Category[ 渡辺勝幸メディア紹介履歴 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「県議会から/仙台市の動き 議論触発/35人以下学級拡充」(『河北新報』平成30年3月10日朝刊)

2018年03月10日 23:59

3月10日、河北新報朝刊に、
この議会で私が取り上げた一般質問についての記事が
書かれていますので紹介します。

今回の一般質問で私は、
少人数学級制を推進することで生まれる
問題点についても指摘したのですが、
その点については記事で触れられていませんでした。

共産党・民進党の方々と比べれば、
私の考え方は「村井知事に近い考え」になるのかもしれませんが、

むしろ村井知事よりも少人数学級について私は懐疑的です。


小中学生の保護者の方々、
また教育関係者の方々には、
この新聞記事に加えて、

ぜひ私の質問の内容全文を読んでいただき、
賛成意見反対意見等、ご意見いただければありがたいです。




【渡辺勝幸一般質問】大綱1前半
少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について(H30.2.27)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2452.html

【渡辺勝幸一般質問】大綱1後半
少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について(H30.2.28)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2453.html

【渡辺勝幸一般質問】答弁要旨
ー第363回宮城県議会(平成30年2月定例会)(H30.3.3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2456.html


録画映像(オンデマンド)
平成30年2月定例会 2月27日 本会議 一般質問(1日目)
自由民主党・県民会議  渡辺 勝幸 議員
1 少人数学級制をはじめとする教育現場の課題について
2 安全・安心のまちづくりについて
3 生活に困難を抱えた方への取り組みについて
⇒ http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/?tpl=play_vod&inquiry_id=493
kahoku300310 IMG_2379

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

「県議会から/仙台市の動き 議論触発/35人以下学級拡充」
(『河北新報』平成30年3月10日朝刊)

郡和子仙台市長が拡充方針を打ち出した35人以下の学級編成を巡り、
県議会2月定例会でも議論が白熱している。
拡大に慎重な立場を崩していない村井嘉浩知事に対し、
与野党から意見が飛び交う。
一般質問で仙台市の姿勢に同調を求めたのは、
昨夏の郡市政誕生を後押しした共産党。
党県議団の大内真理氏は「県にできないはずがない」と迫った。

村井知事は
「一律にクラスの人数を減らせば、課題が解決するわけではない。
 必要に応じ、人材を配置する臨機応変の対応が重要だ」
と反論した。

県教委は小中学校を全て35人以下の学級にした場合、
負担額は年間約16億円との試算を示した。
みやぎ県民の声の高橋啓氏は「教育税の創設を」との持論を提案したが、
村井知事は「お金の問題ではない。哲学の違い」とかわした。

村井知事に近い考えを披歴したのは、
自民党・県民会議の渡辺勝幸氏。
「限られる財源で少人数学級の施策を進めても、教員の確保は難しい」
と指摘。
課題を抱えた子供の対応に重点を置くよう求めた。

35人以下学級について、県教委は国の手当てがある小学1、2年生に加え、
中学1年で導入した。
仙台市は新年度から順次、中学2、3年に広げる方針。
2月定例会で一般質問に立った17人中10人が教育を取り上げており、
郡市政の動きに論戦が触発された形だ。

改善の兆しが見えない学力の低迷、
高水準で推移する不登校の児童・生徒数など
県の教育行政には不名誉なデータがつきまとう。
県と市が互いに刺激し合いながら、
教育力向上のヒントを探る好機にしたい。

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
 

「新県議に当選証書/『身の引き締まる思い』」(平成27年10月28日読売新聞宮城朝刊)

2015年10月28日 12:02

 県選管は27日、県内8か所で県議選(定数59)の当選証書付与式を行った。新議員の任期は11月13日から4年間。
 
 仙台市青葉区の仙台北地方支局では、宮城野、若林、泉の3選挙区で当選した議員ら12人が証書を受け取り、健闘をたたえ合って握手を交わしたり、名刺を持ってあいさつに回ったりしていた。若林選挙区(定数3)でトップ当選した自民・新人の渡辺勝幸氏(40)は「大きな期待をいただき、身が引き締まる思いだ。強い経済づくりに貢献したい」と、気持ちを新たにしていた。

151028 「新県議に当選証書/「身が引き締まる思い」」(平成27年10月28日読売新聞宮城版朝刊)

<宮城県議選>復興担う新顔(『河北新報』平成27年10月26日)

2015年10月27日 18:28

<宮城県議選>復興担う新顔(『河北新報』平成27年10月26日)


◎泉/鎌田さん万感再出発

 自民が公認3人を擁立した泉選挙区(定数5)。民主推薦の無所属新人鎌田さゆりさん(50)が上位で初当選した。「やったね、さゆりさん」。早々に当確の報が伝わった市名坂の事務所は大歓声に包まれた。
 「県政から再出発」を胸に8月末に立候補を表明。仙台市議、衆院議員時代以来の支持者回りに奔走、党市議や労組も支えた。
 告示後は抜群の知名度を生かし、選挙カーでくまなく回った。安全保障関連法廃止を掲げ、自公政権に批判的な泉区の無党派層を引き付けた。民主は枝野幸男幹事長ら幹部が選挙区入りし、公認並みの支援態勢で支えた。
 鎌田さんは「これまでの自分の全ての経験を生かし、みなさんにご恩返ししたい」と抱負を述べた。

◎多賀城・七ヶ浜/「保守票争い」深谷さん制す

 保守票の激しい奪い合いとなった多賀城・七ケ浜選挙区(定数2)では、無所属新人の深谷晃祐さん(35)が初当選を果たした。
 「やったぞ」。当選の報に、多賀城市下馬の事務所は喜びが爆発した。支持者に迎えられた深谷さんは「子育ては家庭、地域から。熊本県に続く家庭教育支援条例の制定を目指す」と力強く語った。
 市議を2期務め、自民の2現職に挑んだ。個人演説会では村井嘉浩知事が応援に駆けつけたほか、若手経済人や一部自民系議員の支持を取り付け、現職の一角を崩した。

◎若林/渡辺さん苦節4年

 若林選挙区(定数3)では、前回(2011年)は落選に泣いた自民新人渡辺勝幸さん(40)が初当選を果たし、上飯田の事務所は喜びに沸いた。渡辺さんは「皆さんの力が自分を押し上げてくれた」と感極まった様子で語った。
 落選直後から朝の街頭活動を重ねてきた。「つらい時もあったが、参院議員秘書時代は知らなかった街の人々の生活に触れ、暮らしに根差した政治を目指すようになった。4年間は決して無駄ではなかった」と振り返る。支持者に「この地域の発展のために力を尽くす」と誓った。


◎青葉/遠藤伸さんがっちり

 青葉選挙区(定数7)では最年少の公明新人遠藤伸幸さん(38)が初陣を制し喜びを爆発させた。「無名の新人だったが、皆さんの真心で当選できた」と支持者と固い握手を交わした。
 公明新聞記者の大先輩に当たる党県本部代表石橋信勝氏が6期で引退し、後継指名された。選挙戦では救急医療の課題を指摘し、来年導入されるドクターヘリ活用策を提案。石橋氏譲りの演説術も身に付け、知名度不足をはね返し党支持層の心をつかんだ。
 遠藤さんは「命を守る政治を実現させる。死に物狂いで頑張る」と誓った。

◎太白/岸田さん滑り込み

 太白選挙区(定数5)では、社民現職の岸田清実さん(60)が滑り込み、自らの5選を果たすとともに党唯一の議席を死守した。
 仙台市太白区長町の事務所で、岸田さんは「最後まで厳しかった。皆さんの支えで何とか踏ん張ることができた」と涙ぐんだ。
 最終盤まで当落線上の争いが続いた。23ある個人後援会が活発に動き、地盤の八本松や郡山で強みを発揮。党県連幹事長としての面目を保った。
 岸田さんは「県が進める震災復興はハード中心。住民に寄り添った復興に転換させる」と意気込んだ。

◎大崎/佐々木さんが乱戦抜け出す

 大崎(定数4)では自民新人の佐々木賢司さん(45)が初陣を飾った。大崎市三本木の事務所で「みなさんと一緒に勝ち取った勝利だ」と目を潤ませた。
 4期務め引退する自民・佐々木征治氏の地盤を引き継いだ。「旧志田郡の代表」を掲げて選挙戦に臨んだが、国政野党の他陣営が仕掛ける安全保障関連法や大筋合意した環太平洋連携協定(TPP)への批判で苦戦を強いられた。
 現職2人に新人4人がひしめく選挙区を制した佐々木さんは「旧志田郡に住む人たちの幸せを第一に考えていく」と決意を語った。

◎宮城野/石川さん頂点

 宮城野選挙区(定数4)では、自民党県連幹事長として臨んだ現職の石川光次郎さん(48)が初のトップ当選をつかんだ。災害公営住宅を望む燕沢東の事務所で、支持者らと喜びを分かち合った。
 「復興の加速が第一」と一貫して訴え続けた。沿岸被災地などを中心に小まめに個人演説会を重ね、被災者の声にじっくりと耳を傾けてきた。
 「村井嘉浩知事が掲げる『創造的復興』を推進する。県民が笑顔で、豊かさを実感できる古里宮城をつくりたい」と4期目の抱負を力強く語った。

◎太白/藤原さん盤石6度目の笑顔

 太白選挙区(定数5)では、民主現職の藤原範典さん(68)が安定した戦いぶりで6選を果たした。「地域の皆さんのおかげで再び県政の場で仕事ができる」と満面の笑みを浮かべた。
 地盤の鈎取や西の平を丁寧に歩き、票を固めた。選挙戦終盤の個人演説会には地盤が重なる保守系仙台市議も応援に駆け付け、顔の広さをアピール。支持労組もフル回転した。
 告示前の地域のあいさつ回りで痛めたという脚を引きずりながら、9日間を乗り切った。「村井県政を厳しくチェックしていく」と抱負を語った。



<宮城県議選>復興担う新顔(『河北新報』平成27年10月26日)

「<宮城県議選>16選挙区の終盤情勢を追う(上)」(平成27年10月22日『河北新報』朝刊)

2015年10月22日 21:45

◎若林/上位3人が横一戦

 自民新人の渡辺、共産新人の福島、自民現職の細川が横一線で競り合い、民主新人の千葉が懸命に追い上げる。

 前回落選の渡辺は地元の六郷を固める。5期で退いた自民の千葉達の後継としても、支持拡大を図る。
 前回31票差で次点だった福島は反自民を前面に、6期で引退した社民の本多祐一朗の支持層取り込みも狙う。
 前回トップ当選の細川は党への逆風に危機感を強めながら、地元の七郷の引き締めを図る。
 千葉は労組の支援を受けながら、非自民票や女性票の獲得に力を入れる。

 【若 林】(3―4)
渡辺 勝幸40元参議員秘書 自新   (公推)
細川 雄一48元衆議員秘書 自現(2)(公推)
千葉阿佐子53政党役員   民新 
福島 一恵54元仙台市議  共新 

⇒ http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201510/20151022_11029.html

東北放送「Nスタみやぎ」(平成27年10月21日午後6時15分から放映)宮城県議選若林選挙区特集

2015年10月22日 12:46

特集:宮城県議会選挙(若林区)

定数3の若林選挙区には渡邊勝幸候補<自・新>(40)、細川雄一候補<自・現>(48)、千葉阿佐子<民・新>(53)、福島一恵<共・新>(54)の4人が立候補しています。
若林区は自民党と社民党のベテラン議員2人が引退し、今回は自民の現職と自民、民主、共産の新人3人が出馬し、政党間の対決の色を帯びている選挙区です。

各候補者が一番訴えたいこととは。

(横山記者)
復旧工事が進む、若林区です。
東日本大震災で甚大な被害を受けた若林区。
いま、街が大きく変わろうとしています。
選挙区の若林区は仙台市の南東部に位置し、有権者は1万8千人です。
若林区では仙台市地下鉄東西線の開業にと伴い、地下鉄の東の起点となる荒井駅が造られました。
この荒井駅周辺での成る商業施設などからなる開発計画や災害公営住宅の建設など新しい町作りが進められています。
その一方で震災で未だに仮設住宅で暮らす人もいるなど復興は道半ばなのが現状です。

(渡邊勝幸氏)
「10年後20年後の宮城県政を見据えた政策作りに取り組んでまいりたいと強く決意を致しております。」
前回の県議選で出馬し、涙を呑んだ渡邊さん、今回、自民党の公認候補となり、一番に地方創生政策を訴えています。
「宮城県内に強い経済を作るということです。これから復興が一段落して、この宮城県の経済をどのように発展させていくか、「地方創生」含めて経済をどのように強くしていくか、そのことにぜひ力を入れていきたいと思っております」
渡邊さんは地域経済を支える中小企業などの経営支援体制の強化を訴えています。


(細川雄一氏)
「発展させていく創造的な復興、この5年で行っていかなければなりません」
自民党現職の細川さんは2007年に県議として初当選。
3期連続当選を目指す細川さん、一番訴えたいことに「復興」を挙げました。
「やはり東日本大震災に遭った宮城県なので震災復興計画5年経過しました、更なる5年をどのような宮城を作っていくのか議会としてもしっかりチェックしながら、良いものは良い、ダメなものはダメとしっかり言えるような立場で頑張りたいと思います」
この他、細川さんは農業分野で農業法人など経営の大規模化による競争力アップを訴えています。

(千葉阿佐子氏)
「地域全体で支える介護の姿勢、仕組み作りがどうしても必要です」
民主党新人の千葉さんは、親の遠距離介護の経験から、社会の仕組みを変えたいと、出身の仙台での県議選初挑戦を決意しました。
「仕事をしていて介護、子育ての負担というのは、やはり女性にかかりやすいのです。もっと行政からのサポート、もしくは地域全体のサポートによって女性の活躍するステージが広がる。そういった社会を目指したいと思います」
また千葉さんは、子育てに安心できるよう全国最低レベルにある県の子供医療費の助成を引き上げたいとしています。

(福島一恵氏)
「安倍政治はもうやめさせてほしい、戦争は絶対にダメ、そんな声がたくさん広がっております」
前回の県議選、次点で敗れ、捲土重来を期す共産党新人の福島さん、現在の村井県政からの転換を一番に訴えています。
「県民のためにもっと暮らし、福祉、被災者本位の復興のために、県の持っているお金を使ってほしいということです。県民のために役立とうとする、そういう心が、気持ちが県に足りない、今の県議会に足りないなと思っています。」
福島さんは被災者の医療・介護費の免除延長と復活などを訴えます。

ところで、先月成立した安保関連法案について県議選若林選挙区で争点化しているのが民主・共産の候補者です。
これについて4人の考えは・・・

(渡邊勝幸氏)
「北朝鮮がミサイルを向けている、あるいは中国の領海侵犯が多いとか、そういったことも考えるとやはり安全保障、しっかりとみていかなければならない」


(細川雄一氏)
「国で決めたことですので、やはりこの選挙は本当に被災を受けた宮城県として果たしてそれが争点でいいのかといった思いはあります」

(千葉阿佐子氏)
「強行採決であり、議論の持っていき方、非常に私自身憤っていますし、民主党の考え方の通り安保法制NOと」

(福島一恵氏)
「日本の選挙がかかっている大事な選挙だと思っています。戦争法廃止できる第一歩の戦いになると思っていますので、全力で皆さんへのご支持を訴えています」

(横山記者)
政党対決の様相を呈している若林選挙区ですが、候補者の訴えのなにに重きを置くのか?有権者の動向に注目が集まります。


――――――――――――――――――――――――――――――
テレビニュースの文字起こしを小野寺一貴さんにご協力いただきました。
ありがとうございました!




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx