Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

応援とは何かについてあらためて学ぶーNHK朝ドラ「エール」と映画「チアダン」

2020年05月23日 23:59

41348241_2324569380903608_7440462470117851136_n.jpg


私は高校時代、
応援団長を務めていました。

もう30年近く前の話ですので、
記憶に残っていないことも多いのですが、

自分自身の生き方の背骨の部分は、
「応援団から学んだ」と思っています。


つらいことも多く、思うようにいかないことも
たくさんあったように思いますが、

高校時代のすべてを応援団に賭け、
その後の人生においても応援団の看板を
背中に背負っている感覚がありますね。



ところで、この春から、
NHK朝の連続テレビ小説「エール」が放送されています。

このドラマは、福島県出身の作曲家、古関裕而と妻・金子を
モデルにしているとのこと。

作品名の「エール」は「応援」の意で、
東日本大震災から10年の節目を目前に「福島を応援したい」
との思いを込めて企画されたのだそうです。


⇒ 刑部芳則『古関裕而-流行作曲家と激動の昭和 (中公新書)』

ドラマの風俗考証をしているのは刑部芳則日本大学准教授。


今週のテーマは「紺碧の空」。

主人公の古関裕而は、
昭和6年に早稲田大学の応援歌「紺碧の空」を作曲しています。
そのときのいきさつが今週の朝ドラでした。

早稲田大学の応援団長がよかったですね。

「応援とは何か」
「応援に意味はあるのか」


いろいろ考えさせられる内容でしたが、
結局、

「誰かのために」

応援していくこと。そして、

「頑張ることはつながる」

ということが胸に刻まれました。



そしてさらに偶然ですが、
昨日の夜には、テレビで映画「チアダン」が放送されていました。

⇒ 円山 夢久『チア☆ダン 「女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」の真実 (角川文庫)』

実話ですので、この本も読んでみたいと思っています。


福井商業高等学校「JETS」をモデルとしたお話で、
チアダンスど素人にもかかわらず、
たった3年間で全米制覇を成し遂げたという実話をもとにした物語です。
しかしその道のりは決して順風満帆ではなく、
チームを率いた女性教師、チームの女子高生の汗と涙が感動を誘いました。

チアダンスもある意味で女性版応援団であり、
その演技に心を動かされますし、
一生懸命頑張るその姿はやはり人の心を強く揺さぶるなあと思います。


「エール」にしても「チアダン」にしても、


「誰かを応援する気持ち」
「心を一つにする気持ち」
「頑張る姿」



が、人を動かしているということをあらためて感じたところです。



新型コロナウイルス感染症の影響により、

応援団もチアダンス部も、
野球部もサッカー部も、
運動部だけでなく文化部も、
何もかもがこの数か月ストップしてしまい、

本来青春真っただ中のはずの若い世代のみなさんは、
不完全燃焼の思いで、今、いることと思います。

悔しくて涙を流し、
また、動くことができず悶々としている、
そんな方もきっと多いことでしょう。


しかし、何もできず悔しい思いを経験したことがあるほど、
動くことができたときの感動はひとしおなものです。

ぶつかる壁が大きいほど、
達成感は格別なものがあり、
自分の血となり肉となります。

学校が再開しても、
すぐにはもと通りにはならないかもしれませんが、

「頑張ること」の意味が、
今年はとても大きい年になるのではないかと思います。


「エール」や「チアダン」がこの時期に放送されたのは、
偶然のようで偶然ではないのでしょう。

どんな結果であっても、
動かしようのない壁が目の前に立ちはだかったとしても、
全力でぶつかっていく。


私の場合は高校生から年月を経てしまい、
体力も落ちてしまいましたが、

たとえ何歳になっても、
全力で頑張るという姿勢は大事にしていきたいと思うところです。

結局、麒麟が来たのは、徳川家康

2020年05月18日 22:14

3135574_s.jpg

NHK大河ドラマ「麒麟がくる」が盛り上がっています。
コロナ関係により撮影が中止に、
6月7日をもって放送が一時中止になるそうです。

前半戦も終了、
山場の長良川の戦いが終わり、

主人公・明智光秀は浪人となり、
越前へ逃げたところまで来ています。


政治的な敗北を私自身も何度も経験していますが、
現代は命まではとられませんので、
戦国時代だったら自分も大変だなといつも感じながら、

それでもやはり敗戦の惨めな思いは、
私も経験したつらい記憶を思い起こさせます。


しかしいろいろな戦国武将が出てくる中で、
まだ青年の戦国武将、何の実績もない、
松平元康が出てくるのは興味深いです。

のちの徳川家康。

このドラマ「麒麟がくる」のテーマから言えば、
本当の意味で戦いが終わり平和な世の中がくる、
麒麟が来たのはこの徳川家康の時代であるといえます。

中国の歴史書『史記』では、
王が仁(徳の一つ)のある治世を行い、
穏やかな世になったとき、
その王のところに現れる霊獣が「麒麟」なのだそうです。


そういう意味では、
明智光秀の思いと同時に、
メインの武将である織田信長よりも、
徳川家康の描かれ方が非常に気になるところです。


その徳川家康、
戦国時代の武将としての強さはいかばかりか。

どれぐらい強い武将であったかというと、
戦績はなんと、

【17勝56敗】

だったのだそうです。


負け越しもいいところですね。

勝率は2割3分2厘で、
プロ野球だったら最下位、
打率で言っても平凡以下の打者でしょう。


歴史を少しでも知っている人ならば、
徳川家康は幼いころ苦労し、
若いころにちょっと負けたぐらいで、

あとは連勝の武将ではないか、
と思う方が多いでしょう。


「勝つことばかり知りて、
 負くることを知らざれば、害その身に至る」
(東照宮遺訓)


徳川家康には、こんな言葉があります。

しかし家康以外でも、多くの成功者は、
成功より負けの数の方が圧倒的に多いのだそうです。

それだけ多くチャレンジしているからだともいえますね。

徳川家康に見習って、
負けることを厭わずに、
チャレンジ精神を大事にしていきたいものです。


後の世の私たちにはわかることですが、

最後に麒麟がくる、
平和な時代をつくるのは、
徳川家康の時代です。


聖徳太子「他人が何か間違ったことしてもあんまり怒るなよ」

2020年02月24日 22:13

2d2646eec1d51d45056f20c382e4c841_s.jpg


「こころの怒りを絶ち、
 おもての怒りを棄て、
 人のたがふを怒らざれ」
(聖徳太子・十七条憲法の十条)

〔心の中の怒りをなくし、表情に怒りを見せず、
 他人が自分とちがうことをしても怒らないように〕

その昔、日本には聖徳太子という人がいました。
604年につくられた十七条憲法が有名で、
「和を以て貴しとなす」という言葉を
聞いたことがある人も多いのではないでしょうか。


それでは、十七条憲法の十条に何が書いてあるか。
これを知っている人はあまりいないかもしれません。


第十条の憲法訳文は以下の通りです。


─────────────────
【引用ここから】

心の中の憤りを抑えて、それを表情に出してはならない。
他人が自分と違うことをしても怒ってはならない。
人はそれぞれに考えがあるし、そのその考えに従った行動をとる。
自分が良いと思っても、相手は悪いと思うこともあるし、その逆もある。
自分が正しくて、相手が間違っているとは限らない。
お互いに賢くもあり、愚かでもある。
従って、相手が憤っているときは、
自分に非があるのではないかと考えるべきだ。
自己中心にならず皆の意見を聞いて行動することも大切である。

【引用ここまで】
─────────────────


参考サイト 
⇒ https://genryu.org/tanaka/rohen/rohen502.pdf


簡単にいえば、聖徳太子は、

「他人が何か間違ったことしてもあんまり怒るなよ」

ということを言っています。


日々ストレスがたまったり、
世のなか思うようにいかないことが多いと、
どうしても怒ってしまいたくなりますが、

「短気は損気」

ということわざもある通り、
どれだけ自分が正しくても、
怒りをぶつけることを抑える。

確かに怒りを発散すると気持ちがよいものですが、
ぶつけられた相手はもちろんのこと、
周囲の人たちも不快になることは間違いありません。


日本人の伝統である「和」の対極に「怒り」があるともいえるでしょう。

なかなかガマンすることが難しいものですが、
この第十条を肚に落として、
日々活動をしていきたいと思います。


この寒い季節に元気を出す二つの方法

2020年01月27日 23:59

cbe30ca480aae89575bb0ac12c1221cb_s.jpg


新年もスタートして間もなく一カ月。
お仕事もみなさま、おつかれさまです。

寒い季節になってきて、
風邪をひいたり調子が悪いなあという人もいるかもしれません。

インフルエンザにかかったり、
風邪をひいたり、コロナウイルスに身構えている人もいたりするかもしれませんね。

太陽がなかなか見えない季節ほど、
そして朝晩冷え込む季節ほど、
元気が出ないなあ、やる気が起きないなあという人も
また多いことでしょう。


元気はどうやれば出せるのか。

これはこのメルマガでも長きにわたって書いてきたのですが、
いくつか方法がわかっています。


一つの方法は、
体を動かし汗を流すことです。

単純なことですが、
汗を流すほど体を動かすこと、

これはスポーツでも、
ただ散歩をするだけでもいいですし、
体を動かしていくと自然と元気が出てきます。

逆にいうと、
元気が出ない、精神的に落ち込んでいる人は、
ほぼ汗をかく運動をしていないと思います。

鶏が先か卵が先かということにもなりますが、
ぜひ汗を流すほど動いてみることをためしてください。


もう一つの元気を出す方法は、

「志を立てること」

です。

立志、志というとちょっと大げさに聞こえるかもしれませんが、
簡単にいえば、目標を立てること、
何かに挑戦しようとすることです。

最初はどんなに小さなことでも、
身近なことでも構わないと思います。


何かに挑もうとする人は、
自然と元気が出てくるものです。


しばらくやっていなかった趣味を再開する、
あるいはやってみたいと思っていたスポーツに挑戦する、
何でもいいと思います。


この志、何かに挑戦しようとするときに、
自分のためだけではなく、
誰かのために何かをやってみようと思うとき、

人間は着火します。

エンジンがかかります。

ここまでくると、まわりも巻き込み、
おもしろいことがたくさんできるでしょう。


冬の季節、元気がなかなか出ないなあ、
そう感じた方は、
この二つに挑戦してみてはどうでしょうか。

きっと、氣があふれてくることでしょう。


「あなたが転んでしまったことに関心はない」

2020年01月20日 23:20

7d7e4c41e8b360bd962ffe970c6d2aa3_s.jpg


私は何度も失敗をしてきましたので、
そこからどう立ち直るか、やりぬくか、
これが非常に難しいけれども大事なことだと思っています。

もちろん自分の夢を実現するために失敗したあと、
努力をして困難を乗り越え、成功する。

こんなストーリーが理想ですが、
人生なかなかうまくいくものではありません。

目指していた夢に破れ、
遠回りをした結果、別の道で大成功をするということも、
人生においてはよくあることですし、
私自身振り返っても「セカンドベスト」の方が
うまくいっているようにも感じます。


しかし結果としてセカンドベストであっても、
失敗した後には立ち上がらなければなりません。

第16代アメリカ大統領のリンカーンは、
誰でも知っている偉大な歴史上の人物ですが、
彼は貧しい家庭に生まれ丸太小屋で誕生しました。

9歳の時に母は病気で亡くなり、
面倒を見てくれた姉もなくなります。

そしてその後、

22歳で事業に失敗。
23歳で州議会議員選挙に落選。
25歳で再度事業に失敗。
34歳から5年に3度下院議員選挙に落選。
46歳で上院議員に落選。
47歳で副大統領になろうとしたが失敗。
49歳で上院議員に落選。

という人生を送ります。

ドラマや映画としては面白いかもしれませんが、
なかなかこれは厳しい人生です。

最終的には、51歳でアメリカ合衆国大統領となるわけですが、
この失敗の連続を見て皆さんは何を感じるでしょうか。

リンカーンは失敗するたびに、
ハードルを上げて努力をしている。

このことに気づきます。


実際、リンカーンはこんな言葉を残しています。

「あなたが転んでしまったことに関心はない。
 そこから立ち上がることに関心があるのだ」


失敗した後に、何をするか。

ここが勝負です。


立ち上がる準備ができましたら、
連絡をください。

ともに戦いましょう。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx