Category[ 渡辺勝幸の活動報告 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

新しい政治家に必要な三つの力

2019年06月24日 22:16

64359870_2760639910629884_3456693519245115392_o.jpg



最近、私よりも若く元気な政治家が
たくさん現れています。

選挙に挑戦する若い方に応援を頼まれたり、
私に政治について教えてほしいという若い人もいたりして、

そろそろ自分も青年政治家は卒業だなあと感じるところです。


次の時代を担う若い人が政治を志してくれることは、
とてもうれしいことですし、
将来の日本を考えれば、
どんどんそんな人をつくっていかなければなりません。

しかし誰でも政治家になっていいわけではありません。

政治リーダー次第で世の中は大きく変わりますので、
私たち有権者の目も厳しく問われなければならないでしょう。


そんな今日この頃ですが、
最近思う政治家に必要な三つの能力をあげてみたいと思います。


【1、政策実現力】

これは言うまでもありませんが、
多くの住民の声をしっかりと吸い上げて、
政策に変化させ、行政を動かして制度を変え、予算を確保し、
実現、実行していく。

この政策実現力は政治家の基礎となるのではないかと思います。

この能力は長く政治家をやればやるほど身についていくので、
若い政治家は勉強をしなければなかなか身につかないかもしれません。


【2、発信力】

提案する力でもあると思いますが、
自分の意見を議会の場で、また党務で、公共の場で、

「自分はこう思う」

と言えるかどうか、これは簡単なようでなかなか難しい能力だと思います。

政治家だから言えるものとは限らず、
発信しない政治家もいますし、
強い立場の人にはモノを言えないという政治家もいるでしょう。

しかしこれも基礎体力なのではないかと思うわけです。

自分のいいたいことだけ言っていればよいというものでもないので
言葉をどれだけ知っているかということも大事です。

同時に、単なるワガママや言いたい放題では発信力にはならず、

「あの人が言うなら聞いてみよう」

と思わせるほどの発信力でなければならないでしょう。


【3、共感力】

これは今後ますます必要になってくると思っています。

様々な立場の人に共感する力、
ともに考え、ともに悩み、ときにともに怒り、
よりそう力。

同時に共感していただく力も政治家には必要でしょう。

気をつけなければいけないのは、
共感と扇動はちがうということです。

感情に任せるまま、事実やデータなどの客観性を完全に無視して、
表層的な共感だけを得る政治家は、
世の中を破壊させるのではないかとも思います。



いずれにしても、
政治の世界には年代性別を問わず魅力的で多様な方々が集まっています。

ハードな日々を送ることにはなりますが、
やりがいのあるすばらしい職業です。

多くの若い方々が、
真剣に、そして勉強して、
自らと向き合い、自分の原点や生き方を確認しながら、
政治に挑戦をしてほしいと思います。


しかしそこに天命がなければ、
長く続けることはないと思いますので、
軽い気持ちで挑戦することはやめたほうがよいかなとも思います。


【祝!777回】渡辺勝幸の街頭活動が777回となりました!

2019年06月12日 21:46

R010612 街頭活動777回


本日、
令和元年6月12日、
8年近く続けてきた街頭活動の回数が、


777回!


となりました。


仙台市営地下鉄河原町駅前交差点で、
777回目の街頭演説を行いました。


曇り空のなか、
早朝からお手伝いいただいたみなさん、
どうもありがとうございました!


ふだんは一人で活動することが多いのですが、
一緒に活動してくださる方がいるとうれしく元気が出るものですし

注目してくださる方が明らかに増えるので、
チームの活動は大事だと感じますね。


通勤途中にお手伝いいただいた方、
写真を撮ってくださった方、
車から手を振ってくださった方、

たくさんの方々にご協力いただきありがとうございました。

差し入れもいただき、ありがたいかぎりです。


次回は800回をめざして頑張っていきたいと思います。
秋の選挙前には到達しそうです。



私は平成23年9月に街頭活動をはじめましたが、
最初は誰も反応してくれませんでした。

あいさつをしても返してくれる方はひとりもおらず、
不審者を見るような目で見る方も多かったですね。

誰一人手を振り返してくれる人はいませんでした。


しかし徐々に知り合いが反応してくださるようになり、

最近ではこちらがどなたかわからない人も、
手を振ってくださったり挨拶をしてくださるようになりました。

不思議なものです。



特に平成23年の落選直後は冬の寒い時期になっていくときで、
身も心も冷え込んだことを覚えています。

私の同級生が、この時期数か月一緒に立ってくれたことで、
ペースがつかめたといまとなってはありがたく思います。


しかし、過去のFacebookやTwitterにすべて記録していますが、
最初の一年、二年は、街頭に立つことが苦しかったです。

四年後の選挙で本当に当選できるのかもわからない。
この努力は無駄ではないか?

寒い冬や暑い夏に立ち続けて体調を崩すこともあったり、
道行く人が嘲笑し続けているように感じることもありました。



しかし落選から数年がたったある朝、
ヨークベニマルの前で街頭をしているとき、

トラックの運転手さんがこちらに駆け寄ってきて、
あたたかいコーヒーを差し入れてくれたことがありました。

そして、自分は被災して卸町の仮設住宅に住んでいるが、
いつも街頭に立っている姿を見ていて元気が出てきます。
頑張ってください。
必ず次は当選してください。

と言って去っていったことがありました。


いま思うと、このときに自分は変わったのだと感じます。


そのときまでは次の当選のために、
自分の目標を実現するために街頭に立っていたわけですが、


「ただ自分が街頭に立つだけで誰かが元気になっているのだ」


ということを知り、

当落は関係ない、
自分は街頭に立たなければならないのだ、

という考えが確立したのでした。


八年たって現職の県議会議員になると、
公務は当然最優先していますが、

やはり日々の様々な活動で、
街頭に立つ回数は減ってきています。


しかしできるかぎり支障のない範囲で、
今までと変わらない活動を続けられるよう
頑張りたいと思っています。


街頭に立つ渡辺勝幸を見て、
元気になる人がいる、
そこまでではなくてもいつも通勤途中に
朝の挨拶を交わすことが日課になっている、
そんな人がたくさんいますし、

私自身も若林区内で八年街頭に立つことで、
誰がどこを通るか、通勤経路や転勤した状況までわかったり、

JCのメンバーの会社の社用車を見かけることで、
この業界はこういう動きをしているんだとか、

街に暮らす人々の生活を肌で実感し、
暮らしに根差した政治が見えるようになってきました。


そうなってくると、
自分自身も笑顔で街頭に立つことができるようになり、
手を振り返してくれる人も増えるようになってきたものです。

そこで、自分はそれまで
苦しい、つらい顔をしていたんだなと気づきました。



政治家が街頭に立つ意味は、
選挙に当選するためではなく、

そこから見える人々の生活を政策に変えていくためです。


寒いときや暑いときはなかなか今でもつらいものがありますが、

机に座って書類を読んでいる生活からは
決して見えない真理がそこにあり、
そこから政策のヒントが生まれます。



これからも街頭に立ち続け、
できるだけ多くの方に思いを伝えながら、
これからも、

雨の日も雪の日も、
暑い日も寒い日も、

街頭に立って訴え、
一人でも多くの人に伝わるようがんばっていきます。


そして継続する姿勢から生まれるものを、
次の時代の子供たちが見ていてくれたらうれしいなと、
最近はそんなことも思っているところです。





【祝!700回】渡辺勝幸の街頭活動が700回となりました!(H30.2.14)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2448.html

【祝!600回】渡辺勝幸の街頭活動が600回となりました!(H28.7.27)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2198.html

【祝!500回】渡辺勝幸の街頭活動が500回となりました!(H27.9.30)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1952.html

【祝!400回】渡辺勝幸の街頭活動が400回となりました!(H27.4.1)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1746.html



宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会の県外調査に行きましたその3(終)

2019年05月27日 23:59

61679346_2737963099564232_11023256903483392_n.jpg

5月22日から24日まで、
宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会の県外調査ということで、
広島県・山口県・福岡県へ超党派で出向き、調査をしてまいりました。

今期、私はスポーツ振興調査特別委員会の副委員長を務めております。


●福岡県立スポーツ科学情報センター(アクシオン福岡)
「福岡県立スポーツ科学情報センターの取組について」



福岡県では、県立のスポーツ科学情報センター(アクシオン福岡)が中心になって、
様々なスポーツ振興政策がすすめられています。

総合型地域スポーツクラブは設置市町村76.6%ということで、
このセンターとして「総合型地域スポーツクラブ」の活性化支援事業も行い、
スポーツクラブ連絡協議会の支援も行っています。

また、日本初の取組である「福岡県タレント発掘事業」をこの16年実施しており、
体力・運動能力に優れた小・中学生を見出し、
発達に応じた適切な指導により、運動能力を更に開発・育成するとともに、
育成された能力が活かせる競技に導き、
世界で活躍できるトップアスリートの輩出を目指しています。

選考対象学年は小4から中1で、この事業に参加した子供たちにはすべて、
体力・運動能力評価表が渡され、自分の体力・運動能力、
優れた部分や改善すべき課題、発育・発達や栄養などについてのアドバイスが書かれています。

市町村によっては、対象の児童生徒全員が
この事業に参加するというところもあり、

トップアスリートに限定された育成事業でありながら、
裾野の広い事業にもなっています。

宮城県も類似の事業を展開していますが、
この事業に参加している子供たちと、
福岡県タレント発掘事業に参加している子供たちとのスポーツ交流が進められているそうで、
これもまた素晴らしいことであると感じたところです。


この施設においては、メインアリーナ、サブアリーナ、
そして柔剣道場となる多目的アリーナのほか、
トレーニング室も充実しており、浴室、サウナも併設しています。
最近はやりのロッククライミングウォールもありました。

また総合プールでは、50m、25m、飛込プールと充実しており
このプールは冬にはスケートリンクになるのだそうです。

さらには宿泊施設も併用しており、約130人が最大で泊まることができます。

場所的にも福岡空港のすぐ隣であり、
近隣にはさらに市営の運動施設などもあり、
スポーツ地域になっているようです。

この施設も平成2年の「福岡とびうめ国体」に合わせて建設されたもので、
時代もあり豪華な施設という印象でした。

福岡のスポーツ振興の中核的な存在となっているようです。



アクシオン福岡その他の施設(ふくおかスポネット)
⇒ http://www.sponet.pref.fukuoka.jp/accions/a_index/





ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


3日間にわたり、先進的な県の取組を調査しましたが、
たいへん大きなヒントが得られたものと感じました。

宮城県は震災からの復興の過程で、
仮設住宅の建設により運動施設が利用できなくなるなどしたため、
県民のスポーツ振興が阻害されてきたとも言えます。

心のケアの点も含めて、
運動する機会がないことで、
体力が低下し、意欲も低下してしまっていないか、心配です。

やはり体を動かすことで、
心身ともに健康につながっていきますので、

宮城県こそ、スポーツ振興の取組が必要であると考えます。


総合型地域スポーツクラブの支援や、
障害者スポーツの振興を中心として、

今後ともさらに取り組みを強化していきたいと感じた今回の調査でした。


宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会の県外調査に行きましたその2

2019年05月26日 23:59

61283336_2736222793071596_6290252666127777792_n.jpg

5月22日から24日まで、
宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会の県外調査ということで、
広島県・山口県・福岡県へ超党派で出向き、調査をしてまいりました。

今期、私はスポーツ振興調査特別委員会の副委員長を務めております。


●山口県議会「やまぐちスポーツ交流・元気県づくり推進会議について」

山口県では、平成23年に

「おいでませ!山口国体」
「第11回全国障害者スポーツ大会」

が開催され、翌平成24年に「山口県スポーツ推進条例」を制定、
平成25年に「山口県スポーツ推進計画」が策定されました。

山口県庁では、平成24年に「スポーツ・文化局」を総合政策部に設置、
スポーツ推進課を新設しています。

現在では「観光スポーツ文化部」にスポーツ推進課が置かれており

広島県もそうでしたが、
知事部局にスポーツ推進の課を設置しています。

宮城県においてスポーツ推進課は教育庁のもとにあり、
知事部局への移管による推進体制の整備を検討することも一案であると感じました。


スポーツ推進条例、スポーツ推進計画の策定などもあり、
山口県ではスポーツ関連予算も充実しているようです。

条例制定を宮城県でも求めていきたいと思います。


山口県スポーツ推進条例について
⇒ https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a11200/suisin/sjourei.html




●山口県議会「やまぐちパラアスリート育成ファンドについて」

スポーツ振興政策のなかでも、
山口県では障害者スポーツ振興施策として、


「やまぐちパラアスリート育成ファンド」
⇒ https://www.pref.yamaguchi.lg.jp/cms/a14100/fund2017/top2.html


を進めており、興味深い内容でした。

障害者トップアスリートを取り巻く環境は厳しく、
国や企業から財政支援を受けているアスリートはごく一部。

障害ゆえに収入が少なく経済的に厳しい選手が多いことから、
このファンドが生まれました。


県・企業・県民が一体で支援するため、
県の補助金、寄付を募り、ファンドから
一人当たり年間75万円以内で10人程度に助成をするという仕組みです。

また県の広報などで県内パラアスリートの活躍を広報し、
ファンドの取組も宣伝しています。


山口県の障害者スポーツ協会は、
公益社団法人格をとっており、寄附金への税額控除が認められているとのことです。


私も宮城県障害者スポーツ協会の役員をやっていますので、
こうした取組を協会としても参考にしていきたいと思いました。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




明日以降に続けます。



宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会の県外調査に行きましたその1

2019年05月25日 23:59

61155946_2734189683274907_2773463169908080640_n.jpg



5月22日から24日まで、
宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会の県外調査ということで、
広島県・山口県・福岡県へ超党派で出向き、調査をしてまいりました。

今期、私はスポーツ振興調査特別委員会の副委員長を務めております。


●広島県議会「スポーツを核とした地域づくり」

広島県では平成30年より、
スポーツに関する事務を教育委員会から知事部局に一元化、
オリパラ事前合宿の受け入れや、
スケートボードやパルクールなど、アーバンスポーツの世界大会を開催、

テニスやハンザクラス、サイクリング、
フィギュアスケートなど、
国際競技大会の開催にも力を入れています。

一村一スポーツのような取組もあり、
総合型地域スポーツクラブもさかんのようです。


●広島県議会「子どもの体力向上に向けた取組について」

広島県においては子供たちの体力については、
平成20年まで全国を下回っていたそうですが、
様々な取組により現在ではベスト10に入るところまで向上してきたとのことで、

その取り組みについてうかがってきたところです。


まず広島県児童生徒の体力・運動能力調査を、
国の調査に加え、県独自で悉皆調査を実施。

国立を除くすべての公立小中学校、高等学校、
特別支援学校の全児童生徒を対象に実施しており、

各学校において、調査結果を踏まえて、
体力つくり改善計画を策定・公表しています。
また、分析・計画は8月に実施されますが、
年度内11月に県と全国の最新の結果と比較して分析し、
計画の補正も行っているそうです。

また、重点強化種目として「握力」「50m走」を指定し、
広島県にゆかりのあるトップアスリートを招いての走り方教室の実施、
また、

⇒ 小学校体育科「走り方」指導ハンドブック

を作成しており、小学校の先生が走り方を教えるための材料提供をしています。

子供たちが、走るのがきらいになる大きな理由は、
誰誰より遅いとか早いとか比べられることであって、
「鬼ごっこ」のようなゲーム性を取り入れると、
よろこんで走り続けるのだそうで、
言われてみるとなるほどと感じたところです。


また教職員の指導力向上だけではなく、
子供の体力向上関係表彰も実施、
すぐれた結果や顕著な向上が見られる学校、
体力合計点が高くバランスのよい結果を残した児童生徒に対する表彰を実施しており、
これはすぐにでも宮城県で取り入れることができるのではないかと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー




明日以降に続けます。







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx