Category[ 渡辺勝幸の活動報告 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

奈良県議会・大阪府議会へ、宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会の県外調査に行きました

2018年07月11日 22:47

IMG_5610.jpg 


7月10日、11日と、
宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会の県外調査ということで、

「奈良県・大阪府における不登校への取り組みについて」

調査をしてまいりました。


奈良県は平成26年から28年にかけて、
1000人あたりの不登校児童生徒数が中学校で3.6、
小学校で0.9低下しており、
これは全国でも大きな減少であって、

奈良県教育委員会生徒指導支援室の方から、
その不登校児童生徒の減少の要因などについておうかがいしたところです。


奈良県では、スクールカウンセラー・スクールソーシャルワーカーの配置だけでなく、
児童相談員や大学生ボランティアの派遣にも力を入れており、

また生徒指導支援室における教育相談として、
電話教育相談、来所教育相談、週末教育相談、
訪問教育相談、居場所での活動、メール相談、
派遣教育相談などを行っています。


来所教育相談では、保護者と児童生徒が同じ時間帯に別々の部屋で
それぞれの相談員が対応する「親子並行面接」を行っているとのことです。


またメール相談は平成25年から激減しており、
この数年はLINEが主流になり、
メールアドレスを知らないという子供がほとんどになってきているとのことで、
これには驚きました。

奈良県ではスクールカウンセリングカウンセラーも29名おり、
医師や大学教員、臨床心理士などが、
学校だけでは対応が難しいケースに対応しているとのことです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


大阪府においては、
教育庁高等学校課、小中学校課などの方々からご説明をいただき、
大阪府の不登校への取り組みについてうかがいました。


大阪府はわが宮城県もそうですが大変不登校率が高く、
様々な課題に取り組んでいます。

しかしこの数年、新たに不登校になった児童生徒数は減少傾向にあり、
取り組みの成果が出ているようです。

一方で、不登校が継続している児童生徒数は増加しており、
大きな課題となっているようです。

欠席日数の把握や情報共有・組織対応、
気になる児童生徒のあらいだしということで、
声かけや見守りに取り組み、

また大阪府では加配教員を不登校対応として18市に配置、
予防的な指導、課題解決的な指導に加えて、

「成長を促す指導」にも取り組んでいます。


また「こども支援コーディネーター」も加配教員として配置、
授業や担任を担わず、生徒指導主事とは異なり、
学校全体のコーディネートを行う役割を果たしています。

「不登校児童生徒への支援実践事例集」(平成29年8月大阪府教育庁)

もいただき読みましたが、
その詳細な事例に、各校で共有すると非常に有益であるなと感じました。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

奈良・大阪ともに大変有意義な調査でしたが、
不登校に関する課題はその要因も複合的であり、
貧困やその他の課題との関連もないわけではないようです。

小学校ではやはり、
親が朝起こしてご飯を食べさせるという基本的習慣があるかどうか
ということも一つのメルクマールになるようです。

しかし環境がそうであっても、
学校に来る意味がある子、
それが先生との関係であったり、仲の良い友人であったり、
部活であったりするわけですが、

学校に来る意味がある子は不登校にならない。

これはそうだろうなと感じました。



様々な事例やお話をうかがい、
仙台の小中学校の現場の様々な課題を思い起こしながら、

不登校問題の解決に今後とも力を尽くしていきたいと
あらためて思ったところです。


調査にご協力いただいた皆様に心より感謝申し上げます。

奈良県議会も大阪府議会も立派な議会でした。。。


今月は県外出張が多いので、
体力も厳しくなりそうです。

条例はどのようにしてできるのか─宮城県いじめ防止条例骨子案パブコメを実施しています!

2018年07月01日 23:33

9824bc98c209c1e7224c570381ac6a6b_s.jpg 

現在私は、宮城県議会いじめ・不登校等調査特別委員会に所属して
おり、
宮城県いじめ防止条例の制定の議論に携わっています。

条例の骨子案について議論しており、
骨子案を決めるということは、
政策内容について決定をするということであり、

この案を現在「パブリックコメント」、
つまり、県議会として条例案をあらかじめ公表し、
広く県民の皆様から意見や情報を募集する手続をしているところです。

平成30年6月29日(金曜日)から平成30年7月20日(金曜日)まで、
宮城県議会として募集をしていますので、
多くの皆様からぜひこの骨子案について、
御意見をいただければありがたく思います。


詳細はこちらをクリックしてください

「(仮称)宮城県いじめ防止等に関する条例骨子案」に対する御意見の募集(パブリックコメント)について
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/site/kengikai/izime-jyourei-kosshi.html


このパブコメ(パブリックコメント)を受けて、
ルールに従って条例素案を作成します。

そして9月に開催される宮城県議会において、
この条例を審議する予定です。


したがってこの条例骨子案が、
パブコメを経て政策内容としては固まることになりますので、
非常に重要な手続きであるといえます。


この骨子案については以前にもこのメルマガで紹介しましたが、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

という文言に共産党が反対、
何度も特別委員会が開催されましたが議論は平行線のまま、
正副委員長の骨子案につき、共産党は反対したまま、
パブコメ実施となりました。

おそらくこのパブコメでも、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

という文言に否定的な意見も寄せられることと思いますが、
いずれの御意見であっても、
まずはこの骨子案を多くの県民の皆様に具体的に読んでいただき、
思うところをぜひこのパブコメに提出していただければうれしく思います。


条例制定のプロセスは険しい道のりではありますが、
正副委員長を中心にこの委員会では、
多くの方の意見を聞きながら熱心に議論をしてきたところです。


私の意見としては、

「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」

という基本的認識は大切な理念であり、
国も自治体も関係機関もこれまでこうした考え方で取り組んできたことや、
本委員会のこれまで三年間にわたる議論の積み重ねからいっても、

この文言こそがむしろ、
いじめ防止対策の一丁目一番地であり、

県民運動としていじめ防止に取り組む観点からも、
この基本理念は、原案通りにするべき。

様々な課題がある点については、
他の条文や運用上配慮していくべきものである、

という発言を委員会でもしており、
この思いは変わらないところです。


いじめの問題は奥が深く、
簡単な話ではありませんが、この骨子案では、

「県民一丸となって、いじめを生まない環境づくりに取り組まなければならない」と、
学校関係者だけでなく、社会全体で、
この問題に取り組むことの重要性を示しています。

この基本理念にのっとり、
県や県教育委員会、学校、教職員、保護者の責務だけでなく、
いじめ防止対策推進法には規定のない県民や事業者等の役割も定めることで、

県民運動としていじめをなくす姿勢を明確にしていくことが、
まずは第一歩なのではないかと考える次第です。



「いかなる理由があってもいじめを行ってはならない」という文言に共産党が反対したのはなぜか?(平成30年5月23日)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2492.html



「(仮称)宮城県いじめ防止等に関する条例骨子案」に対する御意見の募集(パブリックコメント)について
⇒ http://www.pref.miyagi.jp/site/kengikai/izime-jyourei-kosshi.html



安倍晋三さんとカレーを食べました

2018年06月14日 21:40

300613 総理大臣公邸 カレー 


6月13日、14日の両日、
宮城県議会自由民主党・県民会議の会派研修ということで、
県議会の先輩議員、同僚議員とともに東京へ行ってまいりました。


初日はまず総理大臣官邸へ伺い、

復興庁による「復興の現状と仕組みについて」、
内閣府地方創生事務局による「地方創生全国優良事業について」、
文部科学省による「2020オリパラ準備状況とホストタウンについて」、

各省の担当の方から説明をいただきました。


特に地方創生に関しては、
興味深く話をうかがいました。

昨年の最新のデータでは、
東京圏の人口は約12万人転入超過しており、
一方、地方圏の人口は約10.6万人転出超過、
「東京一極集中が続いている」ことが鮮明にわかります。


また仙台市で見てみると(2013年のデータ)、
仙台市は全国の市町村に対し4,772人の転入超過。

東北5県からの転入超過は4,216人、
東京圏への転出超過は1,736人とのことで、
仙台市が東北地方の人口ダム機能を担いながら、
東京へ人口が流れているということもわかります。


また、平成29年の合計特殊出生率は1.43で、
平成17年に過去最低を記録した1.26からここのところ微増しているようです。


いずれにしても、地方創生、人口減少対応は、
地方にとって、そしてわが国にとっても、
大きな課題であることを再認識したところです。





その後、お昼は総理大臣公邸に移動し、
大食堂で安倍晋三総理大臣と昼食をとりながら
意見交換をする機会をいただきました。

自民党宮城県議とともに、
県選出国会議員も同席し、
公邸のカレーをともにいただきました。

少し冷めてしまったので、
まあまあの味でした。
党本部のカレーのほうがおいしいような気も。。。

300613 総理大臣公邸 歴代総理 

まず冒頭総理からあいさつがあり、

●経済成長について
●外交安全保障、特に米朝首脳会談、拉致問題について

お話がありました。

その後、県政に関連する復興の課題、国際リニアコライダー誘致、
憲法改正、消費税、来年の参院選・地方選、
水産販路開拓、国立祈念公園など、
様々なテーマで安倍総理の見解をわが県議団でうかがいました。


この総理大臣公邸は、昭和時代は首相官邸であり、
田中義一内閣から小泉純一郎内閣までは、
政治の大きな舞台でありました。

昭和初期の2・26事件で襲撃されたときの弾痕の後が今でも残り、
また組閣のときに閣僚がずらりと並ぶよく目にした赤じゅうたんの階段も、
そのままありました。

わが国中枢の歴史的建造物でもありますね。



300613 国立映画アーカイブ 

その後移動し、

「国立映画アーカイブセンター」を視察しました。

国立映画アーカイブは、
東京国立近代美術館フィルムセンターでしたが、
この4月に国内6つ目の国立美術館として新たに独立しました。

映画好きとしてはこのことは喜ばしいことであり、
実際に映画のフィルム保存やポスターの収集、
さらには映画パンフレットも保存収集しているようで、
映画に関する本格的な研究機関となりそうです。

これまで映画の収集、保存、
そして公開、活用をしていましたが、
これからは地域連携を含め、若手クリエイターの支援といった教育、
さらには映画による国際交流拠点としても動いていくようです。


わが国の貴重な映画文化、国際的にも評価されている様々な作品を残し、
活用し、次代に引き継ぐということは重要なことであると考えます。



会派視察2日目は、
ふるさと回帰支援センターの現状とみやぎ移住サポートセンターについて。

IJUターン、宮城県に移住することは
都会あり田舎ありでほどよく暮らしやすいと考えると、
仙台市内における空き家対策と連動した解決策があるように感じました。





総理公邸において安倍総理との意見交換会や、
国から復興、地方創生についての説明、そして文化芸術政策など、
今後の県政課題について考える貴重な機会となりました。

安倍晋三さんとカレーを食べる機会もなかなかないですし、
G7や米朝首脳会談を受けて直後の話もうかがい、
これまた貴重な機会であったと思います。



日々街頭に立って訴えていると、
安倍総理に対する批判をいただくことがあります。
テレビや様々なメディアでは厳しい批判が毎日流れています。

たしかに総理にも課題はたくさんあるように思いますが、
外交と経済に関して、
現時点においてとって代われる政治家はいないのではないかとも感じます。


政治の世界は一寸先は闇ですが、そういう面も含めて、
国のかじ取りをすることは容易なことではないとあらためて思ったところです。



空き家問題の二つの原因

2018年06月10日 23:42

eb684eb52594d188cfcfca8f4f733f80_s.jpg



空き家問題は仙台市内でも大きな課題であり、
私自身も県政報告会などで地元の方々から問題提起されたり、
地域の方々と様々な会合でお会いしたときに話題に出たりすることもあり、
大きな関心を持ってみているところです。



空き家問題には大きく2つの原因があるといわれています。

1つ目は、高齢化社会が進む日本全体の問題で、
団塊世代の相続が進み、空き家が急速に増加すること。

2つ目は、空き家所有者自身が
空き家の管理や活用について問題を抱えていることです。


ある調査によれば、
2033年には全国の空き家数は2,150万戸、
全住宅の3戸に1戸が空き家になってしまうという数字が出ています。


「空き家」は、大別して以下の4種類に分類されます。

売却用・・・販売中の空き家。不動産会社が管理
賃貸用・・・入居者募集中の空き家。不動産会社が管理
二次利用・・・普段使っていない別荘など。所有者が管理
その他・・・上記の3種類以外。所有者が管理


空き家問題で大きな課題となっているのは、
4番目の「その他」。
このパターンが今後加速度的に増加すると予測されています。

そしてこの空き家が発生する最も一般的な原因は、
自宅を所有する高齢者が、
老人ホームなどの高齢者住宅や子供宅などに転居することです。

空き家が増加すればするほど、
その地域は道路や水道の維持が難しくなるだけでなく、
スーパーや銀行など民間施設も撤退してしまい、
地域の魅力が低減していくことになりかねません。


こうした空き家問題を解決していかなければならないと、
現在私も様々な分野にわたって勉強を始めたところです。

今後、このメルマガでもいろいろご報告し、
皆さんにシェアしていきたいと思います。


仙台が、宮城が、将来にわたって地域の魅力を発揮できるよう、
政策提言、若しくは民間の力を活かせる仕組みをつくっていきたいと考えています。



宮城県議会総務企画委員会で蔵王町、白石市、村田町を訪問

2018年05月30日 21:30

300530 総務企画委県内調査白石市 
本日5月30日、
宮城県議会総務企画委員会の県内調査で、
宮城県内三市町を訪問しました。


●蔵王町「オリンピック・パラリンピックホストタウンの現状と課題について」
「蔵王山における火山防災対策について」


宮城県蔵王町では、
きたる「東京オリンピック・パラリンピック」のホストタウンとして、
パラオ共和国のホストタウンとして名乗りを上げており、
パラオと様々な交流を進めています。

なぜ蔵王町とパラオ共和国なのか?

パラオ共和国は、国際連盟により日本が委任統治を受けて以来、
多数の日本人が移住し、日本と歴史的にも深い関係がありました。

戦争が終わり、パラオで終戦を迎えた日本人の多くは、
蔵王町内の遠刈田温泉「北原尾地区」に開墾入植、
南洋のパラオを忘れないようにということで、
「北のパラオ」=「北原尾」と命名されたのだそうです。

「パラオ恋しや」岡晴夫
https://youtu.be/91HZANIvz6o
※中沢議員から昭和16年のこの曲の紹介がありました。


平成13年には、パラオ共和国のトミー・レメンゲサウ大統領が訪問、
平成27年には、天皇皇后両陛下が行幸啓されました。

こうした歴史的背景をきっかけに、
蔵王町はパラオ共和国のホストタウンとして名乗りをあげました。


また蔵王山における火山防災対策についても説明をいただき、
平成27年と今年平成30年に噴火警戒レベル2(火口周辺規制)
引き上げられたときの状況、
スキー場、宿泊施設関係の大量キャンセルがあり、
風評被害への対応についての説明がありました。

現在は蔵王山も落ち着き、
有名な「御釜」なども美しく見ることができます。

今日も私の身の回りで、
蔵王の御釜を見に行ったという方がいらっしゃって、
とてもきれいだったとのことでした。

ぜひ宮城県内の観光、とりわけ蔵王山に足を運んでみてください。



●白石市「オリンピック・パラリンピックホストタウンの現状と課題について」

宮城県白石市も、ベラルーシ共和国のホストタウン登録をしています。
白石市、柴田町、仙台大学が連携して、
ベラルーシ新体操チームの事前合宿を昨年も受け入れ、
今年も7月に実施されるのだそうです。


「SAKURA CAMP 2017(ベラルーシ新体操ナショナルチーム事前合宿)」が開催されました(白石市)
⇒ http://www.city.shiroishi.miyagi.jp/soshiki/6/10317.html


白石市のホワイトキューブでは平成9年の開館以来、
新体操教室を実施しているとのことで、
子供たちにとっても、世界的なベラルーシのオリンピック選手の演技を見ることは、
貴重な経験になるだろうなと思います。



●村田町「村田町地方創生総合戦略について
    ~まちづくり会社を核とした「しごと・交流」創出事業~」


村田町においては、
「株式会社まちづくり村田」を中心とした、
「しごと・交流」創出事業についてうかがいました。

昨年平成29年4月に設立された、
「株式会社まちづくり村田」。

起業支援や地域ブランド構築など、
活発に活動をしているまちづくり会社。

3月20日に空き蔵を活用した飲食店「糀ダイニング藍」がオープン。
さっそく大人気になっているようです。

日本酒、みそ、納豆といった発酵文化の町でもある村田町で、
様々な糀料理を蔵の雰囲気の中で堪能できるのだそうです。

糀ダイニング藍
⇒ https://www.facebook.com/koujidiningai/


5月18日には、文部科学省文化審議会が、
村田町の旧大沼家住宅(村田商人やましょう記念館/本町地区)を
重要文化財に指定するよう文部科学大臣に答申、
今後、官報告示を経て重要文化財に指定されることになります。

村田町内での重要文化財の指定は初めてとのことであり、
また、商家建築の重要文化財は県内で唯一となるのだそうです。




今回は宮城県南部の三市町を訪問しましたが、
市長、町長が大変熱心に積極的に
取り組んでおられるということを感じました。

国の制度を活用しながら、
また地域の資源を有効にまちづくりに取り入れるなど、
職員の皆さんが優秀であることはもちろんですが、
積極的な首長の姿勢がまちづくりを盛り上げる核なのだなと感じます。


大いに参考にしながら県政の場に活かしていきたいと思っています
おいそがしいなか、ご協力いただいた三市町の皆様にあらためて感謝申し上げます。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx