つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

キャッシュフローを改善するためにまず最初にすべきことは?

2019年01月17日 23:59

0125ESチラシ 


起業家が経営を始めてしばらくたつと、
キャッシュフローについて関心を持つようになります。

というのも、起業当初は集めたお金が潤沢であったものが、
経営が回り始めるにつれて資金繰りが厳しくなったり、
売り上げがあるにもかかわらず、
また場合によっては黒字なのになぜかお金がないなあ
ということになってしまうからなんですね。


キャッシュフローを改善するために、
やるべきことは決まっていまして、
いくつかそのヒントはあり、
私も起業セミナーなどでお伝えしていましたが、

キャッシュフロー改善に取り組むに当たり、
一番最初にやるべきことは、

「毎月の損益を把握し、資金繰り表をつくる」

ことです。


簡単に言えば、「お小遣い帳」をつけてください。
ということですね。

意外と毎月の収支を把握している経営者は少ないです。
何ヶ月か後に把握するという方もいらっしゃるかと思いますが、
翌月には「お小遣い帳」として把握していることが望ましいですね。

リアルタイムで把握できれば完璧です。


まずはそこがスタートです。

経営者でなくとも、お金が足りないなあと思っている人は、
個人でも「お小遣い帳」をつくり、把握することが必要です。


そのほかにも、様々な手法がありますが、
1月25日開催のセミナーでお伝えしたいと思っています。




■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ちいさな会社の社長のためのセミナー(仙台東倫理法人会主催)】

日時 平成31年1月25日(金)
 セミナー 18時30分より
 懇親会  19時30分より

参加費 セミナー無料、懇親会3,000円

どなたでも参加できますので、ぜひ積極的にお申し込みください。

ご参加の方は、仙台東倫理法人会(022-217-0057)へご連絡ください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

美空ひばりの「川の流れのように」

2019年01月14日 23:21

美空ひばりといえば昭和を代表する歌手でした。

平成世代の方からはあまり記憶にないかもしれませんが、
いまでも「川の流れのように」など代表曲がたくさんうたわれています。

うちの娘も小学校の合奏団で演奏するそうです。


─────────────────────
【ウィキペディアより引用】

「川の流れのように」(かわのながれのように)は、1989年1月11日に発売された、
日本の歌手、美空ひばりの生前最後に発表されたシングル作品である。

【引用ここまで】
─────────────────────

美空ひばりはこの曲が遺作となり、
平成元年(1989年)6月24日、52歳で亡くなりました。

すでにこの曲を歌っているときには病状が悪化しており、
亡くなられる半年ほど前から、舞台に自分の足で立つことができなかったのだそうです。

ステージに立つときには、
どんちょうが下がっている状態のところに車いすで連れていってもらい、
そこで何人もの人の手を借りて立たせてもらうという状態。

立たせてもらったら車いすは下がって、
立った状態でどんちょうが上がる。


しかし不思議なことにそのどんちょうが上がり、
お客さんを目の前にしたステージでは、

歩けないはずだった美空ひばりが2時間のステージで歩き回って歌ったのだそうです。


最後にこの曲を歌いたいということで、
遺作となった曲ですが、
その後も日本人の愛する名曲となりました。

戦後間もないころに子供のころからデビュー、
昭和日本の芸能界をけん引する歌手でしたが、
昭和の終わりとともにその短い生涯を終えました。


平成も間もなく終わりますが、
美空ひばりは不思議なことに昭和という時代を駆け抜け、
昭和とともに人生を終えたという点でも大歌手であったといえます



⇒ 美空ひばりベスト 1964~1989美空ひばり 2011/11/1



人物は将来権力をほしいままにする人間とは、はじめからそれを見抜いて交際しない

2019年01月11日 23:59

わたくしは古今を通してみると、
姦権威福をほしいままにし、
または謀叛をたくましくした人間、

だいたいにおいてその初めは恭しく人にへりくだり、
敏遜の態度で学問を好み、
すこぶる人望名誉があったものです。


漢の王莽や明の嚴嵩のごときものでさえも、
初めから権力をほしいままにし
謀叛をたくましくしたのではなかったので、

賢士大夫が、
よろこんで交際したものです。


それゆえに彼らが、
権力をほしいままにし、
謀叛をたくましくするようになっても、
急に交際を絶つことがむつかしく、

そのため揚雄が新に美辞を呈したり、
唐順之が嚴嵩を称賛したりしたような例が多いのです。



しかるに明智の人物は、
その人物を当初において見抜いて交際せず、

果断の人物は、
その人物の罪悪が顕れた時、
これを面責して交際を絶つのであって、


〔権勢ある者を見てこれにへつらってがむしゃらに進み、
 万一の成功を計ったり、
 人を押しのけても自分さえよければというごとき輩は、
 問題にするに足りない〕


もしこのいずれかの道を失った場合には、
必ず節義を誤って生涯悔ゆるとも及ばぬことになるのです。


そうであるから、
「切問近思」、自己の問題を切実に究明し、
日常の事について具体的に工夫しようとする人物は、

みずからがこの環境にあるものと想定して、
よくよく思慮すべきであります。


この問題は、極めて対処しがたいところであります。

それゆえ、いい加減の気持ちではこれを知ることができず、
真に対処しがたいことを知るものであってこそ、
ようやく権勢家より汚されることを免れ得るでありましょう。




ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。






創業時に複数の金融機関から借入をするメリットは?

2019年01月10日 23:59


0125ESチラシ 




起業支援をしていると感じますが、
起業を考えている多くの方が、
それまでは会社員で給与所得を得ていたという方が多いです。

まじめに仕事をして独立しようと考えてきた方ほど、

「借金をすることに抵抗感を持っている」

という方が多いように感じます。


事業をスタートするにあたり、
金融機関からどれだけ融資を受けられるかは、
その後の事業展開にも大きく影響するのですが、

金融機関や他人から借金をすることに罪悪感を感じていること、
その感覚から脱却することが起業家スタートの一歩であるなと私は感じています。


私自身も思い起こすと、
起業するときに自己資金でできるだけまかなおうとしていましたが
もったいなかったなあと後悔です。

特に近年は創業融資に力を入れている金融機関が非常に多いです。


起業するときにまず融資を検討するべきは公的機関である、
「日本政策金融公庫」ですね。

公庫の融資を検討することを、
起業志望の方にはまずおススメしています。


しかし実は公庫以外に民間の金融機関からも創業融資を受けることで、
事業は格段に安定していきます。

これを個人で考えると、

「多重債務」

に見えるので、まじめな方ほど
そんなに借入するなんて!と思われることでしょう。


しかし起業家の発想はちがいます。


複数の金融機関が協調して融資することになりますので、
全体の融資額の増加が見込めます。

キャッシュが多くあればあるほど事業は安定します。

金融機関としてもリスク分散になりますし、
厳しい視点が複数入ることで事業計画自体もいいものになっていきます。


そして何よりも、
金融機関とお付き合いすることで、
様々な経営支援サービスを受けることができたり、

その金融機関のネットワークや人脈から
新たな得意先や新規事業が生まれたりもします。


創業後安定した後に追加融資を受けるときも、
金融機関からの信用があれば、
いざというときの対応もできるわけですね。


ところが融資を受けないで事業をスタートする、
借り入れをしたことがないけれども、
急に不況になりお金が必要となったからといって、
金融機関はすぐに貸してくれるわけではありません。


創業時借入をしその後返済をしっかりと続けていれば、
長いお付き合いの中で信用が生まれ、
いざというときの対応もできますし、
情報や人のネットワークもまったくちがってきます。

近年は極めて低金利ですので、
金融機関の経営支援サービスやネットワーク使用料の会費と考えれば、
きわめて安いものです。


ということで、
創業時に複数の金融機関から借入をするメリットは大いにあるということを、
起業志望の方にはお伝えしているところです。


デメリットもないわけではありません。
手数料がかかり、書類作成、面接などビジネス以外の結構面倒な手間がある、
これは逃げられません。

起業家として成功している人ほど苦手分野だったりもしますね。


まあしかしゼロから立ち上げる事業を安定化させるためには、
こうした起業スタートの際に、
複数の金融機関を利用することを検討してみましょう。




と、そんなお話を中心に、
起業志望者や起業して直後の方などを対象に、

「ちいさな会社の社長のためのセミナー」

を1月25日に仙台市青葉区で開催いたします。

私が起業支援で得た知見や
東北大学で講義をしている内容などを中心に、
濃縮してお話をしたいと思いますので、

ご関心ある方はぜひご参加ください!



■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ちいさな会社の社長のためのセミナー(仙台東倫理法人会主催)

日時 平成31年1月25日(金)
 セミナー 18時30分より
 懇親会  19時30分より

参加費 セミナー無料、懇親会3,000円

どなたでも参加できますので、ぜひ積極的にお申し込みください。

ご参加の方は、仙台東倫理法人会(022-217-0057)へご連絡ください。


■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

中小企業庁「平成31年度当初/平成30年度二次補正予算案のポイント」(平成30年12月21日)

2019年01月09日 22:59

国政では、1月から、
政府予算の審議が行われます。

予算案は詳細にできあがっていますので、
原案を見ると新年度の新たな政策が見えてきます。


中小企業政策について、
経営や起業の大きなヒントになると思いますので、
みなさんにシェアしたいと思います。

各政策の詳細を知りたいという方や、
具体的に経営に生かしたい、
起業の際に取り入れてみたいとお考えの方は、
ぜひつくる仙台までご相談ください。

詳細の制度の情報についてお伝えします。



中小企業庁 平成31年度当初/平成30年度二次補正予算案のポイント(PDF形式:461KB)(平成30年12月21日)
⇒ http://www.chusho.meti.go.jp/koukai/yosan/2018/181221yosan02.pdf

●中小企業・小規模事業者は、
「経営者の高齢化」、「人手不足」、「人口減少」
という3つの構造変化に直面。
これらの構造変化に対応するため、
1「事業承継・再編・統合等による新陳代謝の促進」、
2「生産性向上・人手不足対策」、
3「地域の稼ぐ力の強化・インバウンドの拡大」に重点的に取り組む。

●また、非常に大きな災害が頻発している状況を踏まえ、
4「災害からの復旧・復興、強靱化」にもより一層取り組んでいく

●加えて、消費税率引上げ(2019年10月)や、長時間労働規制(2020年4月)、
同一労働・同一賃金(2021年4月)の中小企業への適用も見据え、
5「経営の下支え、事業環境の整備」に引き続き粘り強く取り組む



○地方公共団体による小規模事業者支援推進事業(自治体連携型持続化補助金) 【10億円(新規)】

・地方公共団体が商工会・商工会議所等を活用しながら、
小規模事業者等に対して、経営計画を作成する取組や、
その経営計画に基づき販路開拓に取り組む費用を支援。


○国内・海外販路開拓強化支援事業 【24億円(新規)】

・新商品・サービスの開発・販路開拓事業やブランド確立事業、
マッチング・海外展示会等を通じた販路開拓等の支援。








■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

【ちいさな会社の社長のためのセミナー(仙台東倫理法人会主催)

日時 平成31年1月25日(金)
 セミナー 18時30分より
 懇親会  19時30分より

参加費 セミナー無料、懇親会3,000円

どなたでも参加できますので、ぜひ積極的にお申し込みください。

ご参加の方は、仙台東倫理法人会(022-217-0057)へご連絡ください。




【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx