Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

「これは運ではない」ー羽生が金 宇野が銀 ピョンチャン五輪 フィギュア男子シングル

2018年02月17日 16:20

冬季五輪が開催されていますが、
本日17日にフィギュアスケート男子シングルで、

日本代表の羽生結弦選手が金メダルを獲得、
宇野昌磨選手が銀メダルを獲得しました。



羽生選手は昨年11月練習中に
「右足関節外側靱帯(じんたい)損傷」で戦線から離れ、

この平昌オリンピックも
出場が危ぶまれていました。


オリンピック団体戦への出場も
「完全回復にあと1週間必要」とのコーチの判断により回避。

11日に現地入りし、約3ヶ月ぶりとなる復帰戦として、
直接個人戦に臨んだのだそうです。



4年前のソチ五輪でも金メダルを獲得し、
数々の大会でも優勝してきた羽生選手は、

この種目66年ぶりとなる五輪二連覇を果たし、
素晴らしい成績であるわけですが、

このケガの三カ月間は、
羽生選手の精神力が問われる三カ月間であったと思いますし、

今回の素晴らしい成績もこの三カ月間をどう過ごしたかというところに、
そのヒントがあるように思います。


ケガをした後の羽生は何をしていたかというと、

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「練習できない時に論文などで調整法を勉強してきた。それが出せた」と胸を張る。
解剖学に加え練習法や計画など文献をあさり、独学で方法論を確立した自負があった。


https://news.yahoo.co.jp/pickup/6272368
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


なんとケガをしていた時期に、
解剖学、練習法や計画などの文献を読み込んでいたのだそうです。


そしてこのケガをした直後のオーサーコーチの反応も興味深いです

オーサーコーチは今回、羽生選手がケガをしたことで、
少しでも身体を休ませることができると安堵したのだとか。

練習量をいつもより落としたり、
ケガのリスクの高いジャンプを削った構成に落ち着かせることができるのではと。

http://www.jprime.jp/articles/-/11164?page=2



「苦難は幸福の門」ということを
このメルマガでもよく紹介していますが、

ケガの3か月をムダにすることなく、
オリンピック金メダル獲得への調整期間としたんだろうなと感じます。



羽生選手は2歳の頃からぜんそくの持病があり、
スケートを始めた当初の目的のひとつは、
ぜんそくを克服することにあったのだそうです。


オリンピックの試合だけをテレビで目にする、
私たち一般の日本人は、
羽生選手の数分の素晴らしい演技と栄光だけしか見ていませんが、

試合の時以外の練習における努力や、
ケガをしているときの努力、
ふだんの努力があるからこその結果なのだと思います。


それから必ず羽生選手は「ありがとうございます」という言葉を、
テレビに映っていない、音声が入っていないときでも、
言っていることがわかります。

多くの支援してくださる方に、
感謝の気持ちを強く持っているのだろうなと、
端々から感じるところです。


オーサー・コーチが語ったという「これは運ではない」という言葉も、
なるほどなと思い、見習わなければとあらためて感じるところです。




また、今回は表彰台で二つの日の丸を見ることができたというのも、
すばらしいことでした。

何かと君が代や日の丸にアレルギーを持たれる方が、
まだこの時代にもいらっしゃるようですが、

自国の国旗を大切にすることは
他国の国旗を大切にすることにもつながりますので、
この姿勢はしっかりと伝えていかなければならないなと思います。


羽生結弦選手のインタビュー前の行動『国旗、国旗だけ誰か、下に置くことはできないので。』と国旗に敬意 → ネットで反響「素晴らしい。さすがの一言」
⇒ https://snjpn.net/archives/43638


当たり前の行動と言えば当たり前なのですが、
私も高校時代、応援団で団旗は地面につけてはならないと、
先輩方から厳しく指導されたことを思い出しました。


どのスポーツでも日本代表レベルになると、
選手は国を背負って戦うことになるので、
日の丸に一般国民よりも強い思いを持つという話を、
スポーツ選手からよく聞きます。

日の丸を背負って活躍する羽生選手はじめ、
日本選手団の皆さんを私たちもさらに応援していかなければなりませんね。



羽生選手と同じ宮城県民、仙台市民の一人として、
震災を乗り越え、世界の頂点に二度も立ったことに敬意を表しながら、
郷土の英雄の活躍に心からうれしく感じ、
誇りに思うところです。




ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】

羽生が金 宇野が銀 ピョンチャン五輪 フィギュア男子シングル
2月17日 14時12分

ピョンチャンオリンピック フィギュアスケートの男子シングルは後半のフリーが行われ、
日本のエース、羽生結弦選手は合計317.85で、
今大会、日本勢で初めて金メダルを獲得し、この種目で66年ぶりとなるオリンピック2連覇を果たしました。

また宇野昌磨選手も合計306.90で銀メダルを獲得し、オリンピックのフィギュアスケートでは初めて日本勢が2人で表彰台に上がりました。

男子シングルは16日、前半のショートプログラムが行われ、17日は上位24人による後半のフリーが行われました。

羽生選手は去年11月に右足首を痛め今回が復帰戦で、
ショートプログラムでは自身が持つ世界最高得点に迫る111.68をマークしてトップに立っていて、
17日は最終グループの4番目、全体の22番目に滑りました。

羽生選手は冒頭の4回転サルコー、次の4回転トーループと2つの4回転ジャンプでスピードに乗った助走から流れるような着氷を見せ、
出来栄えではいずれも満点を得て点数を伸ばしました。
またジャンプの基礎点が1.1倍になる演技後半には、3連続ジャンプを予定していた4回転トーループで着氷が乱れて大きく減点され、
最後に跳んだ3回転ルッツも着氷が乱れましたが、4回転サルコーと3回転トーループの連続ジャンプをはじめ、成功させたジャンプはいずれも高い出来栄えでした。

一方、表現の面では、2シーズン前にも取り入れた平安時代の陰陽師、安倍晴明を描いた映画の曲に合わせ、
曲のリズムを刻むようなステップや体をめいっぱいに使う緩急のある振り付けを見せ、
表現力などを評価する演技構成点では、全体のトップの点数でした。

この結果、世界最高得点である自己ベストには17点余り及ばなかったものの
フリーで2位となる206.17をマークして、合計で317.85となり、
2大会連続となる金メダルを獲得しました。

この種目でオリンピック2連覇を果たしたのは、
アメリカのディック・バトン氏が1948年のサンモリッツ大会と1952年のオスロ大会で2連覇を果たして以来、66年ぶりとなります。

またショートプログラム3位につけた宇野選手は、冒頭の4回転ループで転倒してしまいましたが、
その後の3つの4回転ジャンプは着氷し、さらに情感あふれる演技が評価され、フリーで3位となる202.73をマークし、
合計で306.90となって銀メダルを獲得しました。

オリンピックのフィギュアスケートで日本勢が2人で表彰台に上がるのは初めてです。

銅メダルは前回ソチ大会4位のスペインのハビエル・フェルナンデス選手で合計305.24でした。

またオリンピック初出場の田中刑事選手は合計244.83で18位でした。

フリーでのトップはアメリカのネイサン・チェン選手で215.08をマークしましたが、前半のショートプログラムでの出遅れが響き、5位でした。

⇒ https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180217/k10011333051000.html

【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


やりたいことがあるけれど迷っている場合に考えるべきこと

2018年02月12日 21:25

人間には誰しもやりたいことがあると思います。

大きな夢もあれば、
小さなことだけれどなかなか踏ん切りがつかないということもあると思います。

最近でもいろいろな方から、
起業相談や新規ビジネスのご相談をたくさんいただきます。


具体的に私の経験や、
諸先輩の経験、
私の知っていることを総動員したり、
私の知っている方の力をときにお借りしたりしながら、
その方の志が実現するようお手伝いをしています。


上手くいく方もいれば上手くいかない方もいますが、
自分の志、夢を実現しようと行動に踏み出された方は、
それだけで素晴らしいなと感じます。


多くの方はやりたいことがあっても、
なかなか踏み出せません。

起業したいとか選挙に出たいという大きなことだけではなく、
興味のある趣味を始めるということだけでも、
あるいは趣味の人の集まりに参加するということだけでも、
けっこうなハードルがあるものです。

新しい世界に踏み出すためには、
ちょっとした勇気が必要ですね。


やりたいことがあるけれど、
どうしようかなと迷っている方に、
ぜひ考えていただきたいのは、

「人間は必ず灰になる」

ということです。



トランプ大統領も金正恩さんも、
ジャニーズのイケメンも、
美人女優も、

大金持ちもホームレスも、
生まれたばかりの子供も、
100歳のおばあさんも、

北国で寒さに震える人も、
赤道直下で汗をかいている人も、

人生最大の成功をして得意の有頂天になっている人も、
今日が人生で最悪の人生を送っている人も、


渡辺勝幸も、
私の家族も、

残念ながらみんな必ずいつかは灰になります。


選挙で落選して恥ずかしいことになっても、
会社をつぶして恥ずかしいことになっても、

成功しても失敗しても、
残念ながらみんな必ずいつかは灰になります。


そう考えるならば、
一回限りの人生を自分のやりたいように、
そして狂挙にやりきってみてはどうでしょうか。


私自身も、
明日灰になっても悔いのないよう、
政治家として全力を尽くしていきたいと思っているところです。


氣力をつくるための「負けるもんか」

2017年12月04日 20:54

昭和の時代に、
東洋思想家で歴代総理大臣の指南役といわれた、
安岡正篤は、

「氣力というものが一番大事で根本的なものである」

と述べていました。


だから、わが日本民族も、
この気力を失わなければ、気力が旺盛になれば、
いろいろの欠陥は少しも苦にする必要はない。


そう言い切っていました。


反対に、

どんな長所があっても、
例えば知性だ、技能だ、
その他教養があるといっても、

気力が旺盛でなければ、
個人も国家も発展しない。


そう言っていたのだそうです。


人間も会社も、
どんな団体も一緒ですね。


「氣」

がどれだけ大事か、
あらゆる根本は「氣」に存在する。


私もそんなことを強く感じますし、

起業家、経営者の多くが、

「氣」を失うことで会社が倒れ、
「氣」を維持することで困難を乗り越えていく、

そんな場面を見てきました。


自分自身を振り返ってみても、
浪人時代に「氣」を多くの方からいただき、
自分自身保つことができたおかげで乗り切ることができたなあと、
あらためて感謝の気持ちがわいてきます。


とはいえ、
このメルマガを読んでいる方の中には、
いま現在失意の中にあり、
「氣」を失いつつある。

そういう方もいらっしゃることでしょう。


では「氣」をどうやってつくるのか?

そう簡単な話ではありませんが、
一つの考え方として、

「負けるもんか」

という気持ちを持つことが大切ではないかと私は思います。


私自身は人生を振り返ると負けてばかりなのですが、
負けるたびに、

「負けるもんか」

という気持ちを奮い立たせてきました。



平成24年、テレビCMの大賞である、
ACCCMフェスティバルにおいて、

本田技研工業のCM「負けるもんか」が総務大臣賞を受賞しました。


Honda CM「負けるもんか(プロダクト)篇」



このCMの考え方こそ、
氣をつくるヒントになるのではないかなあと思います。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【負けるもんか】

頑張っていれば、いつか報われる。
持ち続ければ、夢は叶う。

そんなのは幻想だ。
たいてい、努力は報われない。
たいてい、正義は勝てやしない。
たいてい、夢は叶わない。
そんなこと、現実の世の中ではよくあることだ。

けれど、それがどうした?
スタートはそこからだ。
新しいことをやれば、必ずしくじる。
腹が立つ。

だから、寝る時間、食う時間を惜しんで、何度でもやる。

さぁ、昨日までの自分を超えろ。
昨日までのHondaを超えろ。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー




昨日までの自分を超えて、
負けるもんかという気持ちをもって
挑戦していきたいと思います。






挑戦しようかしまいか迷っている人がするべきこと

2017年11月27日 21:39

最近もときどき、
起業相談をしたいという方がいらっしゃるので、
時間が合うときはお話をうかがうようにしています。

「起業しようかしまいか」迷っているという方がけっこういらっしゃるようです。


また、政治の世界に関心を持っているという方が、
コンタクトをとってくださることもあります。

私も秘書生活も長かったですし、
選挙も自分も含めたくさんの応援をしてきましたので、
政治家を目指したいという方の相談に乗ることもけっこうあるわけです。


起業家にしても政治家にしても、

「挑戦しようかしまいか迷っている」

という方がけっこういらっしゃるわけです。


人生の分岐点というほどではなくても、
ちいさなことであっても、

「あれをやろうかなやめとこうかな」

そんなことで迷う方も多いのではないでしょうか。



「挑戦しようかしまいか迷っている方」

へのオススメの方法は、


「やれ!」


の一言に尽きます。


迷っているということは、
そのことをやりたいと思っているわけです。

やりたいけれど何らかの障害や自分自身の迷いがあって、
やれない、もしくは迷っているということになります。


ただ「やれ!」というだけでは乱暴かもしれませんので、
補足的にやるべきことをお伝えすると、

「それに挑戦して失敗したときにどうなるか」

を具体的に書き出してみることも重要です。

失敗した人も世の中にはいることでしょうから、
ネットで検索すれば出てくるでしょうね。

まわりにもし失敗した方がいらっしゃったら、
その方の話を聞いてもいいかもしれません。


なぜ失敗したときのことを想定するかというと、

「失敗しても大したことはないから」

です。

私もこの42年間様々な失敗を重ねてきましたが、
まあ何とか生きることができています。

この想定が大事な理由は、
具体的に想定してみると失敗も大したことがないと見えるからです

失敗したらどうしようと迷うとき、
大概の人は具体的にどうなるかということを想定も調査もしていません。



「挑戦しようかしまいか迷っている」

ということは強い意志と関心を持っているということに他なりません。



さらに言えば、
挑戦したいな~、でもなあ、と言っているあなたも、

明日交通事故でお亡くなりになるかもしれません。


実際に大津波が来て突然亡くなった方々を
地元で私はたくさん見聞きしましたが、
彼ら彼女らの思いを感じれば感じるほど、

「いまこの一瞬にやるべきことをやらなければいけない」

そう感じずにはいられません。


私も次の瞬間にはこの世から去り、
明日からこのメルマガは発行されないかもしれません。

そうであるならば今日今、
この瞬間にやるべきことをやって、
やりたいことをやって、
人生を全うしたいと思う次第です。


誰しもこの世に生まれてきた役割があると思います。

あなたが迷っているその「挑戦」は、
あなたがこの世に生まれてきた役割なのだとしたら、
まあやらずにはいられませんよ。


残りのわずかな人生で挑戦し続け、
天から与えられた使命をやり切らなければなりません。



国分秀男先生の「勝ち続けるための三か条」

2017年11月13日 22:22

私の地元宮城県には、
古川学園高校という有名なバレーボール部の強豪校があります。

この女子バレーボール部の元監督で、
国分秀男先生という有名な方がいらっしゃいます。


国分先生は福島高校を卒業後、
慶應義塾大学商学部をご卒業、
京浜女子商業高校を経て、古川商業高校に奉職されます。

古川学園高校の前身校です。

ここで女子バレーボール部を指導され、
宮崎国体において全国優勝。

その後全国制覇通算12回、
県大会以上の優勝は150回達成。

そして平成11年、
高校女子バレー史上5校目となる「三冠王」を達成しました。


この国分秀男先生が、

「勝ち続けるための三か条」

について述べていますので、
これを引用したいと思います。


ーーーーーーーーーーーー
1 一流の人、師匠と思える人たちの話を聞くこと

2 よい本を読んで「なるほど」と思ったことを自分で真似ること

3 時代の変化を常に意識しながら、自分を改造し成長させていくこと

ーーーーーーーーーーーー


なるほどと思える三か条です。

これはすごいなと思える人の話を聞きつづけると、
やはりいい意味で影響されてきます。

これはすごいなと思える人の話を
意識的に聞いていくことが大事なんですね。


そしてよい本を読むことも大事ですが、
気付いたことを実際に自分の身に置き換えて、
実践しなければ意味がありません。

素直に真似ることは大事なことだと思います。


また自分自身を変化させていくということは、
けっこう大変なことです。

いまの毎日に安穏として暮らす方が楽ですが、
変化を意識して自分を成長させていくこと、
常に勉強していくことが大事ですね。


この国分秀男先生の「勝ち続けるための三か条」は、
どの世界でも大事なことであり、
簡単に出来そうでなかなかできないことだなと思いました。


日々意識していきたいと思います。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx