Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

よいことが起こるための苦難

2018年07月09日 21:55

e4385e9aeaf0b9c4d551368de5852709_s.jpg 

稲盛和夫氏の言葉に、
以下のようなものがあります。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


災難や苦難に遭ったら、
嘆かず、腐らず、恨まず、愚痴をこぼさず、
ひたすら前向きに明るく努力を続けていく。

これから将来、
よいことが起こるためにこの苦難があるのだと耐え、
与えられた苦難に感謝する。

よいことが起きれば、
驕らず、偉ぶらず、謙虚さを失わず、
自分がこんなによい機会に恵まれていいのだろうか、
自分にはもったいないことだと感謝する。

これが素晴らしい人生を生きるための絶対条件。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



苦難は幸福の門です。

苦難を乗り越えるためには、
自らの内面と向き合いながら、
ひたすらいまやるべきこと、
やれることを実践していく。

これしかないのだろうと思います。


しかし一方で、
幸せなことが訪れたならば、
これも要注意。

そこから崩れ落ちることがままあります。
自分の過去を振り返ってみても反省です。

おごらない、えらぶらないという謙虚さを、
必ず失ってしまうものですね。

自分では意図せずとも、
そうなってしまうのがこわいところです。



いま苦難にぶつかっている方は、
これをどう乗り越えるかが腕の見せ所です。

そして必ずその壁は乗り越えられる。


大きなしあわせが実現するまでの、
壮大なドラマの始まりが、
現在の苦難なのですね。




孝行したいときに親はなくても親孝行をする方法

2018年06月18日 22:21

df08782c72c6137a807cc5b4f3e53b29_s.jpg 

人生を振り返ると、
私は両親には人一倍迷惑をかけてきたなあと反省です。

ちいさいころはケガばかりしていましたし、
大学は東京に行くと一人暮らしをして、
大学院にまで行って脛を人よりもかじっていました。

結婚して子供ができてからも、
何かと心配をかけていたように思います。

さらにはこの年になっても、
選挙に出たりするというのは、
なかなか普通の人にはない親不孝のパターンですね。

失業して、さらに落選して浪人するというのは、
きっと親としては心臓に悪いことだっただろうなと、
今になってみると感じるところです。


すぐそばに住んでいるのですが、
なかなか忙しくて会う機会がなかったりもするので、

親孝行をできるはずなのに、
できていないなあとこれまた感じるところです。

親孝行は親が生きているうちにしなければという、
あたりまえのことを思い出しました。



いや残念ながら、
私は両親とも他界してしまって、
親孝行したくてももうできないんだよ、

という方ももしかすると
このメルマガ読者の皆さんの中には、
いらっしゃるかもしれません。


しかしそれでもなお親孝行をする方法が二つあります。


一つは、お墓参りをして、
お墓の前で会話をすること。

これはきっと亡くなられた親御さんも喜んでくれることでしょう。
お墓をきれいにしてくれたりしたならば、
さらによろこんでくれること間違いなしですね。


二つ目は、自分を大切にすること。
健康面でも精神面でも自分自身を大切にすることは、
必ずや天上の親御さんがよろこんでくれるはずです。


親が生きているうちに親孝行をするべし、
というのは鉄則ですが、

もう亡くなられてしまったとしても、
よろこんでくれる方法がありますので、
ぜひいますぐに実行してみてはいかがでしょうか。


きっと、天上のお父さんやお母さんからほめられるはずですよ。

「明日から仕事か、いやだなあ」と思った人は幸せな人!

2018年05月06日 22:03

9bd69f24f2b39002a282e5c7f3aac3de_s.jpg 

五月は私の誕生月でもあるので、

とてもやる気が出てきます。

仙台の街自体も青葉繁れる季節となるので、
全体として活気があふれだす季節となるなあと感じています。


5月19日(土)、20日(日)には「仙台青葉まつり」も開催されます。

仙台青葉まつり
http://www.aoba-matsuri.com/



長い休日であったゴールデンウィークも今日で終了し、
明日からはまた通常業務が始まります。

休日が充実していた方ほど、
明日から仕事か、明日から学校かと思うと、
憂鬱になられる方もいらっしゃるのではないでしょうか。


「五月病」という言葉もあるぐらい、
五月に調子が悪くなる人は多いようです。

学生さんや新社会人では、
特に五月病が多いようですね。



しかし、よくよく私自身の過去を振り返ってみると、

「明日から仕事か、いやだなあ」

と思えるということは、
逆に「幸せなこと」だと思うわけです。


振り返ると、
私が秘書時代に仕えていた先生が落選し失業した後、

また自分自身が選挙に出て落選した後も、

仕事がなくなってしまった時は
これからどうやって暮らしていこうかと思っていました。


「明日から仕事か」


と思えるということは、
「仕事がある」ということで、
暮らしていく糧がまだあるということ。

これはとてつもなく幸せなことですね。



振り返ると、
私は職を失い何もすることがなく、
何カ月もブラブラとしていて、
誰とも会う機会がないときがしばらく続いたときがありました。


「明日から仕事か」


と思えるということは、
誰かが私に会ってくれるということ。

誰かに仕事を任されているということ。


いやな相手であっても、
自分と会ってくれると考えると本当にありがたいことです。

嫌な上司や同僚に明日から会わないといけない
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
誰にも会えないのもけっこうつらいものですよ。



「いや、私は明日からの仕事はない!」

という人も、このメルマガを読んでいらっしゃる方の中にはいることでしょう。


でも今、明日からの仕事がないのに
わずかであったとしても、
食べていけるのはなぜか?

あなたは過去にいい仕事をし、
いい評価を得られたことによって、

蓄えがあり、
あるいは年金をいただいているのではないでしょうか。

公的制度があって失業しても食べていける、
そんな国はどこでもあるわけではありません。

すばらしいことですね!



また、明日から仕事がなくても、
次の仕事に向けて準備をしているという方もいることでしょう。

そして、
次の仕事の準備ができるということは、

あなたに期待してくれている人が、
世の中にたくさんいるから準備ができるわけです。

これもまたありがたいことですね。


このように考えてみると、
明日からは何かがよい方向に変化する、
そんな日の連続のスタートの日なのではないかとも思えてきます。

五月こそチャンスの月ではないかと思えてきます。


もし、

「明日から仕事か、いやだなあ」

とちょっとでも思っていた方は、

少し発想を変えるだけで、
この五月は人生最高の月になるかもしれません。


生きているだけでもありがたいことですね。


さあ、明日からまた新たなスタートです。
頑張っていきましょう!


行動的な人生を送る方法

2018年04月11日 21:20

95e497bd8d5bcb7a0dc3dbff8c3f33dc_s.jpg 

渡辺さんは行動的ですね、とか、

いったいいつ寝ているんですか、
と言われることがよくあります。


常に動いているわけでもないですし、
眠くなって時間が少しでもあれば寝ているのですが、

とはいえやはり、
年々行動的な人生を送り、
いろいろなことを実践するようになってきています。


昔からここまで行動的だったわけではなく、
少しずつ自分を変えて今にいたっています。

それではどうしたら行動的になれるかといえば、

「せざるを得ない状況をつくる」

のが一番わかりやすい方法です。


四年後の選挙に出る!
一年後会社をやめて起業する!

と自分の心のなかだけで決めても、
人間の心というのは弱いもので三日後には忘れていたりするものです。

それを防ぐためには、
四年後の選挙に出ると周囲の人たちに話し続け、あいさつ回りをし、
街頭活動を四年間続けてしまうのがいいですね。

そうすると途中でやめるわけにはいかなくなります。


会社をやめることを宣言し、
具体的に事業計画を立て融資や出資のお願いをし始める、
そうすれば一年後には起業するという流れに乗ります。


健康の維持をめざすために運動を始めようと心で思うだけでなく、
ジムに行って年会費を払い月謝を先に払ってしまえば、
通わざるを得なくなりますね。


行動的で毎日忙しく過ごしている人でも、
先に時間をつくってこの日は趣味をする、運動をする、
などなどそのことをするため、せざるを得ない時間をつくっていたりします。


毎日だらしなく過ごしているとしても、
行動的に過ごしていても、
人生には限りがあります。

残りの時間は何歳の人であっても、
若くても高齢でも誰にもわかりません。

いまこの瞬間を大切に、
行動的に人生を送りたいものです。



自責の念から始める

2018年04月02日 22:22

松下幸之助は、
人間の「おごり」について以下のように述べています。


────────────────────────
人間はともすれば、
うまくいけば自分の腕でやったと思いがちである。

それがおごりに通じる。

だから、事がうまくいった時は運が良かったと考え、
うまくいかなかった時は運がないと考えず、
腕がなかったと考えたい。

そうすれば、自分の力を上げざるを得まい。
────────────────────────


順境のときは、
自分の能力を過信し、
人はおごり高ぶる。

だから、順境のときは、
単に運がよかった、たまたま今の状況にあると考え、

逆境に陥ったときは、
たまたまそうなったのではなく、
能力がなかったから、
自らの責めに帰するようにする、
ということですね。

最近は自分を責めるなとよく言われますが、
もちろん自分を責めすぎてはいけませんが、

自責の念からはじまって、
だからこそここを向上させよう、
この分野を勉強しよう、
もっと努力しようという方向にもっていけば、

結局は自らの力を伸ばすことができるのだと思います。


がんばらなくてもいい、
そんな時代風潮はありますが、
自らの力を向上させるためには、

決して他人のせいにせず、
自らの努力を惜しまないようにすることが必要なのだろうと思います。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx