つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

人間、できているようでできないこと

2019年11月11日 21:32

33cb23b2fd0dceee48a28990df9c6168_s.jpg


子供のころはなかなかできなかったのですが、
大人になるにつれてできないと困ることの一つに、

「傾聴」

という行為があります。

「耳を傾ける」

ということであり、
人の話を聞く、ということでもあります。

政治家にとってはとても重要なことでもありますが、
人間、なかなか傾聴することができません。

私も反省することが多いです。


「傾聴」というと、相手の話を聞くことである、
ととらえる人は多いのではないでしょうか。

もちろん相手の話を真剣に聞くということが行為上「傾聴」なわけですが、
右から左へ受け流す、というのでは、
ムーディー勝山であって、本当の意味での傾聴ではありません。


究極的な傾聴は、

「相手の話を真剣に聞き、その話を肯定的に受け止め、
 実際に行動する」


というところにあると思います。

素直そうな顔をしていても、
素直に話を聞いているようでも、
実際に行動していなければ、「その場限り」であり、

「本当に傾聴してもらえた」

とはなりません。


ですから、肯定的に受け止めその行動をとっているかどうか、
というところが非常に重要です。


誰しも人間、できているようでできないところですが、
聴いたふりではなく実際の行動をどうとっているか、
素直さの実現は行動でもありますので、
その点が分かれ目なのかなと思うところです。


「復興・創生期間」後における東日本大震災からの復興の基本方針【骨子案】(令和元年11月7日)について

2019年11月10日 22:33

「復興・創生期間」後における東日本大震災からの復興の基本方針【骨子案】(令和元年11月7日)
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat7/sub-cat7-2/20191107_shiryou1.pdf


政府の第32回復興推進委員会が、
11月7日に開催され、「復興庁の設置期間を10年間延長」
するという骨子案が提示されました。

ひとまず大枠としては安心するところですが、
詳細につきましては、「復興の基本方針【骨子案】」を
実際に読んでみる必要がありますので、シェアします。

そのうち一部を以下に引用します。


────────────────────────
【引用ここから】

3.組織

・復興庁の設置期間を10年間延長。
復興庁は、引き続き内閣直属の組織とし、
内閣総理大臣を主任の大臣にあて、復興大臣を置くとともに、
復興事業予算の一括要求や地方公共団体からの要望等へのワンストップ対応など、
現行の総合調整機能を維持

・これまで蓄積した復興に係るノウハウを関係行政機関等と共有し
活用する機能を追加

・被災三県の復興局を維持し、「現場主義」の徹底により、
復興の更なる加速化を図る。
岩手復興局及び宮城復興局の位置については、
それぞれ沿岸域に変更(盛岡市と仙台市には支所を設置)。
福島復興局は、引き続き福島市に設置(富岡町と浪江町の支所を維持)

・復興・創生期間後5年間の復興事業の更なる進捗状況を踏まえ、
組織のあり方を見直し

4.その他

・以上の取組に関連して、法律の改正により措置すべき事項のうち
速やかに対応すべきものについては、所要の法案を次期通常国会に提出

【引用ここまで】
────────────────────────


この文書がもとになり、骨子案の修正を経て、
今後の復興の位置づけ、宮城県政の方向性も見えてくるものと思っています。

この内容がどうなるかは、
私たち宮城県民にとって、そして被災三県にとって、
非常に重要なところですので、引き続き注視しながら、
議会でも取り上げていきたいと思っています。



「復興・創生期間」後における東日本大震災からの復興の基本方針【骨子案】について
(第32回復興推進委員会宮城県報告資料 令和元年11月7日宮城県知事村井嘉浩)
⇒ https://www.reconstruction.go.jp/topics/main-cat7/sub-cat7-2/20191107_shiryou2-2.pdf

特に宮城県としては、

○復旧・復興事業の完遂に必要な人材の確保
○心のケア等の被災者支援
○被災した子どもに対する支援
○ハード事業完遂に向けた財政支援の継続、弾力的運用等


について要望しているところです。


厳しい宮城県の財政運営のもとで、
今後この部分の予算措置が県民生活に大きく影響してくることと思いますので、
この点も含め知恵を絞りながらも活動を強化していきたいところです。


防災的観点から見た神社の役割とは?

2019年11月06日 20:09

73131865_3025085590851980_2770858852063641600_n.jpg

昨日11月5日は「津波防災の日」でした。

朝早くに、訓練の「大津波警報発表」エリアメールが携帯に届いたときは、
かなり驚きましたが、災害は忘れたころにやって来るので、
こういった訓練も重要ですね。


なぜ11月5日が「津波防災の日」なのか?

これは「稲むらの火」という伝説がもとになっています。

──────────────────
【引用ここから】

村の高台に住む庄屋の五兵衛は、地震の揺れを感じたあと、
海水が沖合へ退いていくのを見て津波の襲来に気づきます。
村人たちに危険を知らせるため、
五兵衛は刈り取ったばかりの稲の束(稲むら)に火をつけました。

それを火事と見て消火のため高台に集まった村人たちの眼下で津波は猛威をふるい、
村人たちは津波から守られたという話です。

この話は、江戸時代後期の1854(嘉永7)年に発生した
安政東海地震の際に村人を津波から救った和歌山県広川町の実業家
濱口梧陵(はまぐち・ごりょう)をモデルにしています。

濱口が火をつけたのは高台に建つ神社近くの稲むらで、
暗闇のなかで村人たちはその火を頼りに九死に一生を得たのです。
その日が11月5日(旧暦)だったのです。

【引用ここまで】
──────────────────

【11月5日は「津波防災の日」】
歴史の古い神社が津波に強い理由
⇒ https://weathernews.jp/s/topics/201910/290135/


さらにこの記事によれば、

「神社は高台や浸水域の境界に建立されているため、
 緊急時の避難所としての役割を担います。」

とされ、歴史の古い神社は津波に強いのだとされています。


神社、そしてお祭りの意味、
これらは現代においては忘れ去られていますが、
受け継がれてきた先祖代々の知恵がここにはあるようにも感じます

もう一度神社の役割を見直していかなければなりませんね。

【投票用紙に「渡辺勝幸の必勝を祈る」と書いたら無効です

2019年11月02日 21:52

R011027 当選確実NHK 74341180_3047570941936778_2620570949874876416_n

今回の県議選において、
開票を見守った方々はたくさんいらっしゃったわけですが、
若林区開票所で見られた投票用紙に、

「渡辺勝幸の必勝を祈る」

と書いてあった票があったそうで、
大変ありがたく心強い応援をいただいたわけですが、

この票は「他事記載」ということで「無効」になったそうです。


他にも「渡辺勝幸」を丸で囲んだ票もいくつかあり、
これもまた無効になったそうです。


これは「他事記載」といって、
名前以外の印など他事を記載したら
無効というルールがあるわけです。

その昔、選挙に買収が盛んであった時代に、
投票した証拠に名前に〇など
印を付けていたということがあったことから、
「他事記載」は無効になっているのだとか。


思いが強い方ほど「必勝を祈る」と書いて下さったのだと、
ありがたいなと思う反面、

こうした票が無効になってしまうということを
お知らせすることも大事かなと感じました。


選挙事務所で勝利の万歳をしたりする、
盛り上がる花の場面の同時刻には、

開票所でこうした微妙な票との格闘が
たくさん行われているというのもまた、
選挙ならではの裏話でもあります。

大学院時代に私は選挙過程史を研究していたので、
昔から選挙の裏話には、枚挙にいとまがないのですが、

「渡辺勝幸の必勝を祈る」

と書いて下さった方には、
無効になってしまいましたが、
心より感謝したいと思います。


【祝3333号達成!】このメルマガを読んだ人は運がいい。

2019年10月30日 23:50

64cbf1f9b73d0d80a5103981b05e0acf_s.jpg

本日、令和元年10月30日で、
このメルマガも第3333号となりました。

長い年月がかかってここまできましたが、
「3333号」というように3が並ぶと、
なんだか運がいいなあと感じてしまいます。


ただ数字を目にしただけですが、
なんかついてるなあと考えることが大事です。

ついてると考えれば、
思考も前向きになり、
結果としていいことが起こることが多いですね。


しかし、今日は何かいやなことが起きそうだと考えると、
思考も疑心暗鬼になったりして、
結果としていやなことが起きたりするものです。


けっこう思考が結果を引き寄せるということは
あるのではないか、多いのではないかと思います。


そう考えると、
3がずらっと並ぶだけで、
運がいいなと考える。

その思考法が大事だと思います。


4444号、5555号と続いていき、
そのころどんな人生を送っているか予想だにつきませんが、
きっと運のいいことがまた起こっているのではないか、
そう思うところです。


毎号このメルマガを読んでいただき、
心より感謝申し上げます。

これからもどうぞよろしくお願いいたします!











●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●

また、メルマガとしては、
有料メルマガにおいて、
ひきつづき毎日書いていますが、

無料メルマガのほうは週に1,2回の配信となっています。

ぜひこちらのメルマガへのご登録、
ご協力、ご支援をよろしくお願いいたします。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【初月無料】
渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●●





本日令和元年10月30日現在で、
街頭活動は831回。

街頭に立っていても最初の頃の無反応のままであったら、
さすがに800回は続かなかっただろうなと思います。

励ましの声やメールが、
本当にエネルギーになるんだとあらためて実感する次第です。


今後ともこのメルマガをごひいきに、
4000号、5000号とお支えいただきますよう、
心よりお願い申し上げます。


ぜひこの機会に読者のみなさまから、
日々のご感想などをメールでいただければ、
うれしく思います。

なかなかふだん読者の方とやり取りすることはありませんので、
ぜひよろしくお願いいたします。


【初月無料】
渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx