Category[ つれづれ ] - つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 環境福祉委員会 委員長。
 宮城県議会 不登校・ひきこもり対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議座長。

自由民主党・県民会議
 事務局長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局長。
 芸術文化議員連盟 副幹事長。
 防衛議員連盟 幹事長。
 防災議員連盟 事務局長。
 日越交流宮城県議会議員連盟 幹事長代理。
 みやぎの印刷産業振興を考える議員連盟 事務局長。
 宮城オルレ・トレイル推進議員連盟 事務局長。
 宮城県議会行政書士議員連盟 事務局長。
日韓親善宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県スポーツ議員連盟 幹事。
  宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 副幹事長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党青年局 中央常任委員(東北ブロック)。
自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。

宮城県障害者スポーツ協会 常任理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 会長。
みやぎパラボウリング協会 会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区PTA連合会理事。
 若林区まちづくり協議会会員。
 沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会会長。沖野中学校区災害対策委員会委員。
 仙台市地域ぐるみ生活指導連絡協議会幹事。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。44歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。
平成30年 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。
     宮城県議会 議会運営委員会 委員。宮城県議会 文教警察委員会 委員。
     宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
令和元年 宮城県議会議員に再選(若林選挙区。自民党公認。10,273票でトップ当選)。

【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

天皇陛下お誕生日に際し(令和2年)

2020年02月23日 22:03

981d0fcd54bee13d3525a7244b5df728_s.jpg


本日は、天皇陛下のお誕生日であります。
日本国民の一人として心よりお祝い申し上げます。

昨年は天皇誕生日がないという年でしたが、
今年から2月23日が天皇誕生日ということで、
令和の御代はこの季節にお祝いをするということになります。


2月21日に行われた、
天皇陛下の記者会見について、
宮内庁のサイトから見ることができます。

その内容に関して、
みなさんにシェアしたいと思います。




天皇陛下お誕生日に際し(令和2年)
天皇陛下の記者会見
会見年月日:令和2年2月21日
会見場所:赤坂御所

⇒ https://www.kunaicho.go.jp/page/kaiken/show/30

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
<宮内記者会・日本記者クラブ代表質問>


[ 続きを読む ]

令和2年天皇陛下のご感想(新年に当たり)

2020年01月02日 22:33

四年前まで、新年に当たり、
毎年、宮内庁から天皇陛下のご感想が発表されていました。

毎年このご感想を読んでいたのですが、
行く年と来る年の大きな指針が、

このご感想を読むと見えてくるのではないかと思っていたところでした。


三年前から、宮内庁は、
天皇陛下(上皇陛下)の負担軽減のため、
新年に当たっての感想の発表を取りやめていました。

天皇陛下が即位され、
今年令和2年、「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」が発表されていますので、
みなさんにシェアしたいと思います。

⇒ https://www.kunaicho.go.jp/page/gokanso/show/3

────────────────────────

天皇陛下のご感想(新年に当たり)
令和2年

上皇陛下の御退位を受け,昨年5月に即位して以来,
国民の幸せを願いながら日々の務めを果たし,
今日まで過ごしてきました。

即位関係の諸行事を無事に終えることができ,安堵するとともに,
国内外の多くの方々とお会いし,折々に温かい祝福を頂く機会も多かったこの1年は,
私にとっても皇后にとっても誠に感慨深いものでした。

その一方で,昨年も台風や大雨により,
多くの尊い命が失われたことに心が痛みます。
寒さも厳しい折,住まいを失い,
いまだ御苦労の多い生活をされている多くの方々の身を案じております。
本年は、災害がない1年となることを祈ります。

新しい年が,日本と世界の人々にとって幸せな年となることを心より願いつつ,
務めを果たしていきたいと考えています。


────────────────────────




昨年、令和の新しい御代が始まりました。

天皇皇后両陛下のご健康と
皇室の末永いご繁栄を心からお祈り申し上げます。




「天皇皇后両陛下のお歌(平成30年から)(平成31年1月1日発表)」(H31/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2575.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成29年から)(平成30年1月1日発表)」(H30/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2428.html

「天皇皇后両陛下のお歌(平成28年から)(平成29年1月1日発表)」(H29/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2265.html

「平成28年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H28/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2056.html

「平成27年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H27/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1661.html

「平成26年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H26/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1282.html

「平成25年天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H25/1/2)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-917.html

「天皇陛下のご感想(新年に当たり)」(H24/1/3)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-537.html














■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【匿名アンケートへのご協力お願いします!】
令和元年の「渡辺勝幸」についてのアンケート(令和元年12月)
⇒ https://surveynuts.com/surveys/take?id=192876&c=5000117441LHTL

【締切は令和2年1月5日(日)23:59です!】

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■


あけましておめでとうございます!─令和2年は(かのえね)

2020年01月01日 14:52


あけましておめでとうございます。

令和2年、新年のごあいさつを申し上げます。


昨年はみなさまにはお世話になり、
誠にありがとうございました。



今年は、ねずみ年です。

丁寧に見ると、「庚子(かのえね)年」となります。

干支は十干と十二支から成り立ち、
六十年で一周期。

ですから、「今年の干支は?」という問いに対する答えは「庚子」であり、
今年の十二支は、「子年」となります。


毎年恒例のことですが、
庚年についてみていきたいと思います。


まず「庚(かのえ)」について。
庚は干支の十干の七番目を意味します。

十干は太陽の巡りと動物の生命の循環サイクルを
「甲・乙・丙・丁・戊・己・庚・辛・壬・癸」の十種類で示したもので、
「庚」はその七番目。

季節でいえば秋の初めであり、
生命サイクルでは結実や形成という変化転換を表します。

本来「庚」という漢字は、
杵を両手で持ち上げる象形と植物の成長が止まって
新たな形に変化しようとする象形からできた文字で、
「かわる」や「つぐ」という意味があるのだそうです。

つまり、「庚」とは結実の後に転身することを意味します。


十二支の「子」について。

十二支は月の巡りと作物の発芽から収穫までの生命の循環サイクルを、
十二種類で示したもので、「子」は一番目。

「子」は種子が土中で発芽したまさにその瞬間を意味します。

その後、
「丑・寅・卯・辰・巳」と徐々に芽が育ち、
「午」で陰陽の転換点を迎え、
「未・申・酉・戌」と結実する。

そして最後の「亥」で地面に落ちた種が土中へ埋まり、
次世代の生命へと繋がっていく。

「子」は生命のスタートであり、繁殖や発展を意味するとのこと。

「子」の本義は「孳(じ)」、
つまり、生む、繁殖にあります。 


以上、「庚子」の意味から考えると、今年令和2年は、

「新しく始めることがとてもうまくいく年」

であることを意味しています。


───────────────────────
【引用ここから】

干は幹、支は枝で、生命・創造・造化の過程を表すものにほかならない。
その庚は更に通じ、更新を意味し、なおまた継ぐ・償うの意があり
庚々といえば、明瞭な変化の相であり、確乎たる様である。

「子」は何を意味するかというと、
「子」は「滋る」増加するという意味を持っております。

古代人の生活で何が増えることをもっとも実感させたかというと、
なるほど家の中のねずみ、これくらいよく増えるやつはいない。
そこでいつの間にか「子」という字は鼠ということになってしまった。

(安岡正篤『干支の活学』)

【引用ここまで】
───────────────────────



60年前の庚子、
1960年(昭和35年)は安保闘争で社会は大揺れでしたが、経済は好調。
1958年からの岩戸景気で経済成長率もGNPも二桁増。
日本株も平均で56・1%増。
池田内閣が「所得倍増計画」を掲げたのもこの年。


また1960年は国際的にみると、
「アフリカの年」といわれています。

アフリカの多くの国が植民地から独立を果たし、
17の国が独立しました。


はたして今年はどんな年になるでしょうか。



今年はねずみ年ですので、
たくさんのものを生み出す年、
そして新しく何かを始めるにふさわしい年となるわけです。

私たちそれぞれの人生においても
今年は「チャレンジ精神」が重要な年かもしれません。


令和2年は「庚子」。

今年は大きな選挙はないと思われます。

私も準備をしっかりとしながら、
いろいろと新しいチャレンジをする余裕がある年であるかもしれません。

チャレンジ精神を持ちながら、
みなさんといろいろな挑戦をともにし、
たくさん生み出す、「つくる年」にしていきたいと思います。


本年もなにとぞよろしくお願いいたします。



令和2年元旦

宮城県議会議員 渡辺勝幸






⇒ 安岡正篤『新装版 干支の活学 (安岡正篤人間学講話)』



防災的観点から見た神社の役割とは?

2019年11月06日 20:09

73131865_3025085590851980_2770858852063641600_n.jpg

昨日11月5日は「津波防災の日」でした。

朝早くに、訓練の「大津波警報発表」エリアメールが携帯に届いたときは、
かなり驚きましたが、災害は忘れたころにやって来るので、
こういった訓練も重要ですね。


なぜ11月5日が「津波防災の日」なのか?

これは「稲むらの火」という伝説がもとになっています。

──────────────────
【引用ここから】

村の高台に住む庄屋の五兵衛は、地震の揺れを感じたあと、
海水が沖合へ退いていくのを見て津波の襲来に気づきます。
村人たちに危険を知らせるため、
五兵衛は刈り取ったばかりの稲の束(稲むら)に火をつけました。

それを火事と見て消火のため高台に集まった村人たちの眼下で津波は猛威をふるい、
村人たちは津波から守られたという話です。

この話は、江戸時代後期の1854(嘉永7)年に発生した
安政東海地震の際に村人を津波から救った和歌山県広川町の実業家
濱口梧陵(はまぐち・ごりょう)をモデルにしています。

濱口が火をつけたのは高台に建つ神社近くの稲むらで、
暗闇のなかで村人たちはその火を頼りに九死に一生を得たのです。
その日が11月5日(旧暦)だったのです。

【引用ここまで】
──────────────────

【11月5日は「津波防災の日」】
歴史の古い神社が津波に強い理由
⇒ https://weathernews.jp/s/topics/201910/290135/


さらにこの記事によれば、

「神社は高台や浸水域の境界に建立されているため、
 緊急時の避難所としての役割を担います。」

とされ、歴史の古い神社は津波に強いのだとされています。


神社、そしてお祭りの意味、
これらは現代においては忘れ去られていますが、
受け継がれてきた先祖代々の知恵がここにはあるようにも感じます

もう一度神社の役割を見直していかなければなりませんね。

「ウグイスが夏になっても鳴くのはどうして?」

2019年08月12日 11:12

881d9aa3566522ef666a2e67d8277c06_s.jpg



思い起こすと、今年の春先に、
寒さが和らぎあたたかさを感じるようになった頃でしょうか、

うちの近所の木からでしょうか、

「ホーホケキョ!」

となくウグイスの声が聞こえました。


毎年聞いているように思うのですが、
今年は特にウグイスの鳴きっぷりがいいなあと、

春の訪れの象徴のように
とてもうれしく感じたものでした。


しかし5月、6月とすぎ、
7月を越え、8月になって、
お盆になった最近でも、ウグイスの、

「ホーホケキョ!」

という美声が聞こえてくるのです。

むしろ声量も大きくなり、
歌い方も上手になっているような。。。


別に夏にウグイスが鳴いても、
なんの問題があるわけではないのですが、
しかし気になるので、インターネットで検索してみました。


すると、私とまったく同じ疑問を持った小学4年生が、
NHKの「夏休み子ども科学電話相談」に電話をしており、

そのやりとりが以下のサイトにありましたので、
引用したいと思います。


「ウグイスが夏になっても鳴くのはどうして?」(2018年7月30日 NHK「夏休み子ども科学電話相談」)



────────────────────────────
【引用ここから】


放送日時:7月30日(月)午前11時05分ごろ~

山田アナ:山田敦子アナウンサー
川上先生:川上和人先生(森林総合研究所 主任研究員)
はるかさん:質問者



山田アナ:それでは次のお友達につなぎます。こんにちは。

はるかさん:こんにちは。

山田アナ:お名前を教えてください。

はるかさん:はるかです。

山田アナ:はるかさんは何年生ですか。

はるかさん:小学4年生です。

山田アナ:おうちはどこかな?

はるかさん:京都府です。

山田アナ:はるかさんはどういうことを聞きたいのですか。

はるかさん:ウグイスは春に鳴くと聞いたのですが、まだ鳴いているウグイスがいます。また、ウグイスはオスが鳴くのですか? メスが鳴くのですか。

山田アナ:はるかさんの家の近くに、ウグイスが鳴いているの?

はるかさん:はい。

山田アナ:夏になったのに鳴いているのは、どうしてかな? ということね。

はるかさん:はい。

山田アナ:それでは川上先生お願いします。

川上先生:どうもこんにちは、川上です。

はるかさん:こんにちは。

川上先生:ウグイスの鳴き声、家の近くとかでよく聞こえますか。

はるかさん:はい。

川上先生:ウグイスはね…ウグイスに別名があるのを知ってますか

はるかさん:知りません。

川上先生:ウグイスは別名、ハルツゲドリとも言われていて、春になって鳴き始めるから、春になったことを教えてくれる、春を告げる鳥、ハルツゲドリとも言われています。だから、ウグイスが春に鳴くと考えるのはすごく、ある意味正しいことですね。じゃあ、ウグイスがなんて鳴くか、知っていますか。

はるかさん:ホーホケキョ。

川上先生:そうだよね。ホーホケキョって鳴きますけども。じゃあ、何のために鳴いているのかというのを、ちょっと考えてみましょう。まず、鳴くということは、とても目立つということなので、例えばね、タカとか、ネコとか、襲ってくる動物がいると、目立つということは良くないことだよね、襲われちゃうから。それでも大きな声で鳴くということは、何かきっと良いことがあるはずなんだけれども、何だと思います?

はるかさん:仲間を集めるため。

川上先生:仲間を集めるね。確かに鳥は仲間を集めるときに、よく鳴くよね。実は、このときに集めたい相手というのは何かというと、1つはメスなんです。だから、1つ正解ですね。メスに、言ってみればモテたいんです。だから、1つの理由としては、自分のつがいになる相手を探すため、自分のことを好きになってくれるメスを集めるために、鳴いているというのが1つあります。実は、もう一つ、ホーホケキョには意味があるのだけれども、それは想像してみると何か分かるかな? 今度は逆なんだけど。

はるかさん:分かりません。

川上先生:今度はね、ほかの鳥を寄せつけないためというのがあって。鳥はナワバリを持ちます。ナワバリを持つときがあるのですね。ここの範囲は自分のナワバリだということを示すために鳴いて、ほかの、周りにいる個体が入ってこないようにしよう、というような役割もあります。

はるかさん:はい。

川上先生:その2つの役割、メスにモテるためというのと、ナワバリを守るため、というのを考えると、これはどういう時期に鳴いたらいいか考えてみると、何か想像がつきますか。どういう時期がいいかな、というの。

山田アナ:季節。

はるかさん:分かりません。

川上先生:分からないか。やっぱり季節としては、繁殖する季節なんですね。繁殖して、卵を産んで、子どもを育てる季節には、たくさん食べものもいるし、メスを守らなければいけないし、まず何よりもメスにモテないといけないから。だから、春から夏にかけて、というのが繁殖期なので、よく鳴きます。で、特に春になるとよく鳴きます。そこまではだいたい分かった?

はるかさん:はい。

川上先生:じゃあ、ウグイスはなんで今も鳴いているかというと、実はウグイスなんかも繁殖期が結構長い場合があります。

はるかさん:そうなんですか。

川上先生:そうそう。春から繁殖をするのだけれども。例えば、繁殖に途中で失敗しちゃったりして、途中で卵を食べられちゃったりして、もう1回卵を産みなおしたりとかすると、時期が遅くなっちゃうんですよね。

はるかさん:はい。

川上先生:そういうときに、どんどん遅くなったりとか、場合によっては、もしかしたら1回うまくいって2回目の繁殖をする、ということもあるかもしれないです。

はるかさん:そうなんですか。

川上先生:そうそう。遅い場合は、そうですね、夏とか、もしかしたら秋ぐらいまで、ときどき鳴いていることもあるんです。

はるかさん:はい。

川上先生:でも、冬になると、もう繁殖をしないので、ホーホケキョって鳴かなくなるんですけども。実は、ウグイスというのは、ほかにも鳴き声があるというのを知っていますか。

はるかさん:知りません。

川上先生:ホーホケキョって有名なんだけれども、実はほかの鳴き方もあって、地鳴きといって、チャッチャッチャとかという鳴き方をすることがあって、冬にはそういう鳴き方をするんです。そして、もう1つの質問は、オスが鳴くのか、メスが鳴くのか、というところだったのですけども、実は、これはもう答えを言ってしまうと、オスが鳴きます。

はるかさん:はい。

川上先生:ウグイスって、実はちょっと特別な繁殖の仕方をしていてね。一夫多妻といって、オスが1羽で、メスがいっぱいいるような場合があります。そして、子どもを育てるのは、実はほとんどメスがやります。だから、卵を産むのもメスだし、卵を温めるのもメスだし、子どもにエサをあげるのも、実はメスがやるんですね。そうすると、オスは何をやっているかというと、ナワバリを守るという大切な仕事をしていて、オスとメスで別の役割をしているんだ、と思ってください。

はるかさん:はい。

川上先生:メスは子どもを育てないといけないから、あまり目立つと危ないよね。

はるかさん:はい。

川上先生:だから、メスよりもオスのほうがそういう役割をやっているんだと思います。

はるかさん:分かりました。

川上先生:分かりました? 良かったです。

山田アナ:はるかさん、質問どうもありがとう。

はるかさん:ありがとうございました。

山田アナ:はい、さようなら。

はるかさん:さようなら。

川上先生:さようなら。

山田アナ:はるかさんでした。


【引用ここまで】
────────────────────────────


疑問が解けました!
小学4年生の女の子に感謝します。

このラジオ番組は夏になるたびに楽しみにしているのですが、
非常に勉強になるテーマが多いです。

あまり実生活ですぐに役立つものはないのですが、
なるほどなあと知的好奇心がくすぐられます。

子供たちの発想がいいんですね。





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx