つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会 県民運動本部副本部長。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

少しわがままに

2017年02月20日 23:29

あわただしい毎日を送っていると、
ついつい自分を忘れてしまうことがあります。

いま思うと20代のときのほうが
あわただしく仕事をしていたなあと思いますし、

しかし40代になって少し一拍おいて仕事をすることが
できるようになったなあというのが自己評価です。

少しは成長しているなと感じるところです。


政治家以外にもいろいろなお仕事を
いただいているわけですが、

今年に入ってからもいろいろな仕事をしているなかで、
最近、自分はもっと自己主張するべきだなあと感じました。

いろいろなものをガマンして、
それなりに仕事はうまく運ぶわけですが、

ふとしたときに感じるのは、
それで果たして未来をつくることが
できているのだろうか、
そんな疑問です。


キャラ的に私は独裁者ではないのですが、
今日からは路線変更してみて、
少しわがままにいこうかなと思います。


それが結局は世のためになると考えて。


【再録】憲法改正がなぜ必要と考えるかその5─諸外国の改正回数と改正の限界の内容

2017年02月17日 21:48

憲法改正の議論が今年は活発化するのではないかと思っています。

私渡辺は、改正すべきと思っているのですが、
なぜ日本国憲法を改正すべきか、

何回かにわたって掘り下げて書いています。



私が憲法改正が必要と考える理由はいくつかありますが、何回かにわたって

「緊急権の不備」「環境権」

について書きました。


今回は、憲法改正の核であり、
そもそもの憲法改正を規定している条文

「96条」

について書いていきたいと思います。

[ 続きを読む ]

自分の頭で考えることを促すこと

2017年02月13日 22:21

わたしは昔からけっこう自由人なところがありましたので、
あれをやれこれをやれとか言われると
やる気をなくしてしまうところがあったものです。

事細かに指示されるよりは、
自発能動、自分の頭で考え、
積極的に動くという方が性にあっているように思います。


先週、自民党・県民会議の政策研究会で、
東北大学加齢医学研究所川島隆太教授にお越しいただき、

「子供たちの携帯・スマホ使用による課題について」

お話をいただきました。

中学生のスマホ・LINE使用時間が長くなればなるほど、
学力が落ちていく。

川島先生が携わった「学習意欲の科学的研究に関するプロジェクト」によれば、

「平日にLINE等の無料通信アプリを使用すると、
 睡眠時間や家庭学習時間には関係なく、
 使用時間に応じて学力が低下する」

のだそうです。

端的に言えば、

「長時間勉強してもスマホをやり過ぎると、
 勉強の効果がなくなる傾向がある」


さらにわかりやすく言えば、


「スマホを使うとバカになる」


ということです。


これは大きな課題と認識して、
解決のために取り組んでいかなければならないと思っていますが、

さらに注目すべきお話は、
兵庫県小野市の中学校では、
この「スマホを使うとバカになる」ことを、
授業に取り入れて、

調査結果のグラフから読み取れることを考えたり、
大人から命令するのではなく、
子供達からアイデアを出させることで
自らスマホの使い方を考えるよう促す授業を実施したのだそうです

自分たちがルールを決めることで、
課題解決のために必要なことを自分の頭で考える。

非常に重要なことではないかと感じます。


ちなみにこの中学校では、
以下の使用ルールをみんなで決めたそうです。

その1 夜10時には電源を切る
その2 1日の使用時間は1時間以内
その3 危険なサイトを開いたりアプリをとったりしない
その4 人の悪口は絶対にかきこまない

最初から所持禁止ということではなく、
自分たちの頭でスマホの危険性について考え、

やがて生徒会を中心に、
PTAなど大人たちに協力を依頼し、
「生徒会スマホ宣言」の横断幕をつくって
地域にも発信をしているのだそうです。

こうした一連の行動は非常に脳を活性化させそうですね。


大人もスマホやテレビを長時間みていると、
脳の機能が低下し、アルツハイマーになる可能性が高いのだとか。

何かものを調べるときも、
スマホやタブレットでウィキペディアを検索するときは、
脳が動いておらず、

一方、辞書でものを調べるときは、
脳が活性化しているのだそうです。



日常私もスマホを大いに利用していますが、
やはり「自分の頭で考える」という当たり前のことを、
もう一度意識していきたいなと思いました。

「身体活動量の地域間格差~地方でアクティブ人口を増やす取り組み~」

2017年02月12日 22:06

「身体活動量の地域間格差
~地方でアクティブ人口を増やす取り組み~」(笹川スポーツ財団2017年2月2日)
⇒ http://www.ssf.or.jp/research/international/spioc/us/tabid/1230/Default.aspx


宮城県民は子供から大人まで、
体重が多いようです。

被災地域では特に運動不足が顕著であり、
公園でボール遊びをすると怒られるこの時代において、
子供たちの運動をいかにして促進していくべきか、
私自身も議会でテーマとして取り上げています。

[ 続きを読む ]

してはならぬことは絶対にしないという「志」

2017年02月10日 23:59

「不為」、
してはならぬことは絶対にしないというのは、
「獧者」の類です。

「獧者(けんじゃ)」は、
慎重で保守的であるので、為さざる所あり、
すなわち消極的と言いました。


「有為」、
すべきことは必ずするというのは、
「狂者」の類です。

「狂者」は、
志が大きいが、事にあたって粗略の人物、
されば進み取る、
すなわち積極的と言いました。


この二者は本来別種の人間です。


たとえば、
伯夷兄弟が周の穀物を食らうことを恥じて首陽山に餓死したり、
厳子陵が光武帝の権威に屈せず、
清節を守って釣台に生涯を終わったなどは、

みな「不為」の志ということができます。


一方、

伊尹が殷の湯王を補佐して桀王を南巣の地に追放し、
太公望が周の武王に勧めて紂王を牧野の地で誅殺したごとき類は、

いずれも天下の乱を鎮定して万民の苦悩を救わんとしたものであって、
これは「有為」の業であるということができます。


伯夷・子陵と伊尹・太公望、
分けていえば両種の人物ですが、

伊尹がまだ湯王に見出されず野で農夫の生活をしていたときや、
太公望がまだ文王に遇わずに渭水で釣りをしながら生活していたとき、

貧苦のうちにありながら、
少しも富貴利達に心を動かすことはありませんでした。

これは、二人が「不為」の志を示したものです。

そして、この志があったからこそ、志を得たとき、
あの「有為」の業も遂げることができたのです。


同時に、伯夷や子陵のように
「不為」の志を持って世に出なかった人物も、
もし当路に立ってその責務に任ずることがあったならば、
もちろん、伊尹・太公望と同じように、
必ず「有為」の業を遂げたでしょう。


いま、わたしたちは、罪囚の身の上です。


しかしながら、真に心を道徳の世界において悠々自適せしめ、
天下の利害損得、一つも心を動揺させることなく、

「不為」の志が確立していたならば、
いつ突然大事が生じても、
必ず「有為」の業を成就することができるであろう。

これが、私の、
学問に精進する理由なのです。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim





【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx