Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

いまやろうとしていること、心から好きですか?

2018年11月05日 20:48

8ba995a01cfe924516994f74347925c3_s.jpg


ことわざに、

「好きこそものの上手なれ」

という言葉があります。

これは単なることわざというだけではなく、
人間の脳は、興味のあることや感動することほど
よく記憶されるのだそうで、

好きなことをやればやるほど、
脳が活性化するのだそうです。


就職活動をする学生さんの相談を
むかしからよく受けていましたが、

自分の好きなことを仕事にできた人ほど、
成果を出しているように感じます。


逆に、いくら能力があったり、
環境がそのとき適していたとしても、

イヤイヤながら仕事をしていた場合、
また、まあ流れでいまの仕事をやっていますという場合、

一時期はうまくやっていたりするものですが、
けっこうな割合で、大事件を起こしている人が多いように感じます


「人間万事塞翁が馬」といいますが、

人生における幸不幸は予測しがたいものです。

幸せが不幸に、不幸が幸せに
いつ転じるかわからないのが世の常。


そう考えると、
いま与えられたことに全力を尽くしながら、

自分が心から好きだと思えることを、
限られた人生、
やっていかなければなりません。


それは仕事なのか、趣味なのか、
人それぞれであると思いますが、

いまこれからやろうとしていることが、
自分にとって心から好きなことなのかどうか、

自分と対話しておくことは重要なことであると思うところです。



人が生きる意味を教えてくれる映画『素晴らしき哉、人生!』について

2018年10月31日 22:40

its a wonderful life jpeg 

政治の世界は、一寸先は闇といわれます。


人間がつくる世界ですので、
最後まで政治家はAIには代替されないものだと思いますし、
人間の様々な思いや喜怒哀楽があらわれる世界だと思っています。


そういう世界にいると、
人間の悲しさや人間の素晴らしさなどを感じることが
人よりも多くなるわけです。

特に私は東日本大震災のときには、
ほんとうに多種多様な人の生きざまを垣間見、

人はなぜ生きるのか、
考えさせられました。


しかし一つだけ言えることは、
どんな人であっても、
いま生きているだけで多くの人を救っているということです。

見過ごされがちですが、
私たちは生きているだけで多くの人を救っています。

どんな仕事についていても、
その仕事で多くの人を救っています。


自分の人生は大したことない人生だな
と思っている人は意外と多いのですが、
決してそんなことはないのですね。


一番そのことを感じることができるのは、
私が人生で一番好きな映画『素晴らしき哉、人生』です。



私は大学生の時に、
この映画を監督したフランク・キャプラに関心を抱き、
現在入手できる映画と書籍、論文などのほとんどを集めて、
研究していました。

なつかしいです。


映画『素晴らしき哉、人生』は、1946年(昭和21年)公開。

アメリカでは不朽の名作として毎年末にTV放映されることから、
それまでキャプラを知らなかった若い世代から再評価され、

今ではクリスマスにこの映画が流れるのは定番となり、

アメリカで最も親しまれた作品

としてよく知られる映画なのだそうです。


⇒ 素晴らしき哉、人生! Blu-rayジェームズ・スチュワート (出演), ドナ・リード (出演), フランク・キャプラ (監督) | 形式: Blu-ray




─────────────────────────────
【以下amazonより引用】

フランク・キャプラ監督とジェームス・スチュワートの名コンビ
による、心温まる人生賛歌。

人生っていいものだ、人間ってすばらしい! と前向きになれる。
また、ラストの感動とすがすがしさは、観る者の胸に暖かい明かり
を灯してくれるだろう。

心やさしいジョージは故郷の小さな町を飛び出し、世界を舞台に
活躍する夢をもっていた。しかし、相次ぐトラブルで町にとどまり
父の会社を継ぎ、そして家庭をもった。

町の人々からも慕われ幸せに暮らしていたが、クリスマスの日、
人生最大のピンチに見舞われる。

絶望感から自殺を図ろうとするが、そのジョージのもとに、なんと
彼の守護天使が現れる。キャプラはこの作品でも、コメディタッチ
オブラートに包みながら、ヒューマニズムにあふれる演出で
普遍的な感動を与えてくれる。

【引用ここまで】
─────────────────────────────




1930年代に多くのスクリューボールコメディを撮ったキャプラは、
1940年代になると、陸軍で対日戦争の戦意を高揚させるため、
プロパガンダ映画を数多く撮ります。

私自身は次にアメリカに勝つためには
どうしたらよいだろうかという思いがあったので、
当時このキャプラに注目したのでした。


そして戦争が終わって第一作目の映画が、
この『素晴らしき哉人生』となりました。




私はクリスマスの時期、
または人生でつらいことがあったときこれを見ることにしています



「一人の人生はその他大勢の人生に影響を与える。
 一人いないだけで、世界は一変する。」



今までの人生、
いろいろなことがありましたが、
それでもなお人生はすばらしい、
生きているだけですばらしい、

そう思える映画です。





⇒ 素晴らしき哉、人生! Blu-rayジェームズ・スチュワート (出演), ドナ・リード (出演), フランク・キャプラ (監督) | 形式: Blu-ray



⇒ 【字幕】『素晴らしき哉、人生!』(1946)【パブリックドメイン映画】

恨みや妬みの気持ちは健康を破壊する

2018年10月08日 23:32

b14e03f7e810f58b2ffe6ae9c73410cd_s.jpg 


精神科医の先生の話によれば、
妬みや恨み、怒りの感情は
できるだけ持たないように努力することが大事で、

こうした感情が人生において
大いなる毒になってしまうことに留意すべきなのだそうです。


メルマガの世界ではさほどでもありませんが、
SNSを見ていると妬みや恨み、怒りの感情が
湧き出る記事をときどき目にすることがあります。

私の場合は特に職業柄、
そうしたメールやSNSのコメントがくることがありますね。


怒りに満ちたメール、妬みのコメント、
人をここまでかと思えるほど貶める言葉の数々など、

私に一度しか会ったことのない人や、
一度も会ったことがない人からも、
ある日突然、ものすごい表現の言葉がつきつけられたりするんですね。


私も秘書時代から慣れていることもありスルーしますが、
警察に相談したら事件になってしまうだろうなと
思えるほどのものもないわけではありません。


しかし大事なことは、
私に対する害がどうかということよりも、

そうした妬みや恨み、怒りの感情を表現している方、
その人本人の精神、心が毒されていくことなのです。


だから成功者を見たり聞いたりしたら、
自分のまわりでいいことがあった人がいたら、

そのことを心から喜ぶようにすることが大事です。
決して妬んではいけないのです。


もし悔しくなることがあったなら、
そこまでは正常な気持ちです。

しかしそこから、その想いの力を自己成長に、
自分も頑張らなくちゃなあと
自らの努力に振り向けることが大事であり、
それができれば自分自身の人生も軌道に乗っていくことでしょう。


成功者を妬んだり、
怨んだり怒ったりしてそんなコメントを発すると、
その通りだ!と同調者が集まってくることでしょう。

しかし知らないうちに
自分の心が毒されていっているということも、
知っておかなければなりません。


比べていいのは他人ではありません。
比べていいのは、過去の自分と今の自分。
過去の自分よりいま成長しているかどうか。


一年前の自分よりいま成長していると実感できれば、
他者と比較する必要は全くありません。

その実感は心と体の健康を生み出していることでしょう。


この気持ちを大切にしたいと、
私自身も日ごろから思っているところです。


もうだめだと思うとき人は一番成長している

2018年08月09日 21:20

401419734b53828807b55695e62172d1_s.jpg


人生において本当に苦しくて、
もうだめだ、絶体絶命というときが、
長く生きてくると必ずあるだろうと思います。

人生はいろいろなので、
その人によってどんな種類の「もうだめだ」かはわかりません。


人から見ると大したことないよと思えることでも、
本人にとって「もうだめだ」となることもあるでしょうし、

まわりが、あの人はもうだめだろう、かわいそうにと思っていても、
本人はケロッとしていたりすることも。


しかしまちがいなく言えることは、
苦しくて、もうだめだと思うときこそ、
一番自分が成長しているときですね。

挫折は人を成長させる最大の要素であるといえます。


その瞬間は絶対にそう感じられませんが、
何もない人生よりも、
自分を成長させられるチャンスであるといえます。

ピンチはチャンスなのです。


そして苦難を経験したことが
よい思い出だなと思えるようになったとき、
その経験を後世に伝えることも大事ですね。


人を成長させる「挫折」「苦難」を経験し、
いかに立ち直ったか、このレジリエンス(自発的治癒力)を、
多くの人に共有することも重要なことであると感じるところです。




よいことが起こるための苦難

2018年07月09日 21:55

e4385e9aeaf0b9c4d551368de5852709_s.jpg 

稲盛和夫氏の言葉に、
以下のようなものがあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


災難や苦難に遭ったら、
嘆かず、腐らず、恨まず、愚痴をこぼさず、
ひたすら前向きに明るく努力を続けていく。

これから将来、
よいことが起こるためにこの苦難があるのだと耐え、
与えられた苦難に感謝する。

よいことが起きれば、
驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、
自分がこんなによい機会に恵まれていいのだろうか、
自分にはもったいないことだと感謝する。

これが素晴らしい人生を生きるための絶対条件。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



苦難は幸福の門です。

苦難を乗り越えるためには、
自らの内面と向き合いながら、
ひたすらいまやるべきこと、
やれることを実践していく。

これしかないのだろうと思います。


しかし一方で、
幸せなことが訪れたならば、
これも要注意。

そこから崩れ落ちることがままあります。
自分の過去を振り返ってみても反省です。

おごらない、えらぶらないという謙虚さを、
必ず失ってしまうものですね。

自分では意図せずとも、
そうなってしまうのがこわいところです。



いま苦難にぶつかっている方は、
これをどう乗り越えるかが腕の見せ所です。

そして必ずその壁は乗り越えられる。


大きなしあわせが実現するまでの、
壮大なドラマの始まりが、
現在の苦難なのですね。








【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx