つくる!宮城県議会議員渡辺勝幸のブログ【仙台市若林区】
FC2ブログ

渡辺勝幸について

【現職】
宮城県議会議員【仙台市若林区選出】
 宮城県議会 議会運営委員会 委員。
 宮城県議会 文教警察委員会 委員。
 宮城県議会 スポーツ振興調査特別委員会 副委員長。

自由民主党・県民会議
 医療・福祉議員連盟 事務局次長。
 環境・エネルギー議員連盟 事務局次長。
 芸術文化議員連盟 事務局次長。
 防災議員連盟 事務局次長。
 日越(ベトナム)交流宮城県議会議員連盟 事務局次長。
 観光・情報議員連盟 事務局次長。
 防衛議員連盟 事務局長。

北朝鮮に拉致された日本人を救出し支援する宮城県議の会 事務局長。
宮城県議会国際リニアコライダーの誘致議員連盟 事務局長。
神道政治連盟宮城県本部議員連絡協議会 幹事。
岩手県議会・宮城県議会国際リニアコライダー建設実現議員連盟 理事。

自由民主党宮城県支部連合会
 青年局長。
 県民運動本部 副本部長。
 憲法改正推進本部 事務局長。
 女性活躍推進本部 副本部長。
自由民主党宮城県参議院第一選挙区支部 顧問。
仙石線整備促進期成同盟会 顧問。
全日本不動産政治連盟宮城県本部 顧問。
宮城県理容生活衛生同業組合 仙台若林支部 顧問。
宮城県私立幼稚園PTA連合会 副会長。
宮城県障害者スポーツ協会 理事。
宮城県障害者スポーツ指導者協議会 副会長。
仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
社会福祉法人ウェル千寿会 評議員。
宮城県薬剤師連盟 政策強化委員。
宮城県ドッジボール協会 副会長。
宮城県柔道整復師会 顧問。
東北大学大学院情報科学研究科 非常勤講師(情報技術経営論)。
起業集団「株式会社つくる仙台」 代表取締役。
ミラサポ(中小企業庁委託中小企業支援事業)専門家。
仙台東倫理法人会 監査。

仙台市立沖野中学校父母教師会 会長。
 若林区まちづくり協議会会員。
沖野東学区民体育振興会顧問。
沖野東小おやじの会沖父ちゃん会顧問。
仙台沖野ソフトボールリーグ顧問。

仙台市南地区交通安全協会六郷支部 顧問。
仙台市南地区交通指導隊六郷分隊 隊員。







【経歴】 昭和50年5月10日生まれ。宮城県仙台市若林区出身。43歳。

昭和57年 沖野幼稚園(仙台市若林区)卒園
昭和63年 青森市立筒井小学校卒業
平成3年 仙台市立沖野中学校卒業
平成 6年 宮城県仙台第一高等学校卒業(高46回。二年間応援団長を務める)
平成11年 慶應義塾大学法学部政治学科卒業
     国会議員政策担当秘書資格試験合格

平成12年 参議院議員市川一朗(宮城県選挙区)政策担当秘書
平成13年 慶應義塾大学大学院法学研究科政治学専攻修士課程修了
平成19年 参議院自民党秘書会幹事(平成22年まで)
平成22年 参議院議員市川一朗政策担当秘書を退職

平成23年 経済産業省後援 起業支援ドリームゲートアドバイザー(平成24年まで)。
     宮城県議会議員選挙(若林選挙区)に無所属で出馬(5,042票で落選)。

平成25年 公益社団法人仙台青年会議所地域共同開発委員会幹事。
     仙台東倫理法人会幹事(青年委員長)。
     沖野東小おやじの会沖父ちゃん会初代会長。
平成26年 東北大学大学院情報科学研究科講師(情報技術経営論・非常勤、現職)。
     公益社団法人仙台青年会議所会員開発委員会委員。公益社団法人日本青年会議所憲法論議推進委員会委員。公益社団法人日本青年会議所東北地区宮城ブロック協議会LOM協働委員会委員。
     仙台市立沖野東小学校父母教師会(PTA)会長(平成31年まで)。
平成27年 宮城県議会議員に初当選(若林選挙区。自民党公認。10,041票でトップ当選)。
     公益社団法人仙台青年会議所総務委員会副委員長。公益社団法人日本青年会議所日本の未来選択委員会委員。
     宮城県議会 経済商工観光委員会委員。宮城県議会 産業振興対策調査特別委員会委員。
平成28年 宮城県議会 議会改革推進会議委員。
宮城県議会 保健福祉委員会委員。宮城県議会 地域防災調査特別委員会委員。
宮城県議会 政務活動費運用検討会議 検討委員。
平成29年 宮城県議会 総務企画委員会 副委員長。
     宮城県議会 いじめ・不登校等調査特別委員会 委員。


【渡辺勝幸応援団から、平成30年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成29年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成28年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成27年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成26年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸応援団から、平成25年政治活動についての講評】

【渡辺勝幸の東北大学での講義内容についてはこちらをクリック】

【渡辺勝幸メディア紹介履歴】

渡辺勝幸へのコンタクトはこちらへ

渡辺への感想・ご意見などコンタクトを取りたい方はこちらへお願いいたします。
個別コンサルティングのご感想はこちらです。

忙しくても「墨家」を聞きながら

2019年05月18日 23:59

あわただしく毎日を過ごしています。
今年は特に選挙が多い年ですし、
自分自身も戦いですので日程が厳しい毎日です。

倒れない程度にとも思いながら、
余裕がない日々です。


しかしそんな中でも合間の時間を見て、
頭の体操をしなければなりません。

政策をつくるというだけでなく、
宮城県の将来はどうあるべきか、
シミュレーションも含め、データや情報を入れなければ、
地域の将来は暗いものになってしまいます。

国の将来も同様で、世界の経済動向をおさえながら、
国のあるべき姿、そして宮城県がどう手を打っていくか、
若林区や沖野地区はどうあるべきか、
常に考えていなければならないわけです。


バリバリと働いている経営者の方などもそうですが、
政治家などもこの点は留意しなければなりませんね。


そこで一つオススメなのは、
オーディオブックです。

合間の時間に、車や電車での移動中に、
音声を聞き勉強するわけです。


いま私は少しずつ細切れの時間で「墨家」についての講義を、
音声で聞いているのですが、
Amazonなどで本を音声化した「オーディオブック」が出ており、
車の運転中などに聞いたりしています。

ポッドキャストで最新のニュースを聞くこともできますし、
時間のない人ほど音声で学ぶというのも面白いのではないでしょうか。





デール・カーネギーの人を動かす方法   Audible版 完全版
デール カーネギー (著), 関岡 孝平 (著), 佐々木 健 (ナレーション), & 1 その他
⇒ http://www.amazon.co.jp/o/ASIN/B06Y3MYKB3/cuccakatsu-22/ref=nosim

宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会で仙台大学(柴田町)、尚絅学院大学(名取市)、楽天生命パーク宮城(仙台市宮城野区)を訪問

2019年05月11日 23:19

R010510 宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会 仙台大学 

昨日5月10日、

宮城県議会スポーツ振興調査特別委員会の県内調査で、
宮城県内三市町を訪問しました。

今期、私は本委員会で副委員長を務めています。



●仙台大学「オリンピック・パラリンピックホストタウンの現状と課題について」(柴田町)

仙台大学は東北で唯一の体育大学であり、
宮城県柴田町にキャンパスがあります。

昨年私は総務企画委員会の県内調査で、
白石市を同じテーマで訪問しましたが、
白石市、柴田町、仙台大学が連携して、ベラルーシ新体操チームの事前合宿を受け入れています。

「宮城県議会総務企画委員会で蔵王町、白石市、村田町を訪問」(H30.5.30)
⇒ http://cuccanet.blog72.fc2.com/blog-entry-2494.html


また、柴田町では「トップアスリート事業」を行い、
仙台大学と連携し、住民の体力向上に取り組んでいるとのことです

仙台大学の体育施設は非常に充実していて、
施設を見学させていただきましたが、
学生さんのスポーツ能力向上のための様々なプログラムがあり、

新体操のみならず他競技でも、
仙台大学の果たす役割は大きいものと感じます。

東京五輪以降もスポーツをさらに振興していくために、
大学の知見を地域政策に生かしていくことが重要です。



●尚絅学院大学総合型地域スポーツクラブ「絆・KIZUNA」(名取市)

「総合型地域スポーツクラブ」をみなさんはご存知でしょうか?
スポーツ庁の定義は以下の通りです。


──────────────────────
【引用ここから】 

総合型地域スポーツクラブは、人々が、
身近な地域でスポ-ツに親しむことのできる新しいタイプのスポーツクラブで、
子供から高齢者まで(多世代)、
様々なスポーツを愛好する人々が(多種目)、
初心者からトップレベルまで、それぞれの志向・レベルに合わせて参加できる(多志向)、
という特徴を持ち、地域住民により自主的・主体的に運営されるスポーツクラブです。

我が国における総合型地域スポーツクラブは、
平成7年度から育成が開始され、平成29年7月には、
創設準備中を含め3,580クラブが育成され、
それぞれの地域において、スポーツの振興やスポーツを通じた地域づくり
などに向けた多様な活動を展開し、
地域スポーツの担い手としての役割や
地域コミュニティの核としての役割を果たしています。

【引用ここまで】
──────────────────────

この総合型地域スポーツクラブを文部科学省の「スポーツ振興基本計画」においては、

「全国各市町村に少なくとも1つの総合型地域スポーツクラブをおく」としており、

宮城県も努めているところですが、
まだ全市町村に一つというところまではいっていません。


総合型地域スポーツクラブ「絆・KIZUNA」
⇒ https://www.shokei.jp/institution/extension/sports/


そんななか、尚絅学院大学では、地域連携活動を重視し、
大学が総合型地域スポーツクラブを立ち上げ、運営をしています。

また今年からは、東北最大の商業施設である「イオンモール名取」において、

「尚絅学院大学地域連携交流プラザ」

を設置、イオンモールを中心にして、
総合型地域スポーツクラブのプログラムを開講しているようです。

またキャンパス内の運動場、体育館を、
総合型地域スポーツクラブを通して、地域に開放しています。

名取市では三つ目の「総合型地域スポーツクラブ」が誕生したそうですが、
他のスポーツクラブとの連携も進めているのだそうです。


スポーツ振興を進めるためには、
この「総合型地域スポーツクラブ」をどう盛り上げていけるかが
カギになってくるように感じているところです。



●楽天生命パーク宮城「株式会社楽天や球団の地域連携の取組について」

私が小学校一年生のときは巨人ファンで、
巨人の帽子をかぶりながら沖野中学校予定地や公園などで野球をしていたものでしたが、

楽天が仙台にやってきて以来15年、
すっかり宮城の子供たちは楽天ファンになっています。

平成25年の日本一は本当に感動しました。

現在、東北六県の新小学一年生、
約7万人全員に楽天イーグルスの野球帽がプレゼントされています

東北六県において楽天の人気は徐々に徐々に上昇し、
地域に根ざすことでファンが拡大しているところです。

昔の宮城球場はシンプルな球場でしたが、
プロ球団が本拠地にして以来、年々球場が変化し、
ボールパークとして地元にも親しまれているところです。

とりわけ今年からは、

球場内すべて「キャッシュレス」

ということで、挑戦的な取組もしているところです。

しかしいずれにしても、楽天が盛り上がれば盛り上がるほど、
宮城の地域経済活性化には貢献していくことになりますので、
さらに地域密着で盛り上がってほしいですね。



今回はスポーツ振興の先進的取組をしている三か所を訪問しましたが、
まだまだスポーツ振興政策を推進していく余地はあるのではないかと感じました。

大学やプロスポーツというほかの地方にはなかなかない資源が、
たくさんあるにもかかわらず、
まだうまく活用できていない。


国の制度も活用しながら、
こうした資源を取り入れ、

宮城県がスポーツのさかんな県になり、
大人も子供も健康だといわれるような政策を推進していきたいですね。


おうかがいしたそれぞれの取組を参考にしながら、
県政の場に活かしていきたいと思っています。

おいそがしいなか、ご協力いただいた皆様にあらためて感謝申し上げます。


楽天野球団
⇒ https://www.rakuteneagles.jp/

本日誕生日を迎え、44歳となりました!

2019年05月10日 00:00

60253669_2700882786605597_2508470048591446016_n.jpg

昭和50年5月10日に生まれた私は、
本日誕生日、44歳を迎えることができました。

生まれてから16,071日目です(笑)。


この世に生を受けたことに感謝し、
いままでの人生を振り返りながらも、

さらにこれからよき人生となるよう、
世のため人のために頑張っていきたいと思います。


いままで大きな病気もせず、
また何度か死にかけたことはありましたが、
無事44年間健康に生きてこられたことに感謝です。


だんだん健康であることのありがたさを
実感する年齢になってきました。


ちなみに六星占術でいうと、
私は水星の陰、
今年は「安定」で、
すべての成果を勝ち取り、人生の果実を味わう時期とされています。

ただし来年から「大殺界」とのことで、
慎重にしていかなければなりませんね。


いつもこの5月10日の前後は、
自分自身を変えていくための努力期間であるとして、
何かしら変化の時期ととらえています。



そして私は毎年、
誕生日を迎えたことに感謝しているのですが、

「生きているというだけで、
 決定的に誰かの役に立っている。」

そう考えるようにしています。


もし私がこの世からいなかったらどうなっているか。

私が単に生きているというただそれだけで
誰かの役に立っていると考えれば、

私がこの世にいなかっただけで、
誰かの人生が悲しいものになっていたり、
世のなかが暗くなっていると仮定できます。


「いや、それは、あなたが政治家だからではないか!」


そう思う方もいるかもしれません。

しかし大なり小なり、
どんな人でも、すべての人が、
生きているというだけで、
決定的に誰かの役に立っているのだと私は思うわけです。


たとえば、お子さんがいらっしゃる方は、
もしあなたが早くに亡くなられていたら、
そのお子さんはこの世に存在していないでしょう。

どんな人であっても、その人生は、
誰かに必ずよい影響を与えているんだと思う次第です。


ということで、
誰しも誕生日を迎えるということは、
決して一つ年を取ってイヤだなと考えるのではなく、

ただ生きている、それだけで、

「いいことをしているな」

と考えるべきだと思うわけです。



いずれにしても私は今日をもって44歳、
自民党の青年局所属は45歳までということで
「青年」をまもなく終えようとしていますが、

さらに一歩大人の男として、
この一年も頑張っていきたいと思います。


この世に生を受けたことに心から感謝し、
44歳らしい一年を過ごしたいと思いますので、
みなさまどうぞよろしくお願いいたします。


たくさんの方々の努力の積み重ねで守られている平和-宮城県議会防衛議員連盟で防衛大学校、高等工科学校、海上自衛隊横須賀地方総監部、在日米海軍司令部、靖国神社、防衛省を視察

2019年05月09日 23:46

60234453_2700780763282466_1849733339397750784_n.jpg  5月7日から3日間、宮城県議会自由民主党・県民会議防衛議員連盟の 県外視察ということで、 防衛大学校、高等工科学校、 海上自衛隊横須賀地方総監部、 在日米海軍司令部、靖国神社、防衛省 などをおよそ20人の県議で視察してまいりました。 私の選挙区である仙台市若林区においても、 「陸上自衛隊霞目駐屯地」 があり、地域と密接な関係にあるというだけではなく、 東日本大震災のときには、自衛隊の皆さんのおかげで、 私たちの暮らしが守られたという大きな実感があります。 自衛隊と地域の関係をしっかりと築いていくためにも、 全国各地の自衛隊の活動、 それぞれの基地の役割を知っておかなければと思っているところです。 毎年、この防衛議連で各地の駐屯地等を訪れてはいますが、 遠く離れた基地からも震災のときには応援に来ていただいており、 本当に感謝の念に堪えないところです。 ●防衛大学校(神奈川県横須賀市) 今回はまず、防衛大学校を訪問しました。 防衛大学校は、将来、 陸上・海上・航空自衛隊の幹部自衛官となるべき者の 教育訓練をつかさどるとともに、 それらに必要な研究を行う防衛省の施設等機関です。 防衛大学校の校長は、国分良成先生。 国分先生は、私が慶應大学在学中に教授でいらっしゃって、 私も先生の講義「現代中国政治論」を受けていました。 国分先生にひさしぶりにお会いし、 ご挨拶する機会を得、懐かしい話を少しすることができました。 防衛大学校と慶應義塾の関係は深く、 初代校長の槇智雄はもともと慶應の教授で、 当時吉田茂首相と懇意だった小泉信三慶應義塾塾長の推薦で、 防衛大学校長に就任したのでした。 また槇は仙台市出身とのことで、 これは初めて知りました。 防衛大では古川学園高校出身の学生さんが案内をしてくれましたが、 規律正しい生活、寮生活というのもいいなと感じたところです。 村井嘉浩宮城県知事も防衛大学校28期卒とのことで、 図書館にあった卒業アルバムから当時の様子を見ました。 宮城県からもたくさんの逸材を防衛大学校に送り込んでいますが、 幹部自衛官として、わが国の将来を担う 重要機関であることをあらためて感じました。 防衛大学校 ⇒ https://www.mod.go.jp/nda/ ●陸上自衛隊高等工科学校(神奈川県横須賀市) 高等工科学校は、自衛隊を育成する高等学校で、 男子校一学年320人の将来の自衛官育成機関です。 普通科同様の一般教育、 工業高校に準ずる専門的技術の教育を行う専門教育、 陸上自衛官(陸曹候補)として必要な防衛教養、各種訓練を行う「防衛基礎学」を 主たる教育として、 生徒全員が全員校内の生徒舎で規律正しい団体生活を送ります。 情報の授業の見学もしましたが、 これからはサイバー戦争も想定されるとのことで、 教育にも変化があるようです。 生徒は北海道、東京、神奈川からの生徒が多いそうですが、 宮城県出身者も少なからずおり、 約10名の生徒が昼休みに集まってくださりご挨拶をいただきました。 若林区出身の生徒も二名おり、 将来が楽しみですね。 陸上自衛隊高等工科学校 ⇒ https://www.mod.go.jp/gsdf/yt_sch/ ●海上自衛隊横須賀地方総監部(神奈川県横須賀市) 横須賀地方総監部においては、 護衛官たかなみ ⇒ https://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/img/takanami.pdf に乗艦し、艦内で様々ご説明をいただきました。 遠くに米空母ロナルド・レーガンも見えましたし、 いわゆるイージス艦しきしまもとなりに停泊していました。 映画「空母いぶき」が5月24日に公開されますが、 マンガで「空母いぶき」を読んでいましたので、 いろいろと考えるところがありました。 海上自衛隊横須賀地方隊 ⇒ https://www.mod.go.jp/msdf/yokosuka/ ●在日米海軍司令部 海上自衛隊横須賀地方総監部に隣接した形で、 在日米海軍司令部をはじめとする米海軍施設が存在します。 アメリカ海軍の第7艦隊は、 ハワイのホノルルに司令部を置いています。  第7艦隊はアメリカ本国の反対側に当たる地球の半分を活動範囲とし、 アメリカ海軍の艦隊の中では、最大の規模と戦力を誇っています。 その中核である第7艦隊戦闘部隊の司令部が横須賀にあるわけです。 今回は、様々な方の御尽力で 私たちは在日米海軍司令部を訪問することができました。 司令部企画官の方のご説明に通訳を入れていただき、 米海軍が世界で災害支援をどのように展開しているかのレクチャーを受けました。 宮城県民として忘れてならないのは、 あの東日本大震災のときに 米海軍にも多大なる支援をいただいたということです。 平成23年3月13日午後、横須賀を母港とする 空母「ロナルド・レーガン」が仙台沖に到着、 海上自衛隊とともに陸上への物資補給を開始します。 米空母は自らの艦載ヘリコプターのみならず、 自衛隊のヘリコプターのための洋上給油拠点として運用されました。 また空母「ロナルド・レーガン」の将兵からは 毛布やセーターなど1,000着以上の寄付、 強襲揚陸艦エセックスの乗員からは、玩具が寄付されていました。 津波直後は海を船が渡ることもできなかったため、 空母が仙台沖までやってきて、 艦載ヘリコプターが気仙沼大島の住民の救助、 水の供給などをして島民の救助に尽力してくださったことなど、 こうした震災時の宮城県民への支援の感謝を、 それぞれの宮城県議会議員から御礼が述べられたところです。 空母に対する批判がまれに見られますが、 わが国の海上防衛という点は当然のこととして、 災害支援という側面からも、 わが国の軍事力の弱点が、 国民の生命財産を損なうことにつながるということも 知っておかなければならないと感じます。 また、震災後がれきだらけになった仙台空港を 短期間で復興していただいたことで、 多くの物資の流通を取り戻すことができたわけで、 宮城県民として、あらためて心よりの感謝を示したところです。 ●靖国神社(東京都千代田区) 靖国神社に昇殿参拝をしてまいりました。 靖國神社は明治2年(1869)6月29日、 国家のために一命を捧げられたこれらの人々の名を後世に伝え、 その御霊を慰めるために、 明治天皇の思し召しによって建てられた招魂社が始まりで、 明治12年(1879)に「靖國神社」と改称されて今日に至っています。 いまのわが国の平和があるのは、 英霊となって散華された方々のおかげであり、 様々な議論があることは承知していますが、 ただただ純粋に感謝し、 平和を現実的に守るための努力を 政治の場で実現していかなければなりません。 遊就館では、当時の大東亜戦争がなぜ起こったのか、 アメリカのハルノートに至るまでの外交交渉について、 あらためて確認する機会を得ました。 いま現実進行中のイランとアメリカの交渉を報道で見ていて、 アメリカの外交交渉があまり変わっていないなとも感じられますが、 戦争は単純に起こるものではなく、 複雑な要因が重層化しているということを、 私たちは理解していなければ、 将来にわたってわが国の平和を守ることはできないのではないかと あらためて感じたところです。 靖国神社 ⇒ https://www.yasukuni.or.jp/ ●防衛省(東京都新宿区) 最後に、市谷の防衛省へうかがいました。 市ヶ谷地区内に所在する庁舎や、 極東国際軍事裁判(東京裁判)の法廷となった 大講堂などを移設・復元した「市ヶ谷記念館」などを含め、 わが国の防衛の中枢についてお話を様々うかがったところです。 毎年様々な駐屯地や様々な防衛の現場へ伺っていますが、 今回のこの防衛議連視察においても、 自衛隊宮城地方協力本部のみなさまはじめ、 関係者の皆様には大変お世話になりました。 全国25万人の隊員の皆さんが、 毎日命がけで私たちの生命・財産を守る職務を 果たしてくださっているということを、 私たち国民はもっと知らなければならないなとも思う次第です。 「国を守る」と一言で言いますが、 様々な方々や様々な機関が全身全霊の努力をした結果、 そして歴史的にもその積み重ねの結果、 わが国はたまたま守られているに過ぎないということを、 今回は特に感じたところです。 今回訪問した施設等でも多くのことを学びましたので、 今後の政治活動に確実に活かしてまいりたいと思いながら、 あらためて自衛隊の皆さんに感謝したいと思います。

「明日から仕事か、いやだなあ」と思った人は幸せな人!

2019年05月06日 22:37

a9d563cfc26edc61773119c5711380b6_s.jpg 



五月私の誕生月でもあるので、
てもやる気が出てきます。

仙台の街自体も青葉繁れる季節るので、
全体して活気があふれす季節感じています。


5月19日(土)、20日(日)に「仙台青葉まつり」も開催されます。

仙台青葉まつり
http://www.aoba-matsuri.com/



長い休日であっゴールデンウィークも今日で終了し、
明日通常業務が始まります。

休日が充実してい方ほど、
明日仕事明日ら学校思う
憂鬱にられる方もいらっしゃるのでいでしょう


「五月病」いう言葉もあるぐらい、
五月に調子が悪く多いようです。

学生さんや新社会
特に五月病が多いようですね。



し、よくよく私自身の過去を振り返ってみる

明日仕事いやあ」

思えるいうこ
逆に「幸せ思うわけです。


振り返る
私が秘書時代に仕えてい先生が落選し失業し後、

自分自身が選挙に出て落選し後も、

仕事ってしまっ
これらどうやって暮らしていこう思っていまし


明日仕事


思えるいうこ
仕事がある」いうこで、
暮らしていく糧がまあるいうこ

これてつも幸せですね。



振り返る
職を失い何もするこく、
何カ月もブラブラしていて、
も会う機会がきがしばらく続いきがありまし


明日仕事


思えるいうこ
が私に会ってくれるいうこ

仕事を任されているいうこ


いや相手であっても、
自分会ってくれる考える本当にありがいこです。

上司や同僚に明日ら会わいけ
思う方もいらっしゃるもしれませんが、
誰にも会えいのもけっこうつらいものですよ。



いや、私明日らの仕事い!」

いうも、このメルマガを読んでいらっしゃる方の中にいるこでしょう。


でも今、明日らの仕事いのに
わずであっしても、
食べていけるの

過去にいい仕事をし、
いい評価を得られによって、

蓄えがあり、
あるい年金をいいているのでいでしょう

公的制度があって失業しても食べていける、
そんどこでもあるわけでありません。

すばらしいこですね!



明日仕事くても、
次の仕事に向けて準備をしているいう方もいるこでしょう。

そして、
次の仕事の準備ができるいうこ

に期待してくれているが、
世の中にくさんいるら準備ができるわけです。

これもまありがいこですね。


このように考えてみる
明日がよい方向に変化する、
そん日の連続のスタートの日のでも思えてきます。

五月こそチャンスの月で思えてきます。


もし、

明日仕事いやあ」

ちょっでも思ってい

少し発想を変えるけで、
この五月生最高の月にもしれません。


生きているけでもありがいこですね。


さあ、明日らまスタートです。
頑張っていきましょう!






【お願い】つくる仙台のFacebookページにいいね!をいますぐ押してください!

↓ ↓ ↓











fx