Category[ ふるさと仙台の話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

私の原風景ー六郷村の田んぼ

2018年10月15日 23:14

44052381_2375668679127011_530605868975128576_n.jpg 


自分の原点、ここが人生の種だなあというものが
誰しもあるのだと思います。

そしてこの風景を見ると、
自分がリセットされる、
帰ってきたなあという気持ちになる風景がきっとあることでしょう。


私にとってその原風景は、
「仙台平野に田んぼが広がる風景」です。

石狩平野でも、越後平野でも、
田んぼが広がる風景は変わらないのではないかという気もしますが、

太平洋に面した微妙な太陽の位置や、
川や堀に囲まれた田んぼなど微妙に田んぼが広がる風景も違うものです。


そして私は小さいころに仙台平野、地元の六郷地区の田んぼで、
イナゴやカエル、ザリガニなどをよく友達ととって遊んでいたりしたので、
この風景が基準点になっているなあといつも感じます。

霞目駐屯地のそばにある堀を友達と長靴を履いて探検し、
カエルの卵やザリガニを大量に捕獲したり、

田んぼに住む生き物たちと、
青い空と黄金の稲穂の中で格闘していたものです。


いま考えると危険な遊びなので、
大人に怒られてしまうかもしれませんが、

田んぼのまん中でとても楽しかったことを覚えています。


いまは車で田んぼの真ん中の農道を行き来するだけで、
なかなか泥まみれになることはありませんが、

しかしこの六郷地区の田んぼが私の原風景だなあと、
景色を横目にしながらよく感じるものです。


誰しも持っているであろうこうした原風景の存在を
大切にしていきたいと思います。

第47回仙台七夕花火祭、そして仙台七夕まつり

2016年08月05日 23:39

毎年8月5日は仙台七夕花火祭、
そして6日から8日が、
仙台七夕まつりとなっています。

子供のころから、
大きくなっても、
大人になり結婚して子供ができても、

やはりこの時期は一つの山場になるように感じます。


ここを過ぎるとお盆が来る、
そんな感じです。


今年は七夕花火も下の娘と
ゆっくり見ることができましたので、

また新たな七夕花火と向かい合う年代になったなあと感じます。


今年からは仙台市営地下鉄東西線が走っていますので、
私も東西線を使って娘と西公園までやってきました。

まちは変化し、
人の流れもまた変わっていきますね。


昨年までは、仙台JCメンバーとして運営側警備でしたので、
家族とゆっくり見たのははじめてでした。

いままでは余裕がなかったからか、
あまり気づきませんでしたが、
たくさんの人がよろこんで下さっていましたね。


仙台JC、七夕花火祭特別委員会は、
毎年のことですがこの数か月、
準備に準備を重ね、
今日を迎えたことと思います。

たいへんおつかれさまでした。


この花火が仙台市民の、
特に子供たちのこころに
彩り豊かに刻みこまれていくことと思います。


そう考えると、
花火にしても七夕にしても、
日本の伝統文化をしっかりと次の時代に継承していくということが
とても大事であるなあとあらためて感じます。



震災を風化させないことはつらいこと

2016年03月05日 18:00

来週金曜日の3月11日で、
東日本大震災から五年を迎えることになります。

様々な行事が予定されるとともに、
多くの方が東北を訪れ、
テレビやラジオ、新聞などメディアにおいても、

「震災から五年」という言葉が聞こえてくるようになりました。


あれから五年、
早かったような遅かったような、

記憶は鮮明のような曖昧のような、

不思議な感覚です。


震災を風化させてはいけない、
津波はいつ来るかわからない、

これはその通りだと思いますが、

しかし津波のことや、
震災直後の話をいま再び聞くと、

平成23年のあのときの悲しい記憶が呼び戻され、
あのときの風景、
あの人との別れ、

そこから数か月の様々な出来事を思い出すと、
なんだか憂鬱になってしまいます。


震災を風化させないでほしいと思いつつも、
人間はわがままなものです。


複雑な想いではありますが、
まもなく震災から五年。

一つの区切りであり、
次の時代のスタートでもあります。

前を向いて、今後とも、
ふるさと宮城の創生に力を尽くしていきます。

広瀬川への投票をお願いします!─広瀬川が「名水百選選抜総選挙」に出馬

2016年02月21日 18:00

仙台市民にとって、
広瀬川はふるさとの川であり、
都市の真ん中を流れる憩いの場でもあります。

春には桜並木が、
夏には花火が、
秋には河原で芋煮会、
そして鮭がのぼってきたりと、

四季折々の顔を見せてくれます。


昨年9月の豪雨により、
広瀬川の厳しい一面も垣間見ましたが、
私にとってはやはりふるさとの川ですね。

高校時代、
つかれはてたときには、
弊衣破帽に高下駄をはいてマントに身を包みながら、
広瀬川の河原で昼寝をしたものです。

野良犬がやってきて、
よくちょっかいを出してきたものです。

花火でもよく遊びましたね。


そんな仙台の広瀬川が、

「出馬」

をしたということで、これは応援せねばと思い、
ぜひみなさんに投票のお願いです。


名水百選総選挙が現在実施されており、
わが広瀬川が出馬しております。


景観がすばらしい名水部門



────────────────────────────────
【引用ここから】

広瀬川
仙台市(宮城県)

名水の特徴:
水源を奥羽山脈の関山峠付近に持ち、
仙台市街地を西部丘陵から南東方向に還流する都市内一級河川。

他の都市内河川の多くとは異なり、中流域の段丘面に市街地を有することから、
発達した瀬や淵、自然崖とそれにより育まれる河川生態系を
都市内で間近に見ることができる数少ない河川である。


場所特徴:
源流から仙台湾に注ぎ込むまでの全流路が仙台市域内で完結し、
雄大な自然景観が臨める上流域、都市部にありながら発達した河岸段丘が壮観な中流域、
市民イベント等の開催が盛んで公園緑地が広がる下流域からなる。


PRポイント:
杜の都・仙台は広瀬川が長い年月をかけて
大地を削ってできた河岸段丘上に発展しました。

その広瀬川の中流を歩く散策路は、
「新日本歩く道紀行100選」にも選出されており、
四季折々の自然を楽しむことができます。


【引用ここまで】
────────────────────────────────


ぜひ清き一票を広瀬川にお願いいたします!

仙台に音楽ホールを!

2016年01月16日 18:00

「仙台に音楽ホールを!」

とのことで、2000席規模の音楽ホールの建設を
求める活動が行われています。

震災により、音楽堂建設の話は立ち消えになっていましたが、
都市の文化を振興するという意味でも、

また国際的な拠点都市として
仙台・宮城のブランドを位置付けていくためにも、
大規模音楽ホールが都心にあることは必要だろうと思います。

運動はまだ始まったばかりですが、
ご関心ある方はぜひご覧ください。


──────────────────────────
【引用ここから】

東日本大震災の発生以来、
地域の音楽家や音楽団体は、
音楽を通じての様々な支援活動の中で、
改めて「音楽の力」を痛感し、

その拠点となる新しい音楽ホールの早期建設を
それぞれの立場から訴えてきました。

そして平成27年9月8日、これらの想いを持つ団体が結束し、
楽都・仙台に復興祈念「2000席規模の音楽ホール」を!市民会議を立ち上げました。

音楽ホール建設には長い時間と莫大な費用がかかります。

震災復興もまだ道半ばですが、
それでも市民が集い、歌い、奏で、共鳴する空間を創り、街の活力を高めていくことは、
大震災からの復興にとっても重要なことと考えます。

音楽ホールは、決して音楽を演奏する人のためのものではありません。

すべての県民・市民の共通の財産です。
この市民会議の活動の輪を広げ、想いをカタチにするために、
みなさまの力強い「ご賛同」と確かな「ご支援」をお願いいたします。

【引用ここまで】
──────────────────────────


楽都・仙台に復興祈念『2000席規模の音楽ホール』を!市民会議





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx