Category[ 渡辺勝幸の活動報告 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

韓国済州島で「宮城オルレ協定締結調印式」に出席しました

2017年11月21日 23:59

本日11月21日、
大韓民国の済州特別自治道において、

「宮城オルレ協定締結調印式」

が行われました。

村井知事はじめ
気仙沼、東松島、大崎の三市長、
十名の宮城県議会議員、
寺澤在済州日本国総領事、
梁桂和駐仙台韓国総領事、

そして社団法人済州オルレの徐明淑(ソミョンスク)理事長など、
現地マスコミ、仙台のマスコミ関係者含め多くの方々が見守る中、

「宮城オルレ」の使用承諾、
運営に関する相互協力などを内容とする協定が結ばれました。


この「宮城オルレ」ですが、
大韓民国・済州特別自治道から始まった
歩くプロセスそのものを楽しむ「オルレ」を宮城県で実施するため、

オルレ認定機関である社団法人済州オルレに
計画申請していたところ
概ね合意に至ったため、

本県と社団法人済州オルレとの間で協定が締結されました。

なお、宮城オルレは、九州オルレ、モンゴルオルレに続き、
世界で3番目の認定となります。


昨年7月に宮城県議会の経済商工観光委員会で、
九州を視察した際に、
九州観光推進機構が取り組んでいる、
「九州オルレ(別府コース)の取り組みについて」のヒアリングをしました。

宮城県議会の日韓議連の議員を中心に、
その後調査を重ね、
県観光課なども積極的に取り組み、
今回締結に至ったものでした。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【オルレ概要】

「オルレ」は、
韓国・済州島の魅力を広めるために
社団法人済州オルレが2007年に始めたもので、
済州島の方言で「通りから家に通じる狭い路地」という意味。

オルレの魅力は、自然を五感で感じ、
自分のペースでゆっくりとコースを楽しむところにある。

済州オルレの年間訪問者は約200万人。
オルレの取組により韓国国内客・国外客が大きく増加し、
地域経済が活性化している。

日本では、2012年2月、
九州観光推進機構により九州全域を対象として取組が開始されており、
九州オルレの2012年3月から2016年3月までの
オルレ訪問者数は223,620人(うち韓国人141,500人,うち日本人82,120人)。

地域経済への波及効果が高く評価されている。

(宮城県観光課)
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


調印後、気仙沼、東松島、大崎の三市長から、
それぞれの地域のオルレコース提案があり、

美しい四季折々の姿や、
青い海と山々の緑、紅葉、
そして食材などが提案されていました。


韓国、特にチェジュの方々は、
日本酒が大好きで、
しかも温泉への関心が高いとのことです。


寺澤総領事からは、
チェジュの方々から震災時に多くの義援金があったこと、
そしてそのあと東北の日本酒をできるだけ領事館に置いて、
東北が少しずつ復興しているということを伝えてきたとのご挨拶がありました。


東北の酒が世界で役割を果たしているのだと感じました。


済州島は人口約60万人の大きな島で、
韓国の中でも「済州特別自治道」という特殊な位置づけにある自治体です。

政治的には歴史的なものがそうさせているそうですが、
政権とは距離を置いているようです。


また韓国国内では「韓国のハワイ」とも呼ばれ、
この気候を利用して、
韓国で唯一のミカンの産地となっています。

日本の品種がほとんどとのことで、
食べてみてとてもおいしいものでした。



また現地の方々と話をしてみて、
日韓関係が厳しく、なかなか未来がみえないなかではありますが、
日本で報道されている韓国像とちがう若い世代も増えてきているのかな
という印象もありました。


日韓関係の課題となっている慰安婦問題などは、
いつまでも昔のことをほじくり返して未来が見えなくなると、
韓国政府に対する批判をしている方もいましたね。

現在の北朝鮮が日本に対して大変厳しい姿勢を示し、
韓国も中国も日本外交としては厳しい状況にありますが、

アジア情勢や朝鮮半島が日本の地政学的重要地域であることを考えると、
こうした地域にいかにして「親日派」をつくっていくか、
これもまた重要なテーマではないかと感じているところです。

まあいまの外交情勢からして、
すべて親日派になるということは
そう簡単ではないかもしれませんが、

地方と地方が交流をすることによって、
国と国ではつくれないものをつくる。

そして日本の素晴らしい風土や食材、
文化を感じ取って持ち帰っていただき、
日本のファンが増えるとよいなと思います。


九州に比べると、
宮城県をはじめ東北はインバウンドが遅れていますし、
外国人観光客はまだまだ少ないわけですが、

宮城県をはじめとする東北には、
日本の原点を感じることのできる素晴らしい自然や文化、
食材がたくさんあります。


様々な仕掛けを宮城発でつくっていくことによって、
インバウンド、アウトバウンドといった観光交流、

そしてゆくゆくは震災で失われてしまった
宮城県の県産品の販路拡大につながっていくよう、
今後とも動いていきたいと思っています。



今回の韓国訪問中は、
先週からの疲れか風邪気味でなかなか厳しい動きでしたが、
得るものは大きかったように思います。

どの国も素晴らしいものを持っているなあと毎回感じますが、
外国に行けば行くほど、やはり日本が一番いい国だなあとも感じます。

和食の素晴らしさも、
あらためて感じるところです。

食は重要ですね。





渡辺勝幸予算特別委員会質疑─予算特別委員会平成30年度予算調製方針

2017年11月17日 23:59

昨日11月16日、
宮城県議会予算特別委員会において、
渡辺勝幸は質疑に立ちましたので、

その質問内容等についてお伝えしたいと思います。




───────────────────────────

【渡辺勝幸質疑要旨】


1 平成30年度当初予算重点項目について

平成30年度は震災復興計画の発展期へ移行するが、
重点を置く施策について、
当初予算編成に当たっての知事の思いと併せてどうか。

2 平成30年度の歳入について

(1)平成33年度以降も続く復興対応について、
  国による財政支援の継続を含む財源が見えないことは、
  財政運営上の懸念材料である。
  この点を意識しながら、平成30年度の歳入見通しについて、
  現時点での認識はどうか。

(2)平成28年度の税収は、
  国税や東北各県の県税収入が減少傾向にある中、
  我が県では対前年度比で増加した。
  一方、平成30年度当初予算フレームでは、
  平成29年度当初予算と比べて
  県税収入を200億円以上少なく見積もっているが、
  この見通しの根拠についてどうか。

3 みやぎ発展税の成果について

(1)平成30年度の税収見込額はどうか。

(2)現行の第2期における5年間の税収推移はどうか。

(3)産業振興分野における活用事業の成果と平成30年度の取組についてどうか。

(4)震災対策分野における活用事業の成果と平成30年度の取組についてどうか。

(5)産業振興の取組により企業進出が促進され、
  各市町村の固定資産税の増収につながっていると思われる。
  平成30年度の固定資産税の増収効果について、見込みはどうか。

4 地方消費税の清算基準、税制改正について

(1)地方消費税の配分について、
  国では老年・年少人口比率に改める議論がなされており、
  我が県にも影響が及ぶことが想定される。
  地方消費税の清算基準について、現時点の見解はどうか。

(2)地方財政計画に関し、
  国の財政制度等審議会では、
  国庫補助事業の不用に係る地方負担分について
  決算を踏まえた精算が行われておらず、
  是正が必要との指摘があった。
  これに対する見解について、
  我が県の当該地方負担分の規模と併せてどうか。

5 「安心していきいきと暮らせる宮城の実現」について

(1)2020年東京パラリンピック大会に向け、
  我が県の障害者スポーツ振興の機運を醸成し、
  障害者スポーツ支援政策に的確に予算措置すべきだが、
  平成30年度の取組についてどうか。

(2)我が県の子どもたちの体力・運動能力は全国平均と乖離が見られ、
  施策評価も「やや遅れている」とされ、厳しい状況だ。
  一生を健やかに、安心して生き生きと暮らすためには、
  幼少時からの体力向上が重要と考えるが、
  平成30年度の取組と併せて見解はどうか。

(3)1歳6か月児及び3歳児の調査では、
  我が県の1人平均むし歯数、有病率ともに全国平均を上回っている。
  8020運動においても、
  幼少時からの虫歯対策が重要とされているが、
  平成30年度の取組と併せて見解はどうか。


【一般質問要旨ここまで】
───────────────────────────








質問内容についてのご感想、
ご意見、ご質問などいただければありがたく存じます。

すべてにお返事はできませんが、
今後の活動に役立ててまいります。





「渡辺勝幸 宮城県議会県政活動報告」(ブログ)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-42.html



インターネット中継の動画等はこちらから見ることができます。
⇒ http://www.miyagi-pref.stream.jfit.co.jp/

しげよしおんつぁんを悼むー涌谷町名誉町民旭日小綬章 故大橋荘冶殿町葬に参列しました

2017年11月14日 22:39

本日11月14日、
宮城県涌谷町で行われた、
故大橋荘冶 元涌谷町長の町葬に参列しました。


大橋荘冶さんは、
昭和10年涌谷町に生まれ、
小牛田農林高校を卒業後、
農業に従事し、

昭和47年、36歳で涌谷町議会議員に当選。

涌谷町議を5期務め、議長に就任。
その後涌谷町助役を務めた後、
平成7年、涌谷町長に当選、4期務められました。


私は市川一朗参議院議員の秘書時代、
陳情で上京される大橋町長とともに様々な活動をしましたし、

私の祖母が涌谷出身で、
大橋町長のお母さんと私の祖母が姉妹であるという親戚関係もあり

20代から30代にかけて、
仕事上で大変お世話になった方でした。


私が秘書になりたての頃、
自己紹介したところ、

「たっちゃんの息子か!」

ととても喜んでくださり、
それから様々な機会によくかわいがっていただきました。


あるとき、
宮城県の町長さん方との酒席上で、私が

「大橋町長とは遠い親戚です」

と言ったところ、

「遠くはない、近い親戚だ!」

とおしかりを受けたこともよく覚えています。


陳情シーズンになると、
宮城県内の首長さんたちとともに、

毎日のように、
財務省や国土交通省に通っていたのですが、

大橋町長の陳情は丁寧に細かに説明をするものでした。
首長さんによっては、
陳情書を置いてくるというパターンの方も多かったのですが、

大橋町長は町の位置から特に河川について、
国の役所の偉い方々に時間の許す限り、
丁寧に説明をしていました。

陳情を受ける方は大変だったかと思いますが。



あるとき一緒にいたときに、
大橋町長はこんな話をしました。


「涌谷町は5つの河川に囲まれていて大変だ。
 この河川をどれだけ改修できるかで
 町民の生命と財産の安全が変わってくる。

 だから国の力を借りて、
 河川改修はしっかりとやっていかなければならない。」


と。
市川事務所によくやってきては、
町会議員団とともに、
河川改修の陳情を一緒にしたものでした。


今日の町葬では、
これまた私が大変お世話になった、
田尻町の堀江元町長が弔辞を読まれていましたが、

大橋町長は若いころから、
町長になっても当然のことですが、
町の将来は農業の発展にあると活動をしていたようで、
米以外の作物にも早くから目を向けていたようです。


農業と河川整備。


仙台平野の真ん中で農業に力を入れてきた政治家は、
河川の氾濫がひとたび起きれば、
大変な被害になることを知っていますから、

河川整備に大きな関心を持ち
陳情を熱心にしていたのだと思います。


よく私に万歩計を見せて、

「今日は霞が関を歩き回って一万歩になった!」

と笑顔で自慢されていたことを思い出します。

また、金色の結婚指輪をはめながら、
煙草をふかしていた姿も思い出しますね。



この9月に末期がんが見つかって、
余命いくばくもないと診断されながら、
農作業をやり続け周囲から止められたというお話も、
今日はじめて聞きましたが、
なんとなくわかります。

ものをはっきりという方でしたし、
頑固なところがあったように思い出されますので、
長い政治家人生、敵もいたことでしょう。


町政運営上も様々な危機があったことと思いますが、
しかし多くの方々に信頼されて、
政治家人生を全うされたおんつぁんに、

心からのご冥福をお祈り申し上げ、
次の時代を担う政治家として、
私もその姿勢を受け継いでいきたいと思いながら、
葬儀に参列いたしました。


私が県議選に当選したことも、
とても喜んでくださっていたようで、
うれしいかぎりですが、

もうこの世にいらっしゃらないかと思うと、
何とも言えない気持ちになります。




大橋荘冶さんのご冥福を、
心よりお祈り申し上げます。

県議選に当選して二年、折り返し地点に立ちました

2017年10月25日 22:16

平成27年10月25日に
宮城県議選で当選したときから、
ちょうど今日で二年がたちました。

任期は四年ですので、
ちょうど折り返し地点に立ったことになり、
今日からは後半戦となります。


あっという間の二年、
まだまだ人間でいえば二歳児ですが、

自分で歩くことはできるようになり、
スプーンを使うこともできたり、
クレヨンで絵を描くこともし始めるころですね。


この二年はしっかり仕事をしており、
政治家としての活動範囲も広がり、
会合も増えていますので、
なかなかハードスケジュールな日々です。

すべての会合には参加できず、
また挨拶も、本来ならば丁寧に顔を出すべきところ、
なかなかうかがえないという実情です。

休める時には休みたいものですが、
それもなかなかできないところで、

精神面も含め、
体調管理も大きな課題です。


ここから後半戦は、
次の選挙に向けた戦いにもなりますので、
選挙の弱い私としては、
選挙運動に集中していかなければならないですね。


資金的にも、
昔から政治家は田んぼを売り続けると聞いてはいましたが、
これもまたなかなか大変で、
なぜか最近また借金が増えております(笑)。

不思議なものです。


この二年間はハードな日々でしたが、
議会での活動、一般質問や様々な働きかけで、
少しずつ新しい世の中をつくることが
できているようにも感じます。


任期は後半残り二年となりました。
精一杯活動をすることによって、
4年間を熱く過ごし切り、
次につなげて参りたいと思います。


この二年間お支えいただきました皆様にあらためて感謝し、
今後ともあたたかくお見守りいただきますようお願い申し上げます

世の中をより良くする5つの類型

2017年10月23日 23:37

昨日平成29年10月22日、
宮城県知事選と第48回衆議院議員選挙が行われました。

私の地元若林区は、
衆議院宮城2区になります。
結果は以下の通りです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【宮城県知事選挙】

当選 村井嘉浩(無所属・現) 825,460票
   多々良哲(無所属・新) 184,776票

【衆議院宮城2区】

当選 秋葉賢也 (自民・前) 111,559票
   鎌田さゆり(無所属・元)110,243票

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


この10月は、
選挙運動がメインの日々でしたが、
思い返すといろいろなことがありましたね。

希望の党が立ち上がったかと思えば、
民進党が事実上解党したり、
立憲民主党が生まれたり、
そして希望の党が失速したりと、
目まぐるしい政局でした。


そして選挙戦中も様々な戦いがあり、
論戦も活発でした。


選挙戦を通して私が今回も感じたのは、


「私たちは選挙に主体的に関われば関わるほど、
 世の中をよりよくすることができる」


ということです。

逆にいえば、


「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
 ただ批判をしているだけ、
 ただ論評をしているだけでは何も変わらない」


とも言えます。


だからこその「投票行動」であり、
投票所へ足を運ぶ、
この行為が「世の中をよりよくする第一歩」なんですね。



その次に世の中をよりよくする行為、第二歩は、

「他者に投票行動を促すこと」

だろうと思います。

「●●さんを、●●党を応援してほしい」
とお願いすることは、
最初のうちは気が引けるものですし、
断られたらどうしようとか思うものですが、
ここが二歩目なんだろうと思います。



さらに世の中をよりよくする行為、第三歩目は、

「政治家を育てる」

ということだと思います。

後援会活動に積極的に参加したり、
ボランティアで選挙戦に取り組むことで、
自分自身が得られるものも大きいものですが、

政治家を応援することで、
世の中をよりよくする活動に本格的に参画することになるでしょう



そして次に世の中をよりよくする行為、第四歩目は、
やはり

「選挙に立候補する」

ことだと思います。

ここからのハードルは非常に高いと思いますが、
私はどの党であれ、どの立場であれ、
選挙に出ようと決意をした方を尊敬しています。

主張は異なったとしても、
立候補するという行為は、

「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」

という志がその前提にあるわけですから、
結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思います。

政策論争はもちろんするわけですが。


政治家に不満はあると思います。
政党に対する嫌悪感もある方もいるでしょう。

しかし私は、
政治に対して本氣で不満を抱く人は、
この「立候補」という行為に、
必ずや行きつくはずだと思っています。

「アベ政治を許さない」

でもいいでしょう。

「経済活性化政策をもっとやるべきだ!」

でもいいでしょう。

「自分でなければこの世の中を変えられない!」

と本氣で思えば、
出馬にいたるはずだと思っています。


そこまでではない、
自分にはほかにもっと大切な価値観があるんだ、
それはそれでよいことだと思います。
そのことを否定しているわけではありません。

その場合には、
これぞという政治家を応援したり、
投票所に足を運べばよいのだと思います。


まったく世の中が変わらない、
またはむしろ悪くなっていくのは、

「選挙を(あるいは候補者を)斜めから見て、
 ただ批判をしているだけ、
 ただ論評をしているだけ」


の行為なのだと私は思います。



今回も私の友人たちが、
国政にチャレンジし、
再選しあるいは初当選を果たしています。

また残念なことに素晴らしい同志と思える方も、
苦杯をなめる結果となった選挙区もありました。


私も落選を経験しているので、
そのつらさはご本人にしかわからないものがあるのですが、

それでも立候補するという行為は、

「人生を賭けて世の中をよりよくしたい」

という志がその前提にあるわけですから、
結果の如何を問わず、
素晴らしいことだと思う次第です。


必ずその思いは、
よりよい世の中をつくるパワーとして生かされます。

そして残念な結果にもかかわらず、
今日から次へ向けて動き、
それを継続していった方には、
また新たな力が加わっていくはずと確信しています。



そして最後に、
最も世の中をより良くすることができるのは、

「現職の政治家」

であると私は思っています。


いろいろな人に後ろ指をさされたり、
新聞や週刊誌に悪口を書かれたり、
ネットでも嫌味を言われたり炎上されたりするわけですが、

政治家こそが、
世の中をより良くしていくことができるのです。


私はまだまだ力不足なので、
少しずつ少しずつしか変えていけませんが、
それでも「少しずつ変えている」という実感を持っています。



今日から月曜9時のフジテレビのドラマで、
女性市議会議員を主人公とした物語が始まるそうですが、
ひとりでも多くの方々が、
政治をシニカルに論評するのではなく、
行動してほしいものです。

一票を行使する、
あるいは政治活動をする、
そしてさらには立候補する
という方々がどんどん増えていき、

世の中をより良くしようという政治家が
競い合うようになるとよいなあと思います。



私もこれからさらにさらに頑張って
宮城県をよりよい県にしていきます。



民衆の敵~世の中、おかしくないですか!?~(フジテレビ)
http://www.fujitv.co.jp/minshuunoteki/





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx