敵軍は、この勇ましい姿を見て、びっくりしました。









おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本



志を立てよ─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その8

2013年05月04日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




野口英世は、三歳のとき、
炉にころがりおちて、ひどいやけどをしました。

母の一生けんめいのかいほうのかいがあって、
命だけは助かりましたが、
左の手に大きなきずが残り、指先のきかぬ不自由な体になりました。


五歳・六歳となって、
英世は、外に出て近所の子供たちと元気よく遊ぶようになりましたが、
きょうそうでもして英世が勝ったときなどは、
負けた子供たちは、くやしまぎれに、
英世のかたわの手を笑いました。


小学校に行くようになっても、
友達はやはり其の手を笑いました。

英世はそれをざんねんに思い、

「手は不自由でも、一心に勉強して、
 きっと、今に、りっぱな人になって見せるぞ。」

とかたく決心しました。


英世は、うちがびんぼうでしたから、
毎朝早く起きて、
近所の小川や沼に行って川魚を取って来て売り、
其の金でふでやすみなどを買いました。

又、夜、本を読みたくても、
あかりをともすことが出来ませんから、
冬はろのたき火をたよりにし、
夏は学校の小使室に行って、ランプの光で本を読みました。

英世はこうして、ゆうとうで尋常小学校をそつぎょうしました。


それから、或人の世話で、
高等小学校に行くことが出来ましたが、
英世は、遠い道をかよって一生けんめいに勉強しましたので、
せいせきは一そうよくなりました。

其のうちに、人々の親切で、医者のしゅじゅつを受け、
手が余程自由に使えるようになりました。

手がよくなるにつけて、
英世は、医術の人を助ける仕事であることを知り、


医者の学問をして、世のため人のためにつくしたいという志を立てました。


そこで、高等小学校をそつぎょうすると、
さきにしゅじゅつを受けた医者にたのんで、
其の弟子にしてもらいました。

それからの英世の勉強は、一そうはげしくなりました。
医者の手伝をするひまに、いろいろ医学の本を読み、外国語のけいこまでしました。


其の後、英世は、東京に出て、
二十一歳の時、医者のしけんを受けますと、見事にきゅうだいして、
一人前の医者になりました。


それからますます研究を進めるために、
アメリカ合衆国に渡り、夜を日についでおこたらず勉強しました。

そうして、医学の上でりっぱな発見をして世界に名高い学者になりました。

又、いろいろのむずかしい病気をなおす方法をくふうして、人々を助けました。


昭和三年、アフリカへ渡って、
人の恐れる熱病を研究しているうちに、それがうつって、
五十三歳で、かの地でなくなりました。

人々は、英世をあっぱれ人類の恩人と言って惜しまぬ者はありませんでした。




おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。





じいちゃんが小学生の時に読んでいた本



喜多方の瓜生岩子の思いやり─じいちゃんが小学生の時に読んでいた本その7

2013年02月17日 18:00

私の娘も小学生です。

早いものだと思いながら、
自分の小学生のときと同じことをやっているなと思うときもあります。

父も母も、祖父も祖母も、
かつて小学生でした。

そんなとき、
自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本のことを知りました。


当然戦前日本のお話です。

その本の中からこれはいいなというお話を
みなさんにシェアしたいと思います。




東京浅草の観音におまいりすると、
やさしい笑いをたたえたおばあさんの銅像があります。

これこそ貧しい人や、みなし子の母としたわれた瓜生岩子の銅像です。


岩子は、福島県の喜多方に生まれました。
早く父に死に別れ、続いて火事にあい、小さい時からいろいろとくろうをしました。

結婚してから、若松で呉服屋を始め、子どもが生まれ、
店もおいおいはんじょうして、やっとくらしがらくになったころ、

夫が重い病にかかって、七年の長わずらいののちに死にました。
岩子は、それから店を人にゆずって、喜多方へひっ越しました。


たび重なる不幸にあっても、
岩子はそのため世をはかなむようなことはなく、
かえって同じような不幸な人に対する思いやりの心を深くしました。

喜多方へひっ越してまもなく戊辰の役が起り、
若松は戦争のちまたとなりました。

岩子は、

「どんな時にも、女には女の仕事がある。」

といって、銃火の中をくぐって、
負傷者の介抱や、たき出しなどに、かいがいしく立ち働きました。


この時、会津藩士の家族は、
多く喜多方の方面へのがれて来ましたが、とまる家もなく、うえと寒さに苦しんでいました。

岩子は、見るに見かねて、わが家につれ帰り、
また近所の家や付近の農家に頼んで、とまらせることにしました。

そうして、これらの人に、
着物やたべものなどをととのえてやり、
病気の者には、みずから薬をせんじて与え、
老人をなぐさめ、おさない者をいたわり、働ける者のためには、仕事をさがしてやるなど、
わが身を忘れてせわをしました。


とりわけ、岩子があわれに思ったのは、父兄を失ってたよる人もない子どもたちのことでした。
定めて名ある武士の子であろうに、
武士らしいしつけも受けず、毎日遊び暮しているのを見て、岩子はその行末を案じました。

そこで、よい先生を頼み、ささやかな学校を開き、
古机・古本・古すずりなどをもらい受けて、
勉強ができるだけの用意をし、
9歳から13歳までの子どもを集めて、読み書きそろばんをまなばせました。

この時、集った子どもは50人ばかりありましたが、
岩子はその親ともなって、しんせつにみちびきました。


明治5年に始めて小学校ができたので、
岩子の学校は閉じられることとなりました。
岩子は、これから世の貧しい人を助け、みなし子を育てることに全力をつくしました。

そのおこないが世間にひろまり、おかみから何度もほうびをいただきました。

ついで養育院が始めて東京にできた時には、その最初の幼童世話係長にえらばれました。

岩子は、功により藍綬褒章を授けられ、昭憲皇太后から、ありがたい御下賜品までいただきました。









おしまい。




自分のじいちゃんが小学生のころに読んでいた本。


この年になっても、
勉強になるなあと思えるお話がたくさんありますし、

子どもたちに伝えられたらさらにいいなと思って、
不定期にみなさんに紹介したいと思います。







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx