Category[ 元気が出る話 ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

老いない方法

2017年06月05日 21:22

精神面での若さについて、
松下幸之助は以下のように言っています。


「精神的には何歳になろうとも、
 青年時代と同じ気持ちを持ち続けることができるはずだ。

 その精神面での若さというものを決して失いたくないというのが、
 かねての僕の願いなのである。」


また、思想家の安岡正篤は、

「早く老いることの原因は、
 肉体より精神にあります」

と言っています。


二人の先人が言っていることから言えることは、

「自分はまだまだ若い」

と思っていることが、
若さを保つ大きな要因になるということだと思います。


「年相応に」と考えると、
それなりの精神、肉体になっていくのでしょう。


80歳でエベレストに登頂した三浦雄一郎さんは、

「人間は何歳になっても、
 筋力や体力を向上させることができる」

と言っていますし、
実際に三浦さんは60代のころはメタボ体型だったにもかかわらず
そこからトレーニングを積み、
筋肉をつけていったのだそうです。


肉体も頭脳も、
自分は若いと思っていれば、
活発に動いていき、
若さを保つことができるのですね。


私は幸いにして、
40代50代が「若手」と言われる業界で働いているので、
まだまだ「若手」という意識でいます。

そう考えると、
脳も自分が「若手」であると判断してくれているので、
頑張らなければと思うわけです。


「若さ」という概念は相対的なもので、

大学生と話してみると、
彼らは「中学生って若いなあ」と思っているようですし、

90代の老人クラブの幹部の方々から見ると、
「60代70代はまだまだ若い!」と思っているようです。


繰り返しになりますが、
「若さ」は相対的なので、

自分自身がどう思うかがすべてです。


そして「自分は若い」と心で思い描けば、
その通り若くなっていくわけですし、
可能性はまだまだ無限大に広がります。


現在60歳の方でも、
いまの時代90歳まで長生きする方はたくさんいますので、
残り30年間を積極的に生きていこうと思えば、
新たな青春が始まるともいえます。


老いない方法は、
自分の心の中にあるわけですね。


「明日から仕事か、いやだなあ」と思った人は幸せな人!

2017年05月07日 23:59

五月は私の誕生月でもあるので、
とてもやる気が出てきます。

仙台の街自体も青葉繁れる季節となるので、
全体として活気があふれだす季節となるなあと感じています。

5月20日21日には「仙台青葉まつり」も開催されます。

仙台青葉まつり
http://www.aoba-matsuri.com/

6月10日11日には「東北絆まつり」も開催されます。

東北絆まつり仙台
http://tohoku-kizunamatsuri.jp/


長い休日であったゴールデンウィークも終了し、
明日からはまた通常業務が始まります。

休日が充実していた方ほど、
明日から仕事か、明日から学校かと思うと、
憂鬱になられる方もいるのではないでしょうか。


五月病という言葉もあるぐらい、
五月に調子が悪くなる人は多いようです。

学生さんや新社会人では、
特に五月病が多いようです。



しかし、よくよく自分をふりかえってみると、

「明日から仕事か、いやだなあ」

と思えるということは、逆に幸せなこと


だと思うわけです。


振り返ると、
私が秘書時代に落選し失業した後、

また自分が選挙に出て落選した後も、
仕事がなかった時は
どうやって暮らしていこうかと思っていました。


「明日から仕事か」


と思えるということは、
「仕事がある」ということで、
暮らしていく糧がまだあるということ。

これはとてつもなく幸せなことですね。


振り返ると、
私は何もすることがなく、
ブラブラとしていて、
誰とも会う機会がないときがしばらく続いたときがありました。


「明日から仕事か」


と思えるということは、
誰かが私に会ってくれるということ。

誰かに仕事を任されているということ。


いやな相手であっても、
自分と会ってくれると考えると本当にありがたいことです。

嫌な上司や同僚に明日から会わないといけない
と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、
誰にも会えないのもけっこうつらいものです。



「いや、私は明日からの仕事はない!」という人も、
このメルマガを読んでいらっしゃる方の中にはいることでしょう。


でも今、明日からの仕事がないのに
わずかであったとしても、
食べていけるのはなぜか?

あなたは過去にいい仕事をし、
いい評価を得られたことによって、

蓄えがあり、
あるいは年金をいただいているのではないでしょうか。


すばらしいことですね!


明日から仕事がなくても、
次の仕事に向けて準備をしている方もいることでしょう。

そして、
次の仕事の準備ができるということは、

あなたに期待してくれている人が、
世の中にたくさんいるから準備ができるわけです。

これもまたありがたいことですね。


このように考えてみると、
明日からは何かがよい方向に変化する、
そんな日の連続のスタートの日なのではないかとも思えてきます。



もし、

「明日から仕事か、いやだなあ」

とちょっとでも思っていた方は、

少し発想を変えるだけで、
この五月は人生最高の月になるかもしれません。


生きているだけでもありがたいことですね。


さあ、明日からまた新たなスタートです。
頑張っていきましょう!


天才になれる簡単な方法

2017年04月24日 17:05

それぞれの業界、分野で天才と呼ばれる人がいることと思います。
スポーツや芸術などを見ると天才がいるものです。

芸術の世界にも天才はたくさんいますが、
誰でも知っている人と言えば、
パブロ・ピカソをあげることができるのではないでしょうか。


作品も有名ですし、
子供でもその名前を知っていたりします。


素晴らしい作品を作り上げているピカソですが、
実はその生涯に、
なんと、


1万3500点の油絵と素描、
10万点の版画、
3万4000点の挿絵、
300点の彫刻と陶器


を制作し、
最も多作な美術家であると『ギネスブック』に記されています。

1日平均5点の作品を、
80年以上にわたって生み出したという計算になるそうです。

つまり、人類で最も多くの作品をつくった
アーティストなんですね。


天才は必ずと言っていいほど、
とてつもない仕事の量をこなしています。

天才と呼ばれるスポーツ選手も、
小さい頃からその練習量はすさまじいものがあります。


まずいま与えられた仕事の量をたくさんこなしていく、
ピカソとまではいきませんが、
私も量をこなしていきたいと思います。




【再録】大失敗した後にどうリカバリーするか?─この三年半、なんとか頑張れた理由を自己分析する

2017年04月15日 14:14

私は人生を振り返ると、
数多くの失敗をしてきました。

大学受験も失敗しましたし、
大学院受験も失敗しました。

国会議員政策秘書試験というのも一回失敗しました。


他にもさまざまな失敗をしましたが、
一番大きな失敗は、

平成23年の県議選落選

だったなあと思います。


これから長生きしていけば、
さらにひどい失敗が待ち受けているかもしれませんが、

いま自分が直面した失敗が、
大きな壁に見えるもので、

あとから見るとそれはちいさな壁だったと思えるのですが、
いま抱えている壁が人生の難関すべてに思えるものです。


とりわけ落選してからしばらくして、
自分は精神的にもつらかったことを思い出します。


現時点でもすばらしい偉大な結果が出ているわけではないので、
それを引きずっているとも言えますね。



しかし落選してからしばらくしてつらかったにもかかわらず、
何とかいま頑張ることができています。

応援してくださっている方々のおかげですし、
いろんな方によくここまで頑張ったねと言われます。


自分では結果が出て初めて、
頑張ったなあと実感できるのだと思います。


この三年半、
なんとか頑張ってこれたのはなぜか、

ここで自己分析をしたいと思います。

[ 続きを読む ]

試練こそチャンス

2017年03月27日 21:48

このメルマガを読んでいる方はけっこう多く、
宮城県だけではなく、全国、全世界にいるようですので、
これはこれでとてもありがたいことですが、

しかしたくさんの人が読んでいるからこそ、
それぞれのおかれた場所も様々でしょうし、

現在今この瞬間、
人生において最大のピンチ、
現在は大変な事態になってしまったという方も、
きっといるのではないかと思います。


もう人生は終わりだ、
なぜこんな事態に陥ってしまったのだと、
八方塞がりの状態だと感じている方がいるのではないかと思います


しかし、どんな状態に陥っても、

「打つ手は無限」

にあり、また試練に陥っているときこそ、
実は後から見ると大チャンスであるともいえると思います。


人生の達人、先輩方は、
試練は修養の場で、
苦難こそ幸福のスタートだととらえています。


そうは言っても、
いったいどうやってこの困難から脱したらいいのか、
それは今まで様々このメルマガに書いてきました。


元気が出る話
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-18.html


手法は無限にあります。
どんな困難に陥っても、
やり方はいくらでもありますし、

自らの志さえ見失わなければ、
時間はかかるかもしれませんが、
必ずや素晴らしい事業を成し遂げることができます。


今日、いま、この瞬間に、

「もはやこれまで」

と思われた方は、
ぜひ私にメールをいただければと思います。


私も実はけっこうな困難にいまぶち当たっていますが、
打つ手を無限に使っていきたいと思っているところです。


ともにがんばりましょう!







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx