Category[ 渡辺勝幸の講演情報・講演実績 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

【講演報告】元気のいい中小建設業経営者が実践している3つの手法

2015年07月24日 18:00

昨日7月23日、
ホテル松島大観荘において、

東北の板金業の経営者の皆様の集まりである、
東北協和交友会の会合にお招きをいただき講演をする機会をいただきました。


「元気のいい中小建設業経営者が実践している3つの手法」

というテーマで、お話しをさせていただきました。


つくる仙台の支援事例から、
電気工事業から家事代行支援サービス業への新規事業展開などなど、

新分野進出のきっかけ、
新分野進出の成果などについて。

また補助金獲得のための、
毎年6月に打ち出される、
政府方針。

またものづくり補助金の展開事例など。


またさらに、異業種の専門工事業数社が共同受注へグループ化するなど。
新たな取り組みの評価事例を紹介しました。

インターネット集客事業だけでなく、
様々なホームページにおける修正内容などを
学びました。

一つの手法が、
ホームページへの見込み客誘導であり、
そのお話もしました。


また、国土交通省がつかんでいる情報をもとに、
優れた事例というものも紹介しました。




いずれにしても、
貴重な機会を賜り、

また多くの経営者の皆様の前で、
話をするという貴重な経験をさせていただき、 
ありがたいかぎりです。

ぜひ今後ともまた多くのお話をさせていただく、
またそんな貴重な経験がつめればいいなと思っております。




⇒ 渡辺勝幸の講演(講演.com)

【講演報告】最近の渡辺の講演活動について

2015年06月25日 18:00

今年も4月から、
東北大学大学院で情報技術経営論の講義をしています。


毎週何かしら講義をするというのも大変です。

例によって、朝から声を出しているので、
講義も加えるとのどが痛くなるときもあります。


夏以降は創業スクールもありますので、
また起業をテーマにお話をする機会が増えますし、

秋の戦いに向けて、
若林区内の街頭では日々、
短いスピーチをしております(笑)。



それに加えて、
最近は様々な形で講演をご依頼いただくことがあります。


東北地方の建設業関係の社長さんの勉強会
安全大会の講演
倫理法人会モーニングセミナーでの講話


をはじめ、
さまざまなセミナーなどの講師として

起業について、補助金について話してほしい
と頼まれることもあります。



来月は東北地方の板金業界の社長さんたちの会合に呼ばれ、

今後の政策動向、経済見通しから
業界の課題の解決策、
また補助金メニューや先進事例など

をお話しする予定です。

八月も一件ご依頼をいただいています。


いずれにしても、
お話を聞いていただけるだけでもありがたいですし、
新たな出会いもあったり、
情報交換の場も生まれたり、

講演をするということは大変楽しいものです。


機会が合えば、
全国どこにでも飛びますので、
ご連絡いただければ幸いです。




落選は幸福の門─仙台宮城野倫理法人会で講演をしました

2015年03月07日 18:00

平成27年3月6日、
仙台宮城野倫理法人会で講話をする機会をいただき、

「落選は幸福の門」

と題して、

この5年間に経験した、失業、震災、落選の経験、
そしてそこから学んだことなどについてお話ししました。


起業家にとって失敗はつきものであり、
むしろイノベーションに失敗は不可欠です。

さらに、いま日本の教育に欠けている、

「社会的課題に積極的な関心を持つこと」
「自己肯定感」

についてもお話ししました。



自分の反省として、
生活の不自然さから生み出された苦難、

落選後の経験などもお話ししましたし、
早朝街頭活動で経験したたくさんのエピソードについてもお話ししました。


失敗が続くと、
「失敗」そのものに関心を持つようになるもので、
歴史を振り返ると、

大きな事業を成し遂げている人物は、
とてつもない失敗を何度もし、
それを乗り越えていることがわかります。


前向きにとらえると、
達成できるレベルよりも少し高めの目標設定をしている
ともいえますね。




そして、イノベーションの原動力についてもお話ししました。

OECDによるPISA(学習到達度調査)から分かる15歳児の学力をみると、
最新(2012年)の日本の結果は、3項目の平均点で過去最高、
OECD加盟34か国では

読解力1位、
科学的リテラシー1位、
数学的リテラシー2位

と世界トップレベルの学力をもっていることがわかります。


しかし一方で他の調査によれば、

日本の高校生は、

「自分の参加により、変えてほしい社会現象が少し変えられるかもしれない」

と考える割合が、
韓国・中国・米国と比較してなんと半分の約3割


また、日本の子どもは

「ネガティブに自己評価する割合が24か国中最も高い」

であるとか、

「いじめに対する傍観者が日本では一貫して増加している」(英、蘭との比較)

などの調査もあるのだそうです。



すなわち、「勉強はできる」ものの、
自信がなく、社会的な課題に対して積極的な関心を持っていない


これが日本の子供たち。


そうであるならば、
自己肯定感、
そして目的意識といったテーマを

しっかりと教育の場に
取り入れていかなければならない
と私は思っています。


失敗や苦難は、
幸せのスタート地点だということ、

自信を持ち、世の中を変えていこうという思いを、
次の世代に伝えていかなければならない


そんなお話をしました。


【講演報告】逆境こそチャンス、東北こそチャンス─東北六県の建設関連経営者の方向けに講演をしました

2013年11月10日 18:00

11月8日、
岩手県花巻市におきまして、
東北六県の建設関連の経営者中心の研修会で、

「東北こそチャンス」

という内容で講演をする機会をいただきました。

東北各地から約70名の方に聞いていただき、
終了後にたくさんの方から一様に「元気が出た」と言っていただき、
大変うれしく感じました。


終了後懇親会等で同世代の経営者だけでなく、
ベテラン経営者の方とお話をする機会もいただきました。

その方も、数々の逆境を乗り越え、
いまも頑張っていらっしゃるとのことで、
私自身も多くの学びをいただくことができました。

そして私の話を聞いて、

「東北でよかったなあと思いました」

と言ってくださり、これまた大変うれしく思いました。


また別の方からは、

「あなたは、昔だったら憂国の志士といわれたんだろうね」

との言葉もいただきました。

こういわれることは、
林塾で塾士として活動している一人として、
今までの活動が認められたようで
これまたうれしいものでした。



花巻の美しい紅葉のもとで、
私もまた元気をいただき、ご縁をいただきました。

ありがとうございました。


──────────────────────────────
【講演メモここから】


ポイント
 公益経済とは、共通価値とは?
 東北こそが、日本再生の重要な土地となる
 逆境こそチャンス
 東アジアの国際情勢を見ると東北は重要拠点
 東北に日本の原点が残っている


【公益経済とは、共通価値とは?】

公益経済=行き過ぎた資本主義を是正し、世の中がよりよくなるような経済活動を進める。
共通価値=社会的価値と経済的価値を同時に実現する=よのなかのためになることをして、その結果としてお金もうけにもなるようにしましょう


江戸商人の家訓(本来日本人は公益経済を考えた商売をしていた)

石田梅岩の記述
「二重の利を取り、甘き毒を喰ひ、自死するやうなこと多かるべし」
「実の商人は、先も立、我も立つことを思うなり」

三井家家訓(宗竺遺書)
「多くをむさぼると紛糾のもととなる」
「不心得の一族は協議し、処分せよ」

住友家家訓
「職務に由り自己の利益を図るべからず」
「名誉を害し、信用を傷つくるの挙動あるべからず」
「廉恥を重んじ、貪汚(どんお)の所為あるべからず」
「我営業は信用を重じ、確実を旨とし、以て一家の鞏固隆盛を期す」

近江商人の家訓
「三方(売り手・買い手・世間)よし」



【東北こそが、日本再生の重要な土地となる】

東北6県で900万人の人口、スイス、ベルギー、スウェーデン、台湾と同じ経済規模。

超大型加速器「国際リニアコライダー(ILC)」を北上山地に誘致できるか

自然とともにある東北

カロリーベースの食料自給率、全国が39%、東北は101%。

自動車産業の集積が進行⇒製造業GDPの全国比10%のシェア確保を(東経連)



【逆境こそチャンス】

起業は逆境の時代に多く起こる

困難な時期には、イノベーションや起業が促進される

新規事業が立ち上げられた比率は、2009年の不況の最中の方が、
それ以前の14年間(1999~2000年のITブームを含む)よりも高かった

ダウ工業株を構成する30社の多くは不況期に創業した起業


現在は時代の転換期、乱世が訪れる

吉田松陰「講孟箚記」⇒逆境の人になれ

「乱世に生きる我々は、逆境を前提とした志を持つべき」
「艱難困苦」
「思いの大きさが器を決める」


昭和時代の私の履歴書
 成功者の3つの要素

 早川徳次(シャープ創業者)の逆境人生

 幼少期に不遇、錺職人に奉公。
 独立し、シャープペンシルなどで売上を伸ばし事業を大きくするものの、
 関東大震災で財産の一切を失い、妻も子供も失う。
 会社をたたみ、大阪でゼロからはじめ、ラジオ生産。
 家電製品のシャープ。世界のシャープに。



【東アジアの国際情勢を見ると東北は重要拠点】

トロイツァ港(東アジアでは珍しい三角地帯中国国境から15キロ)
 中国は海への突破口を模索

高速鉄道の建設を進める中国とロシア
 ウラジオストック(ロシア)、ザルビノ(ロシア)、羅津(北朝鮮)⇒対岸が「東北」

サハリンはロシアで最大のエネルギー供給基地になっている

北極海航路の出現



【東北に日本の原点が残っている】

和の国日本を再生したい
 チーム力、おもてなし、徳を大事にしてきた
 東北には色濃く残る和の精神

地域コミュニティの自立を支援する中間支援組織の再生がこれからの日本に必要
 小さい政府と、それを補う力をつくる

東北人はおとなしい、無口⇒使命感をえられればすさまじい行動力

震災から始まる新しい時代は東北人に天命を与えた
 竜飛崎から磐梯山までわがふるさと【東北楽天】

武士道精神=会津藩の白虎隊、新渡戸稲造(南部藩)
武士道=「葉隠」

武士道と云ふは、死ぬ事と見付けたり。
二つ二つの場にて、早く死ぬ方に片付くばかりなり。
別に仔細なし。
胸すわつて進むなり。
図に当らぬは犬死などといふ事は、上方風の打ち上りたる武道なるべし。


生きるか死ぬかの分かれ目にあっては、死ぬ方を選べ。
すなわち命がけになれる方を選べ。
別に説明なんていらない。
腹を据えてすすめ。
挑戦せず成功しないで生きるのは腰抜け。
失敗して死ぬならば、犬死であるが、恥にはならない。
一生、本気を貫け。


私自身も失業、震災、落選と逆境の最中であるが、
志を持ち、東北こそチャンスとの気概を持って、
新しい日本を、新しい世界をつくっていきたい


【講演メモここまで】
──────────────────────────────

【講演報告】日本女子大学「大学生のキャリアに関する研究会」で講演をしました。

2013年10月02日 18:00

9月30日、日本女子大学(東京都文京区)で、

「大学生のキャリアに関する研究会」、
4年生向けに「これから社会に出る女子学生たちへ」、
3年生向けに「これから就活をする女子学生たちへ」という内容で講演をしてまいりました。

真面目にみなさんに聞いていただき、
また熱心にメモを取って下さる方もいていい機会をいただきました。

ありがとうございました。


「これから社会に出る女子学生たちへ」

というテーマでお話しするというのは、
なかなかむずかしいことだなと思いながら、

私の現在の起業支援の活動やメルマガの内容などを題材に、

「美しく生きる」

ということはどういうことか?

というちょっと哲学的なテーマを、
わかりやすく、具体的な人物を取り上げたり、
動画を取り入れたりしながらお話してみました。


「志を持つこと」
「失敗を乗り越えていくこと」
「誰かのために力を尽くすこと」



そんな生き方は美しいのではないかと思っているところです。


「これから就活をする女子学生たちへ」
というテーマでは一転して具体的に、

就活で何をやればいいかわからないという時期の学生さんたちでしたので、
蓄積のある「就活キュッカ」の手法を紹介し、


現状分析
客観視
業界研究
しあわせ論



についてお話ししました。

実際に現状分析では「オレ線グラフ」をみんなで分析してもらったりもしました。


女子の学生の方が真面目に取り組むと
最近よく言われていますが、

みなさん熱心にお話を聞いて下さり、
レスポンスも確かなものでした。

一生懸命メモを取っていただいたので、

ぜひ私のお話で気づいたことがあれば、
実践し、行動をしていただければさらにうれしいですね。


また来月も講演の機会をいただきました。
今度は経営者のみなさんがたくさんであるようですので、
またしっかり準備をしていきたいと思います。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx