Category[ ビジネスのヒント ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

中国の古典『貞観政要』、「三鏡の教え」

2020年06月22日 21:58

961681_s.jpg


中国の古典『貞観政要』のなかに、
「三鏡の教え」があります。

────────────────────────
『太宗、嘗て侍臣に謂ひて曰く、
 夫れ銅を以て鏡と為せば、以て衣冠を正す可し。
 古を以て鏡と為せば、以て興替を知る可し。
 人を以て鏡と為せば、以て得失を明かにす可し。
 朕常に此の三鏡を保ち、以て己が過を防ぐ』

(『貞観政要』巻第二 仁賢第三 第三章「三鏡」)
────────────────────────


第一に、
鏡に自分を映し、
元気で明るく楽しい顔をしているかチェックする(銅の鏡)。


第二に、
過去の出来事しか将来を予想する教材がないので、歴史を学ぶ(歴史の鏡)。

第三に、
部下の厳しい直言や諫言を受け入れる(人の鏡)。


これら三つの鏡がリーダーには必要だということです。


上司が暗い顔をしていたら、職場の空気が淀み、
部下が伸び伸びと働くことができなくなってしまう。

将来を予測する教材は過去の出来事しかないので、歴史を学ぶ。
歴史を学んでいなければ、何か起こった時に慌てふためいてしまう

自分の周囲に直言をする人を配置しないと、
裸の王様になってしまう。


この三鏡の教えはシンプルかつ永遠の真理ということで、
日本の歴史上の人物も学んできたことであるとのことです。

この三つとも非常に重要だということを、
最近とみに感じます。

「政要」とは「政治の要諦」、
肝心かなめのことであります。


結局、政治を動かすのは人であるので、
人間関係、そしてこうした不変の真理を学んで
実践できるかというところにあるのだと感じます。

しかし、わかっていてもなかなかできないのが、人間ですね。


修業の日々です。



⇒ 出口治明『座右の書『貞観政要』 中国古典に学ぶ「世界最高のリーダー論」』


佐藤悌二郎「不況における松下幸之助の研究 」

2020年03月30日 21:57

b058777a89af30bef918f3bebd651853_s.jpg


佐藤悌二郎「不況における松下幸之助の研究 」
(PHP総合研究所、1992年)
⇒ https://konosuke-matsushita.com/staff/sato/manuscript/014.pdf

新型コロナウイルス感染症が、
全世界で猛威を振るっています。

わが国においても、厳しい状況になっており、
宮城県においても陽性患者の方が増えています。

週末の不要不急の外出を自粛するよう、
首都圏では呼びかけられましたが、
その状況は、経済にとっては大変厳しい状況を惹起しています。


中小企業庁の支援策は、
何度もこのメルマガでお伝えしていますが、
最新の緊急経済対策はこちらをご覧ください。

「新型コロナウイルス感染症で影響を受ける事業者の皆様へ」
(経済産業省 3月24日20時更新)
⇒ https://www.meti.go.jp/covid-19/pdf/pamphlet.pdf


そして、同時に、
このコロナ不況をどう乗り切るかということについては、
前代未聞のかつてない状況であることは事実ですが、

同時に過去の経営者がどのようにして、
不況を乗り越えてきたのか、
どんな工夫をして不況をばねにして、
事業を拡大したのかを研究することも重要です。

不況期における松下幸之助の考え方は、
非常に参考になると思いますので、
PHPの佐藤悌二郎さんの約30年前の論文が
ネット上にありますので、
皆さんにシェアしたいと思います。

「不況またよし」
「肚を据える」
「原点に返る」
「責任は我にあり」
「日ごろが大事」

ここに書かれているそれぞれの言葉になるほどと思いながら、
自分に置き換えてどうするべきか、
感じることも多く、

私自身もどう行動していくか、
考えるきっかけとなります。


喫緊の課題解決に全力で取り組みながらも、
政治と経済の在り方について、
松下幸之助の思想をあらためて読んでいきたいと思います。


超人的な能力があっても一人では世界を救えない

2020年01月13日 23:47

DVC00310.jpg



政治家は常に批判の対象ですし、
まあ根も葉もない批判を受けるものですが、

ほとんどの政治家は、
すばらしい能力をもっていて、
身を粉にして、資産をすり減らして、
休日もなく、体力の限りを尽くして、
世のため人のために活動しています。

そうした活動に対する信頼の結果として、
選挙でたくさんの票をいただけるわけで、
その結果さらに仕事を進めることができるわけです。


たまに変な政治家がいることは否定しませんが。


しかし、そんな一生懸命な政治家でも、
一人でできることはたかが知れています。

いくら超人的な能力をもっていても、
一人の政治家が一万人の有権者に対し、
選挙よろしくと直接お願いすることは物理的に不可能です。


そのための後援会であり、
仲間がいて、支援する人がいて、

呼びかける能力のある仲間、体力のある仲間、
デザイン能力のある仲間、演説のうまい仲間、
とにかく突進する仲間、いろいろな仲間がいるおかげで、

仲間がさらに増え、
組織が動き、地域が動き、世の中が動くわけです。


どれだけ超人的な能力をもっていて、
優秀な政治家でも、
個人の活動には限界があるのです。

事業も同様ですね。


仲間がどれだけいるか、
そして多種多様な能力をもった仲間を
どれだけ増やせるか。


世のなかをよりよくしていくために、
日本を変え、世界を救うためには、
たくさんの仲間の力が必要です。



失敗する人にありがちな価値観とは何か

2019年12月12日 23:08

1a06686f3ae97626d5f67d8944c372c3_s.jpg


私は仕事柄、政治家や起業家、経営者の方々とお会いする機会が多くあります。
またスポーツ選手や官僚、作家などなど人の何倍も努力して
仕事を成功させている人にお会いする機会もあります。

もちろん人生は陰陽、波がありますので、
順境もあれば逆境もあります。

私も波が高い感じで両方経験し、
いまも日々順境と逆境を繰り返しています。

同じ一日でもこの分野は順境、この分野は逆境ということもあり、
苦悩し、次の瞬間に喜ぶ、波高い毎日です。


しかしいろいろな人にお会いする機会が多いからこそ、

「こういう人は成功するな」とか、
「これは失敗するだろうな」ということがなんとなくわかります。

若いころにはわからなかったことが年を重ねるにつれて、
わかるようになってくるものです。


そういう私の経験から、
「失敗する人にありがちな価値観」
というものがあるのではないかと最近頭に浮かんだので、
これは皆さんにシェアしたいと思った次第です。

「失敗する人にありがちな価値観」とはどんなものかといえば、

「自分の考えは絶対に正しい」

と思っている人のことです。

成功する要素はいくつもあるように思いますが、
失敗する人はほぼまちがいなく
「自分の考えは絶対に正しい」と思っています。

いまお金持ちの人でも、いま貧しい人でも、
いま田舎に住んでいても、いま都会に住んでいても、
いま若くても、いまご高齢でも、

どんな境遇でも「自分の考えは絶対に正しい」と思っている人は失敗する、
そのように感じます。

アドバイスを素直に聞く、
このことができなくなってくるとこれも危険ですね。

私自身、この価値観を認識していても、
時折、素直さがなくなってしまうなと自戒することがあります。

修行が足りないなと思いながら、
この「失敗する人にありがちな価値観」に陥らないよう、
今後の人生においても気をつけたいと思います。


素直さを大事にしたいですね。


人間、できているようでできないこと

2019年11月11日 21:32

33cb23b2fd0dceee48a28990df9c6168_s.jpg


子供のころはなかなかできなかったのですが、
大人になるにつれてできないと困ることの一つに、

「傾聴」

という行為があります。

「耳を傾ける」

ということであり、
人の話を聞く、ということでもあります。

政治家にとってはとても重要なことでもありますが、
人間、なかなか傾聴することができません。

私も反省することが多いです。


「傾聴」というと、相手の話を聞くことである、
ととらえる人は多いのではないでしょうか。

もちろん相手の話を真剣に聞くということが行為上「傾聴」なわけですが、
右から左へ受け流す、というのでは、
ムーディー勝山であって、本当の意味での傾聴ではありません。


究極的な傾聴は、

「相手の話を真剣に聞き、その話を肯定的に受け止め、
 実際に行動する」


というところにあると思います。

素直そうな顔をしていても、
素直に話を聞いているようでも、
実際に行動していなければ、「その場限り」であり、

「本当に傾聴してもらえた」

とはなりません。


ですから、肯定的に受け止めその行動をとっているかどうか、
というところが非常に重要です。


誰しも人間、できているようでできないところですが、
聴いたふりではなく実際の行動をどうとっているか、
素直さの実現は行動でもありますので、
その点が分かれ目なのかなと思うところです。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx