つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 総務企画委員会副委員長。
 宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会委員。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。
宮城県議会全国和牛能力共進会宮城大会を支援する議員連盟 副幹事長。
北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。

仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。

宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。

東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野東小学校PTA会長。
 沖東夏まつり実行委員会委員長。沖野学園学校支援地域本部協議会副会長。沖野中学校区青少年健全育成連絡協議会副会長。仙台市PTA協議会研修交流委員会委員。若林区まちづくり協議会会員。仙台市立沖野東小学校施設開放管理運営委員会委員長、学校保健委員会副委員長、学校関係者評価委員。沖野中学校区災害対策委員会委員。
沖野東学区民体育振興会参与。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)顧問。沖野学区連合町内会大運動会実行委員会委員。仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。






【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。42歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)
     宮城県議会選挙(若林選挙区)に無所属で出馬

平成24年 林英臣政経塾塾生(東北七期)、大阪維新の会維新政治塾塾生、公益社団法人仙台青年会議所 会員開発委員会委員
平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。沖父ちゃん会(沖野東小おやじの会)初代会長
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤。現職)。
公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。

平成27年 宮城県議会議員【仙台市若林選挙区】に初当選。宮城県議会経済商工観光委員会委員、産業振興対策調査特別委員会委員。

公益社団法人仙台青年会議所 総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所 日本の未来選択委員会委員。
平成28年 宮城県議会 保健福祉委員会 委員。 宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

地方議会に比例代表制を導入か?

2018年04月23日 08:10

300415 青年局街頭 

宮城県内では、
4月15日に大崎市議選、
4月22日に気仙沼市議選がありました。

どちらの選挙においても私は応援に行きましたが、
30代、40代の優秀な新人が多く当選し、
地域に若い政治家が誕生しました。


この時代に政治家という困難な選択をされたことに、
心から敬意を表しますし、

若い政治家誕生のためにご尽力された、
地域の皆さんのご努力は並大抵のものではなかったことと思い、
素晴らしいことだなと感じるところです。

私も負けないよう、
ともに頑張っていきたいと思っているところです。



近年、地方議会の在り方に関して
大きな議論となっていますが、

「住民の関心の低さ、地方議員のなり手不足」

が深刻であると様々報道されるようになりました。


総務省は平成28年から29年にかけて、

「地方議会・議員に関する研究会」(総務省)
⇒http://www.soumu.go.jp/main_sosiki/kenkyu/c-gikai_giin_kenkyu/index.html

を設置、学識経験者を中心に7回の研究会を開催し、
今後の地方議会の方向性について提言をしています。

この中で研究会は、


市区町村議会議員の選挙制度について、

「比例代表選挙を導入、選挙区設置を進める」など複数案を提示、

また都道府県議会議員の選挙制度について、

「比例代表選挙を導入、選挙区選挙の並立・併用」など複数案を提示しています。


はたしてこの案でよいのか、
よく議論をしていかなければならないとは思いますが、

地方議会の在り方について、
見直し、考えていかなければならない時期に来ているのだと思います。


東北各地の地方議会を見ていると、
最年少議員が60代という議会も少なくありませんし、

引退したいけれどなり手がおらず、
80代でも頑張っておられる議員さんも増えていらっしゃるようです。

経験豊かな議員さんを否定するものではありませんが、
若い世代が政治を志し、地方議会に出ていかなければ、
そのまちの衰退は明らかでしょう。


30代、40代の若い世代の政治家とともに、
次の時代をつくるという意気込みを持って
今後とも活動を続けていきたいと思っています。


ご支援賜りますようよろしくお願いいたします。




新宿→六郷→永田町と移動

2018年04月22日 22:56

300421 上飯田県政報告会 

21日は、毎年開催されている
内閣総理大臣主催の「桜を見る会」にお招きいただき、
新宿御苑に行きました。

「桜を見る会」は、皇族や各国の大使のほか、
国際活動や災害救助などで功績のあった方々など
各省庁から推薦を受けた方が毎年招待され、
芸能人やスポーツ選手なども政府・与党が推薦し招かれています。

今年は自民党都道府県議も招待され、出席した次第です。

秘書時代は招待者の推薦事務などをやりましたが、
なかなか参加できる機会はないので、
夫婦で参加しました。

桜はすでに葉桜となっていて、
当日は快晴でむしろ暑い日差しでしたが、
大変多くの方が参加され、久しぶりに会う方もいて、
貴重な機会をいただきました。



その後仙台に帰り、
第12回県政報告会を若林区上飯田町内集会所で開催。
引き続いて、渡辺勝幸の六郷地区後援会設立総会でした。

六郷地区の多くの方にお集まりいただき、
県議会で議論していることなどをご報告しました。

多くの皆さんと、
地域の課題はじめいろいろなお話をすることができました。


翌22日は、平成30年度宮城県障害者スポーツ指導者協議会仙台支部総会に出席したあと、
再び上京し、「政府に今年中の全拉致被害者救出を再度求める国民大集会」に
宮城県議会拉致議連事務局長として出席しました。

県議会一般質問でも取り上げた羽生結弦選手の
2連覇おめでとうパレードが開催されたのですが、

残念ながら生で羽生結弦選手を見ることはできませんでした。


しかしながら、拉致問題は現在重要局面を迎えており、
日米首脳会談でトランプ大統領は

「米朝首脳会談で拉致問題を提起する」

と安倍首相に明言したとのことで、
大きな前進が見込まれる可能性があります。

しかし米朝首脳が決裂すれば、
一転事態が悪化してしまう可能性もあり、
予断を許さない状況でもあります。


この大集会には安倍総理、加藤拉致担当大臣、古屋拉致議連会長をはじめ、
自民党、公明党、立憲民主党、希望の党、
民進党、日本維新の会の各党代表が出席、

日米首脳会談を受け、
拉致被害者救出の千載一遇のチャンスとの認識で一致していました。

中学生の娘が他国に拉致され40年の月日を過ごすとは、
その心中いかばかりかと。

拉致問題は人権問題であり、
全ての政党が一丸となって取り組んでほしいものです。

北朝鮮による拉致の可能性を排除できない「特定失踪者」も883人おり、
他人事ではありません。



この数日は、新宿→六郷→永田町と移動し、
あわただしい日々で、毎日一万歩以上歩いて疲れましたが、

今週は少し落ち着いた日程になりそうですので、
たまった書類の整理などしようと思っております。



弟に身分を与えるのは仁義であるが、権力を与えてはいけない

2018年04月13日 21:28

「その人を親しめば、
 その貴からんことを願うものである」

と、舜が弟の象を有痺の領主にしたことを、
孟子は説明しています。

自分の身分が天子であり、
弟の身分が民衆の一人に過ぎなかったならば、
あまりにも身分が隔たり過ぎているために、
親しむことができません。

そこで弟の象の身分を貴くしたのでした。


明の王陽明の『象祠の記』に、
漢の諸王に対し、天子から相をおいたのは、

舜が弟の象に対する態度、
すなわち孟子の言う、

「天子、吏をして其の国を治めて、
 其の貢税を納れしむ」、

弟の象が不徳であるので、
直接にその国を治めさせるわけにゆかないので、

役人を遣わしてその国を治め、
租税を挑発されたことに倣ったものでしょう、

とあります。


これは実に良い法というべきです。


徳川氏が、御三家やその外の親藩に対して
附家老をつけたのも、
この意味でありましょう。


ただし、漢の時代に諸王につけた国相、家老は、
任期が来れば転任しましたが、

徳川氏のつけた附家老は世襲であって、
この点がちがっています。


舜が弟の象につけた役人がどうであったかはわかりませんが、
私の考えでは、これも漢の国相、家老のごとくであって、
世襲ではなかったことでしょう。



朱子の註のうちに、呉氏のことばを引いて、

舜の弟象に対する態度は、
仁の至り、義の極である、

とあります。

弟の象を有痺の領主にして、
富貴の身分たらしめたのは、仁の至りです。


役人を遣わしてその国を治めさせ、
象にその領国を勝手にできないようにしたのは、
義の極致です。


唐の玄宗が、長い枕や大きなふとんを作って、
兄弟ともにこれに寝たことは、
仁をしようと思ったのでありますが仁ではありません。


また漢の景帝が梁王に対し、
始めは、わがままにさせ過ぎ、これを仁ということができず、
後にはこれを抑え過ぎ、これまた義を失った態度でありました。






ということを約150年前の日本において、
政治犯として牢屋の中にありながら、

囚人と看守に対して
熱心に教えた人がいたのでした。

その政治犯は間もなく
斬首刑になってしまいます。


そして時は立ち、
その政治犯の弟子たちが、

明治維新の原動力となり

日本を変えていったのでした。






⇒ この本をときどき繰り返し読んでいます。




行動的な人生を送る方法

2018年04月11日 21:20

95e497bd8d5bcb7a0dc3dbff8c3f33dc_s.jpg 

渡辺さんは行動的ですね、とか、

いったいいつ寝ているんですか、
と言われることがよくあります。


常に動いているわけでもないですし、
眠くなって時間が少しでもあれば寝ているのですが、

とはいえやはり、
年々行動的な人生を送り、
いろいろなことを実践するようになってきています。


昔からここまで行動的だったわけではなく、
少しずつ自分を変えて今にいたっています。

それではどうしたら行動的になれるかといえば、

「せざるを得ない状況をつくる」

のが一番わかりやすい方法です。


四年後の選挙に出る!
一年後会社をやめて起業する!

と自分の心のなかだけで決めても、
人間の心というのは弱いもので三日後には忘れていたりするものです。

それを防ぐためには、
四年後の選挙に出ると周囲の人たちに話し続け、あいさつ回りをし、
街頭活動を四年間続けてしまうのがいいですね。

そうすると途中でやめるわけにはいかなくなります。


会社をやめることを宣言し、
具体的に事業計画を立て融資や出資のお願いをし始める、
そうすれば一年後には起業するという流れに乗ります。


健康の維持をめざすために運動を始めようと心で思うだけでなく、
ジムに行って年会費を払い月謝を先に払ってしまえば、
通わざるを得なくなりますね。


行動的で毎日忙しく過ごしている人でも、
先に時間をつくってこの日は趣味をする、運動をする、
などなどそのことをするため、せざるを得ない時間をつくっていたりします。


毎日だらしなく過ごしているとしても、
行動的に過ごしていても、
人生には限りがあります。

残りの時間は何歳の人であっても、
若くても高齢でも誰にもわかりません。

いまこの瞬間を大切に、
行動的に人生を送りたいものです。



「小1死傷者、小6の3倍」―1年生にやさしい目を!

2018年04月10日 17:57

032d6994306d7f2f1ca0f5df87f15dff_s.jpg 


4月になり新年度がスタートし、
学校においても新学期がスタートしました。

仙台市内の小学校も入学式を迎え、
今週から新1年生が登校を始めます。


現在春の交通安全運動を全国的に実施しています。

この時期に交通安全運動を行う意味は
いくつかあると思いますが、

大きな一つの理由は、
新1年生が新たな学校に通い始める時期だからということがいえるでしょう。


私は交通指導隊やPTA活動などを通して、
特に小学1年生がこの4月、

通学路にまだ慣れず、道路の渡り方や
信号周辺、交差点の通行の仕方など、

大変危ないなと思うことがたくさんありました。


5月以降になるとだいぶ慣れてきて、
しっかりしてくるものなのですが、

4月は特にまわりの大人も注意して、
朝の通学時間帯、午後の帰宅の時間帯は、

学校周辺を車で運転する機会がある方などは、
ぜひご留意いただければと思います。


ちなみに警察庁の調べによれば、
小学1年生の死傷者は、
小学6年生の3倍であるとのことです。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【引用ここから】


「小1死傷者、小6の3倍 警察庁、歩行中の交通事故分析」(共同通信 平成30年3月22日)
⇒ https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0322/kyo_180322_3445150523.html

2013~17年の5年間に歩行中の小学生が巻き込まれた交通事故を
警察庁が分析したところ、小1の死傷者数は7461人で、
小6の2085人の3倍以上だったことが22日、同庁への取材で分かった。

死者数に限ると差はさらに広がり、小6の4人に対して小1は32人と8倍となった。

入学シーズンを前に、警察庁は

「子どもがまねをするので、
 絶対に大人が横断歩道を赤信号で渡ったりしないでほしい」

と呼び掛けている。

警察庁によると、小1~6年の歩行中の死傷者数は5年間全体で2万7264人、
このうち死者数は84人だった。


【引用ここまで】
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


とはいえ、交通安全教室をしてくださる方々や、
地域の見守り活動をしてくださる方々のおかげで、
こうした事故もなく安全に子供たちが過ごせています。


4月はぜひ子供たちに気をつけてほしいと思いますし、
大人である私も、さらに安全運転を意識していきたいと思います。







【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx