Category[ 吉田松陰の『講孟箚記』(維新な話) ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「天」にある二つの意味の一つとしての「民の声が天の声」

2018年05月25日 20:50

この章において

「天命」

というものの考え方を明白にすべきです。


思うに古代に「天」と呼んだものに二つの意味があります。


『書経』にいう

「天の視るは我が民の視るにしたがひ、
 天の聴くは我が民の聴くにしたがふ」


民衆の声を天の声とする、
という時の天が、その第一です。

思うに天は本来、
心を持っていないものですから、
民の心をその心としています。

天みずから視たり聴いたりする働きがあるのでなく、
民の視たり聴いたりしたことを、
みずからのそれとしています。

そして人は、
天地の気を受けてからだとし、
天地の理を受けて心としており、
これが人の心をそのまま天の心とするということなのです。

それゆえに
諸侯が天子に拝謁するもの、
訴訟するもの、徳をたたえて歌うものが、
すべて心を寄せることを、
孟子は「天である」といったのでした。










ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim


孝行を尽くすことが天下の手本

2018年05月18日 23:59

詩の「永く言ひて孝を思ふ、孝をふは維れ則」という句の
朱子の註に

「人能く長く言ひ孝を思ひて忘れざれば、
 則ち以て天下の法則と為すべきを言ふなり」

いつまでも孝行を尽くすことを思って忘れないならば、
それは天下の手本とすべきである、
とあります。

私が考えるに、
舜は天子となり、
みずから父を尊んで天子の父とし、
天下の力をもってこれを養いました。

ですから、その父に対する尊敬と奉養とは、
この上ないものでありました。

だから、これより降って、
公侯・卿大夫までも、
みなこれに見倣うことができることになったのです。

たとえば、一庶民の身から抜擢されて
公侯となったとすれば、

その父の身分は庶民であっても、
公侯の父にほかならず、

卿大夫となったとすれば、
その父の身分は庶民であっても、
卿大夫の父にほかなりません。

これが朱子の言った

「天下の法則となすべきもの」

という意味なのです。



それはさておき、
後世、人情が薄くなり、
子たるもの、少しでも出世すると、

かえって身分を鼻にかけて
父母に誇るものが非常に多いですが、
これは大いに道に反しています。


孔子は、郷里に帰ったときは、
村の長老に対していかにも実直な態度で、
うまく話せない者のようであった、
と『論語』にあります。

まして父母の前で実直の態度であったことは、
いうまでもありません。


そうであるから、
舜の父母につかえた態度をもって、
天下の手本とすべきなのです。







ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim



弟に身分を与えるのは仁義であるが、権力を与えてはいけない

2018年04月13日 21:28

「その人を親しめば、
 その貴からんことを願うものである」

と、舜が弟の象を有痺の領主にしたことを、
孟子は説明しています。

自分の身分が天子であり、
弟の身分が民衆の一人に過ぎなかったならば、
あまりにも身分が隔たり過ぎているために、
親しむことができません。

そこで弟の象の身分を貴くしたのでした。


明の王陽明の『象祠の記』に、
漢の諸王に対し、天子から相をおいたのは、

舜が弟の象に対する態度、
すなわち孟子の言う、

「天子、吏をして其の国を治めて、
 其の貢税を納れしむ」、

弟の象が不徳であるので、
直接にその国を治めさせるわけにゆかないので、

役人を遣わしてその国を治め、
租税を挑発されたことに倣ったものでしょう、

とあります。


これは実に良い法というべきです。


徳川氏が、御三家やその外の親藩に対して
附家老をつけたのも、
この意味でありましょう。


ただし、漢の時代に諸王につけた国相、家老は、
任期が来れば転任しましたが、

徳川氏のつけた附家老は世襲であって、
この点がちがっています。


舜が弟の象につけた役人がどうであったかはわかりませんが、
私の考えでは、これも漢の国相、家老のごとくであって、
世襲ではなかったことでしょう。



朱子の註のうちに、呉氏のことばを引いて、

舜の弟象に対する態度は、
仁の至り、義の極である、

とあります。

弟の象を有痺の領主にして、
富貴の身分たらしめたのは、仁の至りです。


役人を遣わしてその国を治めさせ、
象にその領国を勝手にできないようにしたのは、
義の極致です。


唐の玄宗が、長い枕や大きなふとんを作って、
兄弟ともにこれに寝たことは、
仁をしようと思ったのでありますが仁ではありません。


また漢の景帝が梁王に対し、
始めは、わがままにさせ過ぎ、これを仁ということができず、
後にはこれを抑え過ぎ、これまた義を失った態度でありました。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。




「怒りをかくさず、怨みをとどめず」

2018年03月30日 16:16

「怒りをかくさず、怨みをとどめず」

怒りを隠さず、
怨んでもそれをいつまでも根に持つことがない、
という二句が、とりわけよい。

この問題は、弟に対する時だけでなく、
仁のある人の心は、
他のすべての人々に対してもこのようなものです。


『論語』に、

「怨みをかくしてその人を友とすることは、
 先輩の左丘明も恥ずかしいとしましたが、
 私もまた恥ずかしいと思う」

とありますが、それも同じ意味です。


凡そ人と交際する道は、
もし相手に対し怨み怒ることがあったならば、
直ちにこれを忠告直言すべきものです。

もしそれができなければ、
むしろ怨み怒らないほうがよい。

もしそうでなくて怨み怒りを胸のうちに隠しておき、
折を見てこれをはき出そうと思ったならば、
それは陰険な小人の行為であって、
まことに臆病だといわねばなりません。


君子の心は天のごとくです。

そうであるなら怨み怒るところがあれば、
激しい雷が落ちるような怒りを発することもありますが、

そのことが納得いくならば、
また青空や太陽のごとく、
少しも心のうちにそれを残すことがありません。

これがいわゆる、
明るくして剛毅な、
君子の陽剛の徳というものであります。









ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。











ここぞという場面における人物の度量

2018年03月23日 22:25

さて、

「弟である象(しょう)が自分を殺そうとしているのを、
 舜は知らなかったのか」

という質問に対し孟子は、

「知ってはいた。
 ただ兄弟の情として、
 象が憂えれば舜も憂え、
 象が喜べば舜も喜んだのである」

と答えているのに註して、
人情も天理もここにおいて至れりであるといっていますが、
この説は非常にすぐれています。


私吉田松陰の考えでは、

舜の心は、象が憂えたり喜んだりした問題を、
同じく憂えたり喜んだりしたものではなく、

象が憂えたり喜んだりしていること自体を、
ともに憂えたり喜んだりしたのです。

これは、慈愛深い親が愛する子に対する気持ちに似ています。


子供が喜べば親の心は非常に喜び、
子供が悲しんで泣けば、親の心は非常に憂うる。

これは、親の憂えも喜びも人情に発し天理に基づいたもので、
少しのいつわりもそこにまじっていません。

しかるにもし、
憂えたり喜んだりするその問題を、
同じく憂えたり喜んだりするのであるといったならば、

大人と子供の間では、
それぞれ憂えたり喜んだりする問題がちがうはずです。

それを無理に同じにしようとするならば、
人情天理の自然でなく、
いつわりが入ってきます。


なお、果たして聖人舜の意に合っているかどうかはわかりませんが、
今、一つ私論を挙げることとします。

象が兄の舜の無事の姿を見て、
さすがに気がとがめている時に当って、
舜のわずかな感情が面色にあらわれて、

「お前はさき程、わたしを殺そうとしたが、
 わたしはその計画を知っているぞ」

という気持を示したならば、
舜はその場ですぐ禍にかかったでしょう。

この時、舜が落ちついて琴をひきながら、

「このわたしの家来どもを、
 お前も一つ、わたしといっしょに監督してくれ」

などといいましたが、
これは舜の大きな器量から自然に発したもので、
ここが象が安心できた理由なのです。

相手が身の危険を疑っている時、
この度量がないならば、
必ず禍にかからざるを得ません。


しかしながら、古今の悪知恵のすぐれた豪傑が、
非常の際に、多くこの術をかりて、
いかにも度量あるように振舞って相手をうまくあやつっているのは
ここで問題にするに足りないのです。




ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim








【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx