Category[ 起業・独立の話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

中小企業経営支援の専門家に相談をする政府のサイト─私もミラサポ派遣専門家の登録をしています

2020年03月19日 23:59

R20320 ミラサポ専門家相談



「派遣専門家 検索・申請」(ミラサポ)
⇒ https://www.mirasapo.jp/specialist/index.html

新型コロナウイルスにより、
中小企業・小規模事業者の方々の経営が厳しくなっているということで、
様々な支援策をこのメルマガでもお伝えしてきましたが、
「ミラサポ」という政府による専門家経営支援のサイトがあります

これによって、専門家のアドバイスを受けながら、
経営の様々な課題を解決していくということができるわけです。

───────────────────

「新しく事業を始めたいけど、何から手をつけていいかわからない
「資金調達の方法が分からない」、
「そろそろ海外との取引も開始したいけど実績がない...」
「ITを活用して、販路拡大を実現したい」
「IT導入補助金を活用し、ITツールの導入に繋げたい」。
そんなときは、ひとりで悩まず、専門家に相談してみましょう。

専門家派遣では、中小企業の経営に関わる各分野の専門家が、
課題解決の第一歩に向けたお手伝いをします。
派遣による相談は今年度2月末までの間に、原則3回まで無料で受けられます。
ただし、予算の消化状況によっては、
それよりも早く終了する場合があります。
専門家派遣を希望する場合は、
お近くの「よろず支援拠点」や「地域プラットフォーム」へご相談ください。
───────────────────

「平成30年度専門家派遣事例」(ミラサポ)
⇒ https://www.mirasapo.jp/specialist/files/h30_case_01-2.pdf


実は私も専門家登録しています。
このサイトから、経営支援の専門家を探し、
様々な経営の知識や事例、アイデアを取り入れて、
経営の安定化に役立ててみてはいかがでしょうか。

このサイトからぜひご相談してみてください。

個人事業主の方の税負担を減らす仕組み

2019年11月21日 23:14

322c606221807022824577a8d0683ddc_s.jpg



個人事業主の方には「小規模企業共済」の加入をし、
税金を一定程度減らすことができるという仕組みがあります。


小規模企業共済(中小機構)
⇒ http://www.smrj.go.jp/kyosai/skyosai/


──────────────────
【引用ここから】

小規模企業の経営者や役員の方が、
廃業や退職時の生活資金などのために積み立てる「小規模企業共済制度」。

掛金が全額所得控除できるなどの税制メリットに加え、
事業資金の借入れもできる、
おトクで安心な小規模企業の経営者のための「退職金制度」です。

【引用ここまで】
──────────────────



この共済は、小規模企業の経営者や役員の方が、
廃業や退職時の生活資金などのために積み立てる「小規模企業共済制度」。

掛け金は月1000円から7万円。
変更することも可能ですので、
売上変動の波に対応することができるでしょう。


事業経営されている方で
この共済について知らない
という方もけっこういらっしゃるので、
オススメをしているところです。

税金や保険料負担が減るならば、
それはそれでありがたいのですが、

こうした制度を知っていれば税負担が軽くなりますし、
経営安定化にもつながりますので、
特に小規模事業、個人事業主の方などには検討をしていただきたいなと思います。


飲食店の売上をすぐにあげる方法

2019年08月29日 23:59

64cbf1f9b73d0d80a5103981b05e0acf_s.jpg



最近私がいただくご相談の内容は
起業から離れたものが多いですが、
つくる仙台の活動が活発であったときには、
経営のご相談をいただくことが多くありました。

起業したいという相談が多かったわけですが、
なかには既に経営をはじめて数年たっているが売上が低迷している、
資金繰りが厳しい、そういう相談が多くありました。


その解決の手法については、
お伝えしたりセミナーで説明したりしてきたわけですが、

「飲食店の売上を上げる方法」

について今日はお伝えしたいと思います。


この手法を読んで、
「もうそんなことはすでにやっているよ」、
という経営者の方も多いと思いますが、
意外と知られていないことであるので、
お伝えしたいと思います。

それはまず第一に、

「メニュー1品目の価格、原価、日別売上個数を把握する」

ということです。

そんなのやっているという方はまずよいわけですが、
飲食店を始めてこれをやっていない方が
意外とけっこう多くいらっしゃいます。

まじめな経営者の方でも、最初はやっていたが
だんだんめんどくさくなって
いまは見ていないという人もいらっしゃいます。


ラーメン屋さんなら味噌ラーメン、チャーシューメン、ぎょうざなど、
メニューごとに価格と原価をしっかり把握し、
毎日どれくらいの個数が売れているかメニュー別に把握します。


まずはこの把握が第一で、
その次にやることは「ABC分析」です。

この「ABC分析」を定期的に実施し見直しをかけていき、
売れ行きやメニューの変更、価格設定につなげていきます。


それでは「ABC分析」とは何か。

これは「売上」と「利益」を
メニューごとに分析する手法です。

「売上」「利益」ともにABCランクに分類します。
原価と価格がわかっていれば、
メニューごとに「利益」を見ることはできますね。

まず、「売上」の多いものをA、中ぐらいをB、少ないものをCとします。
次に、「利益」の多いものをA、中ぐらいをB、少ないものをCとします。

「売上」Aかつ「利益」Aであれば、
それはそのお店の最重要メニューです。
メニュー表で強調したり、もっと売れる販売戦略を考えるとよいですね。

「売上」Aかつ「利益」Bのメニューは、
黙っていても売れるので、よく見ておかなければなりません。

「売上」Bかつ「利益」Aのメニューは、
必要なメニューであり、注文数を増やせるような工夫が必要。

「売上」Aかつ「利益」Cのメニューは、
これはやっかい。価格を再設定したり、原価を見直すことも必要。

「売上」Cかつ「利益」Aのメニューは、
見過ごされているもったいないメニューなので、
メニュー表の強調や、押し出し、提案を考えるとよいですね。

たとえば「売上」Cかつ「利益」Cのメニューは、
廃止することも検討する必要があります。


よく売れているけれども少しももうからないメニューが
どれかということがわかっているかどうか。
わかっているならば、値上げをするのか、量を落とすか、原価を再設定するか。

そうでなければ、人気はあるのですから、
季節限定セール商品にして利益度外視で販売するという手法もあります。



飲食店の経営をされている方は、
日々大変なことと思います。
私たち消費者の見えないご苦労、努力がたくさんあることと思います。
そして毎日忙しく、数字を把握する暇なんかないという方も多いことでしょう。

しかしこうした経営分析をやっていない方が、
数字を把握し、メニューを変えるだけで、
すぐに売り上げが上がった、利益が上がったという事例は本当に多いです。

過去につくる仙台でも成功事例がいくつもありました。


まずは足元を固めるということで、
メニューの把握から始めてみてはいかがでしょうか。

自営業の方の国保負担を減らすことはむずかしいが、税負担を減らす仕組みはある

2019年06月27日 23:59

3c5c45c7d85e418facfc0075337b1188_s.jpg


宮城県議会6月議会で論戦が活発に行われています。

この議会で共産党の議員が、
自営業をしている方などの国民健康保険負担が大きく、
削減するべきとの主張をしていました。

税や保険料の負担は、
基本的に前年の所得を基に計算され、
売上に波がある自営業の場合、
景気がよかった年の次の年の負担は大きくなり、
その年の売り上げが少ないと支払いが大変であったりします。

国保負担を減らした分の財源はどうするのか
という議論はここではひとまず置いておいて、

国保負担を減らすことはできないものの、
個人事業主の方には「小規模企業共済」の加入をし、
税金を一定程度減らすことができるという仕組みがあります。


⇒ 小規模企業共済(中小機構)


この共催は、小規模企業の経営者や役員の方が、
廃業や退職時の生活資金などのために積み立てる「小規模企業共済制度」。

掛金が全額所得控除できるなどの税制メリットに加え、
事業資金の借入れもできる、
おトクで安心な小規模企業の経営者のための「退職金制度」です。

掛け金は月1000円から7万円。
変更することも可能ですので、
売上変動の波に対応することができるでしょう。


事業経営されている方で
この共済について知らない
という方もけっこういらっしゃるので、
オススメをしているところです。

税金や保険料負担が減るならば、
それはそれでありがたいのですが、

こうした制度を知っていれば税負担が軽くなりますし、
経営安定化にもつながりますので、
特に小規模事業、個人事業主の方などには検討をしていただきたいなと思います。


起業直後の不安や焦りをどうとらえるべきか

2019年06月22日 23:59

3e2cfc1c98933e8880c53f1271791313_s.jpg


起業家は事業計画をつくっていたり、
お店ができ上がっていく途中を見ていると、
けっこう楽しいものです。

スタートアップ直前は夢にあふれているわけですが、
ほとんどの場合、スタートした後に大きな不安に襲われます。


売上が予想したよりも上がらない。
資金繰りがうまくいかない。
売上が上がっても人手不足でまわらない。


などなど、様々な不安や焦りが生まれてくるものです。


どんなにすぐれた起業家であっても、
資金が豊富な起業であっても、

起業直後は「失敗するんじゃないだろうか」という不安や焦りが、
さらに増幅するものです。


選挙に初めて出ようという場合も同様ですね。


そんな不安や焦りを抱えたときどうすべきか?


一つの考え方ですが、こうした

「不安や焦りを持つことは、よいことだ」

ととらえることが大事です。

私も過去に何回もこうした不安や焦りを経験しましたが、
この感覚を持っているときの自分が、
最も成長しているときだったと言えます。

不安も焦りも感じないときは、
のんびりしていて精神的にはいいのですが、
自分の能力としては向上しないなあと思います。


この状況が自分にとってプラスであると
前向きにとらえることが大事ですね。


できれば、この不安や焦りを他者への批判などに振り向けないよう
注意も必要です。

焦れば焦るほど苛立ち、
どうしてもまわりに当たってしまったり、
かえってトラブルを起こしてしまったりする人もいたりするものです。

ですので、気分転換の手法を
用意しておくことも大事ですね。


いずれにしても、
起業直後の不安や焦りもとらえ方次第で、
よい方向に転換させることができるわけです。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx