Category[ がんばっぺ東北(東日本大震災関連) ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

今日で東日本大震災から1000日

2013年12月04日 09:22

平成23年3月11日に発生した東日本大震災から今日12月4日で、


1000日


となりました。


時が過ぎ去るのは早いもので、
あれから1000日かと感慨深いものがあります。


このメルマガにおいても、

震災の日にはじまり、
その後の文房具を中心とする被災地支援の活動、

私のボランティア活動、
そして選挙出馬、落選、
つくる仙台の設立による復興起業支援活動など、

リアルタイムで活動をお伝えしてきました。


私にもあるように、
それぞれのみなさんに、
それぞれの震災の記憶があるのだろうと思います。


つらい思い出を思い出すよりは、
前向きな話をした方がよいと思いますので、
この記事をシェアしたいと思います。



3.11に生まれて 震災あす1000日(河北新報)




平成23年3月11日に生まれた子供たちのお話です。

1000日ということは、
2歳8カ月。

かわいい盛りですね。


あの震災の日に生まれたということは、
お母さんはどんなに大変だったんだろうと思いますが、

3歳近くになった子供たちは、
元気にすくすくと育っているようですね。


そして、だんだん震災を知らない子供たちが増えてきて、
私たちが直接戦争を知らないのと同じように、

いつの日か東日本大震災も、
歴史の一コマになることでしょう。


それはそれで仕方のないことではありますが、
そんな子供たちにも震災でこんなことがあったとか、
津波の恐ろしさは防災教育のためにも伝えていかなければならないんだろうなと思っています。


一番私が伝えていかなければいけないなと思っていることは、

未来は何もわからない、
一分後には何が起きているかわからないのだから、

とにかく今を一生懸命生きること。

一日一日を悔いのないように全力で生きること。


そんなことを伝えていかなければなと思っています。



元気な子供たちがまたたくさん生まれてくることは、
とても楽しいことです。

被災した土地においてふたたび、
多くの子供たちの元気な声が響いたら、
こんなにうれしいことはありませんね。



渡辺の過去の活動記録、
バックナンバーはこちらから



東日本大震災から二年─平了のハチマキというバンド

2013年03月11日 09:00

ハチマキ/キミの詩







私渡辺は高校時代に、
応援団長を二年間やりました。

仙台一高という男子校で、
しかも応援団はバンカラの伝統があるところでした。

羽織袴で長髪のスタイル、
普段はぼろぼろの学ランにマントをまとい、
下駄をはいて通学をしていました。


明治時代の話ではなくて、平成の話です。


私も卒業して二十年が経ちますが、
早朝街頭活動をしているとたまにその姿の高校生を見かけますので、
どうやらまだ同じことを続けてやっているようです。

仙台に長く住んでいる人ならば一度は見かけたことがあることと思います。


はたから見ると異常な風貌なわけですが、
本人たちはいたって平常心で、

むしろ仙台一高応援団であることに誇りをもって活動をしていましたし、
きっといまもそうでしょう。


そして応援団、高校を卒業した後は
先輩方も後輩たちもみんな各界で大活躍をしています。

進む方向は全くバラバラですが、
先輩も後輩もそして同期の同志にも一本筋の通った人が多いですね。


それはなんでだろうかとあらためて考えたとき気付いたのは、


自分の進むと決めた道を突っ走っているからだ。


ということに気づきました。

高校生の多感な時期に、
おしゃれとは正反対の方向のファッションで活動する意味は、


まわりの人がどう思おうと自分の信じる道を行く。


これを示しているのが、仙台一高応援団なのだなあと、
20年たった今更ながらに感じます。

確かにみんなそんな感じの人たちばかりです。




そんな応援団ですが、
私の3つ下の団長を務めた、平了君という男がいます。

彼が15の時から知っているわけですが、
歴代応援団幹部のなかでも一、二を争うやんちゃな男です。

そして男気あふれるリーダーでありながら、
優しい気持ちを持つ人でもあります。

若いころから彼とはよく遊びました。
いつも楽しく明るく、何かの折につけてよく会っていました。


先輩はこうした方がいい、ああした方がいいと、
わが身のようにいつも意見をしてくれましたし、

まあ私にとっては弟みたいな存在の人物であり、
尊敬できる後輩の一人でもあります。


私がつらいときでも、

「先輩なら大丈夫っすよ!」

と明るく言い放ちながら、いろいろと気にかけてくれました。





そして平成23年3月11日。




平了も私もつらい経験をしました。
そして毎日泣きながらも、立ち止まらず行動をしました。


平了のスコップ団。


物資をただ集めるだけではなく、
ブログを通じて日本全国から有志を募り、

「人助けに理由はいらねぇ。」("An act of kindness does not need the reason.")の合言葉の元、
毎週末に主に山元町、山下駅に集い、徹底した泥かき活動を行いました。


私もこのメルマガを通して、読者の皆さんにもご支援いただき、
被災地の子どもたちへの文房具を全国、世界各地の方々からご協力いただき、
そしてスコップ団にも協力していただき、配ることができました。


そして毎週のようにガレキ撤去、泥かきをやりましたね。
山元町では私も長年お世話になった方のご指導をいただき、
全国各地から集まったスコップ団が大活躍しました。


私は途中から選挙への決意をしたので、
迷惑をかけないよう距離を置きましたが、
あの半年間は本当の意味で泥にまみれた人生でした。

スコップ団とともに必死に戦った半年間でした。

そしてスコップ団は昨年の3月11日に活動を停止しました。





最近しばらくぶりに平君から電話がかかってきたのですが、


「先輩、今度オレバンドやります!」


とのこと。

何でも渋谷でライブをやるのだそうです。
相変わらず面白いです。


「最近の先輩を見て、やっぱりやりたいことをやらないとダメだと思ったんで、バンドやります!」

「20歳のころの気持ちでやります!」


と言っていました。すごい人です。


バンド名は「ハチマキ」。




─────────────────────────────────

日程:平成25年4月13日(土)
場所:渋谷La.mama
詳細:No Reason
   「ノンフィクションまんが 団長」 発刊記念ワンマンライブ!
出演:ハチマキ
    Vocal   RYO TAIRA
    member KONTA、TAKAHASHI、KISHIKAWA、SAITO、(SATO)
時間:1回目 OPEN 14:30 / START 15:00 ¥2100
   2回目 OPEN 18:30 / START 19:00 ¥3000
    …特典「ノンフィクションまんが 団長」(DVD&CD付き)
    …共にdrink¥600別
    ※チケットをお求めの方で「ノンフィクションまんが 団長」を
     既にお持ちの方は、本商品をお持ちください。受付にて1000円
     をお戻しいたします。
問合せ:株式会社イトオン 022-262-2221

─────────────────────────────────



もし今、ちょっと元気がないなあと思っているあなたには、
ぜひこのライブに行ってほしいと思います。

この二年間、震災でボロボロになりながらも、
動き続け、走り続け、戦い続けた男のパワーを感じれば、
きっと元気が出てくることでしょう。






今日で震災から二年の月日が経ちました。

復興したのかと言われれば、
まだまだだと思います。


だからこそ、つくる仙台の起業支援の役割はありますし、
私も政治活動を続けなければなりません。

そして私だけではなく、
東北各地でたくさんの人が復興をつくるためにまだまだ戦っています。


復興は、
もう「つくる」必要がないなとみんなが思ったころに終わるんだろうと思います。

だから私はどんなにつらいことがあっても、
罵声を浴びても一人になっても、


「つくる」ののぼりをもって、
そのときが来るまで戦い続けなければなりません。


平君のようなパワーのある後輩とともに、
がんばりつづけます。


今日、3月11日はつらい思い出を思い出さなくてはならない日ではありますが、
今日を乗り越えればまた新しい時がきます。


悲しさを忘れるためにも、
これからもバリバリと行動し続けていきたいと思います。

【再録】諸行無常なる白骨の御文章

2012年11月04日 18:00

(平成23年4月29日発行第227号の再録です)




昨日(4月28日)は、東日本大震災から四十九日でした。

津波に飲まれ命を落としてしまった友人の通夜がありましたので、
参列し、最後のご挨拶をしてきました。


そのお寺も周囲は、
津波の爪痕が感じられましたし、

お坊さんも法話の中で、
檀家さんが30人ぐらい亡くなられた、
とおっしゃり、何とも言えない表情をされたのが印象的でした。


故人に手を合わせながら感謝しながら、
法話の中に印象深い「諸行無常」のお話がありましたので、
みなさんにご紹介したいと思います。

蓮如上人の「諸行無常」の話とのことで、
以下にそのお話を引用したいと思います。



【現代語訳】『蓮如の手紙』国書刊行会/浅井成海 監修 より)


───────────────────────────────
【引用ここから】


 さて、人間というもののよるべない有様を心を静めて見つめれば、

「およそ儚ものとは、人がこの世に生を享けてから去ってゆくまでの始中終、幻のような一生である。

これだから、人が一万年の寿命を受けたとはいまだかつて聞かない。

一生はすぎやすいものである。

末世の今にいたっては、いったい誰が百年の姿形を保ちえようか。

われが先か、人が先か、命の終わりを迎えるのは今日とも知れず、明日とも知れない。

先立たれる人、先立つ人、それは草木の根もとの滴がしたたり落ちるよりも、葉先の露が散りゆくよりも多く、人の死の前後はうかがい知ることができない」

と先人は言っています。



 ですから、朝には美しい生き生きとした顔をしていても、夕には白骨と化してしまう身です。

無常の風がさっと吹いたならば、二つの眼はたちまちに閉じ、命の息は永遠に絶えてしまいます。

美しい顔も空しく変わりはて、桃李のような愛らしい姿も失われてしまったなら、親族たちが集まって嘆き悲しんでも、もはや何の甲斐もありません。

いつまでもそうしてはいられないので、野に送って荼毘に付し、夜半の煙となりはてれば、ただ白骨だけが残ります。

あわれといっても、なおいい足りません。



 人間の儚いことといえば、老いて死に、また若くしても死ぬこの世ですから、どなたも早く浄土往生の一大事に真剣に心を向けて、阿弥陀仏にお従いして、お念仏を申すべきです。

あなかしこ、あなかしこ。


【引用ここまで】
───────────────────────────────



蓮如上人の「白骨の御文章」という有名な一節だそうで、
私は宗教にはあまり詳しくないのですが、
諸行無常の意味がかみしめられるお話でした。



法話のなかでこんなお話をされました。

今日こうやって一人の方の命が失われたことを
嘆き悲しんでいるみなさんも、

この次の瞬間に大きな地震が起きて、
このお寺の屋根が崩れ落ち、命を落としてしまうかもしれません。

今日帰りに車で交通事故に遭い、
命を落とす人もいるかもしれません。

朝にはイキイキとしていても、
夕方には白骨になっているかもしれないのです。




諸行無常です。

しかし、だからこそ、私たちはいまを一生懸命生きなければならない。




そのようなお話でした。

なるほどと思いながら、その後に
喪主の方のご挨拶があったのですが、

その途中に大きな余震が本当に来て、
参列したみなさんも動揺されていました。

まだ地震は終わっていません。



友人の死を悲しむ自分が、
明日には死んでいるかもしれない。

自分より長く生きていくはずのわが子が
自分より早く死んでしまうかもしれない。



行く河の流れは絶えずして、しかも、もとの水にあらず。



諸行無常だからこそ、
生きている今、
この瞬間を大切に生きたいと
あらためて感じました。





(第227号 平成23年4月29日発行)



福島のaveの「福の歌」

2012年10月21日 18:00


ave 福の歌~頑張っぺver.~/歌詞&スライドショーつき
http://youtu.be/M_U1WB7fq7o





先日ある場所で、
aveさんの生歌を聞いて歌詞に心動かされました。
若い人もじんつぁんばんつぁんも聞き入ってました。

ave(エイウ゛)は、
福島県福島市を中心に音楽活動しているシンガーソングライター。

11/16(金)に、
1200人キャパの福島市公会堂にて単独コンサートを行うそうです。


aveオフィシャルサイトより引用します。
http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=ave20xx

───────────────────────────────────
【引用ここから】


Acoustic Variety Entertainment(エイヴ)

シンガーソングライター 1978.11.03生。

福島県福島市出身、同県同市在住。


アコースティックギター片手に、地元福島を拠点に関東圏でもライヴを展開。
ラジオ番組のパーソナリティ、TVCMへの出演、楽曲提供など、精力的に活動中。

ラヴソングを中心に、情景が浮かびやすいシンプルな言葉で、ドラマにはならないような身近な音楽を紡ぎだすシンガーソングライタ─。


■■活動歴■■
1999年から3年半、2人組で活動。
2002年9月よりave(エイヴ)として活動。
2009年2月、福島テルサにて沢田知可子氏のコンサートにゲスト出演。
4月、福島市公会堂にて初めての単独コンサートを敢行(集客数1000人)。
5月、3rdシングル『福の歌』をリリース。
2011年3月、東日本大震災にて『福の歌~頑張っぺver.~』を制作したところ、県内外、海外からも反響を頂き、各種メディアで取り上げられる。


【引用ここまで】
───────────────────────────────────


歌詞の中で共感するところが多いのですが、


 誰かのせいにすれば容易い事を
 自分のせいにして立ち上がろう


 いつか君がこの町で暮らしたいと
 言ってくれたら幸せだろう
 君の故郷になれるよう
 まずは僕が動きだそう


これがいいなあと思います。


まずは僕らが動き出すことが大事なんだなと。










ave 福の歌~頑張っぺver.~/歌詞&スライドショーつき
http://youtu.be/M_U1WB7fq7o

東北の右腕を募集─【7/1開催】みちのく仕事マッチングフェア

2012年06月29日 18:00

東日本大震災から1年以上がたち、

ひところよりは平常に戻った生活を、
多くの方々は送っておられることと思います。

テレビや新聞などの報道も少なくなり、
震災は過去の話になりつつあります。

[ 続きを読む ]




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx