Category[ 大阪維新の会 維新政治塾塾生 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

維新政治塾生として、橋下徹大阪市長引退表明について思うこと

2015年05月18日 18:00

5月17日、
大阪市でいわゆる「大阪都構想」に対する
住民投票が行われました。

これは橋下徹大阪市長らが主張していた、


「大阪市を廃止し、5つの特別区を新設する」


というもので、
この賛否を問う住民投票でした。

結果は、

賛成 69万4844票(49.62%)
反対 70万5585票(50.38%)

で、わずかの差で否決され、

大阪維新の会代表でもある橋下市長は、
12月までの市長任期を全うしたうえで政界を引退する意向を
あらためて表明しました。


賛成、反対様々な意見があると思いますが、

「二重行政をなくし行政の無駄を排除する」

という主張は、
これからの日本にとって、
そして宮城県、仙台市にとっても、
非常に重要な課題であると思います。


思えば平成24年、
私は維新政治塾の塾生として、
大阪に通いました。

高速バスを使ったり、
0泊3日の弾丸維新塾をしていましたね。

平成24年の衆院選挙に出ていたら、
また今とは違った人生になっていたかもしれませんね。


[大阪維新の会 維新政治塾塾生]



あのパワーはもうないですが、
あのときに全国から維新塾に集まった面々は、
多士済々だったなあと今でも思います。


政令市の権限と道府県の関係は、
全国で同じ二重行政の弊害が出ていますし、

これは明治時代に始まる日本の行政システムが、
いまでも同じであることの弊害とも言えるでしょう。


政令市の県議会議員をめざす立場からも、
この二重行政の解消のために、

すぐに大きなことはできませんが
少しずつ時間をかけて、
丁寧に問題を解決していきたいと思っています。


政策的見地から仙台市民として、
この問題提起をしっかりととらえていきたいものです。


政治的には、
橋下さんの引退表明で、
一つの時代が終わったようにも感じますが、

ある意味で彼が「過渡期の覇者」であるならば、
ここからまた新たな政治の一ページが始まるとも言えるでしょう。


いずれにしても、

橋下さん、おつかれさまでした!

維新政治塾第一期修了式に出席/メルマガ読者の皆さんと大阪で語る会を開催

2013年02月11日 18:00

約一年にわたって、
日本の政治にインパクトを与えてきた「大阪維新の会維新政治塾」。

私渡辺もこの一年は塾生として大阪に通い、
テレビで全国放送もされたり、
地元でも騒がれたり、

結局公認候補とはなれませんでしたが、
先の総選挙では学生時代からの同志である田沼隆志さん(千葉1区)の選挙応援に入り、
衆議院議員誕生の瞬間を間近で見ることができました。



2月9日、維新政治塾の第一期修了式がありましたので、
大阪へ行ってまいりました。

この一年、全国各地の、
日本の政治を何とかしなければならないという熱い同志たちと
出会うことができましたが、
最後の会ということで夜まで多くの方々とお話しすることができました。

楽しかったですね。


もちろん政治経験は秘書時代も含め、選挙経験もありましたが、
この新しい政治の動きは、従来のプロによる政治とはまたちがった動きであって、
何かが始まったのではないかなと感じています。

日本の危機を救えるのは、従来の既存の勢力の側ではなく、
維新に限らずこうした動きが出発点になるものと思っています。


この動きが、いままで政治には無関心だったという人々を「政治の世界を何とかしなければ」
という方向へ向かわせるきっかけとなるよう、
具体的に私もこれから行動していかなければなりません。





そして大阪入りはこの前日にしたのですが、

「渡辺勝幸と居酒屋で語る会@大阪」

を開催しました。

メルマガ読者のみなさん、久しぶりに会う友人などと、
今回も楽しく、また熱い議論が戦わされました。

起業コンサルあり、
笑いあり、涙ありで、

非常に濃い飲み会でした。


大阪に来ることはもうないかもしれませんが、
もし仕事が大阪であるようであれば、
ぜひまた開催したいなと思いました。

大阪のメルマガ読者の方で参加される方がたくさんいらっしゃれば、
大阪でセミナーをやってもいいですね。

参加したいという方がいらっしゃればメールをください。



この一年、大阪を堪能しました。
元気な、いい街です。


仙台のよさと問題点が、
大阪を見ることで大いに見つけることができました。

維新千葉1区(千葉市中央区稲毛区美浜区)の田沼たかしさんについて

2012年12月03日 18:00

私の今年の政治活動は、
振り返るとさまざまなことがありましたが、
大阪へ行き、維新政治塾に通うことで多くを学んだなと感じます。

日本の政治がこのままではいけない、
なんとかしなければならないという強い思いをもってこの一年取り組んでまいりました。


同時に、東日本大震災で大変な被害を被った東北の復興、
これを原点に取り組むという決意は揺るがない思いでいました。


そして私を支えてくださる多くの方から、
渡辺は国政をめざすべきだ、
いままでの経験を生かして衆院選への出馬をという有難い声をいただきました。

同時に、今回の維新の候補者選考について、
維新に対する厳しいご意見や怒りの声もたくさんいただきました。

維新とはいったいなんだったのか。

この声は私自身もこの戦いが終わった後に
ゆっくりと考えたいテーマです。


「渡辺の選挙をしたい」とたくさんの方に言っていただけたことは、
私にとって誇りであり、この一年やってきた甲斐があったとうれしく思いました。

そして日本維新の会から少なからぬ評価を頂けたということも、
私にとってうれしいことでした。

しかしまだまだ政治家の候補者になる段階でもないというタマゴの状況、
現状ではまだまだだということなのだと思います。



私自身はいろいろと悩みましたが、
落下傘候補として日本のどこかで立候補して国政をめざすということは、
現在の私にはできませんでした。

子供のころから思い出深いこの仙台で、
そしてこの仙台を中心とした東北が、
震災以降非常に困難なときを迎えている。

いまから仙台を離れることは私の選択肢にはありません。


もちろん、落下傘候補のシステム自体を否定するわけではありません。

「地縁、血縁など地元のつながりに縛られると大きな判断ができない」

という橋下さんの意見は、もっともであると思います。


そういう意味では、私も考え方が古いのかもしれませんが、
いまの私には自分が政治家になることよりも、


仙台で、このまちで、
よりよい日本を、よりよい仙台をつくる活動を、
これからも続けていきたいと思っています。


私は、維新八策の考え方、
つまり日本の政治が改革をしていかなければならない、
このことについては、強く賛同しています。


8か月間、ともに維新政治塾で学んだみなさんとともに、

これからも新しい政治をつくる、
その思いは3,326人の維新塾にかかわったみなさんとともにあり続けたい、
そんな思いでいます。







そして今回の衆議院選挙にあたり、
私を応援してくださるいろんな方の声を聞いたうえで、
私は以下のように活動しようと思っています。



日本維新の会 衆議院千葉第一選挙区支部長(千葉市中央区稲毛区美浜区)
田沼隆志さん


の応援をします。





田沼さんと私は、同い年、
大学生のころからの友人であり、

ともに学生ながら政治について酒を酌み交わしながら
夜明けまで熱く議論した仲でもあります。


その後、彼はアクセンチュアという世界的なコンサルティング会社で活躍し、
私は国会議員の政策秘書となりました。


お互いに忙しい日々で、たまに動静を知るぐらいでしたが、
30歳になったころでしょうか、
平成19年の千葉県議選(稲毛区)に田沼さんは無所属で出馬します。

定数2の選挙区、自民と民主の指定席に果敢に挑戦しますが、
残念ながら敗退します。


その後二年半、田沼さんは浪人生活を送りました。

しかし彼は政治活動を継続し、
持ち前の粘り強さと真摯な姿勢、明るさをもって前へ進んだのでした。

いま思うと、あの時の彼は大変だったことと思います。


そして平成21年の秋のある日、
突如として千葉市に汚職事件が起き、
当時の千葉市議会議長が逮捕されました。

すぐに稲毛区で千葉市議補選となります。



その時、電話で話した時の田沼さんの声が忘れられません。
長い浪人生活で力をつけ、
思っていたよりも早く力を発揮するときが来た。
そんな勢いと彼の気迫を感じました。

この補選で田沼さんはトップ当選を果たし、
平成23年の統一地方選でもトップ当選を果たしました。

いまでは地元で多くの方々から、
強く期待されている若き政治家です。





昨年の私が出馬した宮城県議選では、
真っ先に応援してくれ、

落選直後には、

「今日から街頭に立つんだ!」

と激励してくれました。

彼の経験から出た言葉だったのだろうといまでは思いますが、
あの言葉がなかったら、私はこの一年街頭に立つことができたかどうかわかりません。



また彼は、
林英臣政経塾でともに学ぶ同志でもあり、
大阪では維新政治塾でともに学んだ同志でもあります。

千葉JCメンバーでもあり、
稲毛区倫理法人会顧問でもあります。

土地はちがいますが、
なぜか相通ずるものを感じるのは長年の時がそうさせたのか、
相通ずる価値観を持っていたからなのか。


いずれにしても、
私自身はまだまだ政治家になるには力不足、

しかしわずかながらもいま持っている力を、
同志の成功のために使うべき。


そう考えると、
田沼さんの応援に行かなければと思い至りました。







わが国の政治がいかにあるべきか、

若者も高齢者も男性も女性も、
真剣に考え、投票行動をしていかなければならないと思います。

自分が投票しなかったぐらいで、
世の中に大きな影響はないよと思われる方もいるかもしれませんが、
そんなことはありません。


政治家の側も投票率を上げる努力をしなければなりませんが、
私たち有権者も、よりよい日本の政治をつくるために、

そして100年後の日本人に笑われないためにも、
この一票を大事にしていきたい、
そう思っています。


これからもよりよい日本のため、よりよい仙台のために、
がんばっていきたいと思っております。

引きつづき、渡辺勝幸へのご支援をどうぞよろしくお願いいたします。




田沼たかしのサイトより引用します。

───────────────────────────────────────────
【引用ここから】


「日本維新の会 衆議院千葉第一選挙区支部長」就任のご報告





 私、田沼隆志は、平成24年11月21日、「日本維新の会」に入党し、「日本維新の会 衆議院千葉第一選挙区支部長」に就任、国の大改革に挑戦することになりました。

 鹿児島県知覧にて、特攻隊の青年達の実物の遺書に、魂を打ち抜かれ、日本のために我が身を捧げようと決意したのが30歳。

 まじめで、優しい、人が信じあう日本の心を取り戻したい。若者に、誇りある日本の歴史を知ってもらい、世のため人のために尽くせる日本人を育てたい。教育再生。自立した、強く温かい日本を作りたい。ゼロから思い切って会社を辞め、この世界に入りました。

 落選、浪人、予期せぬ補選、連続のトップ当選と、6年余りの紆余曲折の中で、私なりに一生懸命、日本のために、千葉市からできることをやってきました。

 当選以来毎回のフルパワーでの議会質問。駅立ち750回以上。年間数十万部の「田沼新聞」発行。ブログやtwitter、Facebookでの発信を毎日。継続。約束を守る。無所属の立場で、しがらみを作らずに。

 志一本でしたが、多くの方に育てて頂き、ここまで来ることができました。感謝でいっぱいです。

 しかし市議会では限界があります。いじめや学級崩壊を防ぐ現場作りもできない。日本を好きになれる歴史教科書、規範意識を育む公民教科書採択を求めても、まともな議論はゼロ…。教育委員会の無責任体質を、私はもう見過ごせません…! 法律、体制を変えなくてはならない。国政での議論前進が不可欠です。

 この改革は既成政党にはできません。できるならもうやっている。もう私は信じられません。戦後ずっと続いた問題なのです。
日本維新の会は「教育委員会制度の廃止」まで踏み込みました。これは戦後の失敗を正面から総括する提案。感銘しました。教育に限りません。日本はもう、これくらい大胆な改革が、不可欠です。日本国全体が沈没寸前なのです。巨額の借金、払っても返ってこない年金、生活保護3兆円、少子超高齢化、生産人口減少、経済成長は20年ゼロ、硬直した行政や統治機構… なにより、自分さえよければよいという“依存精神”が蔓延してしまっています。これでは未来は描けません。

 この閉塞した体制を打破するには、新しい政治集団、第三極による政治の変革が、不可欠です。自立、責任、競争を理念とする政治集団が、力をもち、日本のあらゆるところに広がっている“依存精神”を正していく必要があります。中央依存の統治機構を分権改革し、他国依存の安全保障も自立を目指す。国民も、行政依存から自助自立へと転換できるよう、政治が導かなければなりません。

 官僚依存や組合・業界依存の既成政党では、大胆な提案も、実行もできない。維新の会は、嫌われることを覚悟で、これまでの常識を打ち破る大胆な提案をしています。そこに私は、日本を思う真剣さを感じ、放っておけなくなるのです。政権交代では未来は開けない、犠牲になる覚悟、本気さが、未来を開くのです。私は立志以来6年余り、一貫して、無所属でやってきましたが、その真剣さに心打たれ、維新の会に合流することを決めました。

 私は日本が好きです。多くの先人の犠牲の積もったこの国を、恥かしくない国にしたい。私の子供は0歳9カ月です。可愛くて仕方ないです。この子が育ったとき、この国が力を失っていたら、親として合わせる顔がない。日本がこのまま沈没していくのを、私は見過ごすことができません。まだ日本に力のあるうちに、思い切った改革をしなければなりません。日本再生、それは未来への責任。子供が笑う国を、なんとしても作りたいのです。

 真実を知ってしまった以上、行動しないわけにはいかない。ゆえに維新の挑戦を、ぜひ我が身をもって、応援したいと思います。一世一代の大勝負。ご理解と、ご支援を、よろしくお願い致します。




平成24年11月21日
田沼隆志


【引用ここまで】
───────────────────────────────────────────


【ご報告】今回の衆議院選挙について

2012年11月24日 23:59

私の今年の政治活動は、
振り返るとさまざまなことがありましたが、
大阪へ行き、維新政治塾に通うことで多くを学んだなと感じます。

日本の政治がこのままではいけない、
なんとかしなければならないという強い思いをもってこの一年取り組んでまいりました。


同時に、東日本大震災で大変な被害を被った東北の復興、
これを原点に取り組むという決意は揺るがない思いでいました。

[ 続きを読む ]

維新の会政調会長に質問をしました

2012年10月08日 18:00

10月6日の維新政治塾は、
維新の会の浅田均政調会長(大阪府議会議長)による
「維新の核心」という講演で、


大阪維新の原点のお話、
出資法人改革から議会機能の強化など、
そして大阪都構想、公務員制度改革と、

いままでの維新政治塾の講義のまとめのようなお話で、
勉強になりました。


既得権益と闘うことだけではなく、
自立する個人や地域を増やしていくことで、
支える側を増やすというところに重要なポイントがあるとのお話でした。


講演後質問を受け付けるとのことでしたので、
挙手したところ運よく当てていただき、
以下のような質問をしました。


東北では、被災地の復興が最重要課題。
維新八策には復興について記述がないが、
復興、防災についてどのように考えるか。

維新の政策として重点的に取り上げてほしいということを述べました。


もちろん維新八策は、
統治機構の作り直し、
日本の政治の仕組みの作り直しが基本ですので、

復興政策という喫緊の課題が入ることは、
趣旨からいって少し違うのかもしれませんが、
聞かずにはいられなかったので質問してみました。



浅田政調会長からは、

どうしてこんなに遅れてしまっているのか、
ということを問題にしなければならない。

現場に復興のための指揮権と予算がないからこのようになってしまっているとの認識。

道州制の導入が被災県にいまふさわしいのではないか。

被災県出身の国会議員もいるので、
現在つくっている政策集にしっかりと取り上げていきたい。


とのことでした。



政治の世界では、
現職の政治家は誰もが復興、復興と言いますが、

復興が遅々として進んでいないのは事実です。


それどころか、
復興予算が全国あまねく使われ、
趣旨が全くちがうのではないかという予算の使われ方をしている現状があります。

本当に必要なところに使われない復興予算は
やはりおかしいのではないでしょうか。


東北の人間として、ぜひとも、
日本維新の会の国会議員団にもがんばっていただきたいと思っています。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx