Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

失敗だらけの人生にしてみる

2019年06月10日 23:59

b1d29847a6a618c23c8773ca51d904b8_s.jpg


人間だれしも欲が深いので、

お金持ちになりたいとか、
異性にモテたいとか、

テストで100点をとりたいとか、
美味しいものをたくさん食べたいとか、

欲望に際限はありません。


そしてこうした欲を達成する「成功者」になりたいと思う人は、
世の中には少なくないはずです。

しかし実際に「成功」する人はそんなに多くはありません。


ではどんな人が成功しているのかといえば、
「失敗」を人一倍している人だと言えるでしょう。


東北大学の講義でもこのお話をしているのですが、

「成功している起業家のほとんどが、
 必ず大失敗を何度も経験している」

という事実を受け入れなければなりません。


言い換えると、

「大失敗を何度も経験していない人は、成功できない」

とも言えるでしょう。


普通の感覚であれば、
人生において失敗をしないようにしないように努力するでしょう。

もし万が一失敗をすると、
自分を責めたりもう人生が終わりだと
あきらめてしまう人もいるかもしれませんね。


しかし、実は人生においては逆で、

失敗だらけの人生をあえて送ることが、
大成功への近道なんですね。


失敗だらけの人生を送るとはつまり、

「挑戦し続けること」

以外にありません。


失敗をしない人がいるとすれば
それは「何もしない人」であって、
失敗もありませんが成功もない人生となるでしょう。

それもまた人生です。


しかし、もしあなたに天から与えられた役割があるならば、
失敗を続け苦労を重ねても、
その挑戦をすることで結果として世の中がよくなることでしょうから、

「挑戦し続けること」
「失敗を恐れないこと」

が必要です。


私の場合は、
失敗をむしろよろこびます。

なかなか大変な人生にはなりますが。



ということで失敗だらけの人生にしてみることもまた、
楽しい人生を送ることができるでしょう。

自らの天命を、志を果たすために、
失敗だらけの人生を楽しんでみましょう。


扉をたたき続けろ!─平沼赳夫という政治家の誕生

2019年06月05日 23:59

7f5627be31706a8c787660fe8b8e8772_s.jpg


平沼赳夫という政治家がいます。

運輸大臣、経済産業大臣をはじめ要職を務められた政治家で、
尊敬する政治家の一人であり、
私にとっては慶應義塾大学法学部の先輩でもあります。


平沼さんが経済産業大臣の時、
そのときに日本には起業する人が少なく、

21世紀をリードする新たな産業フロンティアを提案したいという
平沼さんの思いから、

ドリームゲートという起業支援組織が生まれ、
一円創業が可能になったりしたわけです。


平沼さんは、いまでこそ大政治家ですが、
実は初当選までになんと二回連続で落選しています。


ドリームゲートのサイトに、
平沼さんが政治家として起ちあがったころのお話が載っていましたので、
みなさんにシェアしたいと思います。



───────────────────────────────────
【引用ここから】


─政治家として起ちあがったころの話を聞かせてください

「小さいときから政治家になろうと思っていた。
 11年間会社員をしていてね。34歳で岡山に行ったんだ。
 幕末の頃に先祖が岡山に住んでいてね。
 だから岡山で出ようと。

 でも岡山には知り合いもなく地盤も何もなかったんだね。
 僕が保守系で出ると言っても自民党は公認をくれなかったし、党員にもしてくれない」


「いちばん迂闊だったのは地元に友達がいなかったこと。
 実は選挙では竹馬の友といえる友人がとても大事だった。
 あいつがやるなら応援してやろうと。

 だから歩くしかなかった。
 親父はサラリーマンだからお金もないし。

 当時はがきが30円だったので、一日200件歩いて、その人にはがきを書いてね。
 下手だったけど筆で書いてね。
 印象が残っているうちにすぐに出そうと、
 その日のうちに200枚ぐらい書くことを毎日していたね。

 今でも、昔はがきをくれたなあ、と言ってくれる人もいるよ」


「ある人の紹介で、岡山で大きな会社だった天満屋の社長に会った
 平沼赳夫を下見する会を天満屋の社長が開催してくれてね。

 30人集まってくれたんだけど、憲法改正など政治信条を演説したんだが、
 みんなこれでは駄目だろうというんだね。
 憲法改正はその当時タブー視されていたんだね」


「その後、会に参加してくれた一人一人を訪ねて、
 膝詰めで信念を話してね。

 今でもその当時の人たちが言うんだけど、
 憲法改正しか言わないから、これは駄目だと思ったけど、
 とにかく真剣で一途な思いに打たれたんだろうなあと言ってくれるんだ」


「最初の選挙の時には65000票必要なところ、
 17080票しか取れなかった。9人中9位。

 最下位で落選したんだ。

 自民党も公認してくれないし、
 そんな少ししか票が取れないなら「やめろやめろ」とみんな言うんだ。

 でもね、竹馬の友もいない、
 地盤も看板も何にもない自分がよく17080票も取れたと思って
 これは頑張ってやろうと思ったね」


「2回目の選挙の時には中川一郎さんと縁が出来てね。
 僕の政治信条などを理解してくれてね。
 自民党の公認ももらえて。石原慎太郎さんなんかも応援に来てくれてね。

 票は3倍近く伸びたんだけど、また落選したんだね。
 通常選挙というのは平均して3年に一回ぐらいなんだ。
 また3年頑張ろうと思っていたら、わずか7ヶ月でハプニング解散というのがあってね。
 嬉しかったね。

 そして3回目の選挙に出たんだ。
 同情票なんかもあったと思うが三度目の正直でトップ当選した。

 34歳でサラリーマンをやめて41歳で初当選。6年半かかったね


「今思うと、チャレンジしたことが非常に良かった。
 あんなやつ駄目だとか、もうやめろと何度も言われたけど。

 キリストも『たたけよ、さらば開かれん』と。
 扉をたたかないと内側から開けてくれないわけですね。

 僕は扉をたたき続けたんだね。
 とにかくたたき続けなければ。

 そして『求めよ、さらば与えられん』

 ベンチャー起業家も、たたき続けること、求め続けること。
 あきらないないことが大事だね。『扉をたたき続けろ』だね」


【引用ここまで】
───────────────────────────────────



私も選挙に初めて出たときには、
「やめろやめろ」とよく言われました。

起業もいろんな人に反対され、
選挙に出るのも反対され、
再挑戦する選挙も反対する人がいました。

いまとなっては選挙に出るなという人はさすがにいませんが、

最初の選挙では地盤も看板もなく、
国会議員秘書はやっていましたが、
もうその先生は引退して政界にはおらず、

自民党公認を取ることなども問題外で、
私には選挙に出ること自体が
難しかったことを思い出します。

そして実際に平成23年の最初の選挙ではやはり落選したわけで、
それ見たことかという感じでもありました。


それでもやはり、
その後も私は平沼さんと同じように、
扉をたたき続けることを選びました。

地べたをはいつくばって、
雨の日も晴れの日も雪の日も街頭に立ち続け、
扉をたたき続けることしか私に選択肢はなかったのですね。


しかしあの平沼さんでさえも、
最初は大変だったのかと思うと、

いまこうして政治家になった私も、
まだまだたくさんの扉をたたき続ける必要があるなと
あらためて思います。



みなさんはどんな扉をたたきますか?



Vol.10 『扉をたたき続けろ!』平沼赳夫 元経産大臣インタビュー(ドリームゲート)
http://knowhow.dreamgate.gr.jp/netshop/id=1251



「明日から仕事か、いやだなあ」と思った人は幸せな人!

2019年05月06日 22:37

a9d563cfc26edc61773119c5711380b6_s.jpg 



五月私の誕生月でもあるので、
てもやる気が出てきます。

仙台の街自体も青葉繁れる季節るので、
全体して活気があふれす季節感じています。


5月19日(土)、20日(日)に「仙台青葉まつり」も開催されます。

仙台青葉まつり
http://www.aoba-matsuri.com/



長い休日であっゴールデンウィークも今日で終了し、
明日通常業務が始まります。

休日が充実してい方ほど、
明日仕事明日ら学校思う
憂鬱にられる方もいらっしゃるのでいでしょう


「五月病」いう言葉もあるぐらい、
五月に調子が悪く多いようです。

学生さんや新社会
特に五月病が多いようですね。



し、よくよく私自身の過去を振り返ってみる

明日仕事いやあ」

思えるいうこ
逆に「幸せ思うわけです。


振り返る
私が秘書時代に仕えてい先生が落選し失業し後、

自分自身が選挙に出て落選し後も、

仕事ってしまっ
これらどうやって暮らしていこう思っていまし


明日仕事


思えるいうこ
仕事がある」いうこで、
暮らしていく糧がまあるいうこ

これてつも幸せですね。



振り返る
職を失い何もするこく、
何カ月もブラブラしていて、
も会う機会がきがしばらく続いきがありまし


明日仕事


思えるいうこ
が私に会ってくれるいうこ

仕事を任されているいうこ


いや相手であっても、
自分会ってくれる考える本当にありがいこです。

上司や同僚に明日ら会わいけ
思う方もいらっしゃるもしれませんが、
誰にも会えいのもけっこうつらいものですよ。



いや、私明日らの仕事い!」

いうも、このメルマガを読んでいらっしゃる方の中にいるこでしょう。


でも今、明日らの仕事いのに
わずであっしても、
食べていけるの

過去にいい仕事をし、
いい評価を得られによって、

蓄えがあり、
あるい年金をいいているのでいでしょう

公的制度があって失業しても食べていける、
そんどこでもあるわけでありません。

すばらしいこですね!



明日仕事くても、
次の仕事に向けて準備をしているいう方もいるこでしょう。

そして、
次の仕事の準備ができるいうこ

に期待してくれているが、
世の中にくさんいるら準備ができるわけです。

これもまありがいこですね。


このように考えてみる
明日がよい方向に変化する、
そん日の連続のスタートの日のでも思えてきます。

五月こそチャンスの月で思えてきます。


もし、

明日仕事いやあ」

ちょっでも思ってい

少し発想を変えるけで、
この五月生最高の月にもしれません。


生きているけでもありがいこですね。


さあ、明日らまスタートです。
頑張っていきましょう!


死んでしまおうなんて悩んだりしたわ

2019年05月05日 23:13

74c9737078e6f53f12f08595e4de519e_s.jpg


今日はこどもの日ということで、
広瀬川ではたくさんのこいのぼりが泳ぎ、

さわやかな青空のもと、
たくさんの子供たちが笑顔で走り回っています。


私の子供たちは吹奏楽部で連休中も学校に行っていて、
政治家並みに忙しいため、
夜にゆっくり話すぐらいしかできませんが、

この連休、夜は十年以上前の幼いころのビデオを見て、
目を細めて過ごしています。


どんな人も赤ちゃんのときは、
たくさんの人にかわいがられたことと思います。

だんだん大きくなって自分の足で歩けるようになったり、
自我が芽生え自分の意見を言えるようになると、
大人と対等になって生意気になってくるわけですが、

やはり親からしてみると、
いくつになっても子供はかわいいものです。


しかしちいさな子供も大人になっていくと、
だんだん世の中へ出ていくので、

つらいこと、苦しいこと、
悲しいことがふりかかってきます。

親に守られて生きていたころから比べれば、
自分で人生を決めることができるようになりますが、
風雨にさらされることも多くなってきます。


まして政治の道を志し選挙に出たり、
自分の好きなことを実現したいと会社を起こしたりすることは、
強力な台風の中へ一人裸で進んでいくようなもので、たいへんですね。


思い出してみると、
私も失業し、震災に遭い、選挙に落選した後は、
必死にいろいろなことをやっていました。


落選直後などは意外と多くの方がまわりにいたり、
声をかけてくださる方がいてくださりありがたいのですが、

しばらくすると孤独になる時が訪れます。

つらいことが続いておきたり、
もうダメだと思うことも何度もありました。


いまこのメルマガを読んでいる方の中には、
いまがそんなつらいときだという方もいらっしゃるかもしれませんね。



島倉千代子の歌に「人生いろいろ」という歌がありました。

「死んでしまおうなんて悩んだりしたわ」
「自分ばかりをせめて泣いてすごしたわ」

島倉千代子さんご自身も、
結婚生活に失敗したり、
だまされて巨額の借金を背負ったり、
大変な人生であったと言われています。

この歌自体がご自身の人生を描いていたんですね。


人生はいろいろ、
いいときもあれば悪いときもあり、
悪いときがあれば後はよいときが続きます。

そう考えると、
つらいとき、人生のどん底のときに、
自ら命を絶ってしまうのはもったいないことでもありますね。


できるだけ長く生きて、
苦しみも悲しみも経験すれば、
必ず喜びや楽しい人生を経験できる。

いま人生最大の苦しみや辛さを経験している方がいらっしゃるとすれば、
これから大チャンス。

これから楽しいことや喜びの人生がひたすら続く。
そう思います。



私は、落選中の四年間は、
いろいろな経験をしましたが、
そのなかでも生きていく原動力になったのは
たくさんの方の笑顔でした。


私は、この落選中に、
時間があったこともあり、
たくさんの仲間の選挙の応援に行きました。

魅力的な候補者が多く、
選挙の応援の最後に、
当選の瞬間に立ち会うことが多かったのですが、

どの候補者の選挙事務所でも、
当選が決まった瞬間というのは、

たくさんの支援者の方がすばらしい笑顔で
よろこんでいらっしゃって、
何とも言えないステキな空間が生まれます。


そこで自分が落選したときのことを思い出し、

一生懸命自分を応援してくれたみんながみんな、
心から悔しい顔をし、つらそうな顔をし、
何とも言えない気まずい空間が生まれたことを、

仲間が当選した瞬間の、
支援者の方々のすばらしい笑顔を見て
毎回思い出したのでした。


「次の選挙では自分を応援してくれているみんなに必ずよろこんでもらう」

笑顔をつくることを一つの目標にしたのでした。


四年後、その目標は実現できました。
ほんとうに素晴らしい瞬間を経験できました。

自分はもうダメだと思ったところから、
あきらめないでよかったと、
みんなの笑顔を見ることができてよかったと思いました。



どん底をいま見ている人がいても、
人生を棄ててはいけません。

どんな形であれ、必ず笑顔の瞬間がきます。


むしろ「もうダメだ」という経験をした人の方が、
素晴らしい笑顔の瞬間をつくることができるはずです。



まもなく10連休も明けて通常の生活が始まります。

5月は絶好調で進むぞという人もいれば、
もうダメだという状況が
連休明けから始まる人もいることでしょう。


ときに逃げることも大事ですし、
新しい道を模索することもよいと思います。

しかしどの道を進もうと、
「人生いろいろ」という前提で、

山あり谷ありの人生を楽しんでいくということが
大事なのだと思うところです。

今後の私の人生も、
さらに大きな山あり谷ありになることでしょう。

楽しみですね。

受験に失敗したあなたへ

2019年03月25日 23:59

7a91532c933fbf03337a264b283d43cb_s.jpg


日ごとにあたたかくなり、
しかしときどき寒さが戻りまたあたたかくなり、
春の季節がやってきたなあと感じます。

私の年齢になるともう無縁なのですが、
若いころ、この時期は受験シーズンだったことを思い出します。


私は大学受験に失敗し浪人しました。
浪人が決まったときに、浪人を経験した大学生の先輩に、

「長い春休みの始まりだよ!」

と言われたことを思い出します。


そういえば、大学院受験も一度目は不合格、
政策秘書資格試験も一度目は不合格でした。

他にもいろいろ受験に失敗しましたが、
一番大変だったのは原付免許で三回失敗したことですね。

なかなか大変でした。


大学受験で浪人したことはいま思うと、
親に迷惑をかけたのだなあと感じますが、
これだけいろいろな受験に失敗すると
一つのパターンが見えてくるものです。

ちなみに県議選も一度目は落選でしたので、
まあ失敗だらけの人生とも言えます。



幾多の受験に失敗した経験から得られた知見は何かというと、
まず第一には、「失敗の分析をする」ということです。

受験に不合格、一年頑張って来年こそは!
と考えるプラス思考はもちろん大事なのですが、

志望校合格の点数に今回は何点足りず、
教科の得点バランスは平均的にどうだったのか、

単元ごとに得意不得意があったのかどうか、
自分の勉強する姿勢として科目ごとに好き嫌いがあり
好きな科目だけ勉強するようなことはなかったか、

などなど失敗の分析をするということから、
再出発することが必要です。

分析せずになんとなく落ちたと思っていると、
同じことを繰り返してしまったりするわけです。



第二には、「スケジュール管理をする」ということです。

たとえば4月から6月まで、
各科目の何を勉強するのか、
問題集なのか予備校の講義を受けるのか、
時間軸と教科を含め何をやるのか、
計画を立ててスケジュール管理をするんですね。

計画通り行っているか進捗確認も大事です。



第三には、「選択を柔軟に考える」ということです。

受験で浪人する方の中には、
この学校に入らなければ自分の人生は終わったも同然、
とまで考える方がいます。

浪人までせずとも志望校ではない学校に入学し、
「不本意入学」と考える方もいます。

これはけっこうもったいない考え方です。
学校生活を充実したものにできるかどうかは、
実際のところは「自分の考え方次第」なんですね。

校風と自分の性格は合わないとか、
学校の制服は自分には似合わないとか、
いろいろな「好み」「思い込み」が人生を苦いものにしたりするものです。


しかしご縁があって入った学校では、
実は自分の運命を左右するような出会いや学校生活が待っていたりします。

結局は自分の考え方次第なんです。


私もいま思い返すと、学生時代、
「不本意」な気持ちでいたときがあり、
そうなると必然的に周囲の人間関係もうまくいかず、
もったいない生活を送ったなあと反省です。

しかし自分の考え方を変えていった後からは、
いい意味で自分の人生を変えるような出会いがたくさん生まれたように
いま振り返ってみてそう思います。


選択を柔軟に考え、
与えられた環境をありがたく受け入れることもまた、
よりよい学生生活を送るためには必要なことだなあと思うのです。


受験の失敗から何を学ぶか。
学べない人もいれば学べる人もいます。

学べる人には新しいステージが待っているでしょう。


学生の皆さんの大健闘を心より祈念しています!






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx