Category[ ハーバードビジネスレビュー ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる ─ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法 ─リンクトイン創業者リード・ホフマン氏─DIAMOND Harvard Business Review

2016年08月11日 23:59

リンクトイン創業者のリード・ホフマン氏が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2016年8月号』に、


「ネットワーク時代は『組織の拡大』が肝になる
 ブリッツスケール:劇的な成長を遂げる唯一の方法」



というインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。

[ 続きを読む ]

【再録】共感は、人類の資本である─DIAMOND Harvard Business Review

2016年02月25日 18:00

京都大学大学院理学研究科長であり、
国際霊長類学会の会長でもある、

山極壽一さんが、

『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号』に、


「共感は、人類の資本である」

というコラムを書いておられますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号


山極のコラムによると、

人間は、言葉でメッセージを伝え、相手に働きかけることができるが、

人間以外の霊長類は言語を持たないため、視線、あるいは身体を使って同調を試みる

のだそうです。


人間も言語を持つ前は、
そのようにしてコミュニケーションをとったのだろうと
山極は推測していますが、

その例として、音楽と踊りがあったのだそうです。

音楽と踊りのように、
体の動きを通じて、

人が人に共感するという心を、人間は作り上げます。


そこに言語が加わり、
場を共有せずとも、他人に伝え、
あたかも見たように感じさせることができるようになります。


現在バーチャルの共同体では、
SNSなどを見る限り、

言語が人間の感情を支配し始めていて、
そこでのコミュニケーションは相互の信頼を生みにくくなっていると。

言葉が身体を制御できない状態に陥っていると、
山極は指摘しています。


加えて、言語は論理を語るため、
曖昧さを排除し、
その結果、「言語は人間の共感を担保しない」。


2006年、ハリケーン・カトリーナに対する前政権の対応のまずさを批判してきた
バラク・オバマ(当時上院議員)は、

「私たちは共感面での赤字について、もっと語るべきだろう」

と演説していました。


利便性や効率性を追求するあまり、
自己の利益が他人の不利益を招いても無関心。

これまで人間関係を支えて来た共感能力という
社会関係資本が劣化し、

社会全体の利他のバランスが崩れたこの状態を、
オバマは赤字と表現したのでした。


霊長類の社会的知能研究で第一人者として知られる、
フランス・ドゥ・ヴァールも、

物質的豊かさよりも共感という人間本来の能力を活かした社会を作るべき、
と述べて、

共感のメカニズムを探っています。

結論として山極は、
相手と同調できる部分を自分から相手に提示し、
身体でわかることを十分に経験として積む。

その結果、我々は、
共感という資本からもっと多くの「報酬」を享受できるはずだ、
と述べています。



共感が人を動かすということはよく言われてきたことですが、
共感が、人類の資本であるという表現は、
なるほどそうだなあと感じます。










DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年12月号



特集 [ケース・スタディ]リーダーの役割と使命

持続可能性との両立
コカ・コーラ:10年間で事業を2倍に成長させる
ムーター・ケント ザ・コカ・コーラ・カンパニー 会長兼CEO

成長企業のリーダーは進化を追求し続ける
ウォルト・ディズニー:伝統を守り、伝統を壊す
ロバート A. アイガー ウォルト・ディズニー・カンパニー 社長兼CEO

コンシャス・キャピタリズムを貫く
ホールフーズ:利益や株価は二の次である
ジョン・マッキー ホールフーズ・マーケット 共同創業者兼共同CEO

メグ・ホイットマン後の成長戦略
イーベイ:「構え、撃て、そして狙え」
ジョン・ドナホー イーベイ 社長兼CEO

コスト削減ではなく、成長を目指した変革
1年半で再建を成し遂げる
グレゴリー S. ベイブ バイエル・コーポレーション 社長兼CEO

インド発BPO企業の成功物語
GEの遺伝子を継承し、世界に飛躍する
プラモッド・バシン ジェンパクト 創業者

ヨルダンの国際宅配便企業の臥薪嘗胆
フェデックスやDHLに挑む
ファディ・ガンドゥール アラメックス・インターナショナル 創業者兼CEO

想定外のリコール騒動から得た教訓
業界リーダーの使命
ファルザド・ラステガー マクラーレンUSA CEO

成長拡大期の後継者選び
リーダーの要件は発展段階で変わる
ジェフリー・ホレンダー セブンス・ジェネレーション 共同創業者
ビル・ブリーン 元 セブンス・ジェネレーション 編集ディレクター


HBR Article

グーグル、インテル、GE、ファイザーの取り組みに学ぶ
新興国の女性人材を獲得する法
シルビア・アン・ヒューレット センター・フォー・ワークライフ・ポリシー 所長
リパ・ラシッド センター・フォー・ワークライフ・ポリシー シニア・バイス・プレジデント

700超の事例調査が教える
BOP市場開拓のベスト・プラクティス
アシシ・カラムチャンダニ モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー
マイク・クブザンスキー モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー
ニシャント・ラルワニ モニター・グループ モニター・インクルーシブ・マーケット・イニシアティブ リーダー

OPINION

共感は、人類の資本である
山極壽一 京都大学大学院 理学研究科長 国際霊長類学会 会長

CHIEF OFFICERS

不確実性の時代にこそ求められるシミュレーションの力
服部正太 構造計画研究所 代表取締役社長 CEO





(第442号 平成23年11月30日(水)発行)

【再録】再起力とは何か─再起力の高い人材や組織に共通する三要件

2015年10月24日 18:00

元「ハーバードビジネスレビュー」シニアエディターのダイアンL.クーツが、

『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年5月号』に、

「再起力とは何か」と題して、


危機や困難、あるいは未知の課題に遭遇した時に求められる力について、
そして、再起力の高い人材や組織に共通する三要件について

解説していますので、紹介したいと思います。

[ 続きを読む ]

【再録】マネジメントの危機を超えて【インタビュー】コミュニティシップ:社会を変える第3の力─ヘンリー・ミンツバーグ─DIAMOND Harvard Business Review

2015年10月21日 18:00

マギル大学のヘンリー・ミンツバーグ教授が、


『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号』に、


「コミュニティシップ:社会を変える第3の力」

という内容でインタビューを受けていますので、
これをみなさんにシェアしたいと思います。


DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2013年7月号

[ 続きを読む ]

【再録】交渉に重要な5つの戦略とは?─アフガニスタンでの教訓に学ぶ危急存亡時の交渉術

2015年10月20日 18:00

昨日に続き、
『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年 02月号』

の様々な論文の中から、


アメリカ陸軍士官学校非常勤教授 ジェフ・ワイス
アメリカ陸軍士官学校助教授 アラム・ドニギアン
バンテージ・パートナーズパートナー ジョナサン・ヒューズ

「アフガニスタンでの教訓に学ぶ危急存亡時の交渉術」


をみなさんにシェアしたいと思います。


ビジネスを進めるにあたって、
とりわけリーダーは、

交渉の場に立つ

ことが多いと思われます。

仕事によっては、
危うい交渉もあるでしょう。

当事者から見れば、そんなときは、
素早く行動し、支配権を握り、脅しに頼り、
どんな犠牲を払っても緊張を和らげたいと
考えることでしょう。

結果として、妥協を強いられたり、
相手側の抵抗が高まって合意が難しくなったり、
合意そのものにより自分たちがリスクにさらされることも
ありえます。


この論文では、こうした交渉に際する
ビジネスのヒントを、

アフガニスタンやイラクの危険地域で活躍する
軍の士官たちの戦略から

学ぼうというものです。


映画さながらのリアルな現場は、
非常に勉強になります。


この論文では六年間にわたり、
士官たちが危険な現場でどのように争いを解決し、
相手を動かしているかを研究したもの。

その結果、士官の中でも特に交渉に長けたものは、
非常に効果的な五つの戦略を使っていたそうです。


────────────────────────

【交渉に重要な五つの戦略】


1、大局をつかむ。

2、隠れた問題を明らかにし、相手側と協働する。

3、心から受け入れてもらう。

4、恐怖ではなく信頼に基づいた関係を築く。

5、望みどおりの結果を出すことだけでなく、プロセスにも注意を払う。


────────────────────────


この論文では五つの戦略ごとに、
成功例と失敗例が挙げられており、
それぞれなるほどそうなるだろうなと思うものばかりですが、

実際の現場に立ってみると
自分は失敗例の選択を行ってしまうのではないかと
読みながら、思考を深めました。


この戦略の実行にあたり、
それぞれ

「してはいけないこと」
「すべきこと」

が明示されて図表化されていましたので、
その一部を抜粋してみます。



【1、大局をつかむ】

してはいけないこと

→すべての事実を把握していると思いこむ。「~だということは明らかである」

すべきこと

→興味を示す。「あなたがこの状況をどう見るか教えてください」



【2、動機を探り、協働する】

してはいけないこと

→相手の要求をそのまま飲む(断る)

すべきこと

→「どうしてそれがあなたにとって大切なのか」と尋ねる。



【3、心から受け入れてもらう】

してはいけないこと

→脅迫する。「協力したほうがいいですよ。さもないと~」

すべきこと

→関係者の立場を考える。「お互いの仲間にこの合意をどう説明しようか」



【4、最初に信頼を築く】

してはいけないこと

→協力関係を「買おう」とする。

すべきこと

→自分の力が不足していたため、もしくは自分が約束を破ったために相手側に損失が出て、その補償が正当であるときにのみ、譲歩する。



【5、プロセスに注意を払う】

してはいけないこと

→その行動が、現在、そして将来の交渉にもたらす影響を無視する。

すべきこと

→ペースを落とす。「合意するには早いが、拒否するつもりもない。もう少し考えてみる価値がある」




このように五つの戦略ごとに参考になる、

「してはいけないこと」「すべきこと」

がいくつかあげられており、
具体例を抽象化し普遍化することによって、
私たちのビジネスに大いに参考になるものがあると思います。


この五つの戦略のうち、

四番目の「最初に信頼を築く」というものの

具体的事例についてなるほどと思ったので、

明日はこれを掘り下げてみたいと思います。





『DIAMOND Harvard Business Review (ハーバード・ビジネス・レビュー) 2011年 02月号』


Feature Articles
「本物のリーダー」
養成講座

スターバックス:誤りを認めるのが、本物のリーダー
スターバックス CEO
ハワード・シュルツ

グーグル:上場しても「らしさ」を失わない
グーグル 会長兼CEO
エリック・シュミット

ゼロックス:正しい後継者の育て方
元 ゼロックス 会長兼CEO
アン・マルケイヒー

HCL:従業員第一主義の経営
HCLテクノロジーズ 社長兼CEO
ビニート・ナイア

自分のアイデアを支持させる技術
ハーバード・ビジネス・スクール名誉教授
ジョン P. コッター

非常時のリーダーシップ
元 アメリカ沿岸警備隊 司令官
タッド・アレン

部下を守る「盾」となれるか
スタンフォード大学 教授
ロバート I. サットン

リーダーが陥る「行動の罠」
シェーファー・コンサルティング 創立者
ロバート H.シェーファー

軍隊に学ぶリーダーシップ講座
ペンシルバニア大学 ウォートン・スクール 教授
マイケル・ユシーム

HBR Articles
世界は集権化されている
タフツ大学 フレッチャー・スクール 教授
アマル・ビデ

危急存亡時の交渉術
アメリカ陸軍士官学校 非常勤教授
ジェフ・ワイス

環境活動家と渡り合う法
ティンバーランド 社長兼CEO
ジェフ・シュワーツ

環境技術版「ムーアの法則」を生み出せ
クライメート・ウェッジ プリンシパル
アレックス・ラウ
シンディカタム・カーボン・キャピタル シニア・バイス・プレジデント
ロバート・トーカー
在ヒューストン英国総領事館 副領事
ジョアン・ハワード

OPINION
「エートス」の無自覚が社会の無規範を生む
首都大学東京 教授
宮台真司







(第125号 11/1/17発行)




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx