Category[ 渡辺勝幸の活動報告 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

宮城県議会地域防災調査特別委員会の県外調査へ行ってまいりました(熊本県、長崎県、東京都)

2017年05月24日 22:06

290524 有明の丘基幹広域防災拠点 そなエリア東京 

この三日間、

宮城県議会の地域防災調査特別委員会の県外調査ということで、
熊本、長崎、東京へ行ってまいりました。

今後の「地域防災」のあり方について、
先進的な取り組みや地震、噴火の災害にどう対応してきたか、
様々な課題について知ることができました。

視察受け入れにご協力いただいた機関の皆様に感謝申し上げます。


それぞれの地域で、
様々な取り組みや多様な災害への対応がありましたが、
共通して言えることは、

「人は過去の災害を知らず、知っていても忘れてしまう」

ということだなあと感じました。


平成27年の熊本地震、
平成3年の雲仙普賢岳の火砕流・土石流、

その他水害など、
いろいろな話を聞くことができましたが、
過去の災害を後世にどう伝えていくか、
そして見聞きした災害を我が事に置き換えることがどれだけできるのか、

なかなか困難が多いなあということを感じました。



ーーーーーーーーーーーーーーーーー
●熊本大学くまもと水循環・減災研究教育センター
「継続する熊本地震災害への対応について」
「地域防災リーダー育成について」

熊本大学を中心に四つの大学が連携して、
地域防災リーダーを育成、
地域への貢献につながっています。

文部科学省 大学間連携共同教育推進事業「減災型地域社会のリーダー養成プログラム」
~減災型地域社会の創成に向けた地域の拠点による人材育成~
⇒ http://iresc.kumamoto-u.ac.jp/renkei/outline.html

●雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)
「火山災害への対策と課題について」

●長崎県危機管理課・砂防課・河川課
「火山噴火に対する防災対策と課題について」
「土砂災害に関する課題と取組状況について」
「水害に対する課題と取組状況について」

●有明の丘基幹的広域防災拠点施設(国営東京臨海広域防災公園)
「広域防災拠点施設整備の現状と課題について」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


平成3年の雲仙普賢岳で起きた火砕流・土石流災害については、
テレビなどで見て知ってはいましたが、
その災害の全貌と復興の道のり、
そして現在なお年に数回土石流が発生していることは、
知りませんでした。

そしてこの雲仙岳災害からの復興支援活動が、
平成7年の阪神大震災の復興につながっており、
平成23年の東日本大震災では阪神大震災で被災した方々に助けていただきましたので、
災害支援のタテイトを感じることができました。


そして同時に、
平成3年まで雲仙普賢岳は活火山だとは思われておらず、
地元の人もこうなるとは思っていなかったそうです。


雲仙普賢岳火砕流の発生状況(平成3年)
⇒ https://youtu.be/r0gFFJUsIrE

雲仙岳災害記念館(がまだすドーム)
⇒ http://www.udmh.or.jp/index.html


しかし、実は1792年に、
雲仙の火山性地震により、
そばにあった眉山が山体崩壊し、
それに起因する10mを超える津波が発生、

島原や対岸の熊本を襲い、
一万五千人が亡くなったとされています。

「島原大変肥後迷惑」

という言葉が残っているそうです。


約200年前にこのようなことが起こっていたということは、
私自身も初めて知りましたし、
そんなに知られている事実ではないでしょう。


東日本大震災と同じぐらいの津波災害、
しかも地震ではなく山体が崩壊して大量の土砂が海に流れ、
大津波が発生したということは、
そういうことがあり得るのだということ、
どう備えるか、どう判断するかということを、
私たちは頭に入れておかなければならないなと思います。


また東京都有明の基幹的広域防災拠点も、
非常に参考になるものでした。

国の重要な災害拠点となる場所ですが、
「そなエリア東京」と名付けられた施設が併設されており、
防災体験学習ができるようになっています。


そなエリア東京(防災体験学習)
⇒ http://www.tokyorinkai-koen.jp/sonaarea/2f.php


関東大震災から93年 災害体験ができる施設「そなエリア」(TOKYO MX)
⇒ https://youtu.be/Lvq0_zcdYXw


人は忘れることで幸せになるということもあります。

私も震災のときの厳しい経験を忘れてきているからこそ、
精神的に落ち着いてきているともいえます。

しかしやはり、災害は忘れたころにやってくるわけで、
防災・減災の知識、備えがあるかないかは、
わが国で暮らしている以上は生命・財産に
大きな違いをもたらすともいえるのではないかと思います。


宮城県だからこそ、
地域の防災政策の充実に積極的に取り組む必要があります。


宮城県議会地域防災調査特別委員会の県内視察(東松島市、栗原市、大崎市)

2017年05月18日 22:52

本日早朝から、
宮城県議会地域防災調査特別委員会の
県内視察ということで、

東松島市、
栗原市、
大崎市
の地域防災に関する取り組みを、
委員会のメンバーで視察してきました。

一日がかりのなかなかハードなスケジュールでしたが、
圏域防災拠点や自主防災組織の在り方、
備蓄の課題など、
様々な現状を把握することができました。



まずは、東松島市の鷹来の森運動公園、
防災拠点備蓄基地において、

「防災拠点の整備の現状と課題について」。


東松島市復興絆管理事務所では、
8万7千食の食料と8万7千リットルの飲料水など、
全市民の三日分の食料や飲料水等の備蓄をしており、
市内24カ所の避難所とも連動して備蓄をしています。

課題は、年間4千万円の管理維持予算とのことです。


【参考】
「【ASEAN、40年の絆】アチェと東松島の復興の架け橋に(インドネシア)」(2013年8月26日、JICA)
⇒ https://www.jica.go.jp/topics/news/2013/20130826_01.html




次は、栗原消防署内の栗原市防災学習センターにおいて、

「防災学習センターの事業概要について」。

その後、5月8日に発生した、
栗原市築館の林野火災の発生現場の調査説明。

約2kmにわたって林野火災が発生し、
24棟が被害を受けました。

大変強い風にあおられ、
近隣の大崎や一関の消防からも支援を受けて鎮火したとのことでした。


午後は栗原市と大崎市へそれぞれうかがい、

「水害や土砂災害への対策と避難に係る課題について」
「圏域防災拠点と市町村の連携に係る課題について」

説明を受けました。


平成27年9月の関東・東北豪雨で、
決壊した渋井川の破堤、背水効果であるバックウォーターについて、

また自主防災組織のあり方、
防災士会との連携など、
様々な取り組みについてうかがいました。


一日をかけて、
地域防災の現状と今後の取組について、
様々なヒントをいただきましたので、
今後の県政に生かしていきたいと思います。

来週は地域防災についての県外調査、
さらに先進的な取り組みについて研究、
調査を進めていきたいと思います。


いじめ防止の一つの手法としての家庭教育支援政策ー熊本県教育委員会視察

2017年05月17日 17:26

昨日朝から今日にかけて、

大阪府大阪市において「宮城県大阪事務所」の
「県産品販路拡大、企業誘致、県外避難者支援について」

熊本県熊本市において「熊本県教育委員会」の
「くまもと家庭教育支援条例について」

宮城県議会自民会派の同期議員とともに、
現地へうかがい行政調査を実施しました。


大阪事務所については初めてうかがいましたが、
県産品販路拡大や、自動車関連産業を中心とする愛知県中心の企業誘致について、
また震災で西日本各地に避難された方々への支援について、
実施事業についてうかがい、意見交換をしました。


また、熊本県教育委員会からは、
平成24年に熊本県議会で議員提案された「くまもと家庭教育支援条例」について、
その経緯や条例の内容から制定の経緯、
条例制定に伴い県としてどのような家庭教育支援施策が行われているかなど、
詳細をご説明頂き、意見交換をしました。

仙台市内で中学生のいじめ自殺が問題とされているなか、
教育現場においての様々な課題が表出してきていますし、

根本的な課題の解決のためには、
教育委員会や学校だけが責任をとればいいというものではなく、

私もPTA会長をしていますので、
保護者としてこうした課題にどう向き合っていったらよいのか、
いつも考えているところです。


家庭教育支援というと、
聞きなれない方も多いかと思いますが、

教育基本法第10条に、

「保護者は、子の教育について第一義的責任を有する」

と明記されています。


この「くまもと家庭教育支援条例」においては、

県の責務、市町村との連携、財政上の措置、年次報告について定められ、
保護者、学校、地域、事業者に期待される役割についても書かれています。

さらに具体的に何をやるかということについては、

「親としての学びを支援するための学習機会の提供」
「親になるための学びの推進」
「人材養成」
「家庭、学校等、地域住民等の連携した活動の推進」
「相談体制の整備・充実」
「広報及び啓発」

などが規定され、実際に熊本県として74の家庭教育支援の政策が実施されています。


また、条例制定時にパブリックコメントが実施され、

「子どもは地域の宝として、家庭はもちろん地域社会みんなで子どもの育ちを支えていくことが重要」
「障害児を持つ家庭をはじめ、ひとり親家庭、経済的に厳しい家庭など、
 様々な家庭の個別の事情に配慮するように条例内で規定してほしい」

との意見が寄せられたとのことでした。


熊本県教育委員会には、
社会教育課家庭教育支援班が設置されており、
家庭教育支援政策のとりまとめをしているとのことでした。


宮城県には、家庭教育支援条例はなく、
家庭教育支援政策が充実しているとは言えない状況です。

子供だけではなく、
保護者として「親の学び」を進めていくこと、
また将来親になる世代に「親になるための学び」を進めていくことは、
大切なことではないかと思います。


いじめ問題にしても、
学校をめぐる教育の問題にしても、
教育は主として学校を舞台に行われるわけですが、

「親の学び」を推進していくことで、
学校、家庭、地域が連携して子供たちの教育環境を
さらにより良いものにしていく必要があると思っています。


「条例をつくる!」


とはなかなか簡単にはいきませんが、
家庭教育支援条例を一つの目標として、
多くの方々の声を聴きながら、
今後とも調査、勉強を続けていきたいと思います。


本日誕生日を迎え、42歳となりました!

2017年05月10日 00:00

昭和50年5月10日に生まれた私は、
本日42歳を迎えることが出来ました。


この世に生を受けたことに感謝し、
いままでの人生を振り返りながらも、

さらにこれからよき人生となるよう、
世のため人のために頑張っていきたいと思います。


いままで大きな病気もせず、
また何度か死にかけたことはありましたが、
無事42年間健康に生きてこられたことに感謝です。


42歳と言えば厄年です。
厳密にいえば、後厄の年になるわけですが、
この一年は健康も含めて、無理をせずに慎重に行きたいと思います。

とはいえ、慎重にも限界があるので、
やるときはやることになるかと思います。


六星占術でいうと、
水星の陰、「再会」で、
結婚、就職、転職、開業、引っ越しなど、
新しく物事を始めるチャンスの時期とされています。


まあ慎重に行くべきでもあり、
新たにチャレンジするべき年でもあるということで、
どちらにも取れるわけですから、

その時その時の判断で頑張っていきたいと思います。


いずれにしても42歳、
青年からは少し距離を置きつつ、
大人の男として、この一年頑張っていきたいと思います。


この世に生を受けたことに心から感謝し、
42歳らしい一年を過ごしたいと思います。

今村復興相 震災復興に関連し「東北のほうでよかった」と発言について東北人として思うこと

2017年04月25日 22:17

今日の今村復興大臣辞任のニュースには驚きました。

今村復興相が、東日本大震災について

「(発生場所が)東北で、地方だったから良かった。
 これがもっと首都圏に近かったりすると莫大(ばくだい)な、
 甚大な被害があった」

と二階派のパーティーで述べたとのことでした。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

4月25日 21時25分

今村復興大臣は自民党の派閥のパーティーで、
東日本大震災の復興に関連して、
「まだ東北のほうだったから、よかった」などと、
被災者を傷つける発言をした責任を取りたいとして、
復興大臣を辞任する意向を固めました。

安倍総理大臣は、国会審議などへの影響を最小限に抑えるため、
速やかに後任人事の調整を進めるものと見られます。

【引用ここから】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


被災地を地元とする政治家の一人として、
また震災の復興を実現するために政治家を志した一人として、
私にとっては全く理解できない発言です。

私は自民党員ですが、
自民党に対する不信すらわいてきます。


今村大臣は佐賀県選出議員ですが、
熊本地震についても、

「まだ九州のほうだったから、よかった」

と考えているのでしょうか。

そうは発言しないと思います。


問題は、東北を格下に見るという考え方が、
実は多くの人にあるのではないかということです。

また自分の土地でなくてよかったと思う方もいるのではないかとも思います。


たとえそうであったとしても、
政治に携わる人間が、

同じ日本に住む日本人が苦しんでいることを
「我が事」と思えないのであれば、
思いをいたすことが出来ないのであれば、

やはり国務大臣の資格はないと思いますし、
復興大臣としての原点すら理解していない、
国会議員の資格もないでしょう。

こうした人物を選んだ
自民党と安倍総理の任命責任は大きいと言わざるを得ないと思います。

また、同じようなことを言葉にはしないが思っている、
そんな政治家がたくさんいるのではとも思ってしまいます。


政治家は言葉が命であると思います。
言った言葉は魂です。

その人物のすべてです。


被災地の苦しみを、
たとえ東京にいても、九州にいても、
我が事と思い、その痛みに思いを寄せ、
自らも同じように苦しみを感じるのでなければ、

復興大臣という職務は果たすことが出来ないでしょう。


今村大臣が辞任し、明日にも幕引きを図るため、
次の復興大臣を被災地出身の国会議員から選び、次へ。

と考えるのが、
現在の国際情勢、北朝鮮をめぐる情勢からすれば、
当然のことなのでしょうが、

それでも今回の件については納得がいきません。


震災後の六年間をすべて否定されたかのような悔しさです。
いったいこの思いをどこにぶつければよいのやら。。。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx