つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会 県民運動本部副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会幹事(普及拡大委員長)。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

広瀬川灯篭流し実行委員会委員。ねこまつり実行委員会委員。




【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

起業家と給与所得者のちがいは、一万円の価値観のちがいで見える

2016年12月08日 21:52

忘年会シーズン真っ盛りです。
年末年始はお札が飛んでいくので、
私もなかなか借金が減りません。

悲しいことです。


しかしお札が飛んでいくときほど、
お金の使い方に人間の性格が表れるなあと感じます。

支払い方で人の性格が垣間見えるというのは、
不思議なものですね。


そしてお金がないときほど、
なににおカネを使うかが問われるのだろうと思います。


サラリーマンから起業する人を、
私は何人も見てきましたが、

あるときを境にお金に対する価値観が変わってくるように感じます


私もそうだったなあと振り返って思います。


大きなちがいは、
たとえば会費1万円のパーティーに誘われたとき、
その1万円に対しどう考えるかというもの。


サラリーマンだと、

「俺の月給が30万円だから、
 月給の30分の1の出費だなあ」

と考えるものです。

おこづかいの何分の1だと考えることもあるでしょう。



しかし起業家はちがいます。

「このパーティーに会費1万円分の価値があるだろうか?」

そのように考えるものです。

いまは1万円の価値はないかもしれないけれども、
参加する人を想定して人脈が広がり、
後々ビジネスにつながる可能性を考えるなら、
1万円もありかな。

こう考えます。


自分のビジネスの売上に(直接的、即時的でなくても)つながるならば、
2万円の売り上げが上がれば、
倍になってかえってくるわけですから、
1万円も安いものです。


ちなみに、数十万円の高額セミナーというものをたまに見かけますが、
なかには本当に詐欺師の企画する詐欺セミナーもあるので、
目利きが重要なわけですが、

中身がある高額なセミナー、パーティーの場合、
その金額を支払える本物の参加者しか集まりませんので、
そこにいい意味でのインナーサークルがあるわけですね。

経営者の勉強会や、
限定されたメンバーでの会というのも、
同じようなものです。


そう考えると、
値札を見た瞬間に「月給の何分の1だな」という発想になっていたら、
起業家・ビジネスには向いていないかもしれません。


これはどちらがいい悪いの話ではありません。
起業家は政治家ほどではありませんがリスクが大きいので、

「月給の何分の1」の発想のほうが
安定しているわけです。


いい悪いではなく、
感覚のちがいです。


私は一応両方を経験したので、
どちらのメリット、デメリットもわかります。


ただやはり、
自分の思考と自分のやりたいことが近いほうが、
うまく物事を進められるのではないかと感じます。



歴史上のリーダーの見えない力とは?

2016年12月05日 22:00

大坂城は誰が建てたか。
日本史の教科書では、「豊臣秀吉」と書いてあります。


しかし豊臣秀吉が石垣を運んで、
木材を運んで、壁を塗って、
大坂城をつくったわけではないでしょう。

実際に私は見てはいませんが、
おそらく石垣一つも運んでいないでしょうね。

大坂城は豊臣秀吉ではなく、
大工さんがつくったんだ。

そう言うことも可能ですし、
それはそれでおもしろいです。


しかしそこが大事なところではなく、
また豊臣秀吉が大坂城を建てた、すごいね、で終わりでもなく。


大事なところは、
大坂城ほどの大きなものを、
多くの人の力を結集してつくることができたという、
その

「見えない力」

のほうがすごいのだと思います。


様々な職人の力を結集し、
資金を集め、計画を立て、
大きな方向性を示す。

この「見えない力」の結集が、
「政治力」といえるかもしれません。


首長はよく「ハコモノ」、
公共建築物をつくりたがると言われますが、

たしかにこの「見えない力」を結集することができるのは、
いまの時代の権力者だけですから、
この気持ちもわからないではありません。

「見えない力」を結集させることは
誰にでもできるわけではありません。


しかしさらに歴史を紐解いていくと、
さらにさらに「見えない力」を結集して、

「時を越え」て力を生み出す政治家もいるんですね。


その「見えない力」とは、
「人材を育てる力」です。


歴史にはある時期、ある場所だけで、
集中的に偉人が生まれ続けるということがあります。

人材を育て、仕組みをつくることにより、
世代を超えて力の源泉を生み出す、
そんなリーダーも過去にはたくさんいました。


わかりやすくいえば、
徳川家康はこちらの類でしょう。

江戸時代は300年続きました。


当時、その瞬間は地味な作業と思われることかもしれませんが、
「人材を育てる力」はとても重要なことであると、
歴史を見ると感じます。



現代に置き換えて、
宮城県に置き換えて、
いったい自分には何ができるか、

あわただしい毎日の一休みにそんなことを考えると、
楽しくなってきます。


考えるだけではだめなので、
置換えて行動、実践もまた進めていきたいと思っているところです。


譜代の臣がなすべきこと

2016年12月02日 23:32

去るとか徙る(うつる)とかいうことは、
みな自分の仕えている国を去ってほかの国に徙ることをいいます。

このことは、
遊説の士が仕えた時の態度についていったものです。


代々その君に仕え、
その国と運命をともにする譜代の家臣であるならば、
禍いが身に及ぶことを避けて、
保身の巧妙さを自慢するようなことは、できないのです。


人臣たるものは、
艱難の時運に出会ったならば、
君を諫めて一身を抛つことが、
いうまでもなく正しい道です。

あわてて国を去って他国に徙(うつ)ることはできません。


しかしながら、
諫言が聴き入れられず、
君子たるの道が衰えて小人の道のみ盛んになった場合には、

官を辞し身を退いて、
終身、覚悟を持ち続けつつも、

一大事の際にのみ君国の用に立つことを計るのも、
一つの道義であって、
これがとりもなおさず、
譜代の臣における去(きょ)・徙(し)の精神です。





ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。




起業相談は募集継続中

2016年12月01日 22:12

この一年は、
県議会議員としての活動が、
思っていた以上に忙しく、

つくる仙台の起業支援の活動は
なかなかままならない状況でした。


毎月の起業家向け勉強会、

「つくる起業倶楽部」

を開催するなかで、
起業志望の方との出会いが毎月ありますが、

昨年までの創業スクールのような事業は
できていないのが実状です。


しかし、
今でも起業をめざす方から、
相談したいというお話をいただくことがあり、

また創業支援者としての立場で意見を発することができるのも、
起業政策に取り組むという意味では、
ありがたいことです。


今後とも起業支援は、
形を変えながらも継続していきたいと思っていますので、

起業相談をしたいという方がもしいらっしゃいましたら、
メールなどで遠慮なくご連絡をいただければありがたいです。






宮城県議会、新議長に中島源陽議員が選出されました

2016年11月26日 00:35

本日から、第358回宮城県議会(平成28年11月定例会)が開会され、
冒頭、政務活動費の不適切な支出が明らかになった
中山耕一議長の辞任が認められ、
その後、議長選挙が行われました。


民進党系会派から野党統一候補として、藤原範典議員(6期)。
自民党会派の守屋守武議員(1期)。
自民党会派の中沢幸男議員(8期)。
今日午前、自民党会派から離脱した中島源陽議員(4期)。

あわせて4人が議長選挙に名乗りをあげました。


私は今回、
同じ自民党会派であり、
同期議員の「守屋守武議員」を支持しました。

同じ会派の同志であり、
村井知事を支える立場であること、

そして同時に、
県民の目線に立ったとき、
今までと同じ順送りで議長を選ぶことは県民の理解が得られないこと。


守屋議員は1期生ではありますが、
市議会議長の経験もあり、また政策通でもあること、

そして何よりも今回重要なのは、
政務活動費についてクリーンであるということです。

以上さまざまな理由から、
自民党同期の七人を中心として、
守屋議員を支持しました。


野党系会派に支持が流れるのではという声もあったり、
最後まで動向が見えない状況でした。


投票の結果は以下の通りでした。

中島源陽 25
藤原範典 22
守屋守武  9
中沢幸男  2
無効    1
(投票総数 59)



結果として、午前中に自民党会派を離脱した
中島源陽議員が選出されました。


中島議員とは、この一年、
ともに議会改革推進会議で政務活動費の在り方について議論をし、
今までの県議会、議会改革の動きについてご指導をいただいてきた先輩議員です。

また、二人で先進的な政務活動費支給の取り組みをしている議会に
視察に行ったこともありました。

これから、県議会議長として、
この困難な状況を打破すべく、
議会改革の先頭に立って下さるものと思っております。



結果として今回の私の行動は、
実を結びませんでした。

政治家は結果責任です。


しかし、守屋議員をはじめとする若手議員の同志とともに、
これからも、今までの発想にとらわれず、

また同時に県民の目線をしっかりと踏まえた行動を
大事にしていきたいと思っているところです。




また、本日の本会議において、
常任委員会の構成も決定し、

私は今回、

「保健福祉委員会」

に所属することが決まりました。


医療、福祉の分野、そして子育て政策に、
この一年集中して取り組んでいきたいと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx