Category[ 渡辺勝幸の活動報告 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

政治家の「冷や飯」論

2018年09月23日 22:15

fde6beeac33cb0131628875314cf0a79_s.jpg


自民党総裁選が終わって、
これから国政の動きは内閣改造に向かっていきます。

宮城県議会は議会開会中ですし、
今回私は一般質問に立ちますので、
いまは原稿づくりに集中しているところですが、
新しい県議会関連の人事は11月以降になりますね。


今回の総裁選をめぐって、
「冷や飯」とか「パワハラ」とか議論が喧伝されていますが、

私は政治の世界においては、
栄華を誇るような時期もあれば「冷や飯」の時期もある、
波動力学が働く陰陽の世界が当たり前だと思っていたので、

「負けた陣営に冷や飯を食わせるな」

という主張には違和感があります。


いま自分を思い出すと、
私は失業して落選して5年間は完全に「冷や飯生活」でしたが、

それはそれは大変な苦しい時期でしたし、
ものすごい圧力を受けたことはいまでも鮮やかに覚えています。

いまこうして多くの方々のご支援の結果、
選挙に当選することができ、
いろいろな役職をいただきありがたいことだと思っていますが、

選挙に勝てばこそ、
仕事ができるのであって、

自身が選挙に負けてしまったり、
ともに活動している政治家が負けてしまったら、

「冷や飯生活」になり、
圧力を受けて追い落とされるということは、

政治の世界ではそれこそ日常茶飯事のことですし、
歴史的にもほかの国を見ても、
そしておそらく将来にわたって、

「敗者は冷や飯生活」であると思います。


それぐらい政治の世界はシビアで大変です。
私も本当に大変でしたし、
まだいまでもその余波で大変ですね。


国レベルで見てみても、
わが国も先の大戦で負けたことで、
いまだに冷や飯であると言えなくもありません。



しかしここであらためて自分を振り返ってみると、
冷や飯を食べていたからこそ、
いまの自分があるなと感じます。

そこで自分の志が試されますし、
また苦しくても助けてくれた人が誰かを思い出せますし、そう考えると

「冷や飯はそうなってしまったらよろこんで食べるべきもの」

とも言えるなあと思います。


長い間冷や飯を食わされて、
そこで志が潰える場合もありますが、
冷や飯を食わせられたらその人に感謝するぐらいになることも大事ですね。

なかなかそうはいかないのが人間ですが、
政治家はそうありたいものです。


いずれにしても、
政治的闘争をしながら、

「冷や飯は食わせるな」

という主張をするのは、
私には違和感があるということです。


冷や飯をありがたくいただくのが
政治家の姿勢としてあるべきでしょうし、

冷や飯をありがたくいただいて力を蓄えていれば、
必ずや天地が入れ替わるときがくる、
これが政治の世界の波動力学だなと思わずにはいられません。


国内、国外を問わず、
政治の世界は厳しいのです。

その厳しいなかで国民、県民を守っていくのが政治家の務めですね。




モンゴルオルレ観光政策調査に行ってまいりました-宮城オルレは10月スタート

2018年09月13日 18:01

41694383_2331387600221786_777311766869704704_n.jpg



平成30年9月10日から13日にかけて、
2泊4日の弾丸出張ということで、
宮城県議5名と宮城県観光課の職員の方とで、
モンゴル国に出張してまいりました。

なかなかハードスケジュールで体も悲鳴を上げているところですが
成果は非常にあったように感じます。



宮城県は平成30年3月、
「第4期みやぎ観光戦略プラン」を策定しました。
いま、宮城県、そして東北の経済は
観光産業が力強くけん引をし始めているところです。


特に沿岸被災地では、
観光客の数が震災前になかなか戻らず、
宮城県としても重点的に取り組んでいかなければなりません。



こうしたなかで、新たな取り組みとして、
今年10月7、8日より韓国版トレッキングコース「オルレ」の宮城版、
「宮城オルレ」が気仙沼、東松島両市に開設されます。

ここ数日、新聞等でも報道されているところです。


オルレは済州島で誕生し、
九州に波及、九州オルレは韓国や国内各地から誘客、
30万人以上が九州のコースを歩いたとされています。


さらに昨年、モンゴルにおいてもオルレ2コースが開設され、
今後さらに世界のハイカーとのネットワークが
展開される見込みです。


モンゴルオルレ1コースは全長14.5キロメートルで、
モンゴルの首都ウランバートル市周辺の道。

2コースは全長11キロメートルと、
ユネスコ世界自然遺産に指定された「テレルジ国立公園」周辺の大草原を歩いて
モンゴルの自然を体験することができます。

2つのコースを全部歩く途中に草原で馬やヤクに乗る体験ができ、
また、モンゴル遊牧民の伝統家屋である「ゲル」で
一夜を過ごしながら夜空にある星を眺めることもできるそうです。 


残念ながら私たちは、
星空も見ることはできず、
ゲルに泊まることもできませんでしたが、

弾丸ツアーでしたが、バスで数時間をかけて
テレルジ国立公園の草原コースを確認し、
今後の参考にすることができました。


モンゴルコースでは、
雨量が多いと川の流れが自然に変化してしまうので、
コース設定の目印が重要ですが、
リボンの数が足りなく、コースがわかりにくいのではないかということを感じたところです。

宮城オルレではどうなるか、
日本だからこそのきめ細やかなコース設定も重要ですね。

途中、乗っていたバスがスタックするという
アクシデントにも見舞われましたが、
なんとか無事に帰ってくることができました。



また私たちの宮城県訪問団は、
バットソフ・ウランバートル市観光庁長官との面会を実現、
宮城県、ウランバートル市と
お互いの観光政策の状況について意見交換をすると同時に、

ウランバートル市観光庁から、
10月の宮城オルレ開設にあたって2名の使節団を派遣するとの回答もいただきました。
お互いの行き来が大切であることをあらためて感じたところです。

観光政策全般に関わりますが、
インバウンドだけではなく、アウトバウンドをどうするか
ということを考えることが重要ですね。



弾丸ツアーで駆け足のモンゴル訪問でしたが、
来月からスタートする宮城オルレを契機として、
宮城県とモンゴルとの連携がさらに進んでいくと、

韓国にとどまらず、ヨーロッパ、ロシアとの足がかりが
今後できてくるのではないかと期待しているところです。



今回はモンゴルということで、
しかも弾丸ツアーでしたので
体力的には大変きつかったのですが、
おかげで合間の移動中に歴史の勉強もしていたところです。


北方健三の『チンギス紀』は実に面白かったのでオススメです。

北方謙三『チンギス紀 一 火眼 単行本』
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4087711323/cuccakatsu-22/ref=nosim



私の今任期も来年で終わりですが、
海外調査については、
ベトナム、韓国、台湾、モンゴルをまわり、
麻生太郎副総理提唱の「自由と繁栄の弧」をなぞってきたといえます。


宮城県としては、まずこうした関係をつくることのできる近隣諸国から、
積極的に構築し、観光政策の推進、そして県産品の輸出といったところまで進めていきたいですね。


感じるところは、
やはり人間関係をそれぞれの国のキーパーソンと
作っていかなければならないというところです。

一朝一夕ではできませんが、
県職員の皆さんもここ数年、
海外のキーパーソンと地道にこうした人間関係をつくり、
宮城県を売り込んでいただいていますので、
私も後押ししながらさらに関係構築を進めていきたいと思っています。




「若林区の老人ホームに駄菓子屋」がメディアで取り上げられました!

2018年09月07日 23:36


先日もご紹介しましたが、
この9月2日に、仙台市若林区上飯田にある、
特別養護老人ホーム萩の風に、
駄菓子屋「かみふうせん」がオープンしました。

老人ホームと駄菓子屋という取り合わせは、
あまり聞きなれないような気がしますが、

非常にインパクトのある、
また地域活性化という視点からみても、
モデルとなる新規事業なのではないかと私は思っています。


この面白い取り組みについて、
平成30年9月5日朝日新聞宮城版朝刊に、

沖父ちゃん会沖野東小おやじの会×特別養護老人ホーム萩の風による
駄菓子屋かみふうせんがオープンしたと記事が掲載されました。

また同日18時15分からミヤギテレビニュースでも取り上げられました。


福祉と地域の連携をつくる新たな取り組みは、
このようにメディアに取り上げてくださるということは、
やはり社会的価値があるということなのだと思います。


ここからは継続していくということが
大変になってくるわけですが、
継続することでさらに地域が変わってくるような気もしているところです。

さらなる化学反応も楽しみです。






福祉と地域の連携をつくる─若林区の老人ホームに駄菓子屋と子ども食堂!?萩の風「かみふうせん」

2018年08月31日 09:22

40475536_251444222178162_287559871627264000_n.jpg 


来る9月2日に、仙台市若林区上飯田にある、

特別養護老人ホーム萩の風に、
駄菓子屋「かみふうせん」がオープンします。

老人ホームと駄菓子屋という取り合わせは、
あまり聞きなれないような気がしますが、

非常にインパクトのある、
また地域活性化という視点からみても、
モデルとなる新規事業なのではないかと私は思っています。


この駄菓子屋オープンにあたっては、
特別養護老人ホーム萩の風の田中施設長と、
沖野東小おやじの会「沖父ちゃん会」の森会長が尽力され、
おもしろいコラボができました。

沖野東小学校区には駄菓子屋がなかったために、
子供たちは隣の沖野小学校前の駄菓子屋に行ったりしていたのですが、

そもそも沖野東学区は住宅地と田園地帯であるために、
商店の数も少ない地域です。


そこで「子供たちの居場所」が少ないことに気づいた、おやじの会森さんと、
老人ホームは特別な場所ではなく多世代の交流が必要と考えた田中さんが、

コラボして今回の企画に到りました。


駄菓子屋の名前「かみふうせん」は、
沖野東小の子供たち全員に公募をかけ、
おやじの会と沖野東学区民体育振興会で決定。

老人ホームの一角をリノベーションし、施設内改装。
また近隣の沖野中、六郷中の職場体験時には
窓ガラスに絵を描くワークショップを実施し、

中学生も駄菓子屋の装飾に参画したとのことで、
沖野地域一体となってすでに多世代交流の場になっています。


そしてこの駄菓子屋「かみふうせん」の店番は、
デイサービスを利用したり特養に入居している
おじいちゃんおばあちゃんにもお願いするということで、

これもまた面白いコラボになりそうです。



特別養護老人ホーム萩の風では、
さらにこども食堂も開設する予定とのこと。

今までも沖野東小学校の子供たちに
おじいちゃんおばあちゃんからぞうきん提供をきっかけとする交流があったり、
隣接するろりぽっぷ幼稚園ともコラボしてくださっていますが、


社会福祉法人と地域の連携という点で見ると、
新たなまちづくりという視点からいっても、

これは今後わが国の少子高齢化という課題に立ち向かうポジティブな手法であり、
さらにますます重要になってくる一つの社会課題解決事業であるといえるでしょう。


福祉と地域が連携することで、
新たな付加価値を「つくる」ことにもなります。


こうした取り組みが仙台市若林区から生まれているのはとてもうれしいことですね。



特別養護老人ホーム萩の風Facebook
https://www.facebook.com/haginokaze/




自民党宮城県連青年局とJA仙台青年部の意見交換会

2018年08月22日 23:59

300820 青年局JA仙台意見交換会 


現在私は自民党宮城県連の青年局長を務めています。


45歳以下の政治家、党員を中心として、
様々な活動を宮城県内で展開していますが、

県内のいろいろな団体には青年部があったりします。
農協や商工会、その他さまざまな団体に
若手の青年部という組織がそれぞれあったりするもので、

そうした同世代の方々と、
次の時代をともにつくるという意味からも、

その分野のことを教えていただきながら、
課題解決をともに図り、県議会や市町村議会における政策提案に生かせればと思い、

まずは第1回として、

『青年局政調会主催 JA 仙台青年部のみなさまと農政に関する意見交換会』

を8月20日、JA仙台にうかがい、開催いたしました。


仙台市議会議員の佐々木心青年局政調会長が中心になり、
設えをしていただき、JA仙台青年部遠藤耕太委員長を中心とするみなさんと、
農政に関する意見交換会を実施したところです。

農業は、経済だけではなく、外交や環境、教育の問題にもつながり
私たちの日々の食事を支える重要な産業でもあります。

また食料安全保障や国土の多面的機能の維持といった、
国家の基本を支える政策的側面もあります。


当日は、後継者対策、鳥獣被害、地産地消の取り組み、
食育から残飯対策など農政に関する今後の課題について、

情報交換も交えながら現場のお話をいただき、
また終了後は懇親会でお酒を酌み交わしながら、
楽しくさらに声をお聞かせいただきました。


今回の貴重な機会を今後の政策立案に活かしていくとともに、
私たち青年世代の政治家が十年、二十年先を見据えて
農政を考えるきっかけにもなったものと思います。

今後さらに同世代の方々と意見交換し、
時間をかけてでもじっくりと
強い宮城をつくるための基礎をみんなで育てていきたいと思います


今回の開催にあたりご協力いただいた
JA仙台のみなさまありがとうございました。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx