Category[ 日本について ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

これからの時代、どんな時代になっていくのか?

2021年03月22日 23:59

4519676_s.jpg

令和2年、2020年は、
まさに時代の大転換期の幕開けであったと、
後の歴史で言われるようになるのではないかと
最近とても思っています。

新型コロナウイルス感染症が、
ここまで感染拡大するとは思いませんでしたし、
東京オリンピックが延期になるとは
ほとんどの人は予想もしていなかったことと思います。

しかしこのコロナ禍は、
大きく時代を変えることとなってしまいました。


今後、何が、どのように転換していくか、
これはしっかりと見ていかなければなりませんし、
政治家はこれを見誤ると、
国が亡ぶということにもなりかねません。


目前の危機を乗り越えるための手法ももちろん大事ですが、
大転換期における時代の変化を見誤ると、
小手先の手法がいくら成功しても、
ゴールにたどり着けないということになりかねません。


もちろん、明日のご飯を食べることが第一です。
命を失うようなリスクを除去していくことが第一です。

医療提供体制の充実と経済的支援、
両方をとっていくような、
針の穴に糸を通すような
政策をつくっていかなければなりません。


しかし大きな視点で見ると、
これからの時代、どんな時代になっていくのかということを、
しっかりと見ていかなければならないと思うのです。


それでは、いったいこれからの時代、
どんな時代になっていくのか?


私はこれからますます

「公益を重視する時代」

になっていく、
そう思っています。


「利他の社会」

と言ってもいいかもしれません。


コロナ禍で様々な制約のなか、あらゆる場面で、あらゆる場所で、
自分勝手な人、自己中心的な組織、
自国中心主義な国が如実に表れてきました。

コロナ以前もそうでしたが、
「自分さえよければよい」「誰かを貶めてもよい」、
そんな世界がいくつもいくつも生まれていたように感じます。

それぞれの自己中心的な価値観には、
それぞれの理由があり、正当性の主張もあったことでしょう。

個人が重視されすぎ、
公共性が軽視されていたからともいえるかもしれません。


その傾向が急速に広がり、
コロナ禍においては如実に表れたとも言えます。

バーチャルな世界における、
匿名による「言葉の武器」は、
独善的に他者の心を破壊させていく、

その行き着く先はどうなるかと言えば、
おそらく破綻なのではないでしょうか。


そして、自国中心主義の国が増えれば増えるほど、
戦争という形で破綻が訪れていたことは、
歴史書を見るまでもなく、よくあるパターンですね。


だからこそ、個を重視しすぎた世の中はいずれ破綻し、
新たな価値観として「公益を重視する社会」が誕生するのだと思っています。


お互いに譲り合い、
お互いを思いやり、
時に我慢し、時に共有し、
そんな価値観を持つことが評価をされ、

世の中の仕組みとして
「公益を推進すること」が
インセンティブを生み出していく。


これからの時代はそんな時代になっていくのではないかと思っていますし、
こんな時代になっていくのではないか、
という評論、分析に終わるのではなく、

そんな時代をみんなでつくらなければならないのではないか、
と日に日に思う次第です。


みなさんはどう思いますか?



建国記念の日の批判を批判する

2021年02月11日 21:57

148752907_3516080678502293_6926773878410152860_n.png


人間に誕生日があるように、
会社にも創立記念日があります。

もちろん国家にも建国の日が必ずあります。


本日2月11日は、
建国記念の日、わが国日本のお誕生日です。

初代神武天皇が即位した日ということで定められました。


建国の神話によるものであり、
今年は皇紀2681年、
すなわちわが国が誕生してから2681年ということになります。

現存する世界最古の国家です。
すごいことですね。


このように長きにわたる歴史があること、
これはすなわち、わが国において、

「平和で安定した政治が行われてきた」

ということでもあり、誇りに思えることです。



しかしこの建国記念の日を批判する方もおられるようです。

その大きな理由は、
建国に「科学的根拠がない」というものであり、
2681年という計算そのものも神話をもとにしていて、
史実とは異なるものであると。


確かに科学的根拠はないでしょうね。


神話は事実ではないかもしれません。


しかし長きにわたり、
この神話や建国の伝説が親から子へ子から孫へと伝わり、
21世紀の現在に暮らす私たちにまで伝わっているのは「事実」です。


十年前につくられた話でもなければ、
百年前につくられた話でもないことは科学的に証明されています。

さらには、
千年前につくられた話でもないことも科学的に証明されています。


しかし何年前につくられたことか、
科学的根拠のある事実なのか、

おそらくそれはどうでもいいことなのだと思います。


千年前にも日本があり、
それ以前にも日本があり、

天皇陛下がいらっしゃって、
国民は日本語を話し、
21世紀に暮らす私たちが参拝するのと同じ神社や仏閣がその時代にもあり、

ほぼ同じ文化を千年前のご先祖様たちと共有できるということは、
本当にありがたいことだと思います。

千年、二千年と単純に言いますが、
ご先祖様たちはものすごい努力をしてきたんだろうなと、思います


諸外国を見渡せば、
そんな国は一つもありません。

同じ土地に千年後はちがう民族が住んでいて、
ちがう言葉を話し、遺跡はどこかへ消えてしまって幻になっている
それが当たり前となっています。



ありがたい国に暮らし、
わが国に「和」を尊ぶ政治が建国以来続いてきたということを、
21世紀の政治家の一人として、

私自身も後世の子孫のために残していかなければならないと
決意を新たにしているところです。


本日はわが国の誕生日。

おめでとうございます!

令和3年天皇陛下のご感想(新年に当たり)

2021年01月02日 21:17

981d0fcd54bee13d3525a7244b5df728_s.jpg


新年に当たり、毎年、
宮内庁から天皇陛下のご感想が発表されています。

毎年このご感想を読んでいますが、
今年は新型コロナウイルス感染症の影響により、
一般参賀が中止となり、
このご感想もビデオメッセージという形式となっています。


天皇陛下が即位されてから二年目の新年のご感想です。
みなさんにシェアしたいと思います。

⇒ https://www.kunaicho.go.jp/page/okotoba/detail/86

────────────────────────

天皇陛下のご感想(新年に当たり)
令和3年
新年ビデオメッセージ(令和3年1月1日)


天皇陛下
皆さん新年おめでとうございます。

皇后陛下
おめでとうございます。

天皇陛下
今年の正月は,新型コロナウイルス感染症の感染拡大により,
残念ながら一般参賀の場で皆さんに直接お話をすることができなくなりました。
そこで,今回は,ビデオで新年の御挨拶をしようと思います。

振り返りますと,昨年7月に,
豪雨により多くの尊い命が失われたことは痛ましいことでした。
御家族を亡くされた方々や,住む家を無くし,
仮設住宅などで御苦労の多い生活をされている方々の身を案じています。

この1年,私たちは,新型コロナウイルスという,
今の時代を生きる私たちのほとんどが経験したことのない規模での
未知のウイルスの感染拡大による様々な困難と試練に直面してきました。
世界各国で,そして日本でも多くの方が亡くなり,
大切な方を失われた御家族の皆さんのお悲しみもいかばかりかと思います。

そのような中で,医師・看護師を始めとした医療に携わる皆さんが
大勢の患者さんの命を救うために,
日夜献身的に医療活動に力を尽くしてこられていることに深い敬意と感謝の意を表します。
同時に,感染の拡大に伴い,医療の現場がひっ迫し,
医療従事者の皆さんの負担が一層厳しさを増している昨今の状況が案じられます。

また,感染拡大の防止のために尽力されている感染症対策の専門家や保健業務に携わる皆さん,
様々な面で協力をされている多くの施設や,
国民の皆さんの努力や御苦労も大変大きいものと思います。

この感染症により,私たちの日常は大きく変わりました。
特に,感染拡大の影響を受けて,仕事や住まいを失うなど困窮し,
あるいは,孤独に陥るなど,様々な理由により困難な状況に置かれている人々の身の上を案じています。
感染症の感染拡大防止と社会経済活動の両立の難しさを感じます。
また,感染された方や医療に従事される方,
更にはその御家族に対する差別や偏見といった問題などが起きていることも案じられます。
その一方で,困難に直面している人々に寄り添い,
支えようと活動されている方々の御努力,献身に勇気付けられる思いがいたします。

私たち人類は,これまで幾いく度ども恐ろしい疫病や大きな自然災害に見舞われてきました。
しかし,その度に,団結力と忍耐をもって,それらの試練を乗り越えてきたものと思います。
今,この難局にあって,人々が将来への確固たる希望を胸に,
安心して暮らせる日が必ずや遠くない将来に来ることを信じ,
皆が互いに思いやりを持って助け合い,支え合いながら,進んで行くことを心から願っています。

即位以来,私たちは,皆さんと広く接することを願ってきました。
新型コロナウイルス感染症が収まり,再び皆さんと直接お会いできる日を心待ちにしています。

そして,今年が,皆さんにとって,
希望を持って歩んでいくことのできる年になることを心から願います。
ここに,我が国と世界の人々の安寧と幸せ,そして平和を祈ります


皇后陛下
この1年,多くの方が本当に大変な思いをされてきたことと思います。
今年が,皆様にとって少しでも穏やかな年となるよう心からお祈りいたします。

また,この冬は,早くから各地で厳しい寒さや大雪に見舞われています。
どうぞ皆様くれぐれもお体を大切にお過ごしいただきますように。

────────────────────────




令和の新しい御代も令和3年を迎えることになりました。

天皇皇后両陛下のご健康と
皇室の末永いご繁栄を心からお祈り申し上げます。




「令和2年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(R2/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2708.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成30年から)(平成31年1月1日発表)」(H31/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2575.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成29年から)(平成30年1月1日発表)」(H30/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2428.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成28年から)(平成29年1月1日発表)」(H29/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2265.html

「平成28年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H28/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2056.html

「平成27年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H27/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1661.html

「平成26年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H26/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1282.html

「平成25年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H25/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-917.html

「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H24/1/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-537.html



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【匿名アンケートへのご協力お願いします!】
令和2年の「渡辺勝幸」についてのアンケート(令和2年12月)
⇒ https://surveynuts.com/surveys/take?id=214774&c=5567801193LNPP
【締切は令和3年1月10日(日)23:59です!】


天皇陛下お誕生日に際し(令和2年)

2020年02月23日 22:03

981d0fcd54bee13d3525a7244b5df728_s.jpg


本日は、天皇陛下のお誕生日であります。
日本国民の一人として心よりお祝い申し上げます。

昨年は天皇誕生日がないという年でしたが、
今年から2月23日が天皇誕生日ということで、
令和の御代はこの季節にお祝いをするということになります。


2月21日に行われた、
天皇陛下の記者会見について、
宮内庁のサイトから見ることができます。

その内容に関して、
みなさんにシェアしたいと思います。




天皇陛下お誕生日に際し(令和2年)
天皇陛下の記者会見
会見年月日:令和2年2月21日
会見場所:赤坂御所

⇒ https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/30

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<宮内記者会・日本記者クラブ代表質問>


[ 続きを読む ]

令和2年天皇陛下のご感想(新年に当たり)

2020年01月02日 22:33

四年前まで、新年に当たり、
毎年、宮内庁から天皇陛下のご感想が発表されていました。

毎年このご感想を読んでいたのですが、
行く年と来る年の大きな指針が、

このご感想を読むと見えてくるのではないかと思っていたところでした。


三年前から、宮内庁は、
天皇陛下(上皇陛下)の負担軽減のため、
新年に当たっての感想の発表を取りやめていました。

天皇陛下が即位され、
今年令和2年、「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」が発表されていますので、
みなさんにシェアしたいと思います。

⇒ https://www.kunaicho.go.jp/page/gokanso/show/3

────────────────────────

天皇陛下のご感想(新年に当たり)
令和2年

上皇陛下の御退位を受け,昨年5月に即位して以来,
国民の幸せを願いながら日々の務めを果たし,
今日まで過ごしてきました。

即位関係の諸行事を無事に終えることができ,安堵するとともに,
国内外の多くの方々とお会いし,折々に温かい祝福を頂く機会も多かったこの1年は,
私にとっても皇后にとっても誠に感慨深いものでした。

その一方で,昨年も台風や大雨により,
多くの尊い命が失われたことに心が痛みます。
寒さも厳しい折,住まいを失い,
いまだ御苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じております。
本年は、災害がない1年となることを祈ります。

新しい年が,日本と世界の人々にとって幸せな年となることを心より願いつつ,
務めを果たしていきたいと考えています。


────────────────────────




昨年、令和の新しい御代が始まりました。

天皇皇后両陛下のご健康と
皇室の末永いご繁栄を心からお祈り申し上げます。




「天皇皇后両陛下のお歌(平成30年から)(平成31年1月1日発表)」(H31/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2575.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成29年から)(平成30年1月1日発表)」(H30/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2428.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成28年から)(平成29年1月1日発表)」(H29/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2265.html

「平成28年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H28/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2056.html

「平成27年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H27/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1661.html

「平成26年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H26/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1282.html

「平成25年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H25/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-917.html

「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H24/1/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-537.html














■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【匿名アンケートへのご協力お願いします!】
令和元年の「渡辺勝幸」についてのアンケート(令和元年12月)
⇒ https://surveynuts.com/surveys/take?id=192876&c=5000117441LHTL

【締切は令和2年1月5日(日)23:59です!】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx