Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

失敗の捉え方を変える

2017年09月11日 21:44

このメルマガを読んでいる方が
どれくらいいるのかわかりませんが、

私がまだお会いしたことのない方が
たくさん読んでくださっているようです。


時折いただくメルマガの感想メールが
私の何よりの支えなのですが、

仙台だけでなく全国各地、
そして時には海外でもこのメルマガを読んでくださっている方が
たくさんいるということを知り、けっこうな驚きです。


そしてたくさんの人が読んでいるということは、
読者の方々の住んでいるところだけでなく
年齢もまちまちであり、
仕事もまちまち、
いま置かれている状況もまちまちでしょう。


いま人生のよろこびの頂点にいる方もいれば、
苦しみもがいている時であるという方もいらっしゃるでしょう。

今日は怒りに満ちた一日だったという方もいれば、
涙が止まらない毎日だという方もいらっしゃるでしょう。


つらく厳しい毎日であったとしても、
つらさをどうとらえることができるか、
この捉え方によって
人生を大きく変えることができるのではないかと私は思っています。



その昔、エジソンという人がいました。

小学生でも知っている歴史上の人物ですので、
多くの方がご存知かと思いますが、

エジソンは正式な教育を受けていなかったにもかかわらず、
科学の分野で多くの業績をあげました。

なかでも白熱電球を完成させようと、
エジソンは実験に実験を重ね、
その実験の「失敗」の回数は、なんと、


約1万回!


だったそうです。

1万回の失敗。
何とも想像できませんが、
ものすごい失敗の数々ですね。

あるときエジソンは、

「もし白熱電球が発明できなかったら、
 あなたは今頃どうしていると思いますか?」

と尋ねられ、

「もしそうであるならば、
 私はいまも実験室にこもって実験を続けているだろうから、
 あなたと会ってこのように話をしている暇はなかっただろうね」

と答えたのだそうです。

エジソンは、
「失敗」をそもそも認識していなかったのですね。


「失敗を失敗と捉えない」
「成功するための挑戦」と捉えていたわけです。




アメリカの作家、ナポレオン・ヒルが、

「平均的な人間が、
 落胆して途中で投げ出さない失敗の回数は何回なのか?」

ということを、多くの男女対象で
忍耐力についての調査を行ったことがありました。

その結果はどうだったか?


調査した人たちの大半は、


「一度の挫折で投げ出していた」


ということがわかります。

二度目もまだ挑戦を続けるという人は、
ごくわずか。


それどころか、
実際のところ、

圧倒的多数の人は、

「挫折する前にやめてしまっていた」

ということもわかります。


その理由は、
何かを始める前に挫折することを予想して、
結局は何もやろうとしないためでした。



エジソンの話や、
ナポレオン・ヒルの調査からわかること。

それは、


「失敗を、失敗と認識しない
 ということが重要」


ということです。


悲しさ、つらさの捉え方を変えてみる。

そうすれば挫折を意識せずに、
挑戦を継続していくことができます。


成功するためには、
失敗を認識しないようにし、
挑戦を続けることが大事ということですね。

【再録】苦しめば苦しむほど、喜びは大きくなる

2017年09月04日 22:16

私は一時期、山登りに勤しんでいたときがあって、
いろいろな山に登りました。

登山というのはよく人生にたとえられますが、
山があれば谷があり、

景色の美しい場所で楽しんでいたと思えば、
突然大雨や雷に打たれ危ない目にあうということもよくあります。


そして山登りをしていると、
急な登りで苦しみ、息もできなくなった後に頂上へつき、
そこから見る景色は何物にも代えがたい美しさだということを知りました。


苦しめば苦しむほど、喜びが大きくなる


わけです。

残念ながら高尾山にロープウェイを使って登山すると、
あっという間に頂上につきます。

確かに頂上なので景色はいいのですが、
喜びはさほどではありません。


一方で、私は二年連続富士山に登ったことがあります。

一年目は運の悪いことに大雨に打たれ、体温が下がり、
頂上目前にして呼吸が苦しくなって登頂を断念しました。

リベンジを賭けた二年目、
苦しい思いをしながらもなんとか頂上に登り、
そのときに見た御来光がなんと美しかったことか。


苦しみが大きかった分、
富士山のてっぺんに行った喜びは大きいものでした。


そう考えてみると、人生も一緒ですね。

苦しみが大きければ大きいほど、よろこびもまたひとしお。
そう考えると「苦しみ」そのものは悪いものでもありません。


私は苦しみは悪いと思わないのですが、
何もしないことはよくないと思います。

山に登ろうとしなければ、
苦しみもないわけですが、喜びもないわけです。

経験自体が存在しない。


そうだとすれば、
「苦しみ」は大いに受け入れ、
挑戦しないことそのものは損だと考える。

そう考えると物の見方が変わってくるのではないかと思います。





(第1077号 平成25年8月26日(月)発行)

ひとりでは大きくなれません

2017年08月28日 23:24

結婚して子供ができて、
赤ちゃんを育てると、
毎日が大変です。

夜中も泣き続けますし、
すぐ病気になりやすいですし、

抱っこしてすやすや眠ったと思ったら、
ちょっとした音が鳴っただけで、
泣き続けたり。

一緒に寝る親は睡眠不足になってしまうものです。


うちの子たちが赤ちゃんの頃、
夜中にだっこして眠るまで、
何度も歩き回ったことを思い出します。


大変な経験をして初めてわかることは、

「人間はひとりでは大きくなれない」

ということです。


どう考えても、
逆立ちしたって、
赤ちゃんはひとりでは生きていけません。

お母さんの存在はとても大きいものですが、
お母さんだけでなくたくさんの力のおかげで赤ちゃんは大きくなります。

自分が生まれたとき、
親は大変だったんだろうなと親になってみるとよくわかりますね。





さて、私は会社を起業しました。

つくる仙台は起業を応援する事業なので、
事業の立ち上げも何度も見てきました。

ともに悩み、
ともにつくり、
ともに喜びました。

いくつもいくつも事業を立ち上げていって分かったことは、

「会社はひとりでは大きくなれない」

ということです。


起業家の志から事業はスタートしますが、

仕入れ先があり、
提携先があり、
お客様があり、
金融機関があり、
出資者があり、

いろいろな人のおかげで事業は回転していきます。


たくさんの人たちのおかげで、
いまこうして生きている。

たくさんの人たちのおかげで、
会社は継続していける。


本当にありがたいことだと思います。

ときどき、
自分が生まれたときのことに思いをはせてみたり、

事業が誕生したときの志に立ち返ってみたり、
あるいは自分の勤める会社の創業の苦労を感じてみたり、

その結果、
いまある自分の存在が
ありがたいことだなあと思えれば、
さらなる火が自らの中に生まれてくることと思います。




私は一政治家として、
10,041人に名前を書いていただきました。

そしてたくさんの人が名前を書いてくれるように動いてくださり、
ときには断られ、ときには無視されても動いてくださった方が、
何人もいたからこその、10,041人という数字です。

そういう光景が目に浮かんでくると、
本当にありがたいことだと思いますし、
そんなパワーに思いをいたすと、
さらに頑張らなければと力がわいてくるものです。


政治家こそ、
一人では大きくなれませんね。

プライドを捨て、力を借りよう、ダウンサイジングしよう

2017年08月14日 23:59


私は仕事柄、そして性格もあってか、
いろいろな人の人生と関わることが多いです。

よいこともあれば悪いこともあり、

「勝幸さんのおかげで人生がよくなりました!」

と言ってくださる方もあれば、

きっと私のことを恨んでいる方もなかにはいることでしょう。

まあでも、自分としてはやれるだけのことは常にやっているので、
最後は「自分自身の勝負ですよ」と思っていますし、
そのようにも伝えているところです。


人生にはバイオリズムがあって、
たくさんの人の人生を見ていると、

上昇気流に乗っているなあと思う人もいれば、
今は大変だろうけどここを乗り切れば大丈夫だから、
と思うような人もいます。


上昇の人生、下降の人生、
さまざまな人生がありますが、

人間、長く生きていけばいくほど、
人には言えないくらいつらい思いをすることがたくさん出てきます。


そんなときは遠慮なく、
まわりの力を借りたほうがよいと思います。


私もまあ今でもつらいときが
しょっちゅうあるのですが、

落選したときもそうでしたが、
いろんな方々に助けていただきました。


あらためてその方々にお礼申し上げたい気持ちでいっぱいですが、
いまは私に与えられたそれぞれの立場で、
いい仕事をして、世の中をよりよくしていくことで、
私がつらいときに助けていただいた方々にお返しをしているつもりです。

まわりまわってお返しが届きます(はずです)!


そして、まわりの方々に助けてもらったり、
またときには自分自身の人生をダウンサイジングしたりすること、
こうしたことはつらいことと感じたり、
プライドが許さなかったりする方もいるかもしれません。


でもやはり遠慮なく、
お願いして力を借り、
自分自身をダウンサイジングすることもいとわない、
そんな姿勢が後々に自分を向上させていくことにつながることと思います。


経営者の人生にもそんな流れがよくありますね。
政治家の人生はさらに大波です。。。


いずれにしましても、
一人で悩まず、苦しまず、
打つ手は無限にありますので、
たくさんの周りの人に相談したり、力を借りたりして、
自らのダウンサイジングをいとわないことが、

のちの成功につながるのではないかと思っているところです。



老いない方法

2017年06月05日 21:22

精神面での若さについて、
松下幸之助は以下のように言っています。


「精神的には何歳になろうとも、
 青年時代と同じ気持ちを持ち続けることができるはずだ。

 その精神面での若さというものを決して失いたくないというのが、
 かねての僕の願いなのである。」


また、思想家の安岡正篤は、

「早く老いることの原因は、
 肉体より精神にあります」

と言っています。


二人の先人が言っていることから言えることは、

「自分はまだまだ若い」

と思っていることが、
若さを保つ大きな要因になるということだと思います。


「年相応に」と考えると、
それなりの精神、肉体になっていくのでしょう。


80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんは、

「人間は何歳になっても、
 筋力や体力を向上させることができる」

と言っていますし、
実際に三浦さんは60代のころはメタボ体型だったにもかかわらず
そこからトレーニングを積み、
筋肉をつけていったのだそうです。


肉体も頭脳も、
自分は若いと思っていれば、
活発に動いていき、
若さを保つことができるのですね。


私は幸いにして、
40代50代が「若手」と言われる業界で働いているので、
まだまだ「若手」という意識でいます。

そう考えると、
脳も自分が「若手」であると判断してくれているので、
頑張らなければと思うわけです。


「若さ」という概念は相対的なもので、

大学生と話してみると、
彼らは「中学生って若いなあ」と思っているようですし、

90代の老人クラブの幹部の方々から見ると、
「60代70代はまだまだ若い!」と思っているようです。


繰り返しになりますが、
「若さ」は相対的なので、

自分自身がどう思うかがすべてです。


そして「自分は若い」と心で思い描けば、
その通り若くなっていくわけですし、
可能性はまだまだ無限大に広がります。


現在60歳の方でも、
いまの時代90歳まで長生きする方はたくさんいますので、
残り30年間を積極的に生きていこうと思えば、
新たな青春が始まるともいえます。


老いない方法は、
自分の心の中にあるわけですね。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx