つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 保健福祉委員会委員。
 宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
 宮城県議会 決算特別委員会理事。

自由民主党・県民会議
 事務局次長。
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
 青年局 局長代理。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 常任委員長。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。41歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。



【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

仙台市長に民進、社民、共産の支援を受けた郡和子氏が当選しました

2017年07月24日 01:22

平成29年7月23日投票の仙台市長選挙において、
民進党宮城県連、社民党が支持、
そして野党共闘ということで共産党も支援をした、
郡和子氏が当選しました。


私は、自民党宮城県連、公明党宮城県本部、日本のこころが支持した、
菅原ひろのり氏を応援しましたが、
残念ながら当選に及びませんでした。


地域の方々をはじめ、今回の選挙では、
たくさんの方に様々な形でご支援いただきました。

心より感謝申し上げます。


報道では、加計問題など安倍政権批判と
関連づけるようなニュースもありましたが、

率直に様々な課題について自民党として反省をし、
謙虚に取り組んでいかなければいけないと思いますし、

また、郡さんを新市長に選んだというのが、
仙台市民の選挙の結果ですので、

政治家としてこれもまた
重く受け止めなければならないと思っています。


そしてあらためてこれからも、
言うべきことをしっかりと言い、
仙台市民として市政についてもおかしいことにはおかしいと言う。

そんな姿勢を堅持してまいりたいと思います。


たくさんのご協力いただいた皆さんに感謝申し上げ、
あらためて引き続きのご支援を賜りますよう
お願い申し上げます。


【仙台市長選挙】
平成29年7月23日
有権者数 873,635人投票率 44.52%

郡和子 無新(民進県連・社民支持) 165,452
菅原ひろのり 無新(自民県連・公明県本部・こころ支持) 148,993
林ひろき 無新 61,647
大久保みよ 無新 8,924

【祝2500号!】けっこうな数字になってきました!

2017年07月19日 23:59

平成21年から書き始めたこのメルマガですが、
ほぼ7年間毎日書き続け、ついに本日、


2500号!


となりました。


思い起こすと50号ぐらいまでは、
発行部数は40部だったようで隔世の感です。

いまとなっては見知らぬたくさんの方にもお読みいただいていて、
大変うれしい限りですね。


1600号のときには、
海外の読者の方がいらっしゃったらぜひメールをくださいと書いたところ、
スペインの読者の方から、メールをいただき、
とてもうれしかったというお話をしました。


さらに最近では、
メルマガを読んでくださっている方と、
FacebookやTwitterを通じて、
交流することが特に増えてきました。


渡辺のアカウントはこちらです。
ぜひつながっていただければと思います。

【Twitter】⇒ @katsuyuki510
【Facebook】⇒ facebook.com/katsuyuki.watanabe

(友達申請等メッセージと一緒にいただけますと幸いです!)

メルマガだけですと、
こちらからの一方通行になりがちですが、
SNSですと双方向で交流することができ、
またメールのやりとりにはないつながりが生まれます。

これもまたいいものですね。


ある日突然読者の方からメールをいただき、
今日のメルマガの感想をいただく、そして

「実は3年読んでましたがはじめてメールしました」

と言われると、
何とも言えない感動を味わうことができるものです。


ふだんどんな人が読んでいるかわからないこのメルマガ、
どれくらいの人数の人がはたして私のメルマガを真剣に読んでいるのか、
ほとんどが迷惑メールに行っているのだろうけれど、
それでも出し続けるメルマガ、

そんなメルマガに対して、
初めての一通の感想があると、

「メルマガを続けてよかったなあ」

そんな気持ちになるものです。


そして「長年読んでいてはじめてメールします」
という方が徐々に増えてきており、

そんな方々との交流が増えてきていることに、
心より感謝申し上げます。


また読み返してみると1500号のときには、
創業スクールが始まったばかりだったようで、
あれからたった3年しか過ぎていませんが、

スクール卒業生が仙台の経済界で活躍しているのを見ると、
3年とは歴史を変えるに十分な時間なのだと感じます。


【祝1500号!】つくる仙台創業スクール開講しました!─第1講受講者の感想(H26/10/23)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-1592.html


さらに、第1000号が発行されたのは、
平成25年6月10日のことで、4年たってますね。



昨年5月からは有料メルマガにおいて、
ひきつづき毎日書いていますが、
無料メルマガのほうは週に1,2回の配信となっています。

ぜひこちらのメルマガへのご登録をよろしくお願いいたします。


【初月無料】
渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html



有料になっても継続して読んでくださっている
読者の皆さんがいることに、
あらためて感謝申し上げます。


限定されたメンバーしか読んでいないということで、
少し気楽に書けるようになりましたが、

引き続き不定期に無料メルマガも発行しているところです。



継続は力なりと言いますが、
このメルマガをはじめ、
様々な活動を継続することができているのは、

それぞれの活動を支えてくださっている方が
たくさん増えてきたからで、
ありがたく思います。

2500号、メルマガを発行できたのも、
このメルマガに広告を出稿してくださった方、
このメルマガを広めて下さった方、
そして毎日読んで下さる読者の皆様のおかげです。

これからもこつこつと書きながら、
このメルマガを読んでいる全国、全世界の
いろんな方々とお会いしたいなと思っています。


ときどき感想メールをいただいたり、
ご献本もいただいたり、
こちらからお返しすることはほとんどできないのですが、
ありがたくご縁を紡いでいます。



2500号、よくここまで来たなあとたまに思い起こすわけですが、

書き続けられるのは、
いいねのクリックを押してくださる方、
激励のメールをくださる方、
メルマガ読んでいるよと声をかけてくださる方のおかげです。


朝の街頭活動もそうですし、
メルマガもそうですが、

継続するためには自分の力だけではむずかしいもので、
そうした読者からの反応が一番継続のエネルギーになります。



本日平成29年7月19日現在で、
街頭活動は666回。

街頭に立っていても最初の頃の無反応のままであったら、
さすがに600回は続かなかっただろうなと思います。

励ましの声やメールが、
本当にエネルギーになるんだと実感する次第です。


今後ともこのメルマガをごひいきに、
3000号、4000号とお支えいただきますよう、
心よりお願い申し上げます。

ぜひ日々のご感想などメールでいただければ幸いです。




【初月無料】
渡辺勝幸の日本一元気になるメールマガジン
⇒ http://www.mag2.com/m/0001672704.html












【つくる仙台創業スクール8月1日よりクラウドファンディング募集開始!】─起業集団つくる仙台推薦の言葉(株式会社IDENTITY 野地数正代表取締役)

2017年07月16日 20:38

起業集団つくる仙台では、

「仙台で新たな起業家をつくるため」

クラウドファンディングによって、
平成29年8月1日から「つくる仙台創業スクール」の開催費用を集めます。


ぜひ皆様にもこの事業へ参画いただき、
ともに起業家をつくってまいりましょう。



「仙台で新たな起業家をつくりたい!」クラウドファンディング挑戦2677
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-category-44.html


今回は、つくる仙台としてスタートアップを支援し、
また過去二年、
つくる仙台創業スクールの講師もしていただいた、
株式会社IDENTITYの野地数正代表取締役から推薦の言葉をいただきましたので、
ご紹介いたします。

ありがとうございます!

[ 続きを読む ]

思索努力を続けよ

2017年07月14日 23:26

周公旦は、
周王朝の建設に当たり、
前代の政治のうちから、

「其の合はざるものあれば」云々、

今日の実情に合わないものは、
天を仰いでは思いを凝らし、
日夜休むことなく考え続けて、

幸いによい案が浮かぶと、
すぐにそれを実行しようと、
そのまま寝ずに世の明けるのを待った、

と『孟子』にありますが、

この態度は、学問する者にとって、
最も切実です。


学者というものは、
古今・東西の事実に通じていることを任としています。


しかし、その事実のうちには、
時代・土地がちがい、
事情・時勢が異なっているために、
今日の実情に合わないものが、
数えきれないほど存在します。


それに気づかずに、
すべてを同様に論ずるときには、
必ず今の時勢や人情とぶつかり、
大きな害を生じる問題が少なくないものです。

漢土自体においても、
古代の周の制度を、
後世に実行しようとして事を誤った
漢の王莽、宋の王安石、明の方孝孺の類の人物が非常に多く、
これを戒めとしなければなりません。


またわが国においては、
何かにつけて漢土を手本としようとしてその制度を実行し、
そのために事を誤るものが、
これまた多いことであり、

殊に近世の迂儒のうちには、
漢土の天子の態度をそのままに
現在の諸侯にそのあり方であるとして説き、

「穆々深遠、垂拱無為」、

態度が奥ゆかしく、
無為にしてよく天下を治めている、
ということを美徳であるとする類のものが少なくありません。


しかしながら、
わが国現在の諸侯は、
とりもなおさず戦陣の大将であって、

戦場において万人を意のままに指揮することこそ、
本来の職務ですから、

風雪のうちに立って艱苦を凌ぎ、
山に猟をし海に漁をしたり、
船や馬に慣れることも、
また身体を鍛える一助となることであるのに、

彼ら迂儒が、
それをかえって失徳のごとくに説く類のことは、
わが国の実情に合わないものがあることを理解していないのです。


それゆえに学問するものは、
以上の点において、
仰いでよく考え、
昼夜の別なく思索努力を続けるのでなければ、

たとい万巻の書物を読破したといっても、
君を輔導し、
民に恩沢を施す上において、
少しの益も得ることがないのです。





ということを約150の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






この本をときどき繰り返し読んでいます。

⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/4061584421/cuccakatsu-22/ref=nosim


宮城県議会保健福祉委員会の県外調査へ行ってまいりました(鹿児島県、大阪府、京都府)その2(終)

2017年07月13日 23:21

この三日間、
宮城県議会の保健福祉委員会の県外調査ということで、
鹿児島、大阪、京都の先進的取り組みについて調査に行ってまいりました。

暑かったですね!


今後の地域医療、障害福祉、介護のあり方について、
様々な課題についての先行事例について勉強することができました

視察受け入れにご協力いただいた機関の皆様に感謝申し上げ、
宮城県の政策に反映させていきたいと思います。


保健福祉と言っても多岐にわたる分野ですが、
それぞれのテーマで共通するのは、

「財政も含めた急速に進展する
 高齢化社会への政策的対応が急務である」


ということをあらためて感じたところです。





ーーーーーーーーーーーーーーーーー

鹿児島大学大学院医歯学総合研究科離島へき地医療人育成センター
「へき地医療の現状と医療人の育成について」

●大阪大学大学院連合小児発達学研究科
「我が国における発達障害(神経発達症)の現状と課題(支援体制の在り方等)について」

●特別養護老人ホーム健光園あらしやま
「特別養護老人ホームの運営と利用者・職員の満足度について」

●京都府
「京都式地域包括ケアシステムについて」

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー


昨日に引き続き、介護政策について、
京都府の先進的取り組みをうかがいました。


●特別養護老人ホーム健光園あらしやま
「特別養護老人ホームの運営と利用者・職員の満足度について」



特別養護老人ホーム健光園あらしやま
⇒ http://www.kenkouen.jp/arashiyama/


この老人ホームは、
利用者、職員の方々の満足度が高いとのことで、
様々な取り組みをしておられました。


場所は嵐山、桂川のすぐそばに所在し、

特別養護老人ホーム(ユニットケア、10ユニット定員99名)、
デイサービスセンター(定員36名)、
ショートステイ(定員21名)、
ホームヘルプステーション、
訪問看護ステーション、
ケアプランセンターを備えた高齢者福祉総合施設です。


また4階に設置されている地域交流スペース「あの音(ね)」を活用し、
カフェが併設されていたり、
スペースを使って様々な地域交流が行われ、

地域の方々が「いきいきサロン」として、
ヨガ教室や陶芸、琴、手芸、英会話教室などを開いており、
外部ボランティアが多く、行事が多いとのことです。

その日もちょうど、地域の方々を中心に、
社交ダンス教室をやっていました。


さらに職員募集のチラシをつくるために、
近くの美術大学の学生さんに魅力のあるチラシを作ってもらうなど
外部との連携をうまく取り入れているようです。


また、「家族の集い」を開催し、
食事を一緒に取りながら、交流を図っているとのこと。


そして、職員に「自己申告書」を書いてもらい面談などし、
職員のやりたいことを大事にしているそうです。

100歳を超える利用者さんが、
東京五輪の開会式に出たいという目標を持っているとのことで、
これもまたいい意味での職員の皆さんの目標になっているそうで、
すばらしいことですね。

職員の皆さんにとっては、
利用者さんやご家族の「ありがとう」の言葉が一番の励みとのこと、
モチベーションはそこにあるとのことでした。


また、数年前にあった水害のときの対応の話もうかがいましたが、
横のつながりがやはり大事なようです。

ご家族からも電話がきたり、
周辺地域の施設の職員から何かあれば応援に行くと連絡がきたとのことで、
これはふだんのネットワークづくりも含め大事なことと思いました


また4階の喫茶室が避難所になったとのことで、
ふだんから自治会と連携し、
防災についても地域住民と積極的に関わっているそうです。


その他、学生の実習生を入れること、
お通夜が重要であることなど様々お話をいただき、
大変勉強になりました。


介護報酬改定にあたり、処遇改善の加算についてのご意見も、
たしかに現場の方々からよく聞く話でしたので、
これは国に要望をしていかなければいけないなとも思いました。




●京都府健康福祉部高齢者支援課
「京都式地域包括ケアシステムについて」


京都府では、全国でも先駆けて、
平成23年に医療・介護・福祉・大学・行政など39団体で構成する、

「京都地域包括ケア推進機構」

を設置しました。

多職種連携を進めていくと同時に、
医療と介護の一体化に向けた取り組みでもあり、

宮城県でもこれに倣い、
平成27年に「宮城県地域包括ケア推進協議会」を設立しています。


京都方式で重視しているプロジェクトは三つあり、

「認知症・リハビリ・看取り」

だそうです。


特にこれから多死社会を迎えるなかで、
お話をうかがいながら「看取り」のテーマは重要であると感じました。

医療技術が高度になっていくなかで、
選択肢が増えていき、

自分はどこでどのように亡くなっていきたいか、
延命措置はどこまで必要とするのか、
考えていくことが必要な時代になってきています。

若いうちはそのようなことを考える必要はないわけですが、
これからの時代は、
最後を迎えることについて、
意志を明らかにしていくこと、
そしてその環境整備がなされていく時代になるのだと感じます。

まだまだ一般的ではないかもしれませんが、
今後、政策的に考えていかなければならないのかもしれません。




高齢化社会を迎え、
社会保障費が年々急激に増加していくわが国において、
医療と介護の課題について、
きめ細やかに見ていく必要があり、

しかし同時に必要とされるところに必要な予算を、
そして予防的にも予算を投入することによって、
将来負担を軽減することも考えていかなければなりません。


先進的な取り組みを頭に入れながら、
宮城県において有効な施策とは何か、
これからも宮城県議会の場を中心として考え、
政策提案をしてまいりたいと考えています。



仙台に帰ってきて、
やはり過ごしやすい環境だなあと感じました。

なんといっても地元が一番ですね。






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx