Category[ ビジネスのヒント ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

部下として、フォロアーシップ10の条件

2019年06月03日 23:59

e8c30845d7cd17ea7c0f9637de9cec0c_s.jpg


感性論哲学という分野があるそうで、
これは哲学者・芳村思風が確立した「感性」を原理とする独創的な哲学なのだそうです。

むずかしそうな哲学だなあと思いましたが、
以下の「フォロアーシップ10の条件」について読んでみると、
これはなるほどなあと感じますのでシェアしたいと思います。


世の中には「リーダーシップ」に注目する方がとても多いのですが
リーダーシップがあればついていく側、
部下の側の「フォロアーシップ」についても、
しっかり勉強しておいた方が、
全体として和のある組織が生まれるのではないかと思うところです


────────────────────
【引用ここから】

『感性型フォロアーシップ10の条件』(芳村思風:哲学者)

1.リーダーの夢をわが夢としているか(リーダーと夢の共有ができているか)
2.リーダーにとっての名参謀に徹しているか
3.フォロワーの気持ちをリーダーに素直に伝える・教える・語ることをしているか
4.リーダーを育て、成長させることを考えているか
5.リーダーの短所を補い、責めないでいるか
6.理屈を超えてリーダーに従い、リーダーを守っているか
7.仕事を通じて、自己を成長させる努力をしているか
8.人の役に立つ、人に必要となる人間となるよう心がけているか
9.会社の中での地位や立場・役割を自覚して働いているか
10.今、自分のしていることの意味や価値を確認しながら働いているか

~芳村思風「感性論哲学原理原則集 1」より~

【引用ここまで】
────────────────────


ついていく側(フォロアー)次第で、
リーダーは、組織は、
いくらでも変わっていくものと感じます。

フォロアーとしての心得を学んで損はないと思います。



【経営】事業承継二代目後継者が持つ不安を解消する方法

2019年04月25日 23:59

4e4c4c12b0e4dfd371469fe3fe6b62de_s.jpg 

これから令和の時代になりますが、

令和時代のわが国の中小企業政策にとって、
非常に重要になってくるであろうテーマが

「事業承継をどう進めていくか」

ということになるでしょう。


現在、中堅・中小企業経営者の年齢のピークは
六十六歳なのだそうであります。

六十六歳はまだまだ若い年齢であるともいえますが、
この経営者の年齢のピークは、
二十年間で十九歳も上昇したのだそうです。

つまり、この二十年間、中小企業経営者はほぼ若返っておらず、
同じ経営者が経営を続けているということになるわけであります。

しかし人間には寿命がありますので、
近い将来、多くの中小企業経営者が
引退せざるを得ない状況になっていくことと思います。


わが国企業の九十九%は中小企業・小規模事業経営者であり、
地域経済を支えているのが中小企業経営者であると考えると、

後継者へのスムーズな事業承継、
または中小企業の合併・買収の促進等を含め、
事業承継支援体制の整備を県が主導して
進めていかなければならない状況に来ておりますし、

実際に宮城県でも様々な対策を講じているところです。



政策的な話はまた別の機会に譲るとして、
事業承継の何が難しいと言えば、

「後継者不足」

そして後継者の方々の不安が解消されない
というところにあると言えるかもしれません。


親子の継承が従来はメインでしたので、
先代との関係性が難しい場合もあったりして
不安が生じるということもあるでしょうが、

後継者の方の多くは漠然と将来の不安をもっているということも感じます。


もちろん経営者すべてが将来の不安を持っているでしょうが、
経営者として経験を重ねるとその不安の解消法を会得するものなので、
その不安は小さなものになっていきますね。


それでは、将来の不安をどうすれば解消できるのか?


それはシンプルに、


「行動する」


ということに尽きます。

自分自身に自信を持てない時というのは概して、
不安の結果、様子見の態度をしてしまいがちです。

行動しなければ当然結果が出ないので、
デフレスパイラルに陥ります。


行動とは何か?

営業でも経営計画の作成でも、社員との対話でもよいでしょう。
とにかく活動をしていけばいくほど、
経営の不安は少しずつ解消されていきます。


事業を承継したばかりの二代目後継者の方には、
ぜひどんな形でもいいので、
積極的な「行動」をされることをオススメします。

そのことによって不安が解消され、
さらによいパターンが生まれれば経営にも結果が出てくることでしょう。




平成31年(2019年)の政治経済見通し

2018年12月30日 23:59

highway-at-night--light_19-138095.jpg 


以前からこのメルマガでも指摘していますが、


「未来を予測することは一定程度可能である」


と私は思っています。


たとえば平成31年5月10日に渡辺勝幸は44歳になる!

とか、

平成30年1月6日に部分日食を日本で見ることができる!

ということは、
もう予定として決まっているわけです。



私がむかし永田町で働いていたとき教えられたことは、
政治的作業の一番要の部分は


「日程を作ること」


だということでした。

だれがいつどう動くか?

これを知っていると、その後の動きが解るし、
世の中の制度がどのように変わっていくかも、
未来の日程が解れば推測できるようになります。


永田町に限らず
ビジネスにおいてもそうですね。


したがって、
どんな種類の手帳を使うか、
アナログかデジタルかということも大事かもしれませんが、


「手帳に書いてあることをどう見ていくか」


ということのほうが重要なわけです。


もちろん人の気持ちや、
突発的災害、事故、人の死などで、
情勢が大きく変化することはありますので、
そこもシミュレーションのひとつです。



平成31年は、
選挙の年となりそうです。

統一地方選(4月)、
参院選(7月)、仙台市議選(8月)、宮城県議選(10月)

の選挙に向けて、
私自身の戦いだけでなく応援をしていく活発な年になりそうです。


日本政治の世界では、
参院選の結果次第で政権のパワーが変わってくる可能性があります

当然衆参同日選の可能性もありますし、
憲法改正の国民投票が実施される可能性もあります。


安倍政権に代わる政権が樹立されるか、
継続されるかはこの夏が大きな分岐点となりそうです。

引き続き政権が継続するとなれば、
以下の通りの最長政権が見えてきます。

6月7日に初代首相の伊藤博文(2720日)を抜き歴代3位に。

夏の参院選に勝利して政権を盤石にすれば、
8月24日に佐藤栄作(2798日)を抜き戦後1位に。

11月20日には桂太郎を超えて歴代1位となります。


野党の再編も注目されます。
立憲民主党を軸に展開していくものと思いますが、
野党がどこまで連携を深められるかで、
今年の参院選の結果も変わってくるでしょう。


ーーーーーーーーーーーーーーー


日本経済については、
引き続きゆるやかな景気拡大が見込まれます。

平成31年1月に景気拡大局面が74カ月に達し、戦後最長になるものと思われます。

景気拡大は続くも成長速度は緩慢。
西日本豪雨災害など今年相次いだ自然災害が下押し要因となっているようです。


日銀の量的緩和については、
アメリカ経済の動向も踏まえ、
大きな路線転換がいつ実施されるかが注目されることでしょう。

わが国の物価上昇の動きはユーロ圏と同様、
鈍いものとなっていますが、

金融政策に関するアベノミクスの転換が、
どのタイミングでなされるかが、
日本経済に大きな影響を与えることが予想されます。

日銀の2%目標の達成メドは立っていません。
緩和の副作用を配慮した微調整を受け、現行の緩和は長期戦になりそうです。


10月に想定される消費税増税は平成26年時と比較し、
正味上昇幅が小さいことや各種政策のためショックは相対的に弱いものと見込まれます。

来年度は歳出規模が、初の100兆円超となる見込みであり、
積極的な財政政策が展開されることになりそうです。


また現在、労働需給は逼迫しており、
特に建設業やサービス業などを中心に人手不足感が強まります。

高齢者や女性の労働参入が進む一方で、
賃金は伸び悩み、所得増が消費を押し上げるには至らない可能性も




ーーーーーーーーーーーーーーー


国際的な情勢としては、今年に引き続き、
米国のトランプ大統領の動きに左右されそうです。


北朝鮮情勢も含め、
中東における状況がどのようになっていくか、
不確実性が高いトランプ大統領の一挙手一投足が
世界の動向に大きな影響を与えることとなるでしょう。


来年の世界経済は「景気減速」が、
多くの識者の見立てとなっています。


アメリカの景気拡大は来年年央に最長の10年を超えることになりますが、
減税効果の剥落で減速。

2020年は正念場に。
米中貿易戦争による外的ショック、さらに米国内のバブル崩壊のショックが加われば、
成長減速は不可避になるでしょう。


米国の株価、企業債務は過去のバブル水準に到達、
株価の過熱度合いは過去のITバブル、リーマンショックに匹敵していますので、
来年は来るものが来るということでしょうし、
懸命な投資家はもう見えているのではないでしょうか。

アメリカ政界は今年の中間選挙の結果、
上院が共和党、下院が民主党という「ねじれ議会」が発生。

2020年大統領選再選に向けて、トランプ大統領は景気拡大維持のために
あらゆる政策を打ち出すことでしょう。



中国は党大会で1強体制を明確にした習近平総書記を中心として、
政権基盤は盤石に見えますが、経済がその力を左右しそうです。


中国経済の外需に対する依存は近年低下しているとはいえ、
米中対立が激化する場合、ハードランディングの恐れも十分あるでしょう。

来年はそこに注目ですね。

不動産規制緩和、自動車減税、公共投資などの景気対策を総動員しているものの、

債務比率は260%超で、リーマンショック後10年で約2倍になっているとのことで、
潜在的不良債権が巨大になっているようです。




欧州は、米中貿易戦争による輸出鈍化や
イタリアの財政問題、
Brexit(欧州連合からのイギリス脱退)などにより
欧州経済は徐々に減速に向う見込みです。

また欧州のポピュリズムの拡大が来年のキーポイントになりそうです。

来年度のイタリア予算案を巡る欧州連合(EU)とイタリア政府の対立は、
イタリア政府が予算案の修正に応じ、長期金利はいったん落ち着きましたが、

ポピュリズム政権とEUの対立は継続。

また来年5月には欧州議会選挙が予定されており、
独仏や東欧諸国などでポピュリズム政党の勢力伸張が予想されています。

来年10月に任期満了を迎える欧州委員長とECB総裁などの後任人事に影響を与えるため、
欧州の将来を占う選挙となります。

独仏でもポピュリズム勢力が既存政党を脅かす動きがあり、
要チェックです。




インドでは閉鎖経済が奏功、稀有な高成長を遂げています。
来年度も消費・投資主導で7%台の高成長を維持。

原油価格の下落が見込まれることもあり、
来年はフィリピン、ベトナムも含め新興国にとって追い風となる可能性もあります。





米中貿易摩擦をはじめとした諸課題もあり、
世界経済が減速することが見込まれる来年。

どのように政策運営を進めていくか、
重要な年となりそうです。

大転換期の世界において我が国がどう進むべきか、
宮城県の進むべき方向はどうあるべきか、
年末年始考えてみたいと思います。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【2019年(平成31年)の予定】


1月 通常国会召集

2月 日EU・EPA発効

3月 英国が欧州連合(EU)を離脱

3月11日 東日本大震災から8年

4月 統一地方選挙

5月 新天皇陛下即位、改元

5月 欧州議会選挙

6月28-29日 主要20か国・地域首脳会議 G20大阪サミット

7月 【参議院選挙】

8月 【仙台市議選】

8月24-26日 主要7か国首脳会談 G7フランスビアリッツサミット

9月 臨時国会召集

10月 消費増税(8%→10%)

10月 ドラギECB総裁任期満了

10月 カナダ総選挙

10月 【宮城県議選】

11月17日 APEC首脳会議(チリ)


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー



亥年の相場格言は「固まる」。

猪突猛進と言いたいところですが、

2020年の「子」は「新しい生命が種子の中に萌し始める」年です。

つまり、「亥」は、新しいステージに進むための準備期間であり、
しっかりエネルギーやパワーを蓄える年なのだそうです。

そのため、株式相場では、
次の段階へ進むための根固め期間とむかしから言われています。


東京オリパラ2020年という新しい時代を迎えるに当たり、
世界と日本が大きく動いていくなかで、

私自身は、地元の若林区と宮城県の発展を推進するため、
しっかりと根固めをしたいと思います。


千代の富士の二つの稽古

2018年08月27日 22:27

96268d3123066e027f33ae9a2b2f074f_s.jpg 



横綱千代の富士。

私の世代で相撲を見ていた人ならば、
あの細身でありながら強い横綱「ウルフ」を
知らない人はいないのではないでしょうか。


第58代横綱、千代の富士は、
昭和45年初土俵。昭和50年初入幕。
平成3年に引退しました。

幕内優勝回数31回。
幕下優勝回数1回
殊勲賞1回。敢闘賞1回。技能賞5回。

引退直前に貴花田と対戦し敗退、
これが引退の引き金になったとされています。


平成28年7月31日に、
すい臓がんで亡くなられてしまいましたが、

親方としても活躍し、
千代大海の他に千代天山、千代鳳、千代大龍を育てています。



その千代の富士ですが、
相撲の稽古は二つの稽古をしなければならない、
と言っていたそうです。

それは何かというと、


「いま強くなる稽古と、3年先に強くなるための稽古と、
 両方をしなくちゃならない。」



とのことでした。

ふつうは、いま強くなる稽古をすればよいじゃないかと思いがちですが、
3年先に強くなるための稽古はまた別だということですね。


仕事でも同じですね。

いまこなさなければならない仕事をすると同時に、
3年後に自分が立っている位置でも活躍できる、
そんな仕事の準備をしなければならないわけです。


3年先に強くなるための稽古を、
しておかなければと感じました。


いつも怒り批判ばかりしている人は偉い人

2018年02月07日 21:07

怒りが世の中を変える原動力になることはあります。

世の中の現状に満足せず、
世界をよりよくしていこうとすることは
政治の大事な役割ですね。


しかし特に政治に関する議論をしている方の中で、
いつも怒ったり批判ばかりしている人がいます。

ひどい場合になると、
特定の人や団体すべてを批判の対象にしていたり。


怒りは度を超えると、
人を遠ざけてしまいます。

いつも怒っている人のそばには
誰しもいたくないので、
怒っている人から離れようとするのは人間心理というものですね。


お笑いタレントの明石家さんまは、
人に対して怒ることはありますかという問いに対し、
以下のように答えたそうです。

「(自分は)腹を立てられる器でもない。
 そんなに偉くない。
 腹立って怒りたい人は偉いと思ってんねやろ、自分のこと」

と。

なるほどなあと感じます。
自分を反省しながら振り返ってみると、
何かに怒ってしまうときというのは、
だいたい、

「自分が上位にいると思っているとき」

ですね。

自分が偉いと思っているから「怒り」に変わるわけで、

自分が偉いと思わなければ
腹を立てることもなくなるわけですね。


つまり、いつも怒ったり批判ばかりしている人は、
自分は偉いんだということを表している、
ということになります。


自分は偉くないと謙虚さをもっていれば、
自然と怒ったり批判したりすることは
少なくなってくることでしょう。


また怒りや批判をする人は、
実は自分の弱さや不安を隠すために
そのような行動をしているという説を唱えている人もいます。

さらには体にも悪く老化が進むとも言われます。


つい怒ってしまったり批判をしてしまうことはありますので、
私自身も政治活動においても、
気をつけたいなと思うところです。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx