Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

挑戦!クラウドファンディングにご協力をお願いします!

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

国分秀男先生の「勝ち続けるための三か条」

2017年11月13日 22:22

私の地元宮城県には、
古川学園高校という有名なバレーボール部の強豪校があります。

この女子バレーボール部の元監督で、
国分秀男先生という有名な方がいらっしゃいます。


国分先生は福島高校を卒業後、
慶應義塾大学商学部をご卒業、
京浜女子商業高校を経て、古川商業高校に奉職されます。

古川学園高校の前身校です。

ここで女子バレーボール部を指導され、
宮崎国体において全国優勝。

その後全国制覇通算12回、
県大会以上の優勝は150回達成。

そして平成11年、
高校女子バレー史上5校目となる「三冠王」を達成しました。


この国分秀男先生が、

「勝ち続けるための三か条」

について述べていますので、
これを引用したいと思います。


ーーーーーーーーーーーー
1 一流の人、師匠と思える人たちの話を聞くこと

2 よい本を読んで「なるほど」と思ったことを自分で真似ること

3 時代の変化を常に意識しながら、自分を改造し成長させていくこと

ーーーーーーーーーーーー


なるほどと思える三か条です。

これはすごいなと思える人の話を聞きつづけると、
やはりいい意味で影響されてきます。

これはすごいなと思える人の話を
意識的に聞いていくことが大事なんですね。


そしてよい本を読むことも大事ですが、
気付いたことを実際に自分の身に置き換えて、
実践しなければ意味がありません。

素直に真似ることは大事なことだと思います。


また自分自身を変化させていくということは、
けっこう大変なことです。

いまの毎日に安穏として暮らす方が楽ですが、
変化を意識して自分を成長させていくこと、
常に勉強していくことが大事ですね。


この国分秀男先生の「勝ち続けるための三か条」は、
どの世界でも大事なことであり、
簡単に出来そうでなかなかできないことだなと思いました。


日々意識していきたいと思います。

怒りは体によくないのでコントロールする方法について

2017年11月06日 22:18

世の中に対する怒りから、
新たな政治が生まれてくることは多いわけですが、

とはいえ、
ふだんから怒りに満ちた生活をするのは、
精神的に大変ですね。

反対、不平、不満、
その瞬間はエネルギーを放出し、
みずからを英雄のように感じることができるかもしれませんが、

怒りはすなわち苦しみであって、
精神的にだけではなく肉体的にも負担がかかるようです。

体内的にはアドレナリンという物質が分泌され、
全身を駆け巡ると苦しみとなり、
これはいわゆる「ストレス」になるようです。

「痛覚の麻痺」という症状が起きたりするので、
その瞬間は気持ちが高揚するかもしれませんが、
体はむしばまれていたりするわけです。


それでは怒りを消すにはどうしたらよいか。

怒らない秘訣は様々ありますが、
その一つには

「反射しない」

という手法があります。


簡単にいえば、

「イライラした時にすぐに怒りとして表さないこと」

です。

イライラとは感情の動きであり、
それを思考することで怒りを鎮めることができるというものです。

たとえば有名な手法では、

「数を3つ数える」

というのが効果的です。

イライラした瞬間、怒りにあらわす前に、
自分がイライラしていると感じたら、
数字を3つ数える。

「1、2、3」

これだけでもけっこうちがうのだそうです。

3つ数えることで、
感情から思考に移行する。
これがなかなか効果的なのだとか。


ほかには、

「場を変える」

という手法も効果的だそうです。

イライラし爆発しそうになったときに、
トイレへ行く。

場を変えると、
そのわずかな時間で、
冷静さを取り戻すことができるんですね。

怒ることが必ずしも良い結果を生み出すとは限りませんし、
体に悪い結果を及ぼすとしたら、

こうした工夫をすることによって、
怒りをコントロールする。


一番良いのはやはり、
笑顔で毎日を過ごすことですので、
笑いを毎日取り入れることができたら、
幸せなことですね。

忘却は心の安定につながることもある

2017年11月05日 23:03

今日11月5日は、
国連が定めた「世界津波の日」ということで、

被災地の各地では、
様々な避難訓練が行われました。


東日本大震災のような、
悲しい出来事が二度とないよう、

人間の力でできる限りのことはするべきであると思いますし、
避難訓練をはじめ、様々な形で
防災の取組を推進していかなければなりません。


とはいえ、今日朝に、
訓練ということで、
「大津波警報発表」訓練のエリアメールが、
警報音とともに鳴った時は、

私は運転中でしたので
心臓が止まるかと思うほどでした。

やむを得ないとはいえ、
あまり気持ちのいいものではありませんね。



私の暮らしている仙台市若林区の六郷地区は、
沿岸部が津波で大きく被害を受け、
悲しいことに多くの犠牲者が出てしまった地域です。

思い出すと、私の家も車が流されたり、
自宅が大規模半壊だったりしたわけですが、

そんな六郷地区では今日、
「世界津波の日」でもありましたが、

「六郷市民まつり」

が開催され、町内会の方々をはじめ、
PTAや地域の様々な団体の方々が、
地域を挙げてお祭りの準備をしてくださり、

大変盛り上がり、子供たちも大人たちも楽しく過ごしました。


震災の年に生まれた子供たちも小学一年生となりました。

津波で閉校してしまった東六郷小伝統のくろしお太鼓も、
新しい六郷小学校の仲間とともに披露され、
素晴らしい演奏を聞かせてくれました。


今日が「世界津波の日」で避難訓練をする被災地域もある一方で、
お祭りを開催している地域もあるということから、

私が思うのは、

「震災の風化を防ぐ必要はあるものの、
 震災を忘れることも地域に暮らす私たちにとっては
 ありがたいことかもしれない」

と感じた次第です。


こう言うともしかすると、
不謹慎だと思われる方もいるかもしれません。

私も仲の良かった友人や同級生をあの震災で失ったことを思い出すと、
やはり今でもつらいものがあるわけですが、

しかしそれでも、

「忘れられることもまたありがたいことかもしれない」

と思ったりしています。


節目節目で必ず刻まれた記憶が呼び起こされるわけですが、
それでも、

忘れることで前を向くことができるのではないか、
忘れることで次のまちづくりに向けた努力をすることができるのではないか、
忘れることで新たなチャレンジをすることができるのではないか、

そんなことを感じたりもするのです。




ーーーーーーーーーーーーー

その昔、ラトビアという国に、
ソロモン・シェレシェフスキーという人がいたのだそうです。

もともとは新聞記者をしていましたが、
その驚異的な記憶力が世間の知られるところとなり、

「記憶の天才」

と呼ばれるようになります。

ソ連の心理学者が調査し、
ソロモンの記憶力は、
この世のだれよりも想像力が著しく発達した人間とされました。

数字や単語を覚える記憶力テストをしましたが、
ソロモンはどれだけ量を増やしても完璧に覚えてしまったそうです。


しかしソロモンは、
人生の後半、忘れられないこと、
膨大な記憶量によって心が混乱し、

共感覚者特有の日常的な弊害に悩んでしまい、
「忘れること」と普通の人間に戻ることを望むようになったそうです。



その後多くの心理学者の調査から、

「忘却は心の安定を図る役割がある」

ということがわかってきたのでした。


忘れることで人は平静を保つことができているのだと。

確かに人生長く生きていけば、
いいこともいやなこともあります。
いやなことのすべてを思い出していくとなんだか憂鬱になってしまいますね。


忘れることは必ずしも悪いことではないし、
忘れることで生きていけることもあるのだろうと思います。



震災の風化を防いでいかなければなりませんが、
一方で忘却をすべて否定することはないのかな、
などと最近感じているところであります。


みなさんはどう思われますでしょうか?




『陸王』と成功者の事情について

2017年10月30日 23:46

世の中では成功している人がたくさんいますが、
大概メディアで連日取り上げられるような成功している人は、

しばらくすると手のひら返しのように、
メディアで叩かれたりするものです。


しかしこの前提として、
テレビに出てくる成功者について、
多くの方々は、

「運がよかったので短期間に世の中に出てきた」

ように思っているのではないでしょうか。

実際のところそういう人もいるかもしれませんが、
世の中そう簡単に成功するはずもなく、

実は下積みを重ねていたり、
いろいろな苦労を経て成功しているという人がほとんどです。



今月からTBS日曜劇場で、

テレビドラマ『陸王』

が始まっています。

池井戸潤の小説のドラマ化なのですが、
役所広司の演技もいいですし、
ちょっとしか見ていませんが、

見ていると、
経営者の苦しみ、
資金繰りの苦しさが
私も会社と落選後の政治活動などで経験したので
痛いほどよくわかります。


『陸王』
http://www.tbs.co.jp/rikuou_tbs/

ーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


埼玉県行田市にある足袋製造会社「こはぜ屋」は
創業から100年の歴史をもつ老舗だが、
近年は業績が低迷し資金繰りに悩んでいる。

そんなある日、四代目社長の宮沢紘一はこれまでの足袋製造の技術力を生かし、
「裸足感覚」を取り入れたランニングシューズの開発を思いつき、
社内にプロジェクトチームを立ち上げる。

会社の存続をかけて異業種に参入した「こはぜ屋」だったが、
資金難、人材不足、大手スポーツメーカーの嫌がらせや
思わぬトラブルなど様々な試練に直面する。

宮沢たちは坂本や飯山の協力や有村や村野の助言を受けて、
試行錯誤を続けながらランニングシューズの開発に邁進するのだった。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーー


まだこのドラマは始まったばかりですので、
事業が成功してはいないのですが、

成功した事業、
成功した人の陰には、

実はたくさんの登場人物がいて、
またたくさんのそれぞれの場で努力した人がいて、

多くのドラマの偶然、奇跡の積み重ねの結果が、

最終的に一つの「成功」を生み出すんだな
ということをあらためて感じます。


そう考えると、
決して一人の力だけでは、
いかなる「成功」も生み出せないなと思うわけです。


政治家にとっての選挙も一緒ではないかと思います。


多くの支援者がいて、
候補者の見えないところで、
一生懸命声がけをしてくれたり、
手紙を書いてくださったり、
メールを送ってくださる方がいて、
はじめて「当選」につながるのだと思います。

政治家一人の力だけではそうはいきません。



しかし一方で、
成功している人について、

「あいつはいいなあ」

とか、

「何も苦労せず成功してけしからん」

と心の底で妬みのような気持ちが起こる人も
いるかもしれません。


ところがどんなに成功している人でも、
人にはそれぞれ事情があります。

冒頭述べたように、
下積みに苦労していたけれど、
決してそれを見せない人だったり、

いつも笑顔で楽しそうにしている人などは、
苦労知らずでいいなあと周りからは思われがちです。


しかしながら、
実は素晴らしい成功を収めている時の人であっても、
家庭では問題を抱えていたり、

幸せそうな家族に囲まれているとされる人には、
仕事上の尽きない悩みがあったり、

やはり人にはそれぞれ事情があります。



そんななかでも、
やはり努力して成功した人を目標として、
みんながほめたたえる、
そういう社会にならなければ、

それを見ている子供たちは、
努力をしなくなってしまうのではないかなと思うのです。


そうした風潮がもし蔓延するならば、
結果として、
国力の衰退を招くことになるでしょう。


まずは私自身もそうしなければと思っていますが、
成功した方々の努力を見つけて、
敬意を持つこと、

そして私自身も、
これからさらに努力を重ねていかなければと思います。


まあなかなかむずかしいことですし、
我が身を振り返ると、
いろいろと反省点ばかりの日々ですが、

自分が目標とする方々の姿をめざして、
自分自身もさらにさらに成功できるよう、
努力はし続けていきたいと思っているところです。






失敗の捉え方を変える

2017年09月11日 21:44

このメルマガを読んでいる方が
どれくらいいるのかわかりませんが、

私がまだお会いしたことのない方が
たくさん読んでくださっているようです。


時折いただくメルマガの感想メールが
私の何よりの支えなのですが、

仙台だけでなく全国各地、
そして時には海外でもこのメルマガを読んでくださっている方が
たくさんいるということを知り、けっこうな驚きです。


そしてたくさんの人が読んでいるということは、
読者の方々の住んでいるところだけでなく
年齢もまちまちであり、
仕事もまちまち、
いま置かれている状況もまちまちでしょう。


いま人生のよろこびの頂点にいる方もいれば、
苦しみもがいている時であるという方もいらっしゃるでしょう。

今日は怒りに満ちた一日だったという方もいれば、
涙が止まらない毎日だという方もいらっしゃるでしょう。


つらく厳しい毎日であったとしても、
つらさをどうとらえることができるか、
この捉え方によって
人生を大きく変えることができるのではないかと私は思っています。



その昔、エジソンという人がいました。

小学生でも知っている歴史上の人物ですので、
多くの方がご存知かと思いますが、

エジソンは正式な教育を受けていなかったにもかかわらず、
科学の分野で多くの業績をあげました。

なかでも白熱電球を完成させようと、
エジソンは実験に実験を重ね、
その実験の「失敗」の回数は、なんと、


約1万回!


だったそうです。

1万回の失敗。
何とも想像できませんが、
ものすごい失敗の数々ですね。

あるときエジソンは、

「もし白熱電球が発明できなかったら、
 あなたは今頃どうしていると思いますか?」

と尋ねられ、

「もしそうであるならば、
 私はいまも実験室にこもって実験を続けているだろうから、
 あなたと会ってこのように話をしている暇はなかっただろうね」

と答えたのだそうです。

エジソンは、
「失敗」をそもそも認識していなかったのですね。


「失敗を失敗と捉えない」
「成功するための挑戦」と捉えていたわけです。




アメリカの作家、ナポレオン・ヒルが、

「平均的な人間が、
 落胆して途中で投げ出さない失敗の回数は何回なのか?」

ということを、多くの男女対象で
忍耐力についての調査を行ったことがありました。

その結果はどうだったか?


調査した人たちの大半は、


「一度の挫折で投げ出していた」


ということがわかります。

二度目もまだ挑戦を続けるという人は、
ごくわずか。


それどころか、
実際のところ、

圧倒的多数の人は、

「挫折する前にやめてしまっていた」

ということもわかります。


その理由は、
何かを始める前に挫折することを予想して、
結局は何もやろうとしないためでした。



エジソンの話や、
ナポレオン・ヒルの調査からわかること。

それは、


「失敗を、失敗と認識しない
 ということが重要」


ということです。


悲しさ、つらさの捉え方を変えてみる。

そうすれば挫折を意識せずに、
挑戦を継続していくことができます。


成功するためには、
失敗を認識しないようにし、
挑戦を続けることが大事ということですね。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx